白味噌を夜に食したい理由

 今、私の周りでは白味噌がブームです。

  • 白味噌は雑煮にしか使えない
  • 味噌は冬にしか作れない
  • 食べるまでに時間がかかる

と、思い込んでいる方が結構おられましてね。いやいやそれは違うよーって説明していくうちに、だんだんブームになっていました。
身近にあって特に意識していないものほど、思い込んでいることって結構多かったりするんですよね。

 なんて言いながらも、実は私もそう思ってたんですよ。思い込んでいた一人です。でも、いろいろ調べていくうち、これは大きな思い違いだったと気づいたんです。

  • 白味噌は、和洋中にアレンジ自在。
  • 白味噌は、冷蔵庫で熟成させるので年中作ることが出来る
  • 2週間から1ヶ月で食べることが出来る

すごくないですか? 感動しています!

 冬に作り秋まで熟成させる赤味噌と違い、白味噌はすぐ食べられることができます。
それも年中作れるとなると、毎日の台所を預かるママさんにはぜひ取り入れてもらいたいところです。

 さらに、白味噌のすごいところが
白味噌にはGABAが多く含まれており、イライラ・興奮を鎮めたり、ストレス緩和、リラックスに効果があります。
なので、夜に白味噌を食すということは、リラックスモードの効果をさらにアップさせるということなんですね。

 (ちなみにGABAは、トマト・じゃがいも・みかん・ぶどうなどの他の食品にも多く含まれています。)

が!!白味噌はご存じの通り、発酵食品です。麹がいつもの味噌の2倍含まれているとなると、白味噌を上手に日常の食生活にも取り入れていきたいですよね。

 そこで、アレンジ料理を作ってみました。【鶏肉の味噌焼き】です。
鶏肉を白味噌・醤油・みりんに漬け込み、ごま油で焼きます。おむすびの上に焼いた鶏肉を乗せ、一番ダシでお吸い物を作って注ぎます。残業で疲れて帰ってきたダンナさんの夜食、お子さんのおやつに、忙しい朝食にもピッタリのメニューです。
鶏肉は漬け込んでおいて、おむすび作ってる間に、お吸い物をつくる。なんならそのまま白御飯の上にかけても良いですよね。

 年中作って食べられる白味噌は、夕食のメニューの一つに加えられたら、日々の料理も楽しくなるはず。

 毎日仕事や家事などで、戦闘モードになるのは自然に出来ていても、リラックスすることをついつい忘れてしまいがち。やっぱり緩急が必要ですから、夜はしっかり緩めてリラックスして明日に備えたいものです。
 
ライン

【麹たっぷり、白味噌をつくろう】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

自分の不安と仲良くなる方法

ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース | 遊楽食房

 明日の大阪での1日体験会でどんなこと話そうかと、ずっと考えてました。
でも、なかなか思いつかなかったんですよね。

 それもそのはず。日常とかけ離れたことを話そうとしてたんだと気づき、苦笑いしてしまいました。
もう明日のことですし、等身大の自分を見てもらいますね。

 ご存じの方も多いかと思いますが、昨年夏に大阪から淡路島へ移住しました。
それからというもの、家のことが落ち着くまでは・・・と思いつつ、仕事のペースはとてもスローになりました。
ダシCafe神話の勉強会ハピネスフォースメソッド・ベーシックコースと、新しいことも始めました。

やり始めたばかりで、定着するには時間が必要なこともわかってたつもりだけど、

・集客しても誰からも予約が入らない
・お誘いしても拒否される

が続くと、やっぱりショックでした。そして、いつまでもこのままかもしれない。。。と、だんだん不安が大きくなってきます。この不安に負けないようにとまた頑張って。
 
 頑張る方向が違ってると、今では思えますが
予約が入らない私はだめで、受け入れられてないんだって思ってたんですよね。

これらは、大阪で料理教室を始めた頃からずっと感じていたことでもありました。ただ料理教室をやりたい!という気持ちだけで、予約が入ればこの不安が払拭されるはずだと、がむしゃらに頑張っていました。

自分のやり方でやっていくと、効果がでることもわかってだんだんとご予約の方々も増えてきました。
「ダシに特化した料理教室だなんて、面白いことやってるね」って、雑誌やテレビなどのメディアからお声をかけていただくこともありました。

 実際、生徒さんとの出逢いは本当に励みとなって、ダシのことを知ることができて本当に良かったと言って下さる方も増えました。ずっと自身の不安と戦ってきた私にとって、やってきたことを認められること、自分の居場所はここだとホッとできることは、何者にも変えられない安心感でした。

そして、この安心感を手放すとまた不安がやってくる・・・ということで、頑張ることをやめられないというスパイラルに陥ります。仕事が増えれば増えるほどしんどくなっている自分を認めることは、好きな仕事をしているはずの私にとって、受け入れられないことでもありました。だいぶと長い間、抵抗していました笑

