【動画紹介】ツシマミチコ活動の根っこ

 食と心と一緒にくっつけて活動してるん?
どうやって繋がってるの?

っていうご質問が多いので、まとめてみました。

 誰でも心のもちようってすごく大切。
食は、心にも身体にもダイレクトに作用します。
美味しい!がすべて。

 あれこれ作らんでも、
料理が上手じゃなくても
とにかくダシをとろう。
ここに特化して活動してきました。

 食で身体の土台が創られたら、自分の本音にも向き合える。
私はそう信じています。

 キョロキョロして浮き足だった私も
面白おかしく見ていただけたら嬉しいですw

 30分ほどあります。
ナビゲーターは、キャサリン川上です。

Continue Reading

私が、“ダシ”と”お茶” を好きな理由

 去年、海で中国茶会やった時の写真。暖かくなったらまたやろうかなぁー 

 合気道、剣道、柔道、茶道、華道、香道・・・どれもやったことは無い。正直、この「~道」自体をやりたいとは思ってない。今のところ。
 けど、きっと、伝えようとしている根本的な事は同じだとは感覚的に感じてたし、同時にそれが何なのかも気になっていた。 
 何かを極めるから、「~道」なんだろうと思ってたけど、眺めてたら新たな発見があった。

 話は変わって、私たちは 

氣 が巡る
氣 がみなぎる
氣 が病む
氣 が減る
氣 を補う

休む、補う。動く。の繰り返しで生きている。

 昔の人は病気も災難もすべてありき、で生活していた。
だから大晦日に年越し蕎麦を食べるという習慣にもなっていたんだろう。

 私がダシやお茶が好きでやり続けてるのは、、美味しいのはもちろんのこと、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりするのを感じるから。

 さらには、料理や中国茶のレッスンをやるのは、ダシをとったりお茶を淹れたりすることで、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりする、この氣の感覚を体感してみて欲しいなって思うからなんだよね。
 ※以下、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりするのを、“この氣の感覚” とするね。

 “この氣の感覚” を当たり前に感じ、この感覚を取り戻したくて、日々生活してるんだと思うようになった。

 で、“この氣の感覚” を取り戻すには。意外と簡単なんだよね。

 答えは、一心不乱にやる。それだけw
 先に書いてた「~道」の極めるというのは、何もスキル(技術)だけではない。
スキルを覚える過程は、スキルに集中する時期もある。それも一心不乱にやることで身につく。
スキルの向こう側に、きっと、“この氣の感覚” がある。

 料理や食って、身近で生きていくのに無くてはならないもの。反面、身近にあるからおざなりにしてしまう。あたりまえすぎて大切なのを忘れてしまう。

 食を大切にすることで、毎日の料理から、“この氣の感覚” を味わえるということ。
ダシをとること、野菜を切ったり、お米をとぐ、お茶を飲むこと、お茶を淹れることに集中する。身体で覚えてできる3段階目 になると、“この氣の感覚” を味わえるのは早い。

 目の前のことを一心不乱にやることで、氣を補い、巡らせ、みなぎらせることができる。
そうすることで向こう側にある感覚と繋がることができる。それは、安心感。幸せ。愛。自然と人と調和する感覚。守られてる感覚。

 レイキと食べることは、やっぱり繋がっている。


 下記、幸せはいつも「今」ここにある さんの言葉を引用します。

これは何も特別なことではなく
すべて日本の伝統や文化の中に宿っています。

日本人なら誰でも知っている日常の言葉や考え方の中に
すべて答えはあるのです。

それをただ思い出せばいいのです。

昔 日本人は自然と共生をし続けてきました。

月や太陽を感じ、草木を感じ、虫を感じ、まわりの人を感じるという 日本人本来の精神の営みがありました。

日本ではお茶を飲むときの作法で 
両手の掌でお茶碗を包んで見せます。

「氣」のこもる形です。

そして「いただきます」という言霊をかけて  
自分の心と身体のすべての細胞に準備させます。

言霊によって準備した細胞が受け入れる体制を整えるのと、一緒になり お茶はさらに身体にいいものとなります。

日本の作法のなかに 日本文化の根底にある「気」の流れを 人は感じていたのです。

 


 レイキで、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりするの感じてみませんか?
朝のエネルギーレイキを送っています。

【無料】朝活☆遠隔レイキエネルギーヒーリング

 

遠隔レイキヒーリングを受けとるには?

 LINE@のお友達限定で不定期で送る、無料ながら本気のエネルギーです。
 LINE@はこちら → https://line.me/R/ti/p/%40mek5273y
ご登録後、スタンプもしくはメッセージでお知らせ下さい。

 ※すでにご登録されている方も、遠隔レイキを希望の方は、スタンプかメッセージで意思表示くださいね。ご希望の方にだけ届きます^^ 


 ご自身でもレイキを使えるようになりたい方へ。自分にも家族にも氣をチャージできるようになります。まずは実際に、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎるの体感してみて下さい。

レイキ体験会/2月14日(木)淡路島
 13:00~15:30  3,500円 
 

【レポ/ご感想】レイキ体験会@淡路島

 別日でも開催可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。


 日本の食文化の土台であるダシをとること、料理をすることで、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎるのを感じてみたい方はこちら。

 毎日の料理を一心不乱にやれるコツを、貴女に合う方法でお伝えします。

 

“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

 

 

 

Continue Reading

【レポ】“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

 お正月気分のまだ抜けきらない1月6日(日)
“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスンでした。

“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

 尼崎からお越し下さったMさんとは、中国茶からのご縁に始まりダシの話へと広がっています。
 お料理好きなお母様が高齢となり、ご自身でも料理のスキルを身につけ、サポートできたら。。。ということで受講されました。
 以前よりレッスンを受けて下さってましてね。特に鶏そぼろのレシピなんて、私が作ったレシピの跡形もないくらいアレンジして、今ではすっかりご自身のものされてるらしい。

 そんなMさんが淡路島まで。改めてダシから見直したいとのこと。さすがだなぁと思いました。料理の土台はやっぱりダシですもんね(・∀・)♪
 それ聴いてすっごく嬉しかったです。使いこなすってそういうことだと思うのよ。

 余談だけど、
料理が美味くなるためには、必ず超えたい3段階があります。

1段階目。レシピを見ながら作る。
2段階目。レシピを見なくてもレシピ通りできるようになる。
3段階目。レシピを自分流にアレンジする。

 もう最終の3段階にもなると身体が覚えてるから目分量でもOKだし、何かしながらでもできます。
レシピにある同じ材料で無くても、家にあるモノで代用できたりする。

 家庭料理においての料理上手とは、冷蔵庫にあるモノでチャチャッと美味しい料理を作ることができる。ことだと私は思っています。
 なので、レシピ通りに作るというのは、最終段階ではないのです。だから、どんどん自分流にアレンジしていって欲しいんですね。

 マンツーマンレッスンは、その方に合わせてマンツーマンで理論的に感覚的に伝えていくので、モノになる時間が短縮されます。生活にすぐ活かしたい方に向けた自立型のレッスンです。

 1段階→2段階→3段階と、順調に階段を上がって行くには?
上手くできなかった、失敗した、もう嫌になってやーめた!って挫折して終わること無く、次の段階へ行くにはどうしたらいいか?

 それは・・・

失敗を恐れない
数をこなす
他人の目を気にしない

以上。

 

美味しくできなかったらどうしよう
まずいって言われたらどうしよう
あいつ、いつまで下手くそやねんって思われてたらどうしよう

という不安や周りの声を、乗り越えていくことです。

 美味しくなかったり、失敗したのは、上手くできなかった原因があっただけ。そこさえわかれば、この失敗は、成功への近道だと思いませんか?

