好きなことを好きと言えない?

 私、レイキマスターになったものの
レイキの伝授には、それほど積極的ではなかった。

 あまりブログでもお知らせしてなかった。

 なぜか?

 レイキ好きやねん。って周りに言うと
ドン引きされるかも?と思ってた。

 もっと言うと

自分の好きなモノを否定されるのが恐かった。
コレに気づいたとき、あまりのダサさに悶絶した(´д`)



 大阪でダシの引き方だけを伝える教室を
スタートしたのは8年くらい前。

 自分の知ってる限り他にしてる人はいなかった。
でも、誰がなんと言おうとダシや昆布が好きだった。
日本人なら誰の舌にも、身体にも、心にも、
必要なモノだという確信があった。

 わかる人にだけ伝わればいい。という自信もあった。

 それだけ自分の中に占める割合が多いということだし
美味しいんだからウケるはずだ。ってリサーチも出来てた。

 そう。他者の反応が気になるのは、
ウケる・ウケないをちゃんと知ってるということ。

 これをレイキにあてはめてみると
自分は好きなのに、出し惜しみしてる理由は
反応が気になること、使いこなせてないことだった。

 八百万の神様をはじめ、目に見えないものを信じている日本人。
日本発祥のレイキは、日本人に必要なモノであるはずだ。

 戦後そういったものを否定される教育を受けてきた。
日本人を恐れてたなんて話もある。

  を  と書くようになったのは戦後かららしい。
エネルギーが四方八方に広がらないように米を〆に変え、締めた。
これを決めた人は、氣はエネルギーということも知っていた。

 力を封じ込めるために。言霊おそるべし。

 だから、エネルギーはダシと同じように日本人の中にある。

 うま味と聞いて、ああダシだね。と繋がるように
氣はエネルギーってことを日本人は知ってる。
 ドラゴンボールの元気玉っていうと、もっとわかるかな。

 氣を使った言葉が、日本の中にはたくさんある。
天気、元気、勇気、病気、気高い、気の向くまま、
気配、気象、景気、気分・・・まだたくさんある。

 今の日本人は、〆締め出してるわけだ。可能性は広がるね。

 氣の流れによって、私たちが構成されていること。
料理とは、作り手と食材の氣・パワーを食べていること。
いただきます。は、命をいただきます。の由来だと言うこと。

 日本人はすでに知っていた。全部繋がっている。
ある日ハッと気づいた。ダシに、昆布に教えてもらった。

 自分の好きを、自分がどこまで信じられるか。
好きなもの、やりたいことを、自分でどこまで叶えてあげられるか。
 試されてるだけだ。って、設定を変えた。

 オンラインで遠隔レイキをやりだしてからは本当に楽しくて。
自分が楽しいからそれでいい。それがいい。の視点に戻れた。
 
 LINE@フォロワーさんも増え、伝授を受けたいと言う人もでてきた。

【無料・オンライン】遠隔レイキヒーリング

 

 7月19日(金)にまた遠隔レイキをやる予定。
登録だけでもしといてね。

LINE@↓ 登録のお友達に無料でお送りしています。
友だち追加

 

 


 レイキはダシを取るように日常に根付くモノ。
 “氣” に氣づけると、守られてるなぁってわかる。
そこら中に “氣” はある。
 
 私たちも “氣” の集合体。
ふだんから氣の合う人と一緒にいるし
落ち着くお店だってちゃんと選んでるよね。
氣の流れが良いところが好きなはず。

 自分の感情を抑えられない、体調が優れない事を理由に動かない。
いつも不安や心配ばっかしてる、周りの反応ばっかり気にしてたり
自信がなかったり。私もそんな時がある、誰だってある。

 レイキしだしてからは、いつまでもそこに捕まらなくなった。
すっごい楽。感覚と感情の波に乗ってるイメージ。

 好きなことを好きって言えないんじゃない。
好きって言わない何かがある。他者評価を気にしてる。

 自分の好きよりも、他人によく思われる方が大切?
これは自分への冒涜だよ。 
 怪しいっていぶかしむ人は、ただ知らないだけ。
訳のわからんモノに出逢うと、いったん拒否する大人は多い。
(私も含め)

 そんなときは、氣がもれてる。エネルギーがもれてる。
もらしてまで伝えたいことは、本来の自分じゃないよってこと。
身体をはって自分に教えてくれている。

 さぁ、貴女はどうする?

 


 やりたいこと、好きなことがわからない・はっきり言えない人は
 レイキを毎日、自分に送ってあげてみて。
きっと何かがみなぎってくるのを感じるよ。

 レイキは、自分を取り戻せる。

 7月29日(月)~レイキ伝授がスタートします。
第1段階の伝授を淡路島でやります。

 詳細は、こちらへ。

レイキ・ヒーラー/レイキ・ティーチャーコース

 いきなり伝授(アチューンメント)はちょっと。。。といぶかしむ方には
7月24日(水)淡路島にて開催のレイキ体験会へ。

【レポ/ご感想】レイキ体験会@大阪

ライン

お申し込みはコチラ

Continue Reading

やらなければより、やりたいことからできる自分

 最近、ブログを書くことから離れてる自分がいる。
どうにも、パワーをためている状態のよう。

 いろんな違和感と向き合って、一つずつ何かしらの結論を出していく。
そういう状況。

 手放した仕事もある。関係を清算した人もいる。
でも一番は、やっぱり今まで目を背けていた家族との関係だと思う。

 やりたいことを先にやる。を実践する中で気づいたこと。

facebookで投稿した。

【やらなければならないことより、やりたいことを先にやる】

 午前中だけと思ったら、スイッチ入り…今まで台所周りの整理。
なかなか欲しい食器棚が見つからないので、今の棚をちょっと使いやすく見栄え良くしてみた。

 やりたいことだけやるって決めたら
すごく集中できるんだ。

 やらなければならないことも、このテンションでできちゃう。

 でも、達成感があって身体が軽い。
軽やかな私なら大丈夫。

 些細なことだけど、こうやって
自分への信頼感をどんどん増やしていくのが好き。

facebook ツシマミチコ
お気軽にフォローしてね^^
  

 このことに気づいたきっかけは片付けから。

 子どもって片付けしないであっちこっち散らかすよね。
せっかく片付けても散らかすし、この報われない行動。虚しく感じて悲しくなったり。
 次にやりたいことは、片付けてからやりなさい!って怒ったり。。。

 なんかずっと違和感があって、観察してみると。

 子どもは、「あ!これやりたい!」で、行動してるんだよね。
ピンときたらすぐ行動ってこと。結果を考えて動いてるわけじゃない。
やりたいからやる。それだけだ。そしてすごい集中力なのね。

 私はどうだろう?
段取り考えて、そつなく行動しようとか、逆算している。

 料理しながら、洗濯してみたり、掃除しながらSNS投稿したり。
散らかしながらこなしてっても良いんだとしたら、家事ってすごく楽しくなりそう♡

 こっちの方がしっくり来るしワクワクした。

 いろんなことに中途半端なのは、集中力が散漫で、気が散ってるからなんだと思い込んでいた。
だからダメなことだと。

 そう言われて育ってきたし、先生にも多分言われてただろうし、自分もそれを正しいと疑ってなかった。
 だから、子どもにも同じように注意してきた。

 言うこと聞いてくれなくて、最後には怒ってたりしてたんだけど、違ってた。
ピンときた目の前のことに集中した結果、やりたいってことに集中した結果なだけだった。

 今は、家の片付けしたり、料理したり、仕事の準備したりしてる。
あ!これしたい!を優先。最初は恐かったけど、だんだん慣れてきた。
そうすると身体が軽いから、結果的に全部が早い。

 脳のトレーニング・ハピネスフォースメソッドでも伝えているけど、それぞれに個性というのがあってね。
 私は一点集中型で、一つのことを終わらせてから次に行く、というタイプ。
あちこちできないタイプだわと思ってたけど、どこに焦点をおくかで変わる。

 自分の直感に従うということに一点集中してたら、それで良かったんだ。
どこまで行っちゃうのかわからないから、ストップかけてたのね。
 
 そのものの戻る場所さえ決めておけば、どんだけ散らかってても大丈夫。
家を猛烈に片付けたい!という衝動は、戻る場所を決めるということにもリンクしている。直感に従って散らかしても大丈夫。という安心感が欲しいからかもしれない。

 端から見ると散らかしながらあちこちやってるように見えても、自分の中にある直感に従ってる毎日が結構楽しかったりする。まだまだ抑えてるところもあるから、そこは新しい可能性がつまってる。

 地味で淡々と過ぎる日々の中に、気づきがたくさんある。
子ども達から夫から感じるいろんなことは、すべて私の世界で感じていること。

 私というフィルターを通さないと、世界を体験することが出来ない。
このフィルターは定期的にチェックする必要がある。精度を高めるために。

 子どもからまた教わったなぁー。すんなり片付けてくれなくて良かったw

 


 【チャクラと食】を合わせたコースを開講する予定。
夏には募集スタートする予定でいる。

 プロモーションはプロの方に動画配信をお願いする。
細々をやってた私にとって、すっごい挑戦(・∀・)

 どんなことを発信したいのか。どんな人と繋がっていきたいのか。
このあたりをこの数ヶ月、ずっとずっと模索している。

 今はそのための準備期間。もう逃げないって決めたから。


 自分と向き合うためのエネルギーをレイキでチャージしよう。

【レイキ体験会】
http://yrsb.jp/course02/20190426/

【レイキを使いたい人へ、伝授とヒーリング】
 レイキヒーラー・レイキティーチャーコース

【LINE@お友達限定】無料遠隔レイキヒーリング

 レイキっって?という人にはぜひ体感してみてはどうでしょうか。
 クリック後、スタンプでお知らせしてね。

友だち追加

 

【youtubeチャンネル作りました♡】 

Continue Reading

【常識を疑え】いりこの頭と腹は取る?取らない?

 ダシのことを伝えるとき

いりこの頭とお腹をとるの?とらないの?

 よくいただくので、まとめてみます。

 
 いりこの頭と腹をとるのがめんどくさいから

 ダシパック使ってます。
 ダシを取るのやめちゃった。

って人もいたので、これじゃいかん!!って思ったの。

 確かに、いりこだしは、いりこがたくさんいるし、めんどくさいよね。
でもそのせいで、だしを取らなくなるなんて本末転倒だわ。
 

 正解は、いりこの鮮度による

 頭と腹をチェックしてみて下さい。
黄色かったら、酸化・劣化してるから取り除く。
そうでなかったら、丸ごと使う。

 それだけ(・∀・)

  いりこの状態しっかりを見てあげてね♡

 ダシの取り方は、こちらを参考してみて下さい。

【永久保存版】シチュエーション別:ダシの使い方


 
 どんなことにでもあてはまるんだけどさ、
やだな、めんどくさいな、って思ったときって、実はすごいチャンスだったりする。

 
 ・今までやってきた、はぐくまれてきた理由を、考えたことがある?
 ・当たり前ってだれの当たり前だろ?
 ・言われるまま、やってるのを見たまま、ただやってきたってだけじゃない?
 
 こういう疑問点が湧いてきたら、あとは簡単で。

 それをやめるには、どうしたらいいか?
もっと簡素化するには何ができるか?

 当たり前に話してる口癖、思考、習慣、、、まだまだ私にだってある。
気づいてハッとして、もう一回決めなおして、、の繰り返し。

 私の場合は、今年の確定申告のために弥生会計ソフトを導入しました。
 
 毎年毎年、苦痛だったんだけど、どう変えて良いかわからんままexcelでチマチマ作ってた。
嫌さがマックスになって行動に出たw 遅い(・∀・)

 私の中で、楽しちゃいけないって思い込みがあったんだよね。。。
仕事とは、大変なもの、苦しんでやるもの、楽したらダメ。って思ってた。

 楽しいと楽は違う。
楽しい中に大変だったり、苦しいところがあるというだけ。

 ここに注いでたエネルギーをどこに向けるかって考えたら、楽しくなる方向へ使いたいよね。

 やだな、めんどくさいなーということがあったらチャンスだよ。

 あなたの中にある【常識を疑ってみてー!】
 普通は~だよね、これって当然やん、当たり前やん、って思ってることだよ。


 いりこの状態を見てから頭と腹は取ること。それから水に浸けて下さいね。
冷蔵庫や冷凍庫に入れておくと、酸化のスピードがゆっくりになります。

 
 【レシピ&キット/白ダシ】に入ってるいりこは新鮮だから、頭も腹も取らないでそのまま使えます♡

 夏は、あまり火を使いたくないからこういう濃縮ダシを作っておくと楽ちんだよねー。
美味しくて手抜きできたら最高だよ。 

  さっきの会計ソフトの話じゃないけど、時間をかけたり大変だったりするのが料理じゃない。

 ダシは料理の土台。ダシさえ決まったら安心。

 さらに、レシピが手元にあれば何度でもいつでも出来ちゃう。
どうせだったら、一回分のダシセットもプレゼントしちゃおうということで
レシピ&キットという商品を作りました。

 ご購入の際、LINE@へご登録いただけると、PDFデータもプレゼントしています。

ダシを取ったことがなく、食生活もう変えたいんやーーー!

って方には本当に使ってみて欲しい。

 ダシのうま味を味わうと、心も身体も落ち着くよ。

 料亭のような白ダシが作れちゃう。

【レシピ&キット/白ダシ300cc】

 こちらは、濃縮めんつゆ。
ざるうどんとか、まぐろの漬け丼もオススメ。

【レシピ&キット/万能ダシ500cc】

Continue Reading

【動画紹介】ツシマミチコ活動の根っこ

 食と心と一緒にくっつけて活動してるん?
どうやって繋がってるの?

っていうご質問が多いので、まとめてみました。

 誰でも心のもちようってすごく大切。
食は、心にも身体にもダイレクトに作用します。
美味しい!がすべて。

 あれこれ作らんでも、
料理が上手じゃなくても
とにかくダシをとろう。
ここに特化して活動してきました。

 食で身体の土台が創られたら、自分の本音にも向き合える。
私はそう信じています。

 キョロキョロして浮き足だった私も
面白おかしく見ていただけたら嬉しいですw

 30分ほどあります。
ナビゲーターは、キャサリン川上です。

Continue Reading

私が、“ダシ”と”お茶” を好きな理由

 去年、海で中国茶会やった時の写真。暖かくなったらまたやろうかなぁー 

 合気道、剣道、柔道、茶道、華道、香道・・・どれもやったことは無い。正直、この「~道」自体をやりたいとは思ってない。今のところ。
 けど、きっと、伝えようとしている根本的な事は同じだとは感覚的に感じてたし、同時にそれが何なのかも気になっていた。 
 何かを極めるから、「~道」なんだろうと思ってたけど、眺めてたら新たな発見があった。

 話は変わって、私たちは 

氣 が巡る
氣 がみなぎる
氣 が病む
氣 が減る
氣 を補う

休む、補う。動く。の繰り返しで生きている。

 昔の人は病気も災難もすべてありき、で生活していた。
だから大晦日に年越し蕎麦を食べるという習慣にもなっていたんだろう。

 私がダシやお茶が好きでやり続けてるのは、、美味しいのはもちろんのこと、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりするのを感じるから。

 さらには、料理や中国茶のレッスンをやるのは、ダシをとったりお茶を淹れたりすることで、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりする、この氣の感覚を体感してみて欲しいなって思うからなんだよね。
 ※以下、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりするのを、“この氣の感覚” とするね。

 “この氣の感覚” を当たり前に感じ、この感覚を取り戻したくて、日々生活してるんだと思うようになった。

 で、“この氣の感覚” を取り戻すには。意外と簡単なんだよね。

 答えは、一心不乱にやる。それだけw
 先に書いてた「~道」の極めるというのは、何もスキル(技術)だけではない。
スキルを覚える過程は、スキルに集中する時期もある。それも一心不乱にやることで身につく。
スキルの向こう側に、きっと、“この氣の感覚” がある。

 料理や食って、身近で生きていくのに無くてはならないもの。反面、身近にあるからおざなりにしてしまう。あたりまえすぎて大切なのを忘れてしまう。

 食を大切にすることで、毎日の料理から、“この氣の感覚” を味わえるということ。
ダシをとること、野菜を切ったり、お米をとぐ、お茶を飲むこと、お茶を淹れることに集中する。身体で覚えてできる3段階目 になると、“この氣の感覚” を味わえるのは早い。

 目の前のことを一心不乱にやることで、氣を補い、巡らせ、みなぎらせることができる。
そうすることで向こう側にある感覚と繋がることができる。それは、安心感。幸せ。愛。自然と人と調和する感覚。守られてる感覚。

 レイキと食べることは、やっぱり繋がっている。


 下記、幸せはいつも「今」ここにある さんの言葉を引用します。

これは何も特別なことではなく
すべて日本の伝統や文化の中に宿っています。

日本人なら誰でも知っている日常の言葉や考え方の中に
すべて答えはあるのです。

それをただ思い出せばいいのです。

昔 日本人は自然と共生をし続けてきました。

月や太陽を感じ、草木を感じ、虫を感じ、まわりの人を感じるという 日本人本来の精神の営みがありました。

日本ではお茶を飲むときの作法で 
両手の掌でお茶碗を包んで見せます。

「氣」のこもる形です。

そして「いただきます」という言霊をかけて  
自分の心と身体のすべての細胞に準備させます。

言霊によって準備した細胞が受け入れる体制を整えるのと、一緒になり お茶はさらに身体にいいものとなります。

日本の作法のなかに 日本文化の根底にある「気」の流れを 人は感じていたのです。

 


 レイキで、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎったりするの感じてみませんか?
朝のエネルギーレイキを送っています。

【無料】朝活☆遠隔レイキエネルギーヒーリング

 

遠隔レイキヒーリングを受けとるには?

 LINE@のお友達限定で不定期で送る、無料ながら本気のエネルギーです。
 LINE@はこちら → https://line.me/R/ti/p/%40mek5273y
ご登録後、スタンプもしくはメッセージでお知らせ下さい。

 ※すでにご登録されている方も、遠隔レイキを希望の方は、スタンプかメッセージで意思表示くださいね。ご希望の方にだけ届きます^^ 


 ご自身でもレイキを使えるようになりたい方へ。自分にも家族にも氣をチャージできるようになります。まずは実際に、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎるの体感してみて下さい。

レイキ体験会/2月14日(木)淡路島
 13:00~15:30  3,500円 
 

【レポ/ご感想】レイキ体験会@淡路島

 別日でも開催可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。


 日本の食文化の土台であるダシをとること、料理をすることで、氣を補ったり、氣が巡ったり、氣がみなぎるのを感じてみたい方はこちら。

 毎日の料理を一心不乱にやれるコツを、貴女に合う方法でお伝えします。

 

“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

 

 

 

Continue Reading