 でも、このハピネスフォースメソッドを学ぶうちに頑張れば頑張るほど、自分のやりたい方向とは違う方へ進んで行ってるような違和感をどんどん感じだし、食のことはもちろん楽しいんだけど、頑張ることに疲れてしまったところもあり気づかざるを得ない状況になったんですね。

すべてをリセットして淡路島へ来たかったのは、それに疲れたところもあったんだと思います。

 淡路島へ来てからはもう、子育てと仕事の両立でしんどくなったり、予約が入らない・家賃が払えないという不安を味わうのは嫌だと思いました。

でも結局は、仕事をしようと思えば思うほど、子育てとの両立でしんどくなる自分はいるし、予約が入らない、支払いができないかもしれないという不安からは逃れられませんでした。

環境が大阪から淡路島に変わっても、
やりたいと思うことがダシのこと・心のこと・神話のことと増えていっても、
どんな風にやり方を変えても、いろんなこと始めたとしても、

この、ずっと不安という感情に蓋をしていたことに向き合い、
~しなければならない、という自分の中のルールに気づくまで

いろんな角度から、いろんな方法で、早く気づきなさいよって無意識がサインを送ってくることにも改めて気づきます。

 こうやって、一生かけて気づいて修正していくんだと思うんですね。生きてる限りどこまでいっても終わりはないです。
ただ、このメソッドを学ぶことで、この気づきは宝物だと言うこと、自分の手で変えられると言うこと、すべてOKだと思えることが出来たのは、本当に大きいことなんです。

 今の私は、この不安を十分に味わって自分の好きなタイミングで手放すことができます。
~しなければならない、を、自分に心地よいルールに変えることが出来ます。

 誰に受け入れられなくても、自分が良いと思ったことを、信じてどんどん発信して行く勇気が今の私には必要なんだと言うことも気づかせてくれました。
先の集客にしてもそうで、思いつく限りの方法をすべてやったのか?と自分に問うてみても、まだまだやれることは、本当にたくさんあります。
 講師の方ばかり集まって、お話会とかしたら面白いんだろうな。あるある話たくさん出てきそうです。また企画します。

 得意と不得意とありますから、ひとりでがむしゃらに頑張ることなく頼りながら甘えながら、好きなことを追求していきます。

 私もまだまだ発展途上ですが、成長・進化していける人が増えていったら嬉しいんです。
一緒に、本当の自分を見つけてみませんか?

 そのきっかけを体験していただけるのが明日の1日体験会です。25日は同じ内容でSkypeで開催します。
5月からはその内容をもっと詳しく知って実践していきますよ。

ライン

【【1日体験会】自分を知ってメンタルを整えたい方へ】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

ライン

【第2期ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

麹たっぷり、白味噌をつくろう in 神戸・垂水

冬の定番のイベントとしている、手前味噌作りで作るお味噌は、塩分が多く、半年間の熟成期間を経て完成します。この期間が待ち遠しくもあり、はがゆくもあるわけですが、保存食の目的で作られているので、冬にまとめて作って1年もしくはそれ以上、繋げるということなんですね。麹の量が少ないこと・塩分が多いということが理由です。

そこで、今回作る白味噌は、わずか1ヶ月で完成します。その理由は、麹の多さにあります。
白味噌は、塩分も少ないかわりに、保存はあまり長くもちません。そのかわり早くでき、冷蔵庫で熟成させます。
関西のお雑煮には欠かせない白味噌。私は結婚してから、白味噌のお雑煮を作るようになりました。一番ダシといつものお味もプラスして作るお雑煮に毎年感動しています。

今回は、神戸・垂水にある日本家屋の素敵な結水莊さんで、白味噌を作ります。
簡単な軽食をご用意と250gの白味噌をお持ち帰りいただきます。

いつものお味噌と白味噌との違いや、白味噌を使ったアレンジ料理の説明もあります。
お雑煮だけじゃない様々なお料理にも活躍する手作りの白味噌。一緒に楽しみましょう。

大豆は北海道とよまさり、麹は香川の米麴です。どちらも無農薬のものを使います。
塩は、2年沖縄で天日干しした海塩を使用します。

●日時:4月22日(土) 10時半〜12時半

●会場:結水荘 (ゆうみそう)
神戸市垂水区旭ヶ丘
JR垂水駅・山陽垂水駅から徒歩8分

●参加費:4500円 (定員16名)
持ち帰り用味噌 250グラム、軽食付き

●指導: 心に響くダシ料理研究家 ツシマミチコさん

お申し込みは結水荘さんまで。
http://youmeso.ts-network.co.jp/reservation

Continue Reading