お母さんをやめる。

 いろんな自分を認める。
言葉は美しいけど、実際は泥臭くて血みどろで地味な作業だ。

 ・私にもこんなすごいところがあったのか。
 ・ちっちゃく見積もってたけど、すごいやん。
 ・こんなによく頑張ってきたなぁ。
 ・嫌いなあの人は、この事を気づかせるために存在してたんだ。

 って気づけたときは、涙で前が見えなくなったりする。

 そしてあるときは、、
  ・うわー!これ無理な私やん。
  ・絶対になりたくない私やん。

と、七転八倒したくなるものもある。
違う意味で前が見えなくなったりする(絶望という)


 今日はどっちかというと、七転八倒のお話。長いよ。

 子どもがテレビを見て、夫もくつろいでる。そんな中、自分だけがバタバタ家事をしている。迎えに行った後、当たり前に公園へ連れて行けと言う。こっちを見てと全力で体当たりしてくる。

 しんどいけど、やりたくない日もあるけど、お母さんだから仕方ないと思っていた。ちゃんと家庭を守らなければ。だから頑張ろうって。

 腹立つけどしゃーない。

 でも、ほんとはどっかでわかってた。しゃーないの奥を見たくなかっただけ。
だからしゃーないってことにして、忙しくて余裕がなくなるからイライラするんだ。そう思うことにした。
 
 イライラしないように忙しくならないように、子どもが小さいことを理由に、いろんなことをセーブしてきた。

 でもある時から、子どものペースに合わせてる自分にどうしようもなくイライラしだした。
 
 家族で出かけると「絶対にこのお店には行く」とわざわざアピールしてたのは
“子どもと一緒だと自分を優先してはいけない” というマイルールがあったからだと今ならわかる。

 またある時は、子育てと仕事のバランスが取れててすごいよねって言われるたびに、はぁ!?って思ってた。 “そりゃそうだろ、私ガマンしてるもん。” 何のガマン?ってな。

 そう。結婚したら、子どもができたら、自分のしたいことはガマンすべき。子どもに合わせるべき。
というルールがあった。

 それでも、仕事をしたり遊びに行ったりしたいわけよ。自分の中にある罪悪感とずっと戦ってたね。それに疲れて、忙しくならないようにセーブして家事も子育ても頑張ってた気がする。

 子どもは可愛いのに、子育てほんと向いてないなーって思ってた。

 話は変わって、あるときムクムク湧き上がる想いにOKを出した。

 やっぱり私は今してる仕事が好き。
仕事のない人生なんて考えられない。 
 
 私が幸せで楽しく生きることが家族への幸せにもなるなら、
自分を生きることと家族との両立ができないはずがない。

 今の自分にあったやり方を探すぞ。

 子どもには私の生き様を見てほしい。

 私にならできる。

 そしたらこの数ヶ月、仕事が忙しいのに比例して、しゃーないの状況が増えてきた。もうイライラMAX笑

 いよいよ、しゃーないの奥を見なくちゃ。
結婚したら、子どもができたら、自分のしたいことはガマンすべき。子どもに合わせるべき。というルールを手放すときが来た。

 これは私にとっての理想のお母さん像であり、
ずっと大切にしてきた理由は、他ならぬ我が母のやり方だったから。

 お母さんが私たちにしてくれてたようにやらなくちゃ。
そうじゃないと、ガマンしてやってきてくれた母の人生を否定してしまう。

 ガマンこそ美徳。母のやり方が間違っていたと思いたくなかったらしい。
ではなく、きっと母も祖母からこのやり方が正しいと教わってやってただけ。それしかないと思ってやっていたけど、もし他の方法も知ってたら母のやり方でやってただろう。

