私が、“ダシ”と”お茶” を好きな理由

 去年、海で中国茶会やった時の写真。暖かくなったらまたやろうかなぁー 

 合気道、剣道、柔道、茶道、華道、香道・・・どれもやったことは無い。正直、この「~道」自体をやりたいとは思ってない。今のところ。
 けど、きっと、伝えようとしている根本的な事は同じだとは感覚的に感じてたし、同時にそれが何なのかも気になっていた。 
 何かを極めるから、「~道」なんだろうと思ってたけど、眺めてたら新たな発見があった。

 話は変わって、私たちは 

氣 が巡る
氣 がみなぎる
氣 が病む
氣 が減る
氣 を補う

休む、補う。動く。の繰り返しで生きている。

 昔の人は病気も災難もすべてありき、で生活していた。
だから大晦日に年越し蕎麦を食べるという習慣にもなっていたんだろう。

 私がダシやお茶が好きでやり続けてるのは、、美味しいのはもちろんのこと、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりするのを感じるから。

 さらには、料理や中国茶のレッスンをやるのは、ダシをとったりお茶を淹れたりすることで、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりする、この氣の感覚を体感してみて欲しいなって思うからなんだよね。
 ※以下、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりするのを、“この氣の感覚” とするね。

 “この氣の感覚” を当たり前に感じ、この感覚を取り戻したくて、日々生活してるんだと思うようになった。

 で、“この氣の感覚” を取り戻すには。意外と簡単なんだよね。

 答えは、一心不乱にやる。それだけw
 先に書いてた「~道」の極めるというのは、何もスキル(技術)だけではない。
スキルを覚える過程は、スキルに集中する時期もある。それも一心不乱にやることで身につく。
スキルの向こう側に、きっと、“この氣の感覚” がある。

 料理や食って、身近で生きていくのに無くてはならないもの。反面、身近にあるからおざなりにしてしまう。あたりまえすぎて大切なのを忘れてしまう。

 食を大切にすることで、毎日の料理から、“この氣の感覚” を味わえるということ。
ダシをとること、野菜を切ったり、お米をとぐ、お茶を飲むこと、お茶を淹れることに集中する。身体で覚えてできる3段階目 になると、“この氣の感覚” を味わえるのは早い。

 目の前のことを一心不乱にやることで、氣を補い、巡らせ、みなぎらせることができる。
そうすることで向こう側にある感覚と繋がることができる。それは、安心感。幸せ。愛。自然と人と調和する感覚。守られてる感覚。

 レイキと食べることは、やっぱり繋がっている。


 下記、幸せはいつも「今」ここにある さんの言葉を引用します。

これは何も特別なことではなく
すべて日本の伝統や文化の中に宿っています。

日本人なら誰でも知っている日常の言葉や考え方の中に
すべて答えはあるのです。

それをただ思い出せばいいのです。

昔 日本人は自然と共生をし続けてきました。

月や太陽を感じ、草木を感じ、虫を感じ、まわりの人を感じるという 日本人本来の精神の営みがありました。

日本ではお茶を飲むときの作法で 
両手の掌でお茶碗を包んで見せます。

「氣」のこもる形です。

そして「いただきます」という言霊をかけて  
自分の心と身体のすべての細胞に準備させます。

言霊によって準備した細胞が受け入れる体制を整えるのと、一緒になり お茶はさらに身体にいいものとなります。

日本の作法のなかに 日本文化の根底にある「気」の流れを 人は感じていたのです。

 


 レイキで、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりするの感じてみませんか?
朝のエネルギーレイキを送っています。

【無料】朝活☆遠隔レイキエネルギーヒーリング

 

遠隔レイキヒーリングを受けとるには?

 LINE@のお友達限定で不定期で送る、無料ながら本気のエネルギーです。
 LINE@はこちら → https://line.me/R/ti/p/%40mek5273y
ご登録後、スタンプもしくはメッセージでお知らせ下さい。

 ※すでにご登録されている方も、遠隔レイキを希望の方は、スタンプかメッセージで意思表示くださいね。ご希望の方にだけ届きます^^ 


 ご自身でもレイキを使えるようになりたい方へ。自分にも家族にも氣をチャージできるようになります。まずは実際に、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎるの体感してみて下さい。

レイキ体験会/2月14日(木)淡路島
 13:00~15:30  3,500円 
 

【レポ/ご感想】レイキ体験会@淡路島

 別日でも開催可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。


 日本の食文化の土台であるダシをとること、料理をすることで、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎるのを感じてみたい方はこちら。

 毎日の料理を一心不乱にやれるコツを、貴女に合う方法でお伝えします。

 

“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

 

 

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください