【心身医学】足のむくみからのメッセージ

 ここのところ、足がむくんで辛いことが多かったんです。
女性の方なら、足がむくんで靴下の跡がくっきり、靴下はくのもしんどいって、わかってもらえるでしょうか。

季節の変わり目だから?
体調のせい?
車中心で運動不足だから?

などと、いろんな理由を考え対策をしてみました。

 足をマッサージしたり、三陰交にお灸してみたり。お風呂にも毎日入ってるけど、その時はよくても、あまり変わらず。足はいつも冷たいんです。

 カリウムの多い食品、バナナ・豆・お茶などなど食べてみてもあんまり変化なし。

 身体と食とでアプローチしてもあまり変化なし、ということは。。。

 これは、心からのアプローチが必要かもしれないな。と、ふと気づき本棚から取り出してきました。

 ”心身医学” ってご存じですか?
心(=魂)とからだの両面から病気に取り組む医学だそうです。現代西洋医学でも、病気のうちの75%は心身医学的なものである、とされているのだそうです。それだけ感情と心は身体に大きな影響を与えているのですね。

 で、気になる むくみ です。

 気になる箇所だけ、引用しますね。

水やその他の液体がからだにたまるのは、心に感情がたまるからです。(中略)私達人間は自分を守るために体積を増やしてふくれます。葛藤をめぐる何らかの決意があったとき、あるいは葛藤が解決したときにも症状は起ります。足にむくみができたとすると、その人は解決策を得たにも関わらず,何らかの目的に向かって進もうとしない、と言うことがわかるのです。

 (中略)あなたは、自分の能力や才能を信じていないために、自分を抑圧しています。そして限界や障壁を作り出しています。こだわりを手放して、リスクを引き受けましょう。ハートに導きに従って下さい。葛藤を続けるのではなくそれをしっかりと解決すべきなのです。

思い当たるところがありすぎて、苦笑してしまいました。やりたいことがわかっているのに、進んでない思い当たることもあります。ドキッとしました。

 そんなわけで早速に行ってきました。岩上神社へ。6月24日(土)は淡路島神社参拝ツアーです。もしかしたらこの岩上神社もツアーに入るかもしれません。道が行きにくいと聞いて躊躇してたんですが、行ってみてよかった!
 

 それから、冬眠から冷めた動物のように動き出したくなってきました。淡路島を拠点に広げていくと、ようやくハラを決めたのも大きいです。夏に移住して、ほとんど活動してない時期があって、これも良しと自分でOK出せたからだと思います。ここのあたりについては、また改めてまとめてみますね。

 私は、知り合いの方からこの本を教わってから、身体の症状はこの本を参考にすることも多いです。この心身医学については、とても興味があります。
信じるかどうかは人それぞれですが、病気は悪という視点だけでなく、自分からのメッセージだと新しい視点から捉えられるかもしれません。

 やっぱり身体と心は繋がっているなーという記事でした。私の無意識は、出来事や周りの人との関わりだけでなく、自身の身体を使っても、いろんなメッセージを送ってくれます。

 明日から大阪で、夜からはZoomでハピネスフォースメソッド・ベーシックコースが開催します! むくんでる暇なんてないですね。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA