【永久保存版】海が好き?山が好き?

 久々の更新で、いきなりだけど、

 皆さんは、“海” と “山” どちらがお好きですか??

 これは教わった話なんですが、海と山どちらを選ぶかで
どんな自分を必要としているかを無意識に選んでいるんだそうです。

 “海” は、開放感。

 “山” は、自分との対話。

 海を眺めたくなるときは、何か窮屈さを感じて、海の広さをみてスカッとしたいとき。
マイナスイオン満載の木に囲まれ、自分の中に入って、空気の美味しさを味わいたくなる。

 この話を聞いたとき、私が淡路島を選んだ理由がわかりました。
海と山、どちらにもすぐに行ける場所が良い!って思ったからです。

 流れに乗るってこういうこと。

 自分の感覚を信じて、海の気分・山の気分、といったように、
自分の欲求を叶えてあげるって、自分を大切にすることでもあるんだよね。

ライン

 さて、この “海” と “山” のお話。
ダシの素材にも使えるんですよ。

 そんな簡単に、“海” や “山” に行けないよって言う方は
まず、食べ物から取り入れてみてはいかがでしょうか。

 海の幸・山の幸 ですね^^
 
  

海・・・昆布、鰹節、煮干し、あご、わかめ 

 山・・・椎茸、きのこ、大豆、玉ねぎ 
 

 自分が今、何を必要としてるか?
食べ物から感じてみるのもいいですね。

 ちゃんと答えは自分の中にあります。

 こちらの記事も、ぜひご参考に。
【永久保存版】シチュエーション別:ダシの使い方
 
ライン

 大阪で2月3日(土)節分に開催する
【心に響くダシのお話会 ~ライフスタイルに合わせたおダシをとろう~】では、皆さんの生活スタイルに合わせた
ダシの取り入れ方をお話しします。

 まだお席に空きがあるようです。大阪での開催はなかなかありません。

  ・美味しくダシを取りたい方
  ・ダシを生活に取り入れたい方
  ・上手にできなかった方
  ・初めての方

どうぞお越し下さい。
 

【心に響くダシのお話会 ~ライフスタイルに合わせたおダシをとろう~】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【お知らせ】新年からはじまるダシ生活・特集掲載されました。

 淡路島を中心とした毎月1回発行のフリーペーパー“dan(ダン)”さんより取材をうけました。

 “新年からはじめる・だし生活” 特集掲載していただきました。
 
【掲載内容】は
 ・ダシについて
  昆布・鰹節・椎茸・煮干しのダシ食材の紹介、ダシと味覚の五味との関係などをお話ししています。

 ・ダシを使ったレシピ
  昆布と煮干しを使った、煮物・味噌汁・いりこ酒のレシピを提供しています。

  割烹着で撮影スタート。

ライン

 今年スタートしたダシcafeから淡路島内でのご縁が広がり、今回の撮影となりました。

 一緒に取材を受けた、海産物問屋・出口商店さんとの出逢いもそうでした。

 撮影場所は、国登録有形文化財でもある春陽荘さん とっても素敵な場所です。日本文化を大切にする活動・体験プロジェクトも数多くされています。

 以前、こちらの家主さんもダシCafeにお越しいただいたことも。淡路島にもダシが広がる実感

ライン

 着付はずっとお逢いしてみたかった 喜MONO・フタツキさん

 アンティークの着物がとっても素敵!今年は戌年ということもあって、ワンちゃんの着物を用意してくださいました。
ヘアメイクのマリコさんと一緒に。

 淡路島全域・全紙の新聞に折込・一部店舗にて、51,000部発行されています。我が家にも若干あります。ご希望の方はお送りしますよ。
 
 webサイトではこちらから。淡路島を楽しむアレヤコレ。danweb

 今回の取材・撮影とに関わって下さった皆様、ありがとうございました。密かに憧れてた “着物でダシを引く” という夢が思いがけず叶いました。 

ライン

 最後にお知らせ。danさんにも掲載しているイベント情報です。

 この特集内容以上に濃い内容を、こちらのカフェさんでお話しします。実際に香りと味を楽しみたい方はぜひ、いらしてください。
 
 次回は1月29日(月)です。森のオトさんにて
【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】
 

 ライン

 【意外と簡単で美味しい】日本全国/地域に沿ったダシのお話しています。ご興味のある方はお問い合わせください。

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01
 

Continue Reading

【年越し蕎麦レシピ&キット】来年こそ自分で一年をデザインする。

 12月16日~ご予約スタートしている 【年越し蕎麦のダシ】レシピ&キット販売 販売再開です。

 急遽、鰹節を届けてもらうようにお願いして、待ちきれずに配達所まで受け取りに行ってきました!

 美味しいお蕎麦には、鰹節はぜったいに欠かせません。

 鰹節は、いつも鹿児島・枕崎市にある金七商店さんより直送していただいております。クラシックを聴かせながら鰹節を熟成させてつくるクラシック節です。鰹節への情熱と愛には、もう尊敬しかありません。

 ダシ普及活動を本当に応援して下さっていて、今回も急なお願いにもかかわらず、誠心誠意対応してくださいました。

 「このレシピ&キット販売は、社会に還元する活動だ」と言ってくださった、私のメンターである川上茂子先生。そして、鰹節が足りないと言ったら、速攻で送って下さった 金七商店 さん。

 そしてそして、“大晦日が楽しみ!” と言って購入して下さる皆さん。SNSで見てご注文してくださったり、シェアしてくださったり、ほんとに社会に還元されているかも?(・∀・) って気になっています。

 ライン

 難しくてめんどくさそうなイメージが先走りするダシの取り方を取っ払いたくて、わずか15分で作れるように試行錯誤して完成したレシピです。

 今まででダシの取り方を調べてみたら、たくさんの方法がありすぎて混乱した経験ありませんか? 調べるうちにまぁいいかって諦めちゃった方も、もしかしたらいるかもしれませんね。

 結局のところ、昆布は水、鰹節はお湯というポイントさえ抑えていれば、どんなやり方もしてもダシってとれるんです。その時の温度や取り出すタイミングなんかでやり方が違っているだけ。

 だから、なるべく手をかけず手間を省き、それでいて美味しくできる方法を。

 今までダシを取ったことの無い方でも、簡単に美味しい蕎麦ダシが作れるように考えました。

 一年を締めくくる年越し蕎麦。今年もよくやったなーって、自分を・家族を労いながら作ってみてくださいね。”美味しい+愛情” で、ますます美味しくなること間違いなし。

 そして、作り手である皆さんは、仕上げの薄削りを加えるとき、鰹節が沈んでいくのを見て、鰹節の香りを味わいながら、どんなことを想うのでしょうか。

 楽しかったこと? 感動したこと? 後悔したこと? 失敗したこと? 新しくチャレンジしたいこと?

 ちなみに、大晦日にお蕎麦を選ぶのは、麺類の中でも切れやすいのがお蕎麦だからだそうです。大晦日は今年最後の日。明日から始まる新しい一年を迎えるため、今年の災厄を持ち越さず断ち切るため、年越し蕎麦を食べるんですって。

 昆布や鰹節からお蕎麦のダシを作り出すこと。それは、自分自身で ”年越し蕎麦” という料理をデザインすること。年越し蕎麦を食べることで災厄は断ち切ってくれるから、新しい一年、どんなふうになりたいかをイメージするだけでいいんです。
 
 新しい一年も、自分でデザインできる。自分の一生だもん。こだわった一年にしていきたいよね。

 ライン

 ご注文いただき、お蕎麦ダシを作るところまでをダイジェストにまとめてみました。どんなモノがどんな感じで到着するのかシュミレーションしてみてね。50秒ほどです。

 料理ができる人だったら、これ見たらサッとできちゃうかもしれませんよ。

ライン

大晦日に間に合う12月29日までの期間限定。

 今年の年越し蕎麦はおうちで作ろう。15分でできるプロの味!蕎麦ダシのレシピ&こだわり素材のキットつき。

 蕎麦ダシレシピ & キット1000㏄分(大人2人分) 2,500円(送料別途/一律350円)
 蕎麦ダシレシピ & キット2000㏄分(大人4人分) 3,500円(送料別途/一律350円)

 今回の内容物は、蕎麦ダシのレシピと昆布と鰹節のキットのみです。調味料・蕎麦・具材等は含まれておりませんのでご注意くださいね^^

ライン

● ご質問等は、こちらから。
● ”ダシを極めるレシピ” サイトからご購入ください。

【年越し蕎麦のダシ/レシピ&キット】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading