いじめ、を通して経験したこと

facebookって、過去に投稿した記事が上がってくるんですね。
過去の今日にこんな書き込みしてたよ、ってね。

私たちはふだんあまり意識してないけど、考え方・捉え方・感情の感じ方にすらクセがある。
利き手と同じように。面白いよね。

さらに面白いのは、たった今、目の前にいる人・環境とかに合わせること無く
すっごい小さい頃に採用した、考え方・捉え方・感情の感じ方のまま生きている。

あのとき、こうしていれば良かった。
あのとき、このとき・・・

選択を悔やむこともある。

でも、それは、今の自分を創る為に必要なプロセスだったんだね。
って思えたら、今が苦しくても確実に一歩進んでいる。

 

 

私が、中学3年生になって経験した出来事を通して

やっぱり、私が頑張らないと。
やっぱり、私がガマンしないと。

って、今までの考え方や思い込み・捉えた方を強化していたらしい。
今の私に通じる根っこの部分。

同じ出来事でも、年数が経つと気づくところが変わってくる。
ちょこっと修正したけど、そのままシェアしてみます。


中学3年の4月から、新しい中学校へ転校した。
そこで、数ヶ月ほどいじめられてたことがあった。

引っ越しの理由は祖父の看病の都合。
どうしようもない理由。
祖父を看取りたいと言った父の意向に
母も従ったわけで誰も悪くない。
両親も大変だったはず。
私も今ならわかる気がする。

でも。
中学校2年生まで
バラ色の学生生活を送っていた
私からは青天の霹靂。

急に引っ越しすると言われ、仲良かった友達とも別れ、
転校先はわりと進学校で、勉強にもついていけず・・・。

今の私なら、
電車で通いたいって言えただろうけど
14歳の私には、そこまでの発想も、勇気もなかった。

転校先では、地毛が茶色だった私は、
なんか気に入らんと言う理由から
机に落書きされたり、無視されたりした。

机に書かれた言葉を消していくときの
恥ずかしさ、悔しさ、惨めさ、寂しさ。
誰もわかってくれる人がいない孤独感。

前の中学校に帰りたいとずっと思ってた。
休み時間・家に帰っても寂しかった。

あるとき、別のヤンキー女子たちに呼び出され、
男子並みのとっくみあいのケンカをした。
日々弟との実践交えたケンカが役に立った。

今から思うと、その時のこみ上げるパワーは、
ためていた怒りを爆発させたんだと。

怒りの奥には、落書きされた悔しさ、馴染めない空間、前の中学校への未練、
悔しさや悲しさが渦巻いてた。

無我夢中で戦ったあと、ヤンキー女子ボスに気に入られ、
そこから仲良しになって、もう誰からもいじめられなくなった。

ああやって気に入らんって言って来てくれて良かったし
机に落書きされたり、無視されるより全然マシだと思った。
どこが気に入らんの?って聞けるしね。

その日の夕方、先生から呼び出された母が迎えに来てくれた。
制服ビリビリ・泥んこになった私を見て、なんとも言えない表情の母。
困らせてる!ってザワザワした。

本当に言いたかったことを言えなかった。

「怖かった、不安だった。」
「学校を変わりたくなかった。ずっと友達といたかった。」

その時の寂しさ、悔しさ、言えなかった自分のことを、ずっと持ったまま大人になった。
心配させたくなかった。

でもほんとは、怖かったこと、寂しかったこと、不安だったこと
母にわかって欲しかった。

どうしたの?ってずっとそばにいて欲しかった。
伝えてないけど、わかって欲しかったんだ。

結局、その中学校には卒業まで馴染めなかった。
けど、最後まで通ったのは、学校に行きたくないと言う勇気も無く
褒めてもらえるかも知れない。という期待もあったと思う。

高校は経理職である父の勧めで商業高校へ。
もともと学校の勉強が好きでなかったので結果的には良かった。

合格発表を見に来てくれた父が
途中で転校させて申し訳なかった。
受かって嬉しくて泣いたなんていう後日談も聞く。

そんなに心配してくれてたんだって嬉しかった。
でも、父にも言えなかった本当の気持ち。
それがずっと残る。

おじいちゃんのことだし、
どうしようもない理由かもしれないけど
私は「学校を変わりたくなかった。ずっと友達といたかった。」

そして転校して怖かったこと、
寂しかったこと、不安だったこと。
心配かけたくなくて、怒られるかもって言えなかった私。

そのときの想いがずっとあった。

いじめられてたという事実よりも
思ってることを言えなかったことの方が
私にとっては辛かった。

相手の顔色を伺って、空気を勝手に読んで
自分で頑張り続けることを強化した。

思っていることを言わない方が、その時は正しいと選択したんだ。

誰も悲しくならないように。
困らないように。
心配させないように。

優しい良いやつだな、私。


自分のことが嫌いで、どう向き合って行くか悩んで学びだしたこのメソッド。
自分と向き合う中で、蓋をして隠してきた私の感情。
あふれだした想いのあとに、ようやく見つけてくれたねって笑ってる私がいた。

自分で自分の感情を認めていないから、しんどいし、辛い。

辛い、しんどい、悲しいと言う感情に支配されること無く
出来事は出来事だと捉えられるようになると、多角的に気づきを得られることができる。

いろんな角度から、その出来事が捉えられるようになると
一番の最善をそのときに尽くしてたんだと気づく。

そうなると、ますます
自分が愛おしくて大好きになる。

貴女も、脳の捉え方、感じ方のクセ、自分はどんなタイプなのか
本当はあのとき、どんなことを感じていたのか
知ってみたくないですか?

大阪で、対面のコースがスタートします。
今回は木曜コースと日曜コースを開講します。

・木曜コース 12月13日~(月2回)
・日曜コース 12月16日~(月1回)

どちらも2講目以降は来年です。日程は受講生さんと一緒に決めて行きます。
遡って、今年こそ自分と向き合うぞって決めた人もきっと要ると思う。
その答えがこのコースに、きっとある。まだ間に合います。

私もやっと、自分の進む方向が見えた。
心だけでなく、食だけでなく、私の伝えたいことは両方の中にある。
自分と向き合って導いたコースです。

今回より食の選び方、レシピ&キット、がセットになりました。
心から食からアプローチしていきます。
調味料の選び方もコース中にお伝えしていきます。
レイキも体験していただけます。

ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース

とにかく今、抱えてる問題からの答えが欲しい。と言う方にはカウンセリングがオススメです。

もっと自分を好きになれるカウンセリングセッション


日常のいろいろを綴ってます。このブログより更新頻度は高いかも。
よかったらフォローしてね。facebook ツシマミチコ

LINE@では、不定期ながら無料遠隔レイキヒーリングをお友達限定でお送りしています。
ツシマミチコLINE ID  @mek5273y で検索してね。

Continue Reading

旬のパワー!かぼすで手作りポン酢/木ヘラで鶏そぼろ@大阪

オープンニングイベントもいよいよ次回がラストです。

【髪も身体も心も整える、基本のキ 調味料3回コース】 @大阪・三国

3回目  11月11日(日)11時~14時まで
『手作りポン酢とそぼろ』
参加費・7,000円(ランチ付き)
・サンラータン
・鶏そぼろ
・大根と柿のサラダ

場所: ヘアースタジオ・プリマヴェーラ~三国rouru店

阪急宝塚線三国駅より徒歩5分


1回目のレポートはこちら。

【レポ】髪も身体も心も整える、基本のキ 調味料3回コース

私はポン酢作りに決めていることがあります。

できるだけ、旬の柑橘類の果汁を使うこと

酢を使うこともありますが、柑橘の酸っぱさはどこかやわらかい。

ぶっちゃけ100%果汁のジュースでもできんことは無いですw

でもね、やっぱり柑橘のぎゅっと絞りたてが美味しい。

なんてったって、パワーが違う!

その中でも、かぼすが特に好きなんです。

絞りやすいし、とってもジューシーです。

今回も、大分県の無農薬かぼすをご用意しました。

味覚の五味(酸味・塩味・甘味・うま味・辛味)のバランスが絶妙のポン酢。

お鍋にも、サンラータンにもアレンジできます。

これから寒くなる時期、たくさん作って常備しておきたいですね。

今回のポン酢の素材は、500円で購入できるようにセットにしています。

2回は使い回して作れるので、お得です^^

お家に帰られてすぐにポン酢を仕込めますよ♡


鶏そぼろは、菜箸を何本も用意してパラパラにするのが一般的ですが

今回のレッスンでは、木へらでささっと炒めるだけでパラパラにできちゃう方法をご紹介します。

野菜ばかりで、おかずにボリュームが欲しい時

食べ盛りのお子さんやダンナさんがお腹減ったーって言うときに

すぐに用意できます。

こちらもまとめて作って冷凍できます。

ミンチ肉の種類を変えてもまた面白いんですよ^^

 


大阪でレッスンできるのは、プリマヴェーラさんでだけです♡

淡路島まではちょっと遠いなぁ。。。と思われる方は、ぜひご参加ください。

 

【髪も身体も心も整える、基本のキ 調味料3回コース】 @大阪・三国

3回目  11月11日(日)11時~14時まで
『手作りポン酢とそぼろ』
参加費・7,000円(ランチ付き)

場所: ヘアースタジオ・プリマヴェーラ~三国rouru店

阪急宝塚線三国駅より徒歩5分

 


11月11日!すぐやん(・∀・) 迷ってる方はお急ぎ下さい!!

若干、お席に空きがあるそうです。

かぼすでポン酢、鶏そぼろ!時短、アレンジ満載♡

一度に両方知れるのは、このプリマヴェーラさんでだけ!

ライン

■大阪【髪と身体と心を整える・基本のキ 調味料3回コース】
の詳細は、こちら↓

ご予約フォームが、プリマヴェーラさんになります。

詳細はコチラ

Continue Reading

私が昆布に惚れている理由①

昆布の約95%生産量する北海道。
昆布大使や、ダシの取り方を専門とした料理レッスンする私にとって、北海道はとっても大切なところです。

今までなぜ行かなかったのか?ってね、振り返ると不思議なくらい。

ダシの取り方だけに特化したのは、
子どもを産んでからだったし、
子どももまだ小さいし、
お金も無いしなー、って、

いろいろ理由をつけて今まで行かなかった。
何よりも、私には無理だと思い込んでいた。
でも、ホントはすっごく行ってみたかった場所。

ダシこそが親子の絆を繋いで行くものだと、私自身出産を経て強く感じていたものの、
それなのに、私ごときが、北海道まで何しに行くの?、なんて想ってたな笑

誰だったら行く価値があるねんって話だわ。
すっごく遠い異国の地だから、って
大切にしすぎて勝手に神格化してただけだった。

今回は、前からずっと知り合いの方がお誘いしてくれて、行きたかった私の背中を押してくれた。
地元の方々と一緒に、たくさん素敵な場所に連れて行ってもらいました。
またその時のことは別の記事で。

今回の記事は、単独で昆布を求めて函館へ行ってきたときのこと。
私がなんでこんなに昆布に惹かれるのか、その理由がやっとわかりました。

ただ美味しいからってだけじゃなかった。

北海道は本当に広い。移動だけで時間がものすごくかかる。
またそれも旅の醍醐味なんだけど、時間が限られていると移動すら惜しく感じてしまう。

どうしても行きたかったこの二カ所に決めた。

 

昆布館と

函館の川汲 へ。

 

北海道昆布館は、昆布のいろんなことが紹介がされていて(ざっくりやなー)

