【年越し蕎麦レシピ&キット】来年こそ自分で一年をデザインする。

 12月16日~ご予約スタートしている 【年越し蕎麦のダシ】レシピ&キット販売 販売再開です。

 急遽、鰹節を届けてもらうようにお願いして、待ちきれずに配達所まで受け取りに行ってきました!

 美味しいお蕎麦には、鰹節はぜったいに欠かせません。

 鰹節は、いつも鹿児島・枕崎市にある金七商店さんより直送していただいております。クラシックを聴かせながら鰹節を熟成させてつくるクラシック節です。鰹節への情熱と愛には、もう尊敬しかありません。

 ダシ普及活動を本当に応援して下さっていて、今回も急なお願いにもかかわらず、誠心誠意対応してくださいました。

 「このレシピ&キット販売は、社会に還元する活動だ」と言ってくださった、私のメンターである川上茂子先生。そして、鰹節が足りないと言ったら、速攻で送って下さった 金七商店 さん。

 そしてそして、“大晦日が楽しみ!” と言って購入して下さる皆さん。SNSで見てご注文してくださったり、シェアしてくださったり、ほんとに社会に還元されているかも?(・∀・) って気になっています。

 ライン

 難しくてめんどくさそうなイメージが先走りするダシの取り方を取っ払いたくて、わずか15分で作れるように試行錯誤して完成したレシピです。

 今まででダシの取り方を調べてみたら、たくさんの方法がありすぎて混乱した経験ありませんか? 調べるうちにまぁいいかって諦めちゃった方も、もしかしたらいるかもしれませんね。

 結局のところ、昆布は水、鰹節はお湯というポイントさえ抑えていれば、どんなやり方もしてもダシってとれるんです。その時の温度や取り出すタイミングなんかでやり方が違っているだけ。

 だから、なるべく手をかけず手間を省き、それでいて美味しくできる方法を。

 今までダシを取ったことの無い方でも、簡単に美味しい蕎麦ダシが作れるように考えました。

 一年を締めくくる年越し蕎麦。今年もよくやったなーって、自分を・家族を労いながら作ってみてくださいね。”美味しい+愛情” で、ますます美味しくなること間違いなし。

 そして、作り手である皆さんは、仕上げの薄削りを加えるとき、鰹節が沈んでいくのを見て、鰹節の香りを味わいながら、どんなことを想うのでしょうか。

 楽しかったこと? 感動したこと? 後悔したこと? 失敗したこと? 新しくチャレンジしたいこと?

 ちなみに、大晦日にお蕎麦を選ぶのは、麺類の中でも切れやすいのがお蕎麦だからだそうです。大晦日は今年最後の日。明日から始まる新しい一年を迎えるため、今年の災厄を持ち越さず断ち切るため、年越し蕎麦を食べるんですって。

 昆布や鰹節からお蕎麦のダシを作り出すこと。それは、自分自身で ”年越し蕎麦” という料理をデザインすること。年越し蕎麦を食べることで災厄は断ち切ってくれるから、新しい一年、どんなふうになりたいかをイメージするだけでいいんです。
 
 新しい一年も、自分でデザインできる。自分の一生だもん。こだわった一年にしていきたいよね。

 ライン

 ご注文いただき、お蕎麦ダシを作るところまでをダイジェストにまとめてみました。どんなモノがどんな感じで到着するのかシュミレーションしてみてね。50秒ほどです。

 料理ができる人だったら、これ見たらサッとできちゃうかもしれませんよ。

ライン

大晦日に間に合う12月29日までの期間限定。

 今年の年越し蕎麦はおうちで作ろう。15分でできるプロの味!蕎麦ダシのレシピ&こだわり素材のキットつき。

 蕎麦ダシレシピ & キット1000㏄分(大人2人分) 2,500円(送料別途/一律350円)
 蕎麦ダシレシピ & キット2000㏄分(大人4人分) 3,500円(送料別途/一律350円)

 今回の内容物は、蕎麦ダシのレシピと昆布と鰹節のキットのみです。調味料・蕎麦・具材等は含まれておりませんのでご注意くださいね^^

ライン

● ご質問等は、こちらから。
● ”ダシを極めるレシピ” サイトからご購入ください。

【年越し蕎麦のダシ/レシピ&キット】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

年末年始:ダシと白味噌が大活躍!

 師走というと、なんだか気忙しくなってきますね。クリスマスもあるし、忘年会が続く方もいらっしゃるかもしれませんね。大掃除もあるし、年越し蕎麦やおせち料理どうしよう、と言う方もきっといらっしゃるでしょう。

 【お雑煮用】白味噌のレシピ&手作りキットが、想像以上にご好評&ご注文をいただいております。ありがとうございます^^ 順次発送しております。

 年内に間に合うといいんですが、ダシのレシピとキット販売も考えています。またお知らせしていきますね。

 新しい1年の始まり。おせち料理までは手が回らなくてもせめてお雑煮だけは・・・という方もたくさんおられると思います。

 私も結婚して共働きだった数年は、おせち料理までは敷居が高い気がして、せめて1年の締めくくりと、新しい始まりだけは作ろうと思い、年越しそばとお雑煮だけ作ってました。

 年越しそばも、天ぷらなんかは買ってきていいんです。カツオ節のダシだけしっかりきかせて作って見て下さい。ご家族の方も大喜びされると思います。

 昨年の記事ですが、今でも大人気です。簡単に作れたよー!ってお声をたくさんいただいています。

■ 年越しそばのおダシの作り方はこちら。

 5分でできる蕎麦ダシの作り方

ライン

 白味噌を自分で作るということは、大豆をゆでて、つぶして、冷蔵庫で熟成する期間からすでにもうお雑煮がスタートしているんですよね。なんかワクワクしてきませんか? 名前をつけてかわいがってあげて下さいね。

 関西のお雑煮は白味噌でいただく習慣があります。年始の始まりを白味噌で!と言う方は、来年は食を大切にしていこうという心持ちがあるのかもしれません。大切に繋いでいきたいですね。 

ライン
 
・白味噌をご自宅で作ってみたい方にはこちらがオススメです。

【お雑煮用:期間限定 白味噌レシピ&キット販売】の詳細は、こちら↓

◎白味噌12月15日の発送まで受け付けています。
詳細はコチラ

ライン
 
・初めてだし、一緒に作ってみたいなという方には、こちらがオススメです。

【白味噌を作ろう!】の詳細は、こちら↓

◎神戸市西区にあるはちみつ文庫さんにて。12月11日(月)です。
詳細はコチラ

ライン

・年末年始でダシをいろいろ駆使して、お料理を美味しく作りたいなと言う方にはこちらがオススメです。

【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】の詳細は、こちら↓

◎ダシの使いこなし方は、淡路市森のオト。さんでお伝えしています。12月18日(月)/1月29日(月)です。
詳細はコチラ
 

Continue Reading