 上手くいかなかった方法を見つけた!ということです。のちのち笑って話せるネタになる。
「好きこそモノの上手なれ」ってよく言ったもんで。好きだから続けられるんですね。

 そこで、好きか・どうか?やりたいか・やりたくないかって、自分に問いながら進んでいく。

 料理が好きな人は、自分で自分を幸せにできる人です。美味しい!ってシンプルだけど最強だよね。


 マンツーマンレッスンでは、

1回のレッスンで、①~⑫のうち 3メニュー 選んでもらいます。

① 各論(昆布・鰹節・椎茸・煮干し)ダシの取り方
② 調味料選び方、食品表示の見分け方
③ 煮物(肉じゃが、ダシ巻き卵)
④ 揚げ物(唐揚げ、南蛮漬け)
⑤ 魚のおろし方(煮魚、刺身)
⑥ 万能ダシ(万能ダシ作り、アレンジ一品)
⑦ 白ダシ(白ダシ作り、アレンジ一品)
⑧ 鶏そぼろ(鶏そぼろ作り、アレンジ一品)
⑨ カレーうどん、茶碗蒸し
⑩ ごはんの炊き方、おむすび、味噌汁の作り方
⑪ トマトソース(トマトソース作り、パスタ)
⑫ ホワイトソース(ホワイトソース作り、シチュー)

 


今回、Mさんが選んだのは
・ 万能ダシ(万能ダシ作り、アレンジ一品)
・ 白ダシ (白ダシ作り、アレンジ一品)
・ 各論(昆布・鰹節・椎茸・煮干し)ダシの取り方

 
 各論(昆布・鰹節・椎茸・煮干し)は、料理教室が開催できたり、お店を出せるくらいの内容です。
万能ダシは、レッスンで人気ナンバーワンだし、白ダシは、万能ダシを愛用する方々からのリクエストにより生まれたレッスンです。

 どちらも、レシピ&キットで販売するほどの人気レシピです。

 料理は、ダシから見直したいという要望通りのチョイスですね(・∀・)!

 

(お写真お借りしました^^)

 

 ランチは、万能ダシと白ダシを駆使しました。

  • マグロとイカの漬け丼
  • とろろうどん
  • 白菜のピリ辛浸け

 午後からは、ダシのテイスティング。分量、つける時間、同じ環境にして比べてみます。
昆布2種、鰹節2種、マグロ節、椎茸2種、煮干し3種の 合計10種!テイスティング。

 


 

Mさんよりご感想いただきました♡ありがとうございます^^

仕事始めからのバタバタと体調不良が
重なり、遅くなりましたが1/6(日)に
淡路島へ料理教室に行ってきました。

内容は……

ダシの素材について学び……
昆布・鰹節・煮干・干椎茸

実際に引いたダシで昼食……
・万能ダシ
  ・海鮮漬丼(マグロ・イカ)
  ・漬物(白菜)
  ・ふりかけ(だしがらを利用)

・白ダシ
  ・とろろうどん

昼食後にダシのテイスティング
①昆布~羅臼・真昆布
②煮干~アジ・カタクチイワシ・2種類
      (香川県産・長崎県産)
③鰹節~薄削り・厚削り
④鮪節
⑤干椎茸~香信・どんこ
⑥一番ダシ・二番ダシ

以上、盛り沢山な内容でした。

考えるよりも、ダシを引く事は手軽で
日々の生活の中に取り入れて行きたい
と思います。


 私もかなりの失敗談持ってますw
何度やっても失敗したり。フッと降りてきた方法を試してみたら上手く出来たり。
悔しくて、でもできたら嬉しくて。ここまで続けてこれたのは、料理が好きだったからだと思うのね。

 日常やらなくちゃの家事の中でも料理ができるってかなり役立つと思うし、だからこそ、料理が楽しい時間だと感じたり、好きだなって思える人が増えたら良いなと思います。

 ちょっとでも、失敗をショートカットできる手助けができますように。

 12もメニューがあるやん!どれを選べば良いの?と迷う方は 
【このマンツーマンレッスンを受けて、私はどうなりたい?】と、ご自身に聴いてみてね。  

 きっと貴女にしか無い答えがあると思う。
それでもよくわからん!と言う方は、、、ご相談ください(・∀・)  

リクエスト開催です。平日・日曜と可能です。
第三希望までお知らせ下さい。日程調整いたします。 ライン

【“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading