【無料モニター募集/オンライン料理】5月15日(火)第2回・おむすびで自分と相手をむすぶ。

5月1日は主宰者の私の体調不良により中止とさせていただきました。失礼いたしました。

オンラインといえど、身体は資本。今年は身体も整えていきます^^

5月15日(火)に仕切り直して開催します。

 


 

先日の、オンライン料理レッスン。Instagramで同時ライブもしました。すごい反響あってビックリ。

もうこれで、場所を選ばず、日本に限定されること無く、ダシに興味のある人と繋がることができる。

そう思ったとき、ふわっと心が軽くなった。
と、同時に、自分ができないことへの言い訳がなくなった。
なんでもそうだよなー。やりたいか、やりたくないか。だけなんだ。

このオンライン料理をしてみて感じたのは、料理よりもストーリーを伝えたいんだってこと。

その料理への想い、この料理からの記憶、食から繋がる家族への気持ち。
過去の自分・今の自分・これからの自分。
食を通していろんな方と共有していきたい。
レッスンの間は、たくさんの料理の作り方を伝えるより、その場を共有したい。

だから、本当の基礎だけでいい。
ダシの素材、出汁の取り方、調味料の選び方、ごはんの炊き方、魚のさばき方・・・
料理の肝さえわかってたら、あとはいくらでもプラスしていける。そこら中にレシピはあるしね。

そういう意味でこのオンライン料理という体系こそ、最もシンプルなのかもしれない。お互い最高最適な環境で、伝え合うことができる。

移動時間はゼロ、わからないところは質問できるし、材料も自分で揃える、いつもの包丁や鍋がやりやすいし、周りに誰がいてもok、作ったものはそのまま夕食へ。

移動に使う時間・交通費はゼロ。その分、自分で材料を揃えることに費やせる。自分のいつも使う台所だと使いやすいし、再現しやすい。小さいお子さんや介護をされていてもその時間だけ確保するならまだ可能かも。作った料理はそのまま夕食へ、ご家族の反応もライブで感じられる。

これからの時代、オンラインという選択はすごく幅を広げてくれると思います。間違いなく。

前回のオンライン料理レッスンの様子。
【オンライン料理】美味しい味噌汁が飲みたい

ライン

zoomを使ってのモニターを募集します。

 【第2回・おむすびで自分と相手をむすぶ。】
炊きたてごはんで外側はかっちり、中はふんわりの三角おむすびをつくります。
手のひらの大きさによって、おむすびの大きさは変わる。作ってあげたい相手によっても大きさを変える。

おむすびについては、古事記からの由来もあって私自身も想い入れがかなりあります。
自分を整えるのに、おむすびは必須アイテム。ラップや手袋でなく、素手でむすぶからこそ自分の波動が伝わる。

人気記事です。
大切な記憶として残るおむすび

明日5月15日(火)14時~15時でお時間の空いている方、簡単なアンケートとご感想をいただけて顔出しOKな方。たぶん、今回で無料モニターは終わりです。

オンラインはzoomという無料アプリを使います。設定は5分でとっても簡単です。申し込みの際、何を使ってご参加されるか(スマホ、タブレット、パソコンのいずれか)教えて下さいね。
zoomの設定方法について

Instagramで同時ライブもします。24時間なら遡って見れるようですので、ご参加できない方はフォローしてみて下さい。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-++:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

◎日時:5月15日(火)14:00~15:00頃
◎費用:無料
◎ご用意いただくもの:炊きたてごはん・塩・海苔・ボウル・お皿(バット)
◎条件:顔出しとアンケート、ご感想をお願いできる方

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-++:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

無料モニター5月15日(火)14:00~15:00
【第2回・おむすびで自分と相手をむすぶ。】

お申し込みはコチラ

Continue Reading

失敗する・体験する ことの大切さ

 息子4歳。念願の包丁デビューです。厚揚げを切っております。
まずは子ども用の包丁から。すでに本物の包丁で切ってるお姉ちゃんを目指してるらしい。

 おむすびをつくりたいと言うことで、2人でせっせと練習。

 炊きたてのごはんは、ちょっとの水でも手にごはんがつかないから大丈夫だよーと言っても、聞く耳持たず笑 

 そうだった(゜Д゜)
形が変でも、水をつけすぎてべちゃべちゃになっても、塩のつもりが砂糖をまぶしてたとしても、それもすべて体験だ。

 ちょっと先に美味しくできる方法を知っているからと言って、体験する権利を奪うことはできない。それは段取りを考える親の都合なだけだなー。いかんいかん。私だってたくさんむすんで失敗しまくって、今があるんじゃんか。

 つい、失敗しないように、美味しくできるようにって、チャレンジするのを阻んでしまう自分を発見。怪我に気をつけて、やりたいようにやらしてあげよう。

 心の余裕が、ここにも必要なんだよねー。やっぱり常備菜だ笑
常備菜で心の平和を取り戻そう

 5月から学び続けている、カウンセリングコースもいよいよ大詰め!20人カウンセリングの練習へ突入しました!今月はカウンセリングの練習がメインであっという間に過ぎていきそうです。

 昨日からスタートです!めっちゃ緊張しましたよーーー。心が軽くなったって言ってもらえて、先生にも初回にしてはええ感じと褒めてもらったりして、ウキウキしている私です^^ 

 いろんな体験ができるって、させてもらえる環境って素晴らしいな。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

Continue Reading

【レポート】感動のおダシをいただく… ほんとのおダシでココロを変える!

 先日、大阪・茨木市で開催の「感動のおダシをいただく…ほんとのおダシでココロを変える!」レポートです。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

この日、講座の冒頭で、

「たくさん失敗して下さい」

と言いました。

 それは、ざまーみろ、へたくそだなー、とか、そういう意味ではなく、

「失敗するって、ネタの宝庫だよ」

という意味を込めて言いました。

ネタの宝庫?って思いましたか?
失敗すること=ダメなことではなく、上手くいかなかったネタが詰まってるから。なんです。

なぜここまで言い切れるかというと

美味しくできること

が、大前提としてあるからです。

水?温度?時間?量?など、考えられる可能性はたくさんあります。
間違いなく、ここさえ変えたら美味しくなるわけです。そこにたどり着くまでのステップなんですよね。

 昆布やかつお節の一番美味しい味の引き出し方を理解できれば、本やレシピに惑わされることなく、ダシパックなどの商品に翻弄されることなく、自分のお財布事情や感覚で選ぶことができます。

・水から引き出す・・・昆布、煮干し、干し椎茸

・沸騰直前のお湯から引き出す・・・鰹節

ですよ。

主催して下さった、巡りごはんいろはさんのレポートです。【レポート】感動のおダシをいただく… ほんとのおダシでココロを変える!

おむすび美味しかったです!

ライン

 あとは、どんな昆布とかつお節を使ったら良いの?というご質問も多かったです。あと調味料もね。どれが正解!というのはありません。その家庭によって昆布やかつお節にかけられる費用も変わってきます。
 選び方、目利きの方法などは、今週土曜に開催するこちらの同行でその方に合わせてじっくりお伝えしています。老舗のお店のこだわり昆布のお話、スーパーでの選び方、今の自分はどの調味料やダシの素材を使いたいか?をお話し伺います。

 6月10日(土)大阪・空堀商店街に一緒に行きます。ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアーです。
今回より、内容濃いめにカウンセリングの時間もたくさんとります。食のこと何でもこの機会に相談下さい。

 たくさんある情報の中から、自分にあった物を選ぶ力を身につけたい方におススメです。

ライン

【ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading