気にしない と 気にならない は違う

 今日はハピネスフォースメソッド・ベーシックコースの1日体験会でした。話が楽しすぎて没頭して写真撮り忘れちゃった。

 参加者さんとのお話の中で、ある出来事について
“気にしない” ではなく、“気にならないようになりたい” というのがありました。

 実は、、

  “気にしない”

    と

  “気にならない”

同じようでいて、実は全く違います。

“気にしない” は、あるとわかっている。
“気にならない” は、あることすらわかってない。さらに、わかってるかわかってないか、どっちでも良い。

 分かりやすく言うと
意識してるか、眼中に無いか、という違いですね。

 そこをちゃんと区別されているところ、さすがだなーって思いました。なかったことにせず、しっかり向き合うということでもありますから。

 5月からハピネスフォースメソッド・ベーシックコース、大阪でスタートします。一緒に無意識に寄り添っていきたいと思います。


 ハピネスフォースメソッドの創始者でもある川上茂子先生のお話の中で、印象に残ったことをシェアします。

 ふだん意識せずしてたりする当たり前なことって親からの影響が大きいそうです。私達、なんでこれをするのか?なんて考えたことも無いことって結構多いんですね。

 影響が大きいと言うことは、自分で決めた現実ではなく親からの催眠状態であるということなんです。

 そういえば、親が煮干しの頭と腹をとってたから私も当たり前に取り除いてた。それがめんどうで煮干しのダシをやめちゃったと言う方がいました。実は、頭と腹が黄色くなかったら取り除かないでもいいんだよ。と伝えました。とてもビックリされてたその方は、今後きっと煮干しの状態を見て、頭と腹は取るようになるでしょう。

 親のルールから、催眠から目覚めた、ということになります。こういうこと日常にたくさんあるんですよね。

 あと、両親それぞれが違うルールを子どもに押しつけた場合、葛藤する子どもは答えが定まらず、それが自信のなさに繋がる、とお話しがありました。

 夫婦といえどそれぞれ家庭環境は違うのだから、考え方も違って当然。でもどちらかが正しいということになると、子どもは迷います。顔色をうかがったりするかもしれない。

  当たり前を、当たり前として受け取らない。
 違いを受け入れる。

 
 一生かけて自分という人間に向き合っていく中で、この2つは忘れちゃいけない。とても大切なことだと思います。

 まずはご自身に向き合うために使いますが、ご家族や子どもさんにも活用できるしお仕事にも役立ちます。一家のお母さんにはぜひ知ってもらいたい!ともおっしゃってました。私も本当にそう思います。ただでさえ忙しい私達には、速攻で対処できるスキルが必要です。このメソッドにはたくさん盛り込まれています。

 自分で自分を癒やせると、それは自信にも繋がります。
 
 ところで、ハピネスフォースメソッドの中には、魂の役割、意識・無意識、宇宙のこととかでてきます。高い壺を売られたりとか、地縛霊の話とかするの?? 見えないものの話って怪しい・・って思う人もおられるかもしれません。

 違いますよ。ふだん当たり前に感じてることを体系立てて伝えてるだけなんですね。

 ハピネスフォースメソッドは、スピリチュアルではなく量子力学に基づいた波動や粒子にエネルギーのお話です。スピリチュアルでなく科学です。数値にて解明できるそうです。

 思考も感情もエネルギー。目に見えないだけで常にあるし、私達そのものがエネルギーの固まりです。だから言わなくても伝わるっていうのもそう。

 それに気づくか気づかないか。気づいてないふりをしてるだけなのか。

 この世に生まれて、喜怒哀楽を感じるのは身体があってこそ。そこに良い悪いはなく、辛かったこと・苦しかったこと・楽しいこと・嬉しいことを体験したくて存在しています。

 私は、母との関係が悪かったおかげで、辛いことがたくさんあった。あの人のように絶対ならない、あの人のせいで、あの人より幸せになってやる!なんて思ったこともあった。なかったことにしようとしたこともあったし、私の方が正しいって思わせようとしたこともあった。

 でも、今はすべて有難く思える。たっくさん味わってきた 虚無感・孤独感・自己愛の低さ、罪悪感とか、これすら、母との関係から得られた大切なことだったんだって気づいたときには、もう涙が止らなかった。すごいギフトをもらってたんだ。

 貴女にもありませんか?
この体験を通して、私は何を知りたいと思っているのか? 気づきたいことは何か?

 一緒に自分のこと知ってみませんか?
1日体験会、次回は3月12日(月)13:00~14:30です。

5月から大阪でベーシックコース開講しますよー。
ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース

ライン

【1日体験会・自分を知ってメンタルを整えたい方へ】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

自分を知るって怖い?面白い?

 自分を知るって、怖い?面白い?
確かに、怖いこともあるし、
もうイヤー(´д`)!ってなることだってある。

 それでもやっぱり私は、自分を知ることは面白いと思う。
だって、自分の周りで起こった出来事や、人からされたいろんなこと。
自分がどう感じるかによって、感じ方・見え方・捉え方が変わるから。

 その方法がわかったら、どんな自分になれると思う?
ワクワクしませんか?(・∀・)


【1日体験会・自分を知ってメンタルを整えよう】
ハピネスフォースメソッド・ベーシックコースの1日体験会をします。

●2月18日(日)10:00~11:30
●3月12日(月)13:00~14:30

って、もうすぐですね(・∀・)

2月18日は、ハピネスフォースメソッドの創始者・川上先生もゲストでお話していただけます。

▶リンク先
ハピネスフォースメソッド

期間中、何度でも参加できますので、気軽にご相談下さい。

オンラインでの開催はこの寒い時期にはいいよね。暖かいリラックスして、ご自宅からご参加いただけます。

ライン

【1日体験会・自分を知ってメンタルを整えたい方へ】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

こんなに頑張ってるのにわかってくれない。応援してくれないと感じる貴女へ

 私こんなに頑張ってるのに、

 なんでわかってくれへんの?
 なんで応援してくれへんの?

 
周りの人はスマートに子育てしてるのに・・・
自分だけが、子どもにイライラして八つ当たりして、空回りしてる気がする。

ってことありませんか?

 ライン

 私、大阪で料理教室をしていた頃、生後三ヶ月の娘をおんぶしてレッスンをしていたことがあります。今日はそのときのことをお話ししますね。

 もう六年ほど前になります。出産ギリギリまでレッスンして、生後三ヶ月でレッスンも復帰しました。周りからは「早いね」「大丈夫?」なんて言われてたけど、私は早く動きたくてウズウズしてたの。と言うのも、出産を機に会社を退職して、料理のレッスンに専念できるようになったからです。

 ダシの料理教室に特化することにしたのも、ママレッスンを立ち上げ子連れで楽しめるママさんのリフレッシュ空間を作ったのも、自分に子どもができてからの視点の広がりでした。子どもがそばにいる安心感は何にも変えられない幸せでした。

 当時、新聞にも取り上げられたことがあります。おんぶしてるの後ろにいるのが娘です。
 

 でもね、その反面、いつまで一緒に連れて行けるだろう?とも思っていた。子どもはだんだん大きくなる。ハイハイして伝い歩きして、だんだん目が離せなくなってくる。

 友人にお願いしてレッスン中は連れ出して見てもらったり、ファミリーサポートを利用したりしてやり過ごしてましたが、決定的だったのは、他の店舗さんからのクレームもが出たこと。

 大家さん交えて他店舗の店休日に開催するという話し合いをしたにも関わらず、レッスン中に怒鳴り込まれることもあった。手紙であなたのやっていることは迷惑だ。と書かれたこともあった。

 大家さんが上手に間に入って下さって、直接ケンカしたりというのは無かったけど、当時の私はね、本気で悔しかったです。泣けてきて仕方なかった。私、子ども預けずにこんなに頑張ってるのに。大変なのに、お前らになにがわかるねーーん!ってね。自分のことは自分にしかわからないので、当然なんだけど、今から思うとね。

何をそんなに頑張ってたんだろう?って。

 怖かったんです。自分が作ってたルールを破ることが。
 当時の私は、子どもを他人に預けることが怖かった。

頭の中でずっとグルグルこんな声が回ってました。
・子どもを小さいうちから預けて病気になったらどうしよう。
・私の好きな仕事をするために、子どもを預けるなんて何を考えてるのか。

 とは言え、私も準備が大変だったり、レッスンに集中できなくなってきてたので、預けようかなって気持ちもどこかにずっとありました。入れる保育園を探してるうちに、また不安になってきてやめる。って葛藤してました。最初は一時保育からだったんだけど、予約している日にやっぱり怖くなってキャンセルしたこともあったなー。

 3歳までの子どもを手元から離すなんて母親失格と言われるのが怖かった。3歳神話を信じてましたね。だから、預けた当初は周りからも「かわいそうだね」「3歳までは手元に置いて育てなきゃ」みたいなことを言ってくる人も多かった。

 3歳神話には賛否両論ありますが、3歳までの子どもは母親だけにではなく、たくさんの愛情に囲まれて育つ環境は必要という記事がありました。悩みながらも凜とする母親の姿ほど、子どもに言い影響を与えるものはないとも書かれています。
  ▶リンク 母を悩ます“3歳児神話”

 いつでもどこでもニコニコママなんておらんわって今なら思えるけど、それをやらなきゃって思ってたんだよね。

 うちのような典型的な核家族では、常に一緒にいる母親の気分がモロに子どもに伝わる。たくさんの大人に子どもに囲まれて育つ環境というのは、今の時代、家では難しくなってるんだなって痛感した。

 もう仕事場には連れて行けない。私がいつまでもグズグズしてたから、他人を使って私の無意識は早く気づけよってサインを送ってきた。実にわかりやすい。
 
 日中は離れるけど、朝晩や休日は一緒。その方がお互い楽しく過ごせるし、良い関係を作れるのかも知れないって思ったんだよね。自分の中のルールを壊したのはきっとこれが初めてだったと思う。

 二人目の息子は、生後8ヶ月から保育園に通ってるし、先のような「小さいうちから預けてかわいそう」なんて言ってくる人もいなくなってました。他人を使って自分に言わせてただけなんだよね。私の無意識ってほんとわかりやすい。

 私の場合は、何のために頑張ってたのか?は、母親失格だと言われないため。他人に向けてでは無く、自分からわかって欲しかったし、応援して欲しかったんだよね。

 これだけ、悔しかったりイライラしてたのは、そろそろ持ってたルール(=小さい子どもと離れることは母親失格)を壊しても良いんじゃ無い?ってサインだったんですね。

 この記事を読んでられるママさんの中でも、こういったのがでてきたらぜひ自分に問いかけてみてあげてください。

 私こんなに頑張ってるのに、

 なんでわかってくれへんの?
 なんで応援してくれへんの?

 

 で、その後、ご自分へミラクルクエスチョンしてみてね。
 
そもそも、何がそこまで自分を駆り立ててるんだろう?
ここまで自分を頑張らせてるものって何だろうね?

 ってね。いつもと違う答えが見つかるかも知れない。

少しでも気が楽になるママさんが増えると良いな。

 ゆっくりお話したいってママさんも、もしかしたらいるかもしれないですね。気軽に話せるようなグループを作ろうって思ってます。また考えて発表しますね。

 こういった問いかけが自分や周りの方にできるようになると、どんどん自分に自信がつきます。一家に一人こういったメソッドが使える人がいると、家庭の幸せ・ひいては世界平和に繋がると思っています。

 自分のルールに向き合ってどんどん楽になれるコースです。2018年1月より開催します。
 ライン

【ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading