大切なことは言葉にならない:海獣の子供

 久しぶりに観たい!と思う映画と出逢った。
 
 こないだの日曜と、さっきと2回観たよ。
DVDでたら絶対買うw

 “海獣の子供” よかったぁ。

 主題歌は“海の幽霊” 米津玄師。
この曲を聴いたとき、あまりの壮大さに寒気すらした。

 最近好きになった米ちゃんだけど、彼の世界観がすごく好き。

 内容は違えど、自分自身を表現する立場として
常に自分に集中し、妥協無く表現する姿勢に、ただただ尊敬する。

 歌詞を作るって、どれだけ言葉を大切に選んで紡いでるんだろうと思うのね。
そんな彼が、大切なことは言葉にならない。って歌う。
なんか切なくなるけど、どうしようもなく惹かれる。

 そんな米ちゃんもずっとこの話が好きで、主題歌も自分からオファーしたってネットで見た。
相当に想い入れがあるんだろうな、と。

 それなら私も観なくちゃな。
この映画の存在を知ったときから行くことになっていた。

 観る前から、どっぷり自分と対話しながら観る映画だろうと思っていて
感覚に浸りたいから1人で観るつもりだったけど、娘も行くというので一緒に。

 彼女にはどんな風に映っただろう。この映画。
ちょっと難しかったかも知れないけど、じっと座って観てたな。
なんか感じてたんだろうな。
 

 海は、すべての生命体の始まり。
言葉だけではすべてのコミュニケーションが取れない。
いや、取らない。取る必要がないのかもしれない。

 感覚で観る映画だと思う。
パンフレットにもあったけど、観る人によって捉え方が変わる。

 その人自身を、言葉だけで判断しちゃいけないし
だからこそ、全身で理解しようと思うのかも知れないね。

 この人好きだわーって思うとき、その人の雰囲気で選んでると思うのよ。
ええこと言ってるけど、なんか嫌。とか。
よくわからんけど、なんか好き。とかさ。

 きっと損得じゃない。なんか好き、なんか嫌。この感覚を大切にしていきたいよね。

 誰もが光の存在で、母の光に包まれ、胎内で育まれ、生まれ出る。
そこからは、自分の足で立って、自分の光で輝いていく。

 そんなことを感じた映画でした。

 

 

Continue Reading

自分に戻る料理とは?/ダシCafeオンライン

 なんかさ、この数ヶ月家の片付けをメインにしてたのね。
整えたいーーー!!って湧き上がってきた。

 戻る場所を作りたかったんだと思う。

 料理が得意な人は掃除が苦手。掃除が得意な人は料理が苦手。って知ってる?
私もどこかで聴いて、ホンマかいなってちょっと疑ってたのね。

 使ってる思考回路が同じだからかなー?って思ってた。

 実際に試してみたら本当に、料理するところまで気が回らなくなって、
このまま片付けばっかりして、ほんとに料理しなくなったらどうしよう。
って少しだけ心配してた。無かったけどw

 ある程度落ち着いてきたら、また通常のモードになってたし、
良い距離感で料理と離れていた期間は、いろんな気づきもあって。

 どこを整えたいか、整えるべきだと思っているか。
いろんなブロックもあって、、、面白かった。またシェアするね。

 話は戻り、結果的に同じ思考回路を使ってたのは確かにそうなんだけど、
具体的にどこの思考回路を使ってたかというと、それは・・・

 イメージ力 

 だった♡

・気持ちよい家に、部屋にするには、どうしたらいいか?
・あと何があればいいか?どこを変えたら良いか?
・どんな部屋だと気持ちよくなるか?居心地いいと思えるか?ワクワクするか?

そういえば、これは私がいつも料理するときに投げかけてる質問だった。

・どうやったら美味しく早くできるか?
・あと何があれば、どこを変えたら、美味しく早くできるか?
・どんなお皿だとテンションが上がるか?とかね。
美味しく早くばっかりに焦点が当たってるw

だから得られる感覚は同じだった。


 料理は、作る楽しさ・食べてくれる喜びが、入り交じる。
家庭料理とは、ここが帰ってくる場所なのだと改めて発見できる、自分に戻る料理です。

 辛いこと、楽しいこと、大変なことがあったとき、
作ってもらった料理だったり、美味しい!って食べてくれた料理があったら
大切にされていた自分、愛されていた自分も思い出せます。

 美味しいのは!もちろんとして
どんな料理を記憶に残したいですか?

 ダシさえ決まれば、料理は美味しくなります。
料理の土台はダシです。

 何者でも無い、私たち自身が土台です。
辛いこと、楽しいこと、過去の経験全ては、これからの自分を作るスパイスのようなもの。
土台さえしっかりしていれば、大丈夫です。

 というようなことを、今回のダシcafeで話したよ。

 さてさて。これからやってくる暑い夏。
できたら火を使わずサッと作りたいと言う方も多いはず。 

 めんつゆさえあれば。夏を涼しく乗り切れます。
素麺、マグロ漬け丼、お吸い物、茶碗蒸し、何にでも使えるし冷蔵庫にあると安心だよね。

 手作り濃縮めんつゆが作れる、遊楽食房レッスン・人気№1の万能ダシを
レシピ&キットとして、商品化しています。

 名付けて、ダシのスターターキット。

ダシがらアレンジのふりかけの方が、万能ダシより人気だったりするご家庭もw

 今回の動画では、基本中の基本。
万能ダシの作り方と説明をアップしています。

 宗田節と椎茸の扱い方、醤油やみりんのことも話してます。

40分ほどあります。良かったら見て聞いてね。

 聴いて下さった方からは

 料理したくなった!

 基本がわかってよかった!

 わたしにもすぐできそう。

 って、ご感想いただきましたよー(・∀・)

 やってよかったなぁ。


【レシピ&キット/万能ダシ500cc】4,000円(送料無料)

 ダシに特化した料理レッスンの中でも一番人気のレシピ。
500cc分のレシピと厳選ダシ素材がセットになりました!

 調味料があれば、ご自宅ですぐに作れます。
万能ダシを使ったアレンジ3品レシピつき

 レシピはご希望の方にはデータでお送りすることも出来ます。
濡れても破れても大丈夫。いつも手元に置いて作ってくださいね。

 一生ものだよーー!

 商品の詳細はこちらから。

【レシピ&キット/万能ダシ500cc】


 

【youtubeチャンネル作りました。登録してね♡】

 

Continue Reading

移住して3年① 私の時間をどんなことに使いたいか?を考える。

 淡路島へ知り合いもいないまま移住して、そろそろ3年になる。

 びっくりするほど変な人もいないし、移住者同士の交流もあったり
ええ感じに過ごしてるけど正直なところ、深く繋がってる人もいなかった。

 こっち来てから、人との接点は減って、子どもを通しての付き合いくらいになって
気づけば、家族とだけしか会話しない日も多かったり。

 変に気遣う対人関係が減って、楽で良いなぁって思ったけど、

 「仕事としてはどうなんだろう?」の思考が発動したとき、
ちょうど1年前くらいかな。バランスが崩れだした。

 自分のことを深く知ってくと、時にズバッとするどく切り込む時がある。

 自分の核に気づくチャンスだし、その準備が出来てるってわかるから、鋭い質問や気づきをいれることができる。
 荒療治だけど、近道だったりする。

 それがカウンセリングだったり、コースだったりに活かされたりして、
ドキドキしつつも、一皮むけたなぁ私。って思ってた。

 そんな中、少ない対人関係にもかかわらず。
公私に関係なく、深く切り込むのを求めてない人が増えた。

 変わりたいけど変われないんです。

 今はそういうタイミングじゃないかも。

 それでも最初はね、いろいろ方法を試みた。
変わりたくないって、その方からの無意識の声をキャッチしてるにもかかわらず

 牙城を切り崩せば何とかなる!って、訳のわからない根性論で
もしかして、なんとかその人の思いに沿えるかも、、って。

 いやいや、変われない。タイミングじゃないって言ってるやん(・∀・)

 そんな挫折?を経て、むっくむくわいてきたのが

 ただ慰めて欲しいだけなら近づいてこないで。

 私の時間を無駄遣いしないで。

だった。(これを認めるのにもまた時間がかかった)

 ますます対人関係が嫌になり、私に近づいてくる人ってみんなこうなの?!って、
ちょっとした人間不信になったこともあった。

 今から思うと笑える。みんなって、どのみんなだ。被害妄想もいいとこ。

 でもさ、これって相手に牙を向けてるけど、ホントはちがってて。

 それは私に言う話じゃないよね。聴かないよ。

 仕事としてなら聴きます。お金払ってね。

 って言えない(言わない)

 自分に嫌になってただけだった(´д`)

 嫌われたくない、が発動してただけ。

 

 本当の自分を出したら孤独になるかも?と、恐れる自分に絶望し
嫌われないように、やましいことだと自分を隠そうとしてる自分自身に、寂しさを感じていた。

 一連の出逢いは、結局、他者に見ていただけ。
いつからこの寂しさを感じてたんだろう。

 寂しいを正面から感じられたら、根っこの想いが出てきてね。
 実は、移住は関係なかった。

 どこにいようが、自分を出さなかったのが原因。
目立たないように、自分の一部分しか出さずに、人と繋がろうとしてたから。
後出しじゃんけんみたいで嫌だよね。

 嫌われてもいいわー。

 私は、ダシの取り方や中国茶が大好きで、食から自分を整えてきた。
レイキ、脳の捉え方、カウンセリング、無意識との対話で自分を大切にしてきた。
これを仕事として、死ぬまでやっていくの。

 怪しい自分もさらけ出して、それでもいいって言ってくれる人とだけ
繋がれたらそれでいい。なんなら1人ででもやってく。

 そう決めた自分や、生活を大切にしながら、お金も回せるような暮らしをする。

 って決めてから、ちょっとずつ変わってきたのね。


 
 このへんを固めてきだした頃に、八木さやちゃんのおかげで加速したよ。
子宮委員長はるちゃんのころから、ブログも本も読んでた。

 性とお金と子育てと、すっごく参考にさせてもらいつつ、
なんてぶっ飛んだ人だって目が離せなかった。

 今でも、思い込み、固定観念の中で、いかに生きてるかを気づかせてくれている。

 壱岐島へ移住され、八木さやちゃんとして活動してからは
たっくさんの共通点を見つけられた。

 “自分ビジネス” これこそが私の進む道だと思ってます。本当にありがとう!私も頑張るね。

Continue Reading

台所の想い出:料理は安心感

 土曜の夜はカレーライスにした。
スパイスを入れた本格的なカレーより、市販のカレールゥを使ったカレーライスが我が家では人気。
簡単で良いんだけどw

 土曜は午後からすっごい雨風だったよね。
父の日のプレゼントだけは何とか買えたけど、カレーのお肉は買えずに途中で引き返してきた。
子どもが雨でずぶ濡れで、空が真っ暗で雨風で前が見えなくなった。
相談して家にあるもので何とかしようと言うことになった。

 皆さんのところは大丈夫でした?

 そんなわけで、肉の代わりにシーチキンとウインナーを入れた。
ジャガイモ、玉ねぎ、を昆布水で煮込む。

 昆布も一緒にいれて作ると、次の日のこっくり感がでて美味しく出来るよ。

昆布でクリームシチューが次の日の味わいに。

(シチューも同様に^^)

 


 
   ところで、カレーを作るたびに思い出すことがある。 

 「リンゴとジャガイモって似てる」小さい頃からずっと思っていて。
色合いもクリーム色っぽいし、皮をむいたあとのみずみずしい切り口だとか。

 母がまな板でジャガイモを切ってるときに、そっと忍び寄って

「これリンゴでしょ?一口食べさせて」
「ジャガイモだから美味しくないよ」

 しつこく言う私に、じゃ食べてみなって渡されたジャガイモは、堅くて美味しくなかった。
やっぱりリンゴでは無かった。

 そして今、台所でジャンがイモを切ってると、子どもたちも同じようにまな板を覗いてくる。

切る音を聞いてるんだなぁ。
あれ、りんご?って見てるんだなぁ。
美味しいものがでてくるって憶えてくれてるんだなぁ。

 あぁ、幸せってこういうところにも潜んでるんだなぁって。気づいた。

 今書いてて気づいたけど、私にとって 幸せ=安心 ってイメージなんだ。
私が子どもの時、母ともこうやって幸せのひとときを共有できてたんだってこと。

 産まれてこない方が良かったんじゃないか?って、たぶんずっと思ってたし
役に立ててない自分はここにいる意味がないし、家には居場所がないって思ったこともあった。

 今から思うと、母を自分の思い通りにできなくて拗ねてただけだった。

 母も、私や家族を思って料理する時間が大好きだったんじゃないだろうか。
とても料理上手な人で、いつも美味しかった。

 私は、ちゃんと、美味しいって言えてたかな。

 誰かのために料理をするって、愛があるから続けられることだと思うし。
子どもの頃の私も、ちゃんと母に幸せをもたらすことができてたんだなぁ。

 料理はいろんなことを思い出させてくれるね。
 
 料理をしているときは何とも言えない安心感がある。
その安心感はどこから来たんだろう?って考えてたら
もしかしたら、母の胎内にいたときの記憶なのかもしれない。

 料理をすることで、その安心感を再生しているのだとしたら
料理は、瞑想であり、祈りでもある。

 


【LINE@】いろんなお知らせ&無料遠隔レイキヒーリング

レイキっって?という人にはぜひ体感してみてね。
クリック後、スタンプでお知らせしてね。

友だち追加

 

【youtubeチャンネル♡】
こちらは、音声のみ^^ 家事などしながら聴いて頂けます。以外と声が低いらしいw 

料理好きな自分を思い出す・マンツーマンレッスン
 オンラインも可能。料理が苦手のブロック外します! 

“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

 

レイキヒーラー・レイキティーチャーコース
 揺るぎない自分とは、揺れても大丈夫を知っていると言うこと。
 出張も可能です。

レイキ・ヒーラー/レイキ・ティーチャーコース

 

Continue Reading

【茶言葉レポ】グランディングとスピリチュアリティが体感できる♡

 ちょっと赤穂まで出張。茶言葉セッションしてきたよ。
最近、私の中で茶言葉が熱い!!!

 中国茶を感覚で味わうと、いろんな自分と向き合えて
楽しくてしょうがない♡

 中国茶が初めてでも安心して楽しんでもらえるように、
お茶の種類に始まり、季節や体調に合わせた飲み方も先に伝えてるよ。
中国茶の知識も身につきます。

 この楽しさを体験してみたいって、
リクエストいただいて赤穂まで行ってきました。

 今回は、ご自身との対話がさらにパワーアップできるよう
皆さんへレイキを送ってみました♡

 場所は、赤穂市にある
◎よもぎ蒸しサロン/愛理咲(えりさ)さん
https://www.salon-erisa.com

 オーナーのえりちゃんとは、何でも話せる数少ないお友達w。
日本家屋の素敵なサロンで、よもぎ蒸し、カウンセリング、レイキヒーリングもあるよ。

 そんな素敵なサロンで、5名の皆様とともに
中国茶を飲みながらご自身と向き合う時間を過ごせました。
 茶言葉には、東方美人という台湾の烏龍茶を。

 涙が溢れる方、深く瞑想される方、目を閉じて感覚をじっと味わう方、好きなポジションに座り、想い想いに過ごされる様子がとっても美しいなぁと思いました。

・自分の中により深く入れた
・たくさん言葉が浮かんできた
・涙が止まらない

などなど、ご自身の深いところへ入るお手伝いができたようで、よかった(・∀・)

 お昼は万能ダシの素麺と(写真撮り忘れた(T-T))
自己肯定感を取り戻す薬膳茶、ちんすこうを用意しました。
たくさんの差し入れもいただき、お腹いっぱい♪

 

 改めての気づきは、私は第1チャクラを整えるために
ダシと中国茶に特化してきたということ。

 この2つをベースに広げていくというのがずっとあって。
頭固いなって、融通きかないわって思ったこともあったけど
それが私の使命だったんだーー!って、今回の出張で気づいたの。

 自分の事を知る、というのも同じで、
第1チャクラを整えることなくして、自分を知ることはできない。
身体を整えること、欲求に従うこと、だから。

  そんなのすっ飛ばして違う自分になったら、どうなるだろう?
自分と付き合ってる時間が一番長いのは、何よりも自分。
死ぬまでこの自分と一緒なわけで、この身体、感情、感覚は誰のものでもない自分。

 自分を知れば知った分だけ、他人のことも理解できる。

ご感想いただきました。

 


 天地人って、天と地を人が繋ぐという意味でね。

 私という根を大地に張り(グランディング)
天命を生きる(スピリチュアル)

 この茶言葉は
スピリチュアルとグランディングが一度にできます。

 まさに今の私が、その結果です。
自分を深く理解したい方にはぜひ一度味わって見て欲しいな。


 次回6月24日は残席1。
6月27日(木)はまだお席に余裕があります。

 どちらも淡路島でやります。
今年から半年を振り返ります。神社参拝にもいくよー!

ライン

【茶言葉・魂の声を聴く中国茶会】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading
1 2 3 17