 だから私は、私や今の家族に合った違う方法を探していこう。
同じじゃないからと言って、母を否定するわけじゃない。

 理想のお母さん像なんて、くそくらえ。
見張ってばかりじゃなくて、子どもと一緒に遊んだり、ムダをたくさんやっていきたい。

 どんな私だったら、イライラせず、子どもと同じ目線で楽しめるか?
どうやってくかはトライ&エラーで、少しずつ決めていけたらと思う。

 
 公衆電話から電話したいって、自宅と携帯にそれぞれ通話中。
なんてムダなことを・・・って言いそうになったけど、ムダかどうかは子どもが決めることだな。
 それにしても今の子って、テレホンカード知らないんだよね。


 12月からスタートしている、ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース。
オンライン、対面、と合わせて4コース開催中です。

「自分も受講生になりたい♡」とアシスタントさんから言われるほど充実したコース。これって最高の褒め言葉だよね。

 5講には、物事の捉え方を変えるミラクルクエスチョンを学ぶ。その場だけで終わると意味ないから、次の6講までの期間(2週間~1ヶ月間)グループでワークをやってるのね。
 毎日続けるから落とし込めるという想いがあるから、強制じゃないと言いながらほぼ強制でやってるw。(まだやってないコースもあるから待っててね^^)
 
 受講生さん同士でワークする中で、私はちょっとフォローするだけ。皆さんお忙しいながら、毎日どこかしらで時間をやりくりして回答されて、だんだんとええ感じになってきた。
 
 あるコースでは、このワークがもう練習の枠を超えてちょっとしたカウンセリングになってて、自分を知るのってこんなに楽しいのねー!って言ってた。

 私もすごく嬉しい(・∀・) だってほんとに面白いのよ、自分を知るって。
こんな風に思い込んでたこと、あんな風に捉えてたこと、自分の思い込みだったのか!って気づけるだけで目の前の景色がスッキリ広がって感じるから。

 で、このスキルは、カウンセリングの時にもめっちゃ使う。これがマスターできたら、答えは自分の中にしかないんだなって、誰に相談することもないって気づけるよ。

 私も、自分の悩みをお題としてこのワークに参加してるんだけど(入ってるんかいw)
言葉を入力してる間に、ああこれが解決やなってわかっちゃうときもあれば、皆さんからの答えでハッと気づけることもあって、楽しませていただいています。それがさっきのやつね。

 皆さんの修了時の清々しさも、ぜひここでまたご案内できたらいいなー!って思ってます(・∀・)

お楽しみにーーー♪


 自分の土台を創ろう!!
また新たにパワーアップした内容で、夏には新規募集する予定♡

ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース

Continue Reading

レポート【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】 

 12月に開催した、【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】 のレポートです。

 今回お集まり下さったのは、調香師・シェフ・セラピスト・だしソムリエ・カフェオーナーと、そうそうたるメンバー。めっちゃ緊張した(・∀・)

 上手にわかるように伝えなきゃって五秒ほどw思ったものの、どんな方が来られても、私なりにダシの面白さと美味しさを伝えるだけだしね。と、切り替えてからはいつも通り、楽しく終えました。

 伺ってみると、ダシは取ったり取らなかったり。これで合ってるのかな?と確認に来られた方や、この講座のあとダシを取るようになったってお声もいただきました。こういうのって嬉しいですね。

ライン

(昆布・鰹節・椎茸・煮干しの利きダシ)

(それぞれの素材を実際に手にとって五感で感じていただいています。)

ライン

 徳島で活動中・だしソムリエ河口晶さんともお話しました。ダシの美味しさや手軽さがどんどん広がるには、伝えているもの同士が繋がるって大切なことですね。
 河口さんのwebサイト→
 だしキッチンまんまる
 
ライン

 香りのお話しを教わりました。香りは記憶と繋がっていて、快・不快をかぎわける本能的なもの。どんな香りがするのかを言語化するのって、右脳左脳をフル回転させることなんだそうです。

 右脳の記憶は莫大なんですね。左脳は言語を司るわけだけど、記憶量としては右脳には劣る。香りのイメージは記憶をたどる右脳にあり、左脳で言葉としてまとめるということです。人間って面白いなぁ。

 茶言葉のことも、どさくさ紛れに相談してみました。実は一番聴いてみたかったw
 
 まず、お茶は快の香りなんだそうです。茶言葉で使う中国茶は、ほとんどの方が初体験の香りです。それを今までの記憶の中で一生懸命たどろうとする。左脳を使って言語化させるというのは、香りを楽しむのにとても良いと言って下さいました。

 教えて下さった調香師の和泉さん「着る、かおり」のクラウドファンディングをされています。
 クラウドファンディング 記憶に残る、香りをまとう。芸術家が生み出す、新しい香水「着る、かおり」

 【茶言葉・魂の声を聴く中国茶会】、今年は対面ででも広げていきますよー。

ライン

 話は戻って、おむすびは三角ものをおむすびと言います。真ん中をくぼませ、外側はしっかり、口に運ぶとほろっとほどける、というのが美味しいおむすびの作り方です。

 

 塩だけでむすぶと、素材の味がぐっとわかりやすくなります。シンプルでいて最高の美味しいおむすびができました。

 おむすびには、古事記にまつわるお話しもあるんですよね。

(ご自身のおむすびを作っています。)

ライン

 ダシもおむすびも本当にずっと前から身近にあって私達を支えてくれているもの。
まだまだ他にもたくさんあると思うけど、その中でも私はダシに注目しています。

  ダシの素材から、自然を感じることができるからです。
  自分が、自然の一部だと感じることができるからです。

 ダシとおむすびは、ずっとずっと私達の心と身体の土台を創ってくれていました。
ダシの香りに癒やされ、大切にされていたことを思い出す方も多いのでは無いでしょうか。
おむすびは日本人にとって第一チャクラを刺激します。私達が大地に根付き、今・ここにいることを身体で感じることができます。

 ダシとおむすびから、日本人が自然からもらっている叡智を感じてみませんか?

 ライン

 会場となる、森のオト。さんは、雰囲気が落ち着いていて、それでいてワクワクする、大人の隠れ家のようなカフェです。

 森のオト。(淡路市里573-6上ル) http://kozora.cafe.to/info 

 次回の開催は1月29日(月)です。
 danに載せてもらったおかげか、お問い合わせたくさんいただき、残席4名様になりました。

 

ライン

ライン

【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【お知らせ】新年からはじまるダシ生活・特集掲載されました。

淡路島を中心とした毎月1回発行のフリーペーパー“dan(ダン)”さんより取材をうけました。

“新年からはじめる・だし生活” 特集掲載していただきました。

【掲載内容】は
・ダシについて
昆布・鰹節・椎茸・煮干しのダシ食材の紹介、ダシと味覚の五味との関係などをお話ししています。

・ダシを使ったレシピ
昆布と煮干しを使った、煮物・味噌汁・いりこ酒のレシピを提供しています。

割烹着で撮影スタート。

ライン

今年スタートしたダシcafeから淡路島内でのご縁が広がり、今回の撮影となりました。

一緒に取材を受けた、海産物問屋・出口商店さんとの出逢いもそうでした。

撮影場所は、国登録有形文化財でもある春陽荘さん とっても素敵な場所です。日本文化を大切にする活動・体験プロジェクトも数多くされています。

以前、こちらの家主さんもダシCafeにお越しいただいたことも。淡路島にもダシが広がる実感

ライン

着付はずっとお逢いしてみたかった 喜MONO・フタツキさん

アンティークの着物がとっても素敵!今年は戌年ということもあって、ワンちゃんの着物を用意してくださいました。
ヘアメイクのマリコさんと一緒に。

淡路島全域・全紙の新聞に折込・一部店舗にて、51,000部発行されています。我が家にも若干あります。ご希望の方はお送りしますよ。

webサイトではこちらから。淡路島を楽しむアレヤコレ。danweb

今回の取材・撮影とに関わって下さった皆様、ありがとうございました。密かに憧れてた “着物でダシを引く” という夢が思いがけず叶いました。

ライン

【意外と簡単で美味しい】日本全国/地域に沿ったダシのお話しています。ご興味のある方はお問い合わせください。

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

Continue Reading