【心のブレーキを外す】ダシを極めるレシピ&キット

 昨年末から販売中のレシピ&キット販売です。ここに至った経緯や案内をしてなかったのでまとめてみます。

 年末年始に絡ませて販売したら思ってた以上に反響があり、味を占めて(・∀・) 販売を続行し、種類も増やすことにしました。

 実は、年末年始ってお雑煮に年越し蕎麦とダシの出番は多くきっと需要があるはずと確信していた自分もいて、試してみたかったのもあります。

 素直に行動に移せたのは、マジでお金が無かったから(笑)自信が無いとか言ってられない状況でした。その時のヤバさは、今までに無いくらいの自己開示記事でこちらにも載せています。
▶ 自分のことを見下していた自分

元気もらったー!ってコメントいっぱいもらったよ。自己開示してみるもんだね。

 さらに、もっと大きな原動力になったのは、どうしても年末に受けたいセミナーがあって、何とかしたかったから。

 今の自分にできることで、
お金に換えられることってなんだ?
社会に還元できることってなんだろう?って、考えた結果でもありました。


 実は、遡ること昨年の秋頃、ある閃きがありました。

 “レシピを手放せ

って、自分の内なる声が聞こえてたんです。

 

 さらに耳をすませると、こんな声まで聞こえてきた。

レシピだけを伝える料理講師はもう卒業したい。

・時短レシピを伝える。
・アレンジレシピを伝える。

 得意ではあるけど、心が躍らないんですね。ワクワクしないの。
でも、これを手放したら私に何が残るの?? ここにしがみついていたのは、自分で創り上げてきたスタイルに執着していたから。
 


 今でも忘れられない、まだ料理教室をやりたいと妄想していた頃に相談した人からの一言。

「料理が得意な人なんて掃いて捨てるほどいる。その中で貴女は何を伝えたいの?何ができる?」

 キーー(゜Д゜)!なんやこいつ!もっと親身になって話を聴いてくれてもいいやんかーー!って。
その時はマジでむかついた。

 でも、私の心はその反面でずっと答えを探し続けていた。

・どんな料理教室をしたいか?

・私に何ができる?

・どうなって帰ってもらいたい?

 

その結果、私の目指す料理教室は

・少人数制

・一人一鍋完結スタイル(確実に最後まで完了させる)

・流行りに左右されない

 “ダシの取り方を伝える教室” という答えを見つけ、独学でスタイルをつくりやってきました。

 今でも料理の土台と本質を伝えるのに、ダシはやっぱり欠かせないと思っている。他にはあまり無いしね。

 その苦言を呈してくれた人には、今でも感謝しています。ずばっとよく言ってくれたよなーって思う。


 そして、心のことを学ぶようになり、自分の中で目指すものが大きく変化してきたことを認めざるを得なくなりました。

 それは、、

料理を作る人の “心” をサポートすること。

 料理を作る専属の人ってほとんどいなくって、他にもいろんな立場で日々の役割をこなしています。
母・妻・会社勤め・自営・社長・・・毎日頑張っています。頑張るなと言っても頑張ってしまう。力の抜けるところが無いほどに。

 例えば、子どもができた、離乳食だ、って誕生や成長は嬉しいけど、食にこだわったり大切にしたいと考える人ほど、“正しい食” を追求して自分の首を絞めてしまいがち。本当はママさんの身体をいたわる時期なのに。そこで周りを頼らず一人で頑張るのには、必ず理由がある。

 残業続きで疲れてるのに、帰ってから料理するのがイヤだと言えない。外食しようって言えない背景には、母親として・妻としてこうあるべき が強すぎるのかも知れない。時短料理・手抜き料理も必要だけど、向き合うべきなのは、そこじゃないはず。

 私の考える食って【楽しい・美味しい・簡単=幸せ】だと思っているし、手抜き万歳なんですよ。

 上の2つの例は、私のこと。 “正しい食” ループにはまって苦しんだ経験があった。身体に良いとされるものを選んで、時間と手間をかけて作ってたけど、全然楽しくなかったー。

 安心を得るための正しさがほしくてしんどかったんだよね。家族も巻き込んでしまったけど、とても良い経験させてもらった。その時に得た知識は今でも役立ってるし宝物。

 食は、親子関係にも大きく関わってくるし、家庭環境にも影響がある。料理を作る以外の部分がとっても大きいんですね。どうやら私の人生と時間は、食を通して心のサポートに捧げるお役目らしい。自分の今までの経験がそれを物語っています。また記事に書きますね。


