レポート【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】 

 12月に開催した、【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】 のレポートです。

 今回お集まり下さったのは、調香師・シェフ・セラピスト・だしソムリエ・カフェオーナーと、そうそうたるメンバー。めっちゃ緊張した(・∀・)

 上手にわかるように伝えなきゃって五秒ほどw思ったものの、どんな方が来られても、私なりにダシの面白さと美味しさを伝えるだけだしね。と、切り替えてからはいつも通り、楽しく終えました。

 伺ってみると、ダシは取ったり取らなかったり。これで合ってるのかな?と確認に来られた方や、この講座のあとダシを取るようになったってお声もいただきました。こういうのって嬉しいですね。

ライン

(昆布・鰹節・椎茸・煮干しの利きダシ)

(それぞれの素材を実際に手にとって五感で感じていただいています。)

ライン

 徳島で活動中・だしソムリエ河口晶さんともお話しました。ダシの美味しさや手軽さがどんどん広がるには、伝えているもの同士が繋がるって大切なことですね。
 河口さんのwebサイト→
 だしキッチンまんまる
 
ライン

 香りのお話しを教わりました。香りは記憶と繋がっていて、快・不快をかぎわける本能的なもの。どんな香りがするのかを言語化するのって、右脳左脳をフル回転させることなんだそうです。

 右脳の記憶は莫大なんですね。左脳は言語を司るわけだけど、記憶量としては右脳には劣る。香りのイメージは記憶をたどる右脳にあり、左脳で言葉としてまとめるということです。人間って面白いなぁ。

 茶言葉のことも、どさくさ紛れに相談してみました。実は一番聴いてみたかったw
 
 まず、お茶は快の香りなんだそうです。茶言葉で使う中国茶は、ほとんどの方が初体験の香りです。それを今までの記憶の中で一生懸命たどろうとする。左脳を使って言語化させるというのは、香りを楽しむのにとても良いと言って下さいました。

 教えて下さった調香師の和泉さん「着る、かおり」のクラウドファンディングをされています。
 クラウドファンディング 記憶に残る、香りをまとう。芸術家が生み出す、新しい香水「着る、かおり」

 【茶言葉・魂の声を聴く中国茶会】、今年は対面ででも広げていきますよー。

ライン

 話は戻って、おむすびは三角ものをおむすびと言います。真ん中をくぼませ、外側はしっかり、口に運ぶとほろっとほどける、というのが美味しいおむすびの作り方です。

 

 塩だけでむすぶと、素材の味がぐっとわかりやすくなります。シンプルでいて最高の美味しいおむすびができました。

 おむすびには、古事記にまつわるお話しもあるんですよね。

(ご自身のおむすびを作っています。)

ライン

 ダシもおむすびも本当にずっと前から身近にあって私達を支えてくれているもの。
まだまだ他にもたくさんあると思うけど、その中でも私はダシに注目しています。

  ダシの素材から、自然を感じることができるからです。
  自分が、自然の一部だと感じることができるからです。

 ダシとおむすびは、ずっとずっと私達の心と身体の土台を創ってくれていました。
ダシの香りに癒やされ、大切にされていたことを思い出す方も多いのでは無いでしょうか。
おむすびは日本人にとって第一チャクラを刺激します。私達が大地に根付き、今・ここにいることを身体で感じることができます。

 ダシとおむすびから、日本人が自然からもらっている叡智を感じてみませんか?

 ライン

 会場となる、森のオト。さんは、雰囲気が落ち着いていて、それでいてワクワクする、大人の隠れ家のようなカフェです。

 森のオト。(淡路市里573-6上ル) http://kozora.cafe.to/info 

 次回の開催は1月29日(月)です。
 danに載せてもらったおかげか、お問い合わせたくさんいただき、残席4名様になりました。

 

ライン

ライン

【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

子どもと一緒にいるのが憂鬱だと感じる貴女へ

 金曜の夕方、打ち合わせの帰りに海が見たくなったんですね。車でさっと行けるのがここ淡路島のすごいところ。波も穏やかでね、癒やされます。

 いつものように砂浜でボーッとしてたら、“中国茶飲みたい!!!” って、急に閃いた。明日は土曜で子どもが一緒。うーん(・∀・)・・と一秒ほど悩んで、一緒に行く約束をしました。海で砂遊びができて、お弁当とお菓子を食べるのが大好きな我が子達はもう大はしゃぎ。

