こんなに頑張ってるのにわかってくれない。応援してくれないと感じる貴女へ

 私こんなに頑張ってるのに、

 なんでわかってくれへんの?
 なんで応援してくれへんの?

 
周りの人はスマートに子育てしてるのに・・・
自分だけが、子どもにイライラして八つ当たりして、空回りしてる気がする。

ってことありませんか?

 ライン

 私、大阪で料理教室をしていた頃、生後三ヶ月の娘をおんぶしてレッスンをしていたことがあります。今日はそのときのことをお話ししますね。

 もう六年ほど前になります。出産ギリギリまでレッスンして、生後三ヶ月でレッスンも復帰しました。周りからは「早いね」「大丈夫?」なんて言われてたけど、私は早く動きたくてウズウズしてたの。と言うのも、出産を機に会社を退職して、料理のレッスンに専念できるようになったからです。

 ダシの料理教室に特化することにしたのも、ママレッスンを立ち上げ子連れで楽しめるママさんのリフレッシュ空間を作ったのも、自分に子どもができてからの視点の広がりでした。子どもがそばにいる安心感は何にも変えられない幸せでした。

 当時、新聞にも取り上げられたことがあります。おんぶしてるの後ろにいるのが娘です。
 

 でもね、その反面、いつまで一緒に連れて行けるだろう?とも思っていた。子どもはだんだん大きくなる。ハイハイして伝い歩きして、だんだん目が離せなくなってくる。

 友人にお願いしてレッスン中は連れ出して見てもらったり、ファミリーサポートを利用したりしてやり過ごしてましたが、決定的だったのは、他の店舗さんからのクレームもが出たこと。

 大家さん交えて他店舗の店休日に開催するという話し合いをしたにも関わらず、レッスン中に怒鳴り込まれることもあった。手紙であなたのやっていることは迷惑だ。と書かれたこともあった。

 大家さんが上手に間に入って下さって、直接ケンカしたりというのは無かったけど、当時の私はね、本気で悔しかったです。泣けてきて仕方なかった。私、子ども預けずにこんなに頑張ってるのに。大変なのに、お前らになにがわかるねーーん!ってね。自分のことは自分にしかわからないので、当然なんだけど、今から思うとね。

何をそんなに頑張ってたんだろう?って。

 怖かったんです。自分が作ってたルールを破ることが。
 当時の私は、子どもを他人に預けることが怖かった。

頭の中でずっとグルグルこんな声が回ってました。
・子どもを小さいうちから預けて病気になったらどうしよう。
・私の好きな仕事をするために、子どもを預けるなんて何を考えてるのか。

 とは言え、私も準備が大変だったり、レッスンに集中できなくなってきてたので、預けようかなって気持ちもどこかにずっとありました。入れる保育園を探してるうちに、また不安になってきてやめる。って葛藤してました。最初は一時保育からだったんだけど、予約している日にやっぱり怖くなってキャンセルしたこともあったなー。

 3歳までの子どもを手元から離すなんて母親失格と言われるのが怖かった。3歳神話を信じてましたね。だから、預けた当初は周りからも「かわいそうだね」「3歳までは手元に置いて育てなきゃ」みたいなことを言ってくる人も多かった。

 3歳神話には賛否両論ありますが、3歳までの子どもは母親だけにではなく、たくさんの愛情に囲まれて育つ環境は必要という記事がありました。悩みながらも凜とする母親の姿ほど、子どもに言い影響を与えるものはないとも書かれています。
  ▶リンク 母を悩ます“3歳児神話”

 いつでもどこでもニコニコママなんておらんわって今なら思えるけど、それをやらなきゃって思ってたんだよね。

 うちのような典型的な核家族では、常に一緒にいる母親の気分がモロに子どもに伝わる。たくさんの大人に子どもに囲まれて育つ環境というのは、今の時代、家では難しくなってるんだなって痛感した。

 もう仕事場には連れて行けない。私がいつまでもグズグズしてたから、他人を使って私の無意識は早く気づけよってサインを送ってきた。実にわかりやすい。
 
 日中は離れるけど、朝晩や休日は一緒。その方がお互い楽しく過ごせるし、良い関係を作れるのかも知れないって思ったんだよね。自分の中のルールを壊したのはきっとこれが初めてだったと思う。

 二人目の息子は、生後8ヶ月から保育園に通ってるし、先のような「小さいうちから預けてかわいそう」なんて言ってくる人もいなくなってました。他人を使って自分に言わせてただけなんだよね。私の無意識ってほんとわかりやすい。

 私の場合は、何のために頑張ってたのか?は、母親失格だと言われないため。他人に向けてでは無く、自分からわかって欲しかったし、応援して欲しかったんだよね。

 これだけ、悔しかったりイライラしてたのは、そろそろ持ってたルール(=小さい子どもと離れることは母親失格)を壊しても良いんじゃ無い?ってサインだったんですね。

 この記事を読んでられるママさんの中でも、こういったのがでてきたらぜひ自分に問いかけてみてあげてください。

 私こんなに頑張ってるのに、

 なんでわかってくれへんの?
 なんで応援してくれへんの?

 

 で、その後、ご自分へミラクルクエスチョンしてみてね。
 
そもそも、何がそこまで自分を駆り立ててるんだろう?
ここまで自分を頑張らせてるものって何だろうね?

 ってね。いつもと違う答えが見つかるかも知れない。

少しでも気が楽になるママさんが増えると良いな。

 ゆっくりお話したいってママさんも、もしかしたらいるかもしれないですね。気軽に話せるようなグループを作ろうって思ってます。また考えて発表しますね。

 こういった問いかけが自分や周りの方にできるようになると、どんどん自分に自信がつきます。一家に一人こういったメソッドが使える人がいると、家庭の幸せ・ひいては世界平和に繋がると思っています。

 自分のルールに向き合ってどんどん楽になれるコースです。2018年1月より開催します。
 ライン

【ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

夢があるのに行動できない貴女へ

“~したいけど、○○だから、できない” ってことありませんか?

 片付けたいけど、○○だから、できない

 勉強したいけど、○○だから、できない

 料理したいけど、○○だから、できない

 参加したいけど、○○だから、できない

 仕事したいけど、○○だから、できない などなど・・・

 人それぞれ できない(と思っている)いろんな理由があると思います。○○のところは、例えば・・・忙しいから、子どもが小さいから、時間が無いから、遠いからなど、しかたないよね。と、とにかく自分が納得のできる理由を探します。

 もしかしたら、そのしたいと思っていることは実は、本当はしたくないことかもしれません。した方が特だから、とか打算的に選んでるかもしれない。

 私も、納得できる理由を見つけて今はできない(やらない)と思ってることもまだまだたくさんあります。もちろん、そんな時期もあっていい。
 
 でも・・・
 納得できる理由はこれだ! 実は私したくなかったんだ!!

と、発見できたにも関わらず、まだモヤモヤする、と言う方に向けての記事です。そもそも、その~したい、と思ってることの見直しが必要かもしれないからです。気が楽になる人がいれば嬉しいな。

ライン

 実は私、仕事したくないって思ってたんです。これ認めるまで数ヶ月はジタバタしてたかな。好きなことを仕事にしてるんだから、そんなはずないってね。

 今だからぶっちゃけますが、予約が入るたび、仕事のスケジュールが詰まっていくごとに、気が重くなる。そんなわけだから、当然仕事も入らなくなりますよね。自分で避けていくんだもん。

 そして、仕事したいのにできない自分、というのを創り上げていきます。もう食の仕事やめようとまで思い詰めてました。

自分を納得させる理由もいっぱい考えました。

・淡路島に来たばっかりだもん
・仕事できる環境がないもん
・子どもの小学校とか保育園のことでバタバタしてるもん

ってなところでしょうか。今は書いてるだけで笑えてくるけど、ほんとマジでそう思ってました。

 そして私は、これらを解決させようとがんばります。淡路島にいながらwebで仕事ができるようになり、家を片付けたりして環境を整え、子ども達のこともだんだん慣れてきました。

これならどうだ!できるようになったのか?

 それでもやっぱり答えは同じ。
“仕事したいのにできない自分” でい続けたい、という自分がいました。だだっ子みたいな自分に、なんでやねん!って怒りすら覚えつつも、この怒りこそがそろそろ自分を見つめるタイミングなわけです。「仕事ができてない私って、どんな人だと思う?」って、聴いてみました。

情けないダメな自分、役立たずな自分、ダメ出しして責めまくっている自分がいました。誰に言われてるわけでなく、自分が自分自身にです。

 こうやって、”自分を責める自分” を見たくないから、”仕事したいのにできない自分” にいろんな理由をつけて見ないようにしてたんだな

ということが、すっと腑に落ちてきました。

 人に責められることよりも、自分に責められることの方がどれだけ辛いか。自分はずっと一緒だから常に責められる続けてるわけです。これは辛い。

 ある朝、すっと自分の中に入ってきた言葉があってね。「そろそろ好きなことしようか」 でした。

 私は、好きな食のことを仕事にして行こうと決め、ずっとやってきました。最近は、働く女性の心と食を整えることも加わっています。難しく敬遠されがちなダシの料理は、日本人の心と身体を安定させるものだということを伝えていくこと、ダシって実は時短料理なんだよということ、ダシの栄養価、子どもへの影響など、自分の実生活から気づくことをどんどん発信していくこと、仲間を作って広げていくことが使命だと思っています。

 夢はどんどん膨らみ、これだけやりたい!って思ってるのにやらないわけです。いろんな理由をつけて進まないようにしている自分にも気づけました。

 さらにさらに、好きなこと=仕事にも関わらず、そもそも仕事に対する私のイメージに愕然としてしまいました。

・ちゃんとせなあかん
・結果ださなあかん
・失敗したらあかん
・お金を得なければならない
・生活の糧
・好きだけでは仕事にならない

ガチガチに、ねばならないだらけ、だったことに気づきました。そりゃ面白くなくなるわけだ。

 そんなイメージのままなら、

私の好きなこと=心と食を整える の仕事をするのは嫌だ!

というメッセージを送り、一生懸命に自分自身で抵抗していたことにようやく気づけました。

そんなガチガチのクソ面白くない(失礼w)イメージでいる仕事に、自分の大好きな食のこと、何よりも自分の大切な時間を使いたくない!って必死に守ってたんだと思うと、この葛藤を抱き続けてた自分を愛おしく思います。

 今の私の仕事へのイメージは、ものの見事に真逆に設定変更です。ちゃんとしないし、結果も出さなくていい。失敗していいし、好きだけで仕事をしていきます。以前、趣味だと思って仕事をしたらいいと言っていただいたことがあったんだけど、それもようやく腑に落ちました。

 先駆けてfacebookで手前味噌の会を作ったり、またダシ講座もしていきます。ワクワクしてきました!!

 また、ここまで必死な自分だったからこそ気づけたこともあったし、出逢いもありました。食と心と両方サポートしていきたいと思って栄養士の道に進んだころの私を思い出せました。食と心のカウンセリングコースもただいま準備中です。

 ほんと、無駄なことって無いですね。自分のベストなタイミングで手放すこともできるんだから、それまでジタバタしてても良いんだということも、今回よくわかりました。

 ということで、冒頭にあった

~したいけど、○○だから、できない” 

この ~したい にあるイメージを、ご自分で洗い出してみることをオススメします。思いがけない発見があるかも知れません。本当にしたくないときは、○○だから、の理由を洗い出せばいい。

 自分のことはなかなかわからない、とも言えますが、自分にしか自分のことはわかってあげられない、とも言えます。
だから面白い。

 10月より開講するハピネスフォースメソッド・ベーシックコースでは、こういったことを見つめていきます。

 自分の本当の声を聴いてあげませんか?

ライン

【ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ
 

Continue Reading

子ども・私 ワークバランスについて

 淡路島へ移住して、そろそろ1年が過ぎようとしています。相変わらず家の中はとっちらかったままですが、山・海・畑・田んぼと自然が近くにあるのは、私にとって最大の栄養源です。

 自然といえば、子どもも自然そのもの。日々いろんな気づきをくれます。私、淡路島に来るまでは子育て本当に向いてないって思ってました。なんでこんなに子どもに寄り添えないんだろうって。時間に、毎日に、余裕がなかったからだけだったんですよね。今ならわかります。余裕が無くなるほど頑張ってたんだって。よくやってたなーって思える今は、子どもと一緒にいる私も好きになれたからです。

 淡路島に来て喜んでいる私、不安を感じる私、未来にワクワクする私、いろんな私がいました。不安・悲しみ・後悔・挫折・焦りといういわゆる負の感情はダメのもので、それらを感じるのは辛いから早く逃れたくて、早くどっか行ってくれるように自分を見つめ直したり。それでも無理なら、あえて不安を感じないようにしてみたり、ようするに自分と戦ってたんだよね。

 全然上手くいかなくなって、ようやく諦めました。仕事にも集中できず、毎日が楽しくなくなって。そこまできてようやく観念して、抗うのをやめて、今の自分を感じることに決めました。

 今なら負の感情こそが、いろんな気づきをくれているギフトなんですよね。何を抵抗してたんだって今なら笑えます。

 ずっと抱えてきていたことがあります。何かを得ようとするなら、役に立たなければならない。必要とされなければならない。だから頑張り続けなければならない。これに疲れたと言って訴えてきてる私との葛藤です。

 頑張らなかったら、何も得られないのか?家でゴロゴロしていたり、家事もしない、仕事もしない、子どもに向き合ってない、そんな私には価値は無いのか?生きてる価値は無いのか?

 役に立とうと頑張り、必要とされるよう頑張って来た自分。頑張った先に何を得たかったのか。安心かな。ここにいて良いという許可かな。幸せを実感したかったのかな。

 そこに気づけたのも、ようやくのこと。役に立ったり必要とされなけば生きてる価値が無い、と思い込んでた私からようやく卒業できました。長かったなー。20年は抱えてたと思う。

 そんなことしなくても、すでに誰かの役に立ってるし、必要とされている。ここにいたいと思うなら、いつまでもいて良い。離れたかったら離れたら良い。今すぐ幸せだと感じる。それだけで良かったのに。

比べたり、ひがんだり、妬んだり、蹴落としたりなんてしなくて良かったのに。

 今回のテーマは、【子ども・私 ワークバランスについて】 としていますが、何かを手に入れられたから私は素晴らしいとか、そんなことでなく、すでに素晴らしい。まずそこからがスタートです。

 そんな私がどんな仕事をしていきたいのか。どんな子育てをしていきたいのか。この視点が大切なんですよね。
 
 秋から、仕事のバランスが変わります。毎週土曜は夫に休んでもらって子ども達を見てもらってました。それが毎週というわけには行かなくなります。今までと同じにしてよって断ることもできたけど、これもそういう流れなんだろうと乗っかることにしました。

 土曜に仕事を入れてたのは、週末だと参加される方も多いだろうから、という想いもあってのことですが、土日ずっと子どもと一緒に過ごすことに不安があったからだと気づけたんですよね。何が不安なのかというと、子どもと一緒だと自由に動けないという思い込みがあったからです。

 本当にそうかな? って問いかけてみると、そんなことないよね。子どもも大きくなってきたし、数時間なら一緒についてきてくれるかもしれない。一緒に何かできるイベントを企画したら楽しめるなーって、考えたらワクワクしてきました。

 行き詰まったときは、今までのやり方を見直すチャンスでもあります。いろんな視点から今の自分を見てみるときっとチャンスがいっぱいあります。

 それもこれも、生きてるだけで誰かに必要とされている、役に立ってると思えたからこそなんだよね。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月23日(日)

● 和の心・神話からのメッセージ 
7月15日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

● 夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
8月26日(土)

● 講師・セラピストさん限定:貴女だからできる事を知ろう
9月開講予定

Continue Reading