【心のブレーキを外す】ダシを極めるレシピ&キット

 昨年末から販売中のレシピ&キット販売です。ここに至った経緯や案内をしてなかったのでまとめてみます。

 年末年始に絡ませて販売したら思ってた以上に反響があり、味を占めて(・∀・) 販売を続行し、種類も増やすことにしました。

 実は、年末年始ってお雑煮に年越し蕎麦とダシの出番は多くきっと需要があるはずと確信していた自分もいて、試してみたかったのもあります。

 素直に行動に移せたのは、マジでお金が無かったから(笑)自信が無いとか言ってられない状況でした。その時のヤバさは、今までに無いくらいの自己開示記事でこちらにも載せています。
▶ 自分のことを見下していた自分

元気もらったー!ってコメントいっぱいもらったよ。自己開示してみるもんだね。

 さらに、もっと大きな原動力になったのは、どうしても年末に受けたいセミナーがあって、何とかしたかったから。

 今の自分にできることで、
お金に換えられることってなんだ?
社会に還元できることってなんだろう?って、考えた結果でもありました。


 実は、遡ること昨年の秋頃、ある閃きがありました。

 “レシピを手放せ

って、自分の内なる声が聞こえてたんです。

 

 さらに耳をすませると、こんな声まで聞こえてきた。

レシピだけを伝える料理講師はもう卒業したい。

・時短レシピを伝える。
・アレンジレシピを伝える。

 得意ではあるけど、心が躍らないんですね。ワクワクしないの。
でも、これを手放したら私に何が残るの?? ここにしがみついていたのは、自分で創り上げてきたスタイルに執着していたから。
 


 今でも忘れられない、まだ料理教室をやりたいと妄想していた頃に相談した人からの一言。

「料理が得意な人なんて掃いて捨てるほどいる。その中で貴女は何を伝えたいの?何ができる?」

 キーー(゜Д゜)!なんやこいつ!もっと親身になって話を聴いてくれてもいいやんかーー!って。
その時はマジでむかついた。

 でも、私の心はその反面でずっと答えを探し続けていた。

・どんな料理教室をしたいか?

・私に何ができる?

・どうなって帰ってもらいたい?

 

その結果、私の目指す料理教室は

・少人数制

・一人一鍋完結スタイル(確実に最後まで完了させる)

・流行りに左右されない

 “ダシの取り方を伝える教室” という答えを見つけ、独学でスタイルをつくりやってきました。

 今でも料理の土台と本質を伝えるのに、ダシはやっぱり欠かせないと思っている。他にはあまり無いしね。

 その苦言を呈してくれた人には、今でも感謝しています。ずばっとよく言ってくれたよなーって思う。


 そして、心のことを学ぶようになり、自分の中で目指すものが大きく変化してきたことを認めざるを得なくなりました。

 それは、、

料理を作る人の “心” をサポートすること。

 料理を作る専属の人ってほとんどいなくって、他にもいろんな立場で日々の役割をこなしています。
母・妻・会社勤め・自営・社長・・・毎日頑張っています。頑張るなと言っても頑張ってしまう。力の抜けるところが無いほどに。

 例えば、子どもができた、離乳食だ、って誕生や成長は嬉しいけど、食にこだわったり大切にしたいと考える人ほど、“正しい食” を追求して自分の首を絞めてしまいがち。本当はママさんの身体をいたわる時期なのに。そこで周りを頼らず一人で頑張るのには、必ず理由がある。

 残業続きで疲れてるのに、帰ってから料理するのがイヤだと言えない。外食しようって言えない背景には、母親として・妻としてこうあるべき が強すぎるのかも知れない。時短料理・手抜き料理も必要だけど、向き合うべきなのは、そこじゃないはず。

 私の考える食って【楽しい・美味しい・簡単=幸せ】だと思っているし、手抜き万歳なんですよ。

 上の2つの例は、私のこと。 “正しい食” ループにはまって苦しんだ経験があった。身体に良いとされるものを選んで、時間と手間をかけて作ってたけど、全然楽しくなかったー。

 安心を得るための正しさがほしくてしんどかったんだよね。家族も巻き込んでしまったけど、とても良い経験させてもらった。その時に得た知識は今でも役立ってるし宝物。

 食は、親子関係にも大きく関わってくるし、家庭環境にも影響がある。料理を作る以外の部分がとっても大きいんですね。どうやら私の人生と時間は、食を通して心のサポートに捧げるお役目らしい。自分の今までの経験がそれを物語っています。また記事に書きますね。


 話をもどして、販売中のレシピ&キットはこの三種類。
●白味噌250g/3,000円

●米味噌2kg/4,000円

●お蕎麦ダシ2人分3,000円/4人分4,000円

送料はややこしいので、すべて無料に変更しました。

 どれも、レシピとすぐ作れるように素材のキットをセットにしています。私が選んだ素材達です。高けりゃ良い物ってわけじゃ無いけど、素材にこだわっているのものは値段も高くなる。

 というよりも、安いまがい物に慣れすぎている私達なんですよ。
 自分を創る身体への投資だと考えると、ダシの素材への5,000円って決して高い買い物じゃない。スマホやパソコンには、ポンと払えるわけだしね。同じ生活必需品だと捉えられるかどうか、だけだと思う。

 今、万能ダシのレシピ&キットの準備をしています。
 これは忙しい人には絶対抑えてもらいたいレシピ。めんつゆを自分で作っちゃおうというもので、一番人気のレッスンでした。

▶ 素材4つ!万能ダシレッスン

 今までいらっしゃった方々によると、めんつゆのアレンジレシピってたくさんあるけど、めんつゆ自体を作ろうってレシピはあまり無いらしい。
 自分で作っちゃえば、何を使って作ってるか一目瞭然で安心だし、一年中役立ちますよ。

 


 きっと “レシピを手放せ” ってメッセージには、

今までに簡単で美味しくできるように研究してきた結果を

もっとたくさんの人に知ってもらうこと
 ↓
ダシを取るという活動を広げていくこと
 ↓
家庭で美味しいの笑顔が増えること
 ↓
日本人の良さを伝えていくこと
 ↓
幸せを感じる人が増えて私も嬉しいし、幸せ。

ということまで含まれてたみたいで、いつも自分の無意識には驚かされます。

 知り合いの税理士さんからもアイディアいただいてたにも関わらず、冬まで放置していた私にあきれて、「さっさと行動せんかい!」って、お金が入ってこないように采配したんじゃないかとさえ今では思えます笑

 意識はいつも気づくのが遅い。もっと無意識を信じなくちゃな。


 各商品の紹介はこちらです。

●白味噌250g/3,000円

●米味噌2kg/4,000円

●お蕎麦ダシ2人分3,000円/4人分4,000円

 

購入する際は、こちらから直接どうぞ。

【心のブレーキを外す】ダシを極めるレシピ&キット の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

ダシがらを活用せねば!と考えるだけで、ダシをとることが億劫になっている方へ。

 ダシ講座をしていて、よくご質問いただく内容が

“ダシをとったあとの昆布やかつお節って、どうしたらいいの?”

“ダシをとったあとの昆布のアレンジ料理を教えて下さい”

など。

昆布大使 として3年間、昆布普及活動のお手伝いをしていた中でも、必ずと言って良いほどテーマに上がっておりました。
 
 それだけ皆さん、食への意識が高く、食べものを粗末にしてはいけない、という信念があるからだろうと思います。昔からある伝統的なものだからこそ、よけいに大切にしなきゃと思ったりするのかもしれません。

 そもそもダシは、昆布・かつお節・煮干し・椎茸は、水やお湯に浸して使います。ということは、水に溶け出る水溶性の栄養素だけを取り込むことになります。出し殻をうまく料理していただくということは、水に溶け出ない栄養素(脂溶性)も摂取できるので、身体にも良いのです。アレルギー抑制作用もあるので、花粉症やアトピーにも効果があります。

 こちらにたくさんレシピが載せられています。よかったらご参考にしてみて下さい。
●こんぶネットだしを取った後の昆布レシピ 

ライン

 今日、わざわざこのお題で記事を書こうと思ったのは、ダシがらの活用は素晴らしい!ということに加え、提案したいことがあったからです。

 ダシがらを活用せねば!と考えるだけで、ダシをとることが億劫になっている方は もともと料理ををすることが生活の一部になっていると思います。毎日の食を大切にしたい女性はきっと多いのです。本当に一度でも、素材からとったダシを味わうと、美味しさに感動します。これが毎日続けられたらなって思う人も多いかと。実際そう言って目をキラキラさせる方々を目の当たりにしてきました。

 しかし、ダシをとったあとの副産物は必ずあります。それが昆布だったり、かつお節だったり、煮干しのダシがらだったりするわけです。

 そこで、美味しいけど。でもなー。と悩むわけですね。

・ ダシを取った後の昆布やかつお節を捨てるのがもったいない。
・ 何度も水を加えて昆布水として使った後ですらもったいない。

 結果的に、”じゃあ、どうするの?” となるわけですが、ここでだいたい3つに分かれます。

① 粉末ダシを使う (顆粒ダシ・天然ダシ両方含む)
② ダシがら活用レシピを参考にします。
③ もう考えるのが面倒になったので、ダシをとりません

どれもこれも、それぞれにメリットデメリットがあります。

① 粉末ダシを使う (顆粒ダシ・天然ダシ両方含む)
 → 手軽さではダントツです。天然素材だと良さそうですが、美味しさを追求するなら、それぞれの素材の良さを活かしたいという想いもあります。どんな素材使ってるかわかんないし。
 ▶参考記事 ダシ素材の活かし方

② ダシがら活用レシピを参考にします。
 → 良い感じですね。先述のレシピなども活用して心身共に健やかにダシ生活を楽しんでください。

③ もう考えるのが面倒になったので、ダシをとりません

 → ちょっとまった!!!