 が、夜から雨と風だった今日、めちゃめちゃ寒いやん!!(;。;)

 決行するかどうしようか悩んだけど、約束通り行ってきました。風も強くて寒かったけど、行って良かった。海を見ながら飲む中国茶は最高です。鉄瓶でお湯をわかし、身体の温まるキーマン紅茶をいただきました。

 風って、創造の源となるエネルギー。それが吹き荒れるということは、

 早く形にせい!!

ってことらしい。ドキッとしたw

引用はリュウ博士さんのブログ。成功する人はなぜ神社へ行くのか?/八木龍平さん

何をどういう風に形にしていきたいのか? 

 

 ワクワクするね(・∀・) 

 実は、週末が憂鬱でたまらなかった私です。掘り下げていくと、子ども達と一緒にいることは楽しく、嫌ではない。“子どもがいると自由に動けない” と思い込んでたから憂鬱だったんだと切り離せたんですね。

 向き合ってみて、自分の楽しみに子どもを巻き込むことは良くないことだと思っていた。そんな自由が許されるわけ無いと思っていた。

 ということは、自分が楽しむことすらダメなことだと思っていた ということ。

 だから、子どもがいながら楽しそうに生きている人を見て羨ましく思い、ねたみ、「どうせ私には無理」と、ひがんでたんだな。

 子どもと過ごせるなんて贅沢なことだし、今しか無い貴重な時間だとわかっていても、それでもしんどかった。それは、子どもが原因だと言ってる自分を、それはいけないことだと責めていたから。 なんだった。気づけてすごく気が楽になった。
 
 と、同時に、

“子どもと一緒に楽しめることがあるよ”

 というサインに気づけよってことなんだともわかった。

 海で中国茶を飲むことで、私も子どもも楽しめること見つかった。それがとても嬉しい(・∀・)
  
 危なっかしくてね、確かに目の離せない時期は間違いなくある。そういうときは誰かに甘えてみる。頼ってみる。相談してみる。今すぐにできなくても、それもまた良し。

 そういう方法もあると視野に入れて、少しずつチャレンジしていけばいい。

 独りで頑張らなくても良いし、自分さえ頑張れば、ガマンすればって握りしめてる理由ってなんだろう?って少しずつ掘り下げていけば、また違った見方ができたりすると思う。

 私もまだまだできてないとこたくさんある。一緒に少しずつ緩めていきましょ(^O^)

 ちっちゃいけど風がしのげて大活躍のテントに、私まで寒さをしのぐようにと入れ入れと促してくれます。ちょっと難しかったw

 やはり海はめっちゃ寒かったので、夕食はあんかけうどん。ダシをとるのだけがんばりました。淡路島玉ねぎと灰干しワカメ、くず粉でとろみをつけました。ダシは昆布と宗田節。玉ねぎとわかめからのうま味もたっぷりつまっています。

 今夜のメニューはこれだけw 「わかめと玉ねぎしっかり食べなー」と言っておわり。でも、すっごい満足感がありますよ。やっぱダシの効果だろうと思う。いつも全部飲み干してくれるから嬉しいです。ダシの香りやアミノ酸には、満足感や疲労回復の効果があります。

 やっぱりさー、ダシの料理って時短料理だよ。ダシ料理は時短料理に大活躍。

 まだもう少し暖かい日もあったりすると思います。気まぐれに出没します。タイミング合えば一緒にお茶飲みましょう。

ライン

■ 11月・海の見える観覧車の下でお話ししましょう。
次回は11月16日(木)です。淡路SAの観覧車でお待ちしています。

■ 夜を愉しむ・大人のweb中国茶会
11月17日(金)は中国紅茶を愉しみます。

■ 新月・茶言葉グループワーク
次回は、11月18日(土)です。

■ ダシ素材&調味料買い出しツアー
淡路島の海産物・煮干し・調味料をカスタマイズできます。帰ってすぐ使いこなせるカウンセリングつき!11月24日(金)

■ マンツーマンレッスン 
11月28日(火)は揚げ物、和え物、ごはんの炊き方、味噌汁と料理の基礎を学べます。

Continue Reading

上勝阿波晩茶祭りに行ってきました!

 9月30日開催の、徳島にある阿波晩茶のお祭りに行ってきました!!
▶リンク 第二回上勝晩茶祭り

 淡路島にある我が家と徳島って意外と近くて、神戸に出るより早いのですね。そんな油断もあって出る時間が遅くなり、徳島で寄り道したりでギリギリに着いちゃったけど、まだまだ熱気は残っておりました。

 ところで、“阿波晩茶” って知ってますか? 徳島県の那賀郡那賀町や勝浦郡上勝町(かみかつちょう)で作られている晩茶のことです。茶葉を摘んでから乳酸発酵させたお茶って、とても珍しいの。酸味のあるお茶です。初めて飲んだ時は衝撃的でビックリしたんだけど、これが意外と結構ハマるんですよね。

 ・阿波晩茶の栄養価がすごくてね。花粉症・糖尿病・便秘改善に効果があるそうです。
(参考:阿波番茶とは?
 
 ・中国茶の中でも有名なプーアル茶も同じ製法で作られています。
(参考:プーアール茶.com
 
 さすが、お茶は薬と言われただけのことはあるよね。

ライン

 さて会場では、7組の茶農家さんがずらっと並び、阿波晩茶の大試飲会がありました。同じ晩茶だけど、農家さんによって微妙に違う気がしました。


(阿波晩茶の製法も詳しく載ってました)

 今回の私のお楽しみ達はこちらです。

(1)阿波晩茶の本♡


(2)阿波晩茶入りアイス!!


(3)晩茶入りのビール!!
▶リンクkamikatz/カミカツビール あと、パクチー入りもあって衝撃的でした!!
 
(4)お気に入りだったのはこちらの阿波晩茶。
▶リンクみちこさんの阿波晩茶
阿波晩茶のこと、とってもわかりやすく解説くださってますよ。こちらのサイトおすすめ。(写真お借りしました)

 お名前が一緒で勝手に親近感を持つ私。お茶もさっぱりしてて美味しかったです。茎入りなのがいいのかなー。それに、とてもお肌が綺麗なみちこさんでした。阿波晩茶効果なんだろうーなって羨ましくもありましたw。

 10月17日の夜を愉しむ・大人のweb中国茶会では、こちらの阿波晩茶も用意しますよ。お楽しみに!

ライン

 ところでね、お茶を乳酸発酵させるってとても珍しいことなんだけど、お茶以外だと乳酸菌を含む食品はたくさんあります。

《乳酸菌を含む食品》
  ・かつお節
  ・醤油
  ・味噌
  ・ぬか漬け
  ・ヨーグルト
  ・キムチ など。

 いわゆる発酵食品ってやつですね。ダシとお茶って共通点あるんですよ。好きなことを突き詰めていくと、いろいろ繋がることがあってほんと面白いなって思います。

ライン

 今年の夏、徳島へ行ったとき、ある意味衝撃的なこのチラシをみつけ。どうしても行きたくて、子ども二人連れて車で運転して行ってきました。このチラシの方、めっちゃ勢いありません?元気そうな感じに引き込まれました。実際行ってみると、上勝町って小さい町だけど活気があって、個性的でオシャレなお店も多くて、なんかすごくまた行きたいと感じさせる町と人々でした。

 今回は、私だけが好きなことに子どもを連れて行く、とかなり自分の中ではすごいチャレンジでした。

 なぜなら、土日は自分だけの都合で動けない という前提が、私の中でずっとあったから。
だから、行きたいところにも行けない、もっと手が離れてからじゃ無いとできないって、やりたいことをしてなかった自分に気づいたんだよね。

 ほんまに無理?いやいやできるよ。子ども達も、私も楽しめるように、短時間ながらたくさん工夫できた。それがとても嬉しかったのでした。

 来年もまた楽しみにしています!!

 10月17日(火)にもまた詳しくレポートしますよ。

ライン

【夜を愉しむ・大人のweb中国茶会】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading
1 2 3 6