【レポート】感謝は口に出さなきゃ伝わらない

【和の心・神話からのメッセージ】 第8章のレポートです。

 今回は、連休の初日だからか、高速道路がものすごく混んでましてね。来られない方々もいる中でゆったりとスタートするわけですが、第8章の始まる前にいろんなお話しを聴きました。

 いつも古事記の勉強をする前に、毎月の行事や、時事ネタなどを教わります。それがまた面白いんですよ。講師の静香さんのチョイスが素晴らしいなぁと毎回感心しています。でも、その面白さはこのレポートには載せていません。ご参加くださる方々にしか伝えられない内容がほとんどだからなんです。

 笑ったり、時に涙ぐんでみたり。ヤバイくらい魂が震えてるってわかるんです。日本人なんだなーって思います。

ライン

 ということで、第8章の主な話は、

     

  • 葦原中国への神々の派遣・出雲の大国主神の魅力
  • 神様はほんとうに全てお見通しなのか?

になります。

今回は、神話からのメッセージ以下の2つをご紹介します。

・葦原中国への神々の派遣・出雲の大国主神の魅力

 葦原中国(今の日本国土)は、天つ神が治めるべきだと、天照大神は言います。出雲で国作りをしている大国主神のもとへ、国を譲ってもらおうと神々を遣わせるものの、行ったきり帰ってきません。

大国主神に媚びへつらう神。
出雲で結婚し家庭を築く神。

使命感との狭間で揺れたのかもしれませんね。神様も人間みたいだなーってなんだか嬉しくなります。

 実際、国作りも大国主神はたくさんの応援を受けて、完成させました。女性にもとってもモテてたそうで、180人の子どもがあちこちにいてたのだとも言われています。何か、人を惹きつける魅力があったのでしょうね。

 神様達が帰ってこないまま8年が過ぎ、次は神で無く雉(きじ)を送ります。天照大神からの伝言を伝えに出雲へ行きます。が、不吉だということで矢で射殺されてしまいます。

これらの出来事からの関連で、こんなことわざがあります。

◎雉の頓使い(きじのひたづかい) → 行ったきり帰って来ない使者

の意味です。ご存知でしたか?私は初耳でした。

帰って来ない神々と遣いの雉から、このことわざが生まれたのだそうです。今にも続く言い伝えが古事記に残されてるんですね。周りで流行らせてみようかな。近くにいる方よろしくおつきあい下さい。

ライン

・神様はほんとうに全てお見通しなのか?

 神様たちはいろんなことを決める際、トップが独断で決めることはなかったようです。トップは天照大神で最終的な詔は天照大神が発符しますが、議論を重ねるのは、八百万の神々です。天皇の統治権の根拠もここからなのだそうです。これは今にも続いていることで、私達も議論を重ねて決めていることってたくさんありますよね。時間がかかるしめんどくさいなって思ったりもしますが、ここがルーツだったのかと思うとちょっと嬉しくなる私です。

 高天原にいる天照大神と八百万の神たちは、次々と出雲へ神々や雉を大国主神へ遣わせ、国を譲れと迫るわけですが、なかなか上手くいきません。高天原(神の世界)からは、葦原中国(日本全土)が見えていないようです。神の様子ですら見えていないのだから、人間の様子はわかりにくいと考えるべきだとあります。

 よく、”お天道様が見てるで”と言われ育ってきましたが、これも実は見えてないのかも知れないという、衝撃的な解説がテキストにありました。見えていないから、雉を使いに行かせたのですね。

 今回、レポートのテーマにしたかったのはここです。神様って万能で何でもお見通しなのだと思ってたけど、実はそうでもなさそうだということでした。ということは、神様への感謝も口に出して伝えないと届かないわけで、神様とのコミュニケーションは神社への参拝も一つの方法です。お願い事だけじゃなくて感謝を伝えに行くのです。

 さらに、思ってるだけじゃ伝わらないなんて、人と人とのコミュニケーションを言われているようですね。大切な人への感謝も口に出して伝えていかなくちゃね。今さらながら教わることが多いです。さすが古事記^^

 ただ、泣き声だけは、高天原に聞こえていたそうですよ。だから私達も泣きたいときはガマンせず、思い切り泣いてみるのも良いのかも知れません。
 
ライン

 今日のおやつは、ちんすこうです。塩ちんすこう・緑茶ちんすこう・紫芋ちんすこうの3種類。彩りが好きです。塩ちんすこうが人気でした^^

 そういや、ちんすこうって、難しいそう!とか、自分で作れるん?とか、良く言われます。が、おそらく私の知ってる焼き菓子の中では一番簡単では無いだろうかと思います。小麦粉もふるわずそのまま入れるし。

