お母さんをやめる。

 いろんな自分を認める。
言葉は美しいけど、実際は泥臭くて血みどろで地味な作業だ。

 ・私にもこんなすごいところがあったのか。
 ・ちっちゃく見積もってたけど、すごいやん。
 ・こんなによく頑張ってきたなぁ。
 ・嫌いなあの人は、この事を気づかせるために存在してたんだ。

 って気づけたときは、涙で前が見えなくなったりする。

 そしてあるときは、、
  ・うわー!これ無理な私やん。
  ・絶対になりたくない私やん。

と、七転八倒したくなるものもある。
違う意味で前が見えなくなったりする(絶望という)


 今日はどっちかというと、七転八倒のお話。長いよ。

 子どもがテレビを見て、夫もくつろいでる。そんな中、自分だけがバタバタ家事をしている。迎えに行った後、当たり前に公園へ連れて行けと言う。こっちを見てと全力で体当たりしてくる。

 しんどいけど、やりたくない日もあるけど、お母さんだから仕方ないと思っていた。ちゃんと家庭を守らなければ。だから頑張ろうって。

 腹立つけどしゃーない。

 でも、ほんとはどっかでわかってた。しゃーないの奥を見たくなかっただけ。
だからしゃーないってことにして、忙しくて余裕がなくなるからイライラするんだ。そう思うことにした。
 
 イライラしないように忙しくならないように、子どもが小さいことを理由に、いろんなことをセーブしてきた。

 でもある時から、子どものペースに合わせてる自分にどうしようもなくイライラしだした。
 
 家族で出かけると「絶対にこのお店には行く」とわざわざアピールしてたのは
“子どもと一緒だと自分を優先してはいけない” というマイルールがあったからだと今ならわかる。

 またある時は、子育てと仕事のバランスが取れててすごいよねって言われるたびに、はぁ!?って思ってた。 “そりゃそうだろ、私ガマンしてるもん。” 何のガマン?ってな。

 そう。結婚したら、子どもができたら、自分のしたいことはガマンすべき。子どもに合わせるべき。
というルールがあった。

 それでも、仕事をしたり遊びに行ったりしたいわけよ。自分の中にある罪悪感とずっと戦ってたね。それに疲れて、忙しくならないようにセーブして家事も子育ても頑張ってた気がする。

 子どもは可愛いのに、子育てほんと向いてないなーって思ってた。

 話は変わって、あるときムクムク湧き上がる想いにOKを出した。

 やっぱり私は今してる仕事が好き。
仕事のない人生なんて考えられない。 
 
 私が幸せで楽しく生きることが家族への幸せにもなるなら、
自分を生きることと家族との両立ができないはずがない。

 今の自分にあったやり方を探すぞ。

 子どもには私の生き様を見てほしい。

 私にならできる。

 そしたらこの数ヶ月、仕事が忙しいのに比例して、しゃーないの状況が増えてきた。もうイライラMAX笑

 いよいよ、しゃーないの奥を見なくちゃ。
結婚したら、子どもができたら、自分のしたいことはガマンすべき。子どもに合わせるべき。というルールを手放すときが来た。

 これは私にとっての理想のお母さん像であり、
ずっと大切にしてきた理由は、他ならぬ我が母のやり方だったから。

 お母さんが私たちにしてくれてたようにやらなくちゃ。
そうじゃないと、ガマンしてやってきてくれた母の人生を否定してしまう。

 ガマンこそ美徳。母のやり方が間違っていたと思いたくなかったらしい。
ではなく、きっと母も祖母からこのやり方が正しいと教わってやってただけ。それしかないと思ってやっていたけど、もし他の方法も知ってたら母のやり方でやってただろう。

 だから私は、私や今の家族に合った違う方法を探していこう。
同じじゃないからと言って、母を否定するわけじゃない。

 理想のお母さん像なんて、くそくらえ。
見張ってばかりじゃなくて、子どもと一緒に遊んだり、ムダをたくさんやっていきたい。

 どんな私だったら、イライラせず、子どもと同じ目線で楽しめるか?
どうやってくかはトライ&エラーで、少しずつ決めていけたらと思う。

 
 公衆電話から電話したいって、自宅と携帯にそれぞれ通話中。
なんてムダなことを・・・って言いそうになったけど、ムダかどうかは子どもが決めることだな。
 それにしても今の子って、テレホンカード知らないんだよね。


 12月からスタートしている、ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース。
オンライン、対面、と合わせて4コース開催中です。

「自分も受講生になりたい♡」とアシスタントさんから言われるほど充実したコース。これって最高の褒め言葉だよね。

 5講には、物事の捉え方を変えるミラクルクエスチョンを学ぶ。その場だけで終わると意味ないから、次の6講までの期間(2週間~1ヶ月間)グループでワークをやってるのね。
 毎日続けるから落とし込めるという想いがあるから、強制じゃないと言いながらほぼ強制でやってるw。(まだやってないコースもあるから待っててね^^)
 
 受講生さん同士でワークする中で、私はちょっとフォローするだけ。皆さんお忙しいながら、毎日どこかしらで時間をやりくりして回答されて、だんだんとええ感じになってきた。
 
 あるコースでは、このワークがもう練習の枠を超えてちょっとしたカウンセリングになってて、自分を知るのってこんなに楽しいのねー!って言ってた。

 私もすごく嬉しい(・∀・) だってほんとに面白いのよ、自分を知るって。
こんな風に思い込んでたこと、あんな風に捉えてたこと、自分の思い込みだったのか!って気づけるだけで目の前の景色がスッキリ広がって感じるから。

 で、このスキルは、カウンセリングの時にもめっちゃ使う。これがマスターできたら、答えは自分の中にしかないんだなって、誰に相談することもないって気づけるよ。

 私も、自分の悩みをお題としてこのワークに参加してるんだけど(入ってるんかいw)
言葉を入力してる間に、ああこれが解決やなってわかっちゃうときもあれば、皆さんからの答えでハッと気づけることもあって、楽しませていただいています。それがさっきのやつね。

 皆さんの修了時の清々しさも、ぜひここでまたご案内できたらいいなー!って思ってます(・∀・)

お楽しみにーーー♪


 自分の土台を創ろう!!
また新たにパワーアップした内容で、夏には新規募集する予定♡

ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース

Continue Reading

【自分・家庭安泰】家に1人!レイキティーチャーを♡

 お待たせしました!
ようやく、レイキ伝授のページを作りました。
見たら戻ってきてね(^^♪

レイキ・ヒーラー/レイキ・ティーチャーコース

 私は知識をもとに感覚に落とし込んでいく学びが得意です。
まず知識ありき、のち少しずつ体験し、自分のモノに・感覚に落とし込んでいく。という流れです。

 なぜなら、その方が安心するからです。納得しないと前に進めない。進まない。
何がどうなるか想像もつかない方向へ、いきなり飛び込むのは怖いから。

 だから、必要以上にブレーキが働きチャンスを逃したことも過去にたくさんある。そのたびに後悔してたけど、すべてが全部そうじゃなかった。
本当に自分にとって必要!なものには、知識よりもまず飛び込む!という、今までやってた安心する方法とは真反対の方法をとってたことにも気づいたの。

何か自分だけじゃない大きな流れに突き動かされたような。そんな感じ。

ダシの料理教室出口商店さんとの出会い淡路島への移住ハピネスレイキ・・・
まさしく意識を通さず、気づくと身体が動いてた。
上手くいくかどうか?って考える前に、やりたい!が勝ってた。

 今になって、やってみて本当によかったと思うし、あの時の自分は間違いじゃなかったと確信しています。

 私は、本当にマジで自己肯定感が低かった。自信がなくて、周りの目ばっかり気にして、上手くいく方法しか目指さなかった。そんな自分が嫌いだったけど、どうにも変えられなかったのは、その方法しか知らなかったから。

 今でも自信がないし、周りの反応が気になって、失敗を恐れることはある。でも、そこにとどまる時間が短くなった。そして何より、その状態があってもOKと思えるようになったのは大きい。浮上できることを知っているからこそ、好きなだけ潜っていられるんだね。

 それを教えてくれたのは、何かに突き動かされて選択してきた過去の自分だった。そういう自分もOKなんだって。今の私があるのもそのバランスから生まれたものだから。

 感覚と知識とで両輪で伝えられるというのは、今の私にとても必要なこと。
そして、感覚だけでは不安。。知識と一緒に安心して落とし込みたい!という方が、周りに集まってくるんだろうという確信がある。だって実際にそうだから。

 特にレイキは、目に見えないものだからこそ感覚と知識とで納得して進みたいよね。自然体の自分になりたい方、本来の自分を取り戻したい方、レイキが確実で早道だよ。
 一度、レイキ伝授すると一生もの。家族や友人にも使ってあげられるし、何よりもいつでもどこでも自分を癒せるって、最高に安心するものです。

 国生みの地・淡路島でのアチューメント(伝授)は、さらに貴女の波動をあげてくれることと思います。

 2月受付スタートします^^

ライン

【レイキ・ヒーラー/レイキ・ティーチャーコース】の詳細は、

こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【レポート】和の心 淡路島・神社参拝編

 【和の心】淡路島・神社参拝編のレポートです。昨夜はビール飲んでさくっと寝て、朝から筋肉痛で目覚めました。次の日に痛いってことにホッと安心する一方で、筋肉痛を味わいながら、充実した一日だったと身体と心が満たされております。

 今回は、大人5名・子ども2名の計7名で参拝に参りました。お越しいただきありがとうございます^^
お子さんは、小学校3年生と4歳。結構歩くしハードじゃないかなと思ってましたが、頑張って歩いてました。すごい。

 上立神岩のハートの形になってるところを見て、海で砂遊びをしたり、あめんぼに盛り上がったり、自然と戯れる感じがなんだかほっこりしました。一緒に行けて良かったです。

 実は、この日に神社参拝の設定したことを後悔していました。昨年夏から移住してきて、淡路島の梅雨をまだ体験したことがなかったからです。過去の天気予報見ても、淡路島に住んでいる人に聞いても、6月24日は例外なく雨。一日外を歩くわけなので、大変だなって尻込みしていました。

 その尻込み加減が伝わったのか、予定されてた方々のキャンセルが続き、ますます尻込みするという悪循環。一時は延期も考えましたが、講師の静香さんの心強い言葉と後押しがあって開催することになりました。本当に良かった!!

 そんなこんなの心配は必要無いくらい、当日は曇り空にちょっと晴れ間が見えるという、絶好のお天気でした。そして、この日を選んだのには私も気づかなかった理由がありました。その答えは最後にあります。

ライン

 まず、おのころ島神社へ。大きい鳥居が有名ですね。

神様に参拝する前に禊ぎをします。現世のいろいろを清めてから神様に会いに行きます。
本来の禊ぎは全身を水で清めます。滝にうたれる行というのはそういった意味があったんですね。

 神社では、簡易的に手と口を清めるのだそうです。手は外側を、口は内側を代表してそれぞれ清めることで、全身が清められると考えられています。

 ここでもやっぱり左手から。左は尊いのです。水で清める由来、左がなぜ尊いのか、太陽と月の関係、などの真実は、古事記にあるここからきています。

◎理由はこちら 【第2章:レポート】神話から真実を知る

 
 参拝の仕方も教わります。鈴をならしてからお賽銭だそうです。拝む前にうつ柏手は大きいほど、神様に気がついてもらえるんですって。

 

 続きまして、フェリーに乗って沼島へ行きます。10分で着いちゃうからあっという間です。沼島は今、鱧が旬です。お昼ごはんは沼島で・・と予定していましたが、鱧のコース料理を扱うお店ばかりで沼島のお店での昼食は残念ながら断念しました。それだけで時間が終わっちゃう笑

 洲本にある、まどみさんでお弁当をお願いしました。淡路島の食材をふんだんに使ったお弁当です。お腹がすきすぎて冷静さを失っていた私。お弁当の写真が良いのが撮れてなかった(゜Д゜)美味しかったのにーーー!

 リンクはこちらです。まどみさん ランチもされてるので今度行ってみよ。

 穏やかな沼島の海岸で、お弁当をいただきました。まったりしてしまう。

 ここからは、たくさん歩きます。気合いを入れて、おのころ神社へ。

おのころ島神社で教わった参拝方法を早速実践。

国生みをなさったイザナギ・イザナミの二神が祀られています。私達がここにいるルーツがここにあるのかと思うと、感慨深い。そして、一緒にその瞬間を味わえる方々がいることにも感動します。

この二神から神様が誕生したと思っていたけど、実は7代目なんですよね。

 沼島の町並みを抜け、小学校・中学校を通り、緩やかな傾斜を歩きながら、上立神岩へ。天の御柱とも言われています。今では縁結びとも、パワースポットとしても有名ですね。

 ほんとうに静かな島です。鳥のさえずり、木や草の香り、あめんぼがたくさんいたり、波の音、大自然に神様に守られてるということを改めて感じます。だからこそ、やりたいと思うことを、もっと自由に思いっきりやって、楽しく生きて良いのだなって思うわけです。

 沼島で唯一のカフェ吉甚さんで休憩。国産みソーダ、巨峰ソーダ、レモンスカッシュでクールダウン。お店の方とどこから来たの?って話になって、京都・奈良・大阪・宝塚からということで、なんだかやたらに盛り上がります。沼島:吉甚さん

 毎月、和の心を学ぶ ~神話からのメッセージ~でお会いしてるけど、改めて古事記をなぜ知ろうって思ったか?なんて話もできて嬉しかったです。日本に生まれたんだから日本のルーツって知りたくなりますよね。

 新月のワークもしました。夏至のあとの新月はさらに強力なパワーがあるのだとか。この新月の日に国生みの島に行けるってすごいミラクルです。だから6月24日を選んでたんだ!!
 
 今回の新月は、蟹座の新月と言うことで、“家” “家庭” “基盤” “心のよりどころ” “インテリア” “育成” に関して、叶ったという完了形の言葉で書き出すと、形になりやすいのだそうです。

 講師の静香さんは、コンサルの先生でもあります。このwebサイトもコンサルを受け、作っていただきました。「この新月のタイミングでサロンをオープンすること書き出してみたら?」って言われてね。
 実は、おとといも沼島へ下見に行ってて、空き家を見ながらリノベーションしてサロン作れたら面白いなー、なんてワクワクしながら歩いてたんです。

“淡路島で遊楽食房のサロンをオープンしています。”
“大阪・神戸・奈良・京都を中心に、日本全国、世界中から、食と心のよりどころとしてお越し下さっています。”

完了形で書いてみました^^

6月24日の11:31より、48時間以内が有効だそうです。まだ間に合いますね。皆さんも良かったら試してみてね。

次回の神社参拝は、伊勢神宮参拝になるか、淡路島の違う神社に参拝するかを、現在検討中です。また決まりましたらお知らせしますね。

 和の心を学ぶ ~神話からのメッセージ~、次回は7月15日(土)です。“出雲の国譲り” からです。途中から、単発でのご参加も可能です。淡路島へ来られるのが難しい方には、Web配信もしています。

ライン

【和の心を学ぶ ~神話からのメッセージ~】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading