麹たっぷり、白味噌をつくろう

 関西のお雑煮には欠かせない白味噌。私は結婚してから、白味噌のお雑煮を作るようになりました。一番ダシといつものお味もプラスして作るお雑煮に毎年感動しています。

 冬の定番のイベントである、手前味噌作り で作るお味噌は塩分が多く、半年間の熟成期間を経て完成します。この期間が待ち遠しくもあり、はがゆくもあるわけですが、保存食の目的で作られているので、冬にまとめて作って1年以上繋げるということなんですね。麹の量が少ないこと・塩分が多いということが理由です。

 一方、白味噌はわずか1ヶ月で完成します。その理由は、麹の多さにあります。白味噌は、塩分も少ないかわりに、保存はあまり長くもちません。そのかわり早くでき、冷蔵庫で熟成させるのでカビが生えるなどの心配もありません。

 白味噌は、夜に食べるとGABAがアップするんですって。白味噌を夜に食したい理由
 
 いつものお味噌と白味噌との違いや、白味噌を使ったアレンジ料理の説明もあります。お雑煮だけじゃない様々なお料理にも活躍する手作りの白味噌。一緒に楽しみましょう。

◎ 大豆

 北海道とよまさり

◎ 麹

 淡路島の米麴
※どちらも無農薬のものを使います。

◎ 塩

 2年沖縄で天日干しした海塩を使用します。

ライン

【麹たっぷり、白味噌をつくろう】

[日時]

[会場]

[参加費]

 5,000円(税込)持ち帰り用白味噌250g、ランチ付き

[定員]

 10名 (残3名)

 ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

ライン

お申し込みはコチラ