 過去に、ビーガンの人が作る、ごま油(菜種油だったかも)のちんすこうをいただいたことがあります。美味しいんだけど、クッキーみたいなんだよね。ちんすこうのあのホロホロっとした感じは、ラードにしか出せないと思います。

 あと、ミルクケーキというスティック状のミルクのお菓子。これね、淡路島牧場で買ったからてっきり淡路島で創られた物かと思ったら、なんと山形産(゜Д゜)!紛らわしいわ!でも美味しかったから、良しとしよう。

 そして、熊本の無農薬紅茶を水出ししたもの。よもぎも入れてみたんだけど味と香りが薄かったかな。夏は冷たい飲み物をつい摂りがちですが、温める効果のある紅茶を冷たくいただくからチャラですね(^O^)

ライン

 次回は、8月19日(土)です。今に続くどんなメッセージが隠されているのでしょうか。一緒に知ってみましょう。途中からのご参加も受け付けております。

 今までのレポートはこちらです。
・第1章:和の心を学ぶには、まず気づくことから
・第2章:神話から真実を知る
・第3章:他人の心を、神様もわからないのが面白い。
・第4章:神様も楽しいのがお好き
・第5章:”箸” は神と自分を繋ぐ神聖な道具
・第6章:うどん好きは伊勢神宮・そば好きは出雲大社へ行こう。
・第7章:夏越の大祓で、心身ともに清めよう

ライン

【和の心~神話からのメッセージ~】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

水出し茶の作り方

 さてさて、だんだん日中は暑いものの朝晩がまだ寒かったりして、体調管理が大変な6月中旬ですが、淡路島はまだ梅雨の気配は感じられません。 外に持って行くのにそろそろ冷たいお茶が欲しいですね。

我が家は、水出しのお茶を毎日作っています。お湯で湧かして冷ます時間と手間を省きたくて、茶葉をいれた水を一晩、冷蔵庫で冷やします。お茶のうま味がじんわりと出て、お茶の甘味がでます。紅茶・緑茶なども水出しにすると苦味が出ないんですよ。
 
 良かったら試してみてね。

 ===========
  ・水 :1リットル
  ・茶葉:大さじ1
 ===========

これを冷蔵庫で一晩冷やすだけです。お茶の苦味が嫌な人にはお勧めです。茶葉が多めに入ってしまっても苦味が出にくいので大丈夫です。いろいろ試してみて下さい。

お茶も、昆布や煮干しと同じく水かお湯で戻すという方法をとります。うま味が凝縮している乾物というところが同じ。面白くてワクワクします。それにプラスしてお茶の面白いところは、水出しでもお湯ででも美味しく飲めるところです。

 お茶は昔、薬だとも言われてました。それくらい貴重で滋養のあるものだと考えられていました。「一服しよう」なんてのもその語源だとも言われていますね。

お茶の種類にもよりますが、

◎ 苦味と香りを出したいときにはお湯
◎ まろやかさやお茶の甘味を出したいときには、水やぬるま湯

と、好みに合わせて作れるのも面白いですね。

 明日開催の、【和の心~神話からのメッセージ】で出す、お茶の用意をしています。ティーソーダを作りたくて、どうしようかなーと思ってたら、フッとお茶の神様が降臨してくれました。
甘い炭酸水に水出しします。今回はアップルとベリーのハーブティーにしてみました。

 レモンと鳴門オレンジの果汁と皮がたっぷり入ったケーキもご用意しています。鳴門オレンジは淡路島原産のオレンジです。レモンももちろん淡路島産^^

 

明日淡路島へ行ってみよう!

という方、ぜひご賞味下さいね^^

【和の心~神話からのメッセージ】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

親子で神話を知ろう。

 娘が、小学校でこんな下敷きもらってきましてね。
さすが淡路島。国生みのこともしっかりと書いてます。

私一人でテンション上がって、神話の話をまくしたててたのは言うまでもありません・・・笑
イザナギとイザナミの話に始まり、
「こないだ行った沼島が日本の最初なんだよ」とか。
「いつも遊ぶおのころ島神社は淡路島が出来たときに創られた神社なんだよ」とか。

 娘は、なんかわからんけどって聞いてましたが、私は無意識にめがけて話しています。ちゃんとインプットされているんですね。

 実際、八百万の神は生活の中に根付いてるから、そこはちゃんとわかっているみたい。
「消しゴムにもノートにもおもちゃにも、神様おるねんな」って言ってますしね。
もう少し大きくなったら、古事記を一緒に読みたいな。

 先日、6月24日の淡路島参拝ツアーの下見に子ども達と一緒に沼島へ行ってきました。天気も子ども達もぶっちぎりで暴れてたので、あまり下見は出来なかったけど、一緒に行けて良かったです。
詳細はまだこれからなんですが、募集前からたくさんの方々からお問い合わせいただいたりしています。
興味津々であるようです。

ライン

 さて、毎月第3土曜に開催している、和の心~神話からのメッセージ のお知らせです。

 第6章となる5月20日(土)より、親子ペア割をスタートいたします。
小学校高学年以上のお子様が対象となり、お茶とお菓子代のみでご参加頂けます。(1,000円)
お茶とお菓子は、淡路島特産の時も、手作りの時もありますが、素材にこだわって選んでいます。安心してお子さんにも食べていただけると思います。(アレルギーのある場合は、事前にお知らせいただければ対応します)

 親子でご参加の場合はペア割になり、4,000円と1,000円で5,000円になります。
大人の料金でお子さんも一緒に学ぶことが出来て、かなりお得だと思います。この勉強会が気になってるけど、子どももいるしなーと悩んでいたお母さんに、ぜひご参加いただきたいです。

 講師の静香先生は、講師経験のたっぷりある方です。難しいと言われる古事記も、とてもわかりやすく面白く伝えて下さるのでみなさんリラックスして、いつも笑いあり・たまに涙ありの感動する勉強会となっています。お子さんも安心して楽しんで頂けるかと思います。

これは料理でも感じますが、子どもと一緒に体験することって大切です。五感と記憶に残るから、ずっと忘れないですよ。

 淡路島へこの勉強会をきっかけに親子で訪れて下さいね^^
詳細はこちらです。
【親子で知ろう】和の心~神話からのメッセージ

 あともう一つお知らせがあります。
これはまだテストしてからのご案内になりますが、この勉強会を動画で配信する準備を進めています。インターネット環境さえあれば、お家にいながらリアルに参加して頂けます。もちろん質問もOK。
 なかなか、淡路島へ行く時間が取れない、お子さんがまだ小さい、と言った方にも参加していただけます。
交通費もかからないし、その時間まで好きなことをして過ごせますしね。とても便利な時代になりましたよね。

また詳細決まりましたら、ご案内します。

 次回は、5月20日(土)です。今に続くどんなメッセージが隠されているのでしょうか。ぜひ一緒に知ってみましょう。

 今までのレポートはこちらです。
・第1章:和の心を学ぶには、まず気づくことから
・第2章:神話から真実を知る
・第3章:他人の心を、神様もわからないのが面白い。
・第4章:神様も楽しいのがお好き
・第5章:”箸” は神と自分を繋ぐ神聖な道具

 6月24日(土)は、淡路島神社参拝ツアーです。国生み最初の地だと言われる沼島と淡路島の神社を回ります。
先日、沼島へ下見に行ってきました。昨年12月に行ったきりでしたが、変わらずとても静かで穏やかな島です。南あわじ市にある土生港からは、船で5分ほどで着きます。


(沼島にあるおのころ神社には、イザナギの神とイザナミの神の国生みをしている様子が石像として残されています。)

詳細はまた改めてご案内しますね。日程だけ空けておいて下さいね。

 もっと日本のことを知ると、日本人ってすごい!日本を選んで産まれてきた自分ってやっぱりすごい!! と自信を持てると思うんです。神話や歴史を知らないのは、根無し草のように感じます。ルーツを知って、大地に根を張り生きていきましょう。途中からでも単発でもご参加いただけます。

ライン

【和の心~神話からのメッセージ~】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

【4月開講予定の講座はこちら】

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
4月24日(月)・5月12日(金)

● 神話からのメッセージ 
5月20日(土)

●【1日体験会】自分を知ってメンタルを整えたい方へ
4月25日(火)Skype

●【心を整える講座】ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース
5月9日(火)より全12回 in 大阪

Continue Reading