この③ もう面倒になったので、ダシをとりません を選ぼうとした、もしくは選んでいた貴女へ、この選択肢どうですか?

それは、

③ ダシがらを捨てる

 こと。

 昆布もかつお節も見た目が大きいしバサッとしてるので、もしかしたら捨てることに抵抗があるかもしれませんね。でも、賞味期限や消費期限の切れたものを捨てることには罪悪感の無い方もいる中、ダシがらにだけ、なぜそこまで捨てることを躊躇するのか?と逆に聞いてみたい。

 ダシがらを活用できない私は主婦失格だ!!なんて、絶対思わないでね。私も活用してません(@^▽^@)。

 ダシの美味しさも十分に知ってる。もしくは、これからやっていきたい!と思ってるのに、ダシがらをどうするか?を気にするあまり、ダシを取らなくなるなんて、本末転倒だと思いませんか?

 昆布・かつお節・煮干しの美味しさを十分に抽出できたなら、捨てることも選択肢の中に入れて欲しいのです。美味しさをありがとう、と。感謝を持って。

 美味しいものを食べる、作る、選ぶ、ということは、自分を大切にするということでもあります。それは値段が高ければ良いということでもなく、時間をかければ良いということもでもない。

 自分を大切にする、ということは、自分がどう感じてるか? どう思ってるか? に耳を傾けること。美味しい、食べたい、という気持ちを、大切にしていくことです。

 ダシの料理から、ご自分を見つめ直してみませんか? ● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー・淡路島編 10月23日(月) 
で、しっかりサポートします。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【10月~開講予定の講座】

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー・淡路島編 10月23日(月) 

● 茶言葉グループセッション
満月/10月6日(金)・新月/10月20日(金)

●【1日体験会】自分を知ってメンタルを整えたい方へ
9月29日(金)10月3日(火)10月4日(水)10月11日(水)

●【心を整える講座】ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース
10月より全12回 in 淡路島

Continue Reading

【1日体験会】感動のおダシでココロを変える in 大阪・茨木

 大阪・茨木市にある薬膳のお店・巡りごはんいろはさんで、1日体験ダシ講座をします^^

ダシって大変そう・難しそうというイメージは、ふだんダシを取ったことのない人からすると、少なからずお持ちだと思うんです。
▶【参考記事】
◎ 顆粒ダシくらい手軽なダシの素材って?
◎ ダシを取ることは本当に難しい?

 便利・早さを求められる、今の世の中です。大変・難しいなどのデメリットだけなら、とっくに廃れてしまってもおかしくなかったと思いませんか?

 でも、廃れるという選択肢ではなく、手軽に使おうとダシパックや顆粒ダシ、商品化してダシの美味しさや素晴らしさを追求した人達がいて、それを求めた消費者がいた、ということなんですよね。

そして、ダシパックや顆粒ダシももちろん便利なんだけど、

・ホンモノってどんな感じなのか?
・やっぱり基本に立ち返ってみたくなった

と言う方々が、私の周りにはたくさんいらっしゃいます。

 一緒に、素材本来のもつ、美味しさ・素晴らしさを体験してみませんか?目から鱗ですよ。
これは言葉でいろいろ言うよりも、実際に五感を通して感じてもらえたら、日本人だからすぐわかると思います。

 今後は基本的には、淡路島を拠点にしていきます。大阪での開催、この機会にぜひ♡

◎6月3日(土)
14:30~16:30 3500 yen
(おダシの試飲 と 小さなおむすび付き)

梅雨でジメジメする時期に突入するので、冷たいおダシも用意しようかと思ってます。

ライン

先日、いろはさんで薬膳お料理いただいてきました。
愛情たっぷり美味しい薬膳お料理でしたよ。

【1日体験会】感動のおダシをいただく… ほんとのおダシでココロを変える
詳細はこちら

お申し込みは、いろはさんへ

 日本人のルーツでもあり、食の土台でもあるダシ。ただ美味しいだけでなく懐かしく思うのは味わったことがあるからです。いろんな思い出シェアしてみませんか?

Continue Reading