私の大好きなもの全てが昆布で繋がっていることに、良い意味でショックを受ける。

私の今まであちこちで言ってきた内容をまとめると

お茶と昆布を通して、沖縄、大阪、淡路島、北海道、中国が好きになった。

●沖縄を拠点として、不老長寿だと伝わる昆布を中国に流通させることで力を蓄えた日本。

●中国からは、お茶が日本に伝えられた。

●沖縄で飲まれるさんぴん茶は、ジャスミン茶がなまったもの。

●このさんぴん茶が沖縄だけにとどまったのは、本州の気候とは合わなかったよう。

●九州での釜入り製法が今も残っているけど、日本のほとんど蒸して発酵をとめる製法が残った。

●硬水文化の沖縄では、かつお節の出汁がよくでる。

●軟水に向く昆布は、出汁を取るよりも食べることで根付いている。

●大阪は天下の台所と言われ、たくさんの食料が全国から集まる。

●軟水の昆布だしが美味しい大阪は、真昆布が主に流通されている。

●包丁の研ぎも有名な堺も近くにある。

上り荷(畿内方面)は殆どが海産物で、下り荷ほど種類は多くない。鰊粕商品作物栽培のための肥料)、数の子身欠きニシン、干しナマコ昆布干鰯など。特に昆布は大坂から薩摩藩を経て、琉球王国経由で中国()にまで密輸出された。富山藩には「薩摩組」と呼ばれる担当の部署があり、中国からは漢方薬の材料を輸入して、富山の売薬を支えた。北海道、越中国薩摩国、琉球(沖縄)、清までのルートを現代では「昆布ロード」[5]と言うことがある。【引用元】北前船の荷 Wikipedia

●昆布・お茶・薬などを、北海道から本州、沖縄を経由して中国まで運び売買をする。

●この運んだ船を北前船と言い、そして今ではこの道のりを昆布ロードと言う。

●この北前船を作ったのは、淡路島出身の高田嘉兵衛さん。函館の再建にも尽力されたらしい。

●昆布を扱う商人は、淡路島出身の方が多いとも聴くのもなんだかわかるような気もする。

(暗くて見にくいね。ごめんだよー。)

大阪に育ち、淡路島へ移住した私。
沖縄が好きで、昆布、鰹節、中国茶を通して、北海道をはじめ日本を知る。
一見、バラバラなようだけど、全部昆布で繋がっていました。

これがわかったとき、魂が震えた。
これいいな。やってみよ、行ってみよ、って、後先考えずにやってきたことが、ここで全部集約されていたこと。

バラバラだったパズルのピースが、パチッとはまってく感じ。
ピンときたことをやり続けてたら、いつかどこかで必ず帳尻が合う。
ムダなことなんて無いんだよ。って教えてくれた気がした。

この展示物の前で涙する一般人もなかなかいないだろうな。

私も、人に教わったり、文献を読んだりしての知識だから、どっか変なところがあるかもしれない。信憑性があるのか・ないのか。正しいか・そうでないかは、また興味があれば調べてみて下さい。

昆布のソフトクリームも美味しかったよー。
昆布の味というのは正直わからないけど、ソフトクリームの美味しさをぐぐっと底上げしています。
さすがすごい力量よ。やっぱ昆布に惚れてるわ。

 

私が昆布にハマった理由②では、
函館・川汲で昆布漁をされてる奥様との出逢いについて書きます。
これこそ旅の醍醐味! 忘れかけていた自分の底力を感じました。

 

 


◎ご案内中のコースはこちら

■心と食の土台を創るグランディングコース

■第3回8月6日(月)寺子屋カフェ

■茶言葉・魂の声を聴く中国茶会

【新月】7月13日(金) 13:30~15:00
【満月】7月28日(土) 21:30~23:00

身体からのサインに気づく/カウンセリング薬膳茶

もっと自分を好きになるカウンセリングセッション

■脳の使い方:ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース

■line@では、お友達登録していただいている方限定で、遠隔レイキヒーリングを行っています。
無料です。ぜひご登録下さい。

ID → https://line.me/R/ti/p/%40mek5273y

Continue Reading
1 2 3 5