 話をもどして、販売中のレシピ&キットはこの三種類。
●白味噌250g/3,000円

●米味噌2kg/4,000円

●お蕎麦ダシ2人分3,000円/4人分4,000円

送料はややこしいので、すべて無料に変更しました。

 どれも、レシピとすぐ作れるように素材のキットをセットにしています。私が選んだ素材達です。高けりゃ良い物ってわけじゃ無いけど、素材にこだわっているのものは値段も高くなる。

 というよりも、安いまがい物に慣れすぎている私達なんですよ。
 自分を創る身体への投資だと考えると、ダシの素材への5,000円って決して高い買い物じゃない。スマホやパソコンには、ポンと払えるわけだしね。同じ生活必需品だと捉えられるかどうか、だけだと思う。

 今、万能ダシのレシピ&キットの準備をしています。
 これは忙しい人には絶対抑えてもらいたいレシピ。めんつゆを自分で作っちゃおうというもので、一番人気のレッスンでした。

▶ 素材4つ!万能ダシレッスン

 今までいらっしゃった方々によると、めんつゆのアレンジレシピってたくさんあるけど、めんつゆ自体を作ろうってレシピはあまり無いらしい。
 自分で作っちゃえば、何を使って作ってるか一目瞭然で安心だし、一年中役立ちますよ。

 


 きっと “レシピを手放せ” ってメッセージには、

今までに簡単で美味しくできるように研究してきた結果を

もっとたくさんの人に知ってもらうこと
 ↓
ダシを取るという活動を広げていくこと
 ↓
家庭で美味しいの笑顔が増えること
 ↓
日本人の良さを伝えていくこと
 ↓
幸せを感じる人が増えて私も嬉しいし、幸せ。

ということまで含まれてたみたいで、いつも自分の無意識には驚かされます。

 知り合いの税理士さんからもアイディアいただいてたにも関わらず、冬まで放置していた私にあきれて、「さっさと行動せんかい!」って、お金が入ってこないように采配したんじゃないかとさえ今では思えます笑

 意識はいつも気づくのが遅い。もっと無意識を信じなくちゃな。


 各商品の紹介はこちらです。

●白味噌250g/3,000円

●米味噌2kg/4,000円

●お蕎麦ダシ2人分3,000円/4人分4,000円

 

購入する際は、こちらから直接どうぞ。

【心のブレーキを外す】ダシを極めるレシピ&キット の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【永久保存版】シチュエーション別:ダシの使い方

 ダシは料理の土台ですが、料理によってはダシが必ずしも必要で無い場合もあります。

 ダシを利かせすぎると、料理がみんな同じ味になってしまうデメリットもあります。反対にダシが無いと、味がイマイチになってしまうこともあります。

「どっちやねん?!」ってツッコみたくなりますが、ダシは料理の土台です。

 料理を美味しく作るコツは、
 
 ①素材のうま味を活かす
 ②植物性と動物性のバランスが取れている

 その不足分を補うことがダシの役目だと思うんですね。だから、あっても無くても良い。でも、ダシがあればもっと美味しくなるよ。ということなんです。

 さらに私は、“ダシは時短料理の基本”だと思っています。ここさえ決まれば美味しくできるし、切り方なんかは二の次・三の次でいい。何よりみんな大好きだから、作ったのに食べてくれないなんてのもない。ロスが減る。

 ダシの素材(昆布・カツオ節・椎茸・煮干し)は、短時間でダシが取れるようにと、先人の知恵が産んだうま味がぎゅっと凝縮された食材です。乾物だから持ち運びやすく保存もできますよね。

 ダシは料理の土台であると同時に、日本人の土台でもあると思っています。
自分らしく、ありのまま、を追求してる人もいるけど、とりあえずダシを取ってみて欲しい。美味しい!は人生の土台を作ってくれます。

 ダシの取り方って難しそう・大変って言う人が一人でも減って、美味しくできた!喜んでくれた!!って人が増えてくれたら嬉しいな。できなかったことができるようになるって、すっごい自信になると思うんだ。

ライン

 やっと本題。
 ダシのレシピブック、販売に向けて準備中です。そこで思いついたのが、難しい・無理って言って先に進まない人の中には、もしかしたら先のイメージが湧きにくい人もいるかもということ。

 そこで、ダシの素材別・シチュエーション別にわけてみることにしました。

 こんな時にきっと役立ちます。

◎ 忙しいけど料理を作らなきゃダメなとき
◎ 乗り気じゃ無いけど食べさせなきゃと思っているとき
◎ 時間の余裕があるとき
◎ 新しくレシピを覚えるより、とりあえず毎日の料理の底上げをしたいとき
◎ 結婚を控え、相手の胃袋を捕まえたいとき
◎ お姑さんに料理上手をアピールしたいとき
◎ 手抜きでもバレない料理を作りたいとき

ライン

 作り方は、1.水に浸ける 2.お湯に投入する 3.ぐらぐら煮出す この3つです。

 どの素材が該当するのか? 
 どんな自分の時にどのダシを使えば良いのか? をシュミレーションしてみて下さいね。

1.水に浸けるだけで完成。

 水に浸けて冷蔵庫でゆっくり戻して下さい。 

1)昆布

 昆布水に変えて料理を作ってみて下さい。料理全体のレベルアップが可能です。

・いつも作る料理をもっと美味しくさせたい
・手抜き料理でも美味しくなりたい
・とにかく料理が苦手
・まったく料理をしたことが無い

ライン

2)煮干し(いりこ)

 食べるも良し、水出しも良し、いりこ一匹水に浸しておくことでゲットできる栄養価は計り知れません。特に味噌汁との相性ばっちり!ゴールデンコンビです。

・ダシにかける費用をとにかく抑えたい
・具たくさんの味噌汁で楽したいとき
・妙に疲れやすいと感じるとき
・イライラしてるとき

ライン

3)椎茸

 アクセントの少ない料理には、独特の香りと味でパンチを効かせたいときにオススメです。昆布・カツオ節・煮干しはだしガラのアレンジに頭を悩ませますが、干し椎茸だけは具材の一つとして存在感高いです。美味しく戻したいですね。

・料理のマンネリを打破したいとき
・ダシがらを捨てるのに抵抗のある人
・植物性の食生活を送っている人

ライン

2.お湯に投入!

 一刻も早くダシが取りたい方へ。一瞬でダシがとれるのは他の食材ではありえません。天然のインスタントダシです。

4)カツオ節

 カツオ節にしか含まれていない、必須アミノ酸は疲労回復・ダイエット効果もあります。食べたぁって満足感は、食欲も満たされるものなんですね。

・夕方あわてて帰ってきて、一刻も早く何か食べさせなくてはいけない
・今日は料理がめんどくさいけど、作らなきゃならない
・自分でダシをちゃんととってるんだね♪って褒められたいとき
・最近、太ってきたなと思うとき

ライン

3.ぐつぐつ煮出すダシ

 完成するまでに時間がかかりますが濃厚なダシが取れます。

5)野菜ダシ

 ベジブロスなんてのも流行ってますね。野菜の皮や芽の出るところをとっておいて、まとめて煮込むだけでも美味しい野菜のダシがとれます。

・野菜を切る時間があるとき
・植物性の食生活を送っている人
・離乳食をスタートさせたいママさん

ライン

6)肉・魚

 鶏ガラ・豚足・テール・魚の骨などを、鍋で煮込みます。パンチのあるダシがとれ、コラーゲンでお肌プルプルです。

・料理にあてる時間の余裕のあるとき
・乾燥肌、老化を認めざるを得ないとき
・美肌、美髪と女性美を大切にしたいとき

ライン

 いかがでしたでしょうか?毎日の料理が美味しくできて、時短になるダシを活かすヒントになれば嬉しいです。

 ダシのレシピブック、販売に向けて準備中です。お楽しみに^^

我が家にはどんなダシがピッタリなのか?調味料の選び方も知りたい!と言う方へ。
◎年末まだ間に合います!日曜も開催。平日はなかなか難しい方にはチャンス!12月15日(金)/17日(日)です。

【ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー【淡路島編】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

ライン
 
白味噌をご自宅で作ってみたい方にはこちらがオススメです。
◎白味噌12月15日の発送まで。

【お雑煮用:期間限定 白味噌レシピ&キット販売】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

ライン
 
初めての味噌作り、一緒に作ってみたい方には、こちらがオススメです。
◎神戸市西区にあるはちみつ文庫さんにて。12月11日(月)です。

【白味噌を作ろう!】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

ライン

年末年始でダシをいろいろ駆使して、お料理を美味しく作りたい方に。
◎ダシの使いこなし方は、淡路市森のオト。さんでお伝えしています。12月18日(月)/1月29日(月)です。

【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ
 

Continue Reading