【レポート】貴女だからできる事を知ろう

 今回の講座、ちょっとした挑戦でもありました。

・淡路島で、心を扱う講座の開催
・今いる場所で、想いを伝えられるか

ダシ講座や味噌作りはずっとやってきたけど、心の講座は単独で開催するのは初めてだったんですよね。しかも、大阪や神戸じゃ無く淡路島でするのも初めて。

 この講座をしたかったのには、自分の好きなことを仕事にしている人に伝えたかったのです。

 自分の選んだ仕事が好きすぎて、なのに好きかどうかわからなくなってしんどくなったこともあるし、自信が無くなったり揺らぐときもあります。

 大阪で料理教室をやしていたとき、しんどくなった時期がありました。でもその当時、まさかこういうやり方で、まさか答えが自分の中にあるなんて想いもしなかったわけです。その時の不安や自信のなさでどうしようもなかった時期があったからこその今があります。そんな私だからこそ、伝えられるものがあると思いました。

今日のワークは、こちらを重点的にしました。

◎興味があること
◎好きなこと
◎やってみたいこと
◎こんな人になりたい

人ってなれるものしかイメージできないようになってますから(政治家になりたいとは私は全く思わないので、やってみたいことにすら挙がらない)人によって出てくるものは全然違っています。例え同じ業種だったとしてもそうです。

それらをまとめると、その人らしさということになるわけです。

それがわかった上で、
・そんな貴女だからこその強みは何だろう
・どんなスキルを持っているだろう
・協力してくれる人はいるのか?
・どうやって開催すれば良いだろう

を。ひとつひとつ書き込んでいただきます。

自信が無かったり、どうしていいかわからず行き詰まるときは、だいたいにおいて、
・そんな貴女だからこその強みは何だろう
・どんなスキルを持っているだろう
・協力してくれる人はいるのか?
・どうやって開催すれば良いだろう

のところで堂々巡りしてしまっています。

そんな時は、今一度、自分に立ち戻る。ここからのスタートが大切です。
◎興味があること
◎好きなこと
◎やってみたいこと
◎こんな人になりたい

ここが揺らぐと自信も揺らぎます。

夏だから沖縄大好きな私がウズウズしだし、塩ちんすこう作りました。台湾・梨山高山茶、中国・霍山黄芽(かくざんこうが)と一緒にいただきました。

ご感想をいただきました。ありがとうございます!

Q:この講座を受ける前は、どんなことで悩んでられましたか?
自分の今後のうごき方について。自分に自信が無い。

Q:何が決め手となって、この講座を申し込まれましたか?
「セラピスト、講師限定」が決め手となりました。

Q:講座を受講してみて、どのような気づきや変化がありましたか?
「自分」でいい。「なりたい自分」を大事にするということ。自信に繋がった。

Q:この講座を、もし誰かに勧めるとしたら、どんな人にお勧めだ、と思われますか?
自分に自信が無い人

Q:これから、この講座を受講しようとされている方に、一言お願いします。
きっと前向きになって帰れると思います。

(N.Mさん)

ライン

Q:この講座を受ける前は、どんなことで悩んでられましたか?

Q:何が決め手となって、この講座を申し込まれましたか?
自身の方向性発見できたらと思い

Q:講座を受講してみて、どのような気づきや変化がありましたか?
完璧を求めすぎず、ゆるくいきたい。ゆるくいくことは悪いことではないことをまわりにも広めたい。

Q:この講座を、もし誰かに勧めるとしたら、どんな人にお勧めだ、と思われますか?
一歩踏み出したいと思ってらっしゃる方

Q:これから、この講座を受講しようとされている方に、一言お願いします。
頭の整理、頭の断捨離

(M.Aさん)

Q:この講座を受ける前は、どんなことで悩んでられましたか?
忘れました。”心のあり方”ですね。 確認できました。

Q:何が決め手となって、この講座を申し込まれましたか?
誘いは断らないで参加しようと思っていた

Q:講座を受講してみて、どのような気づきや変化がありましたか?
このまま進みます

Q:この講座を、もし誰かに勧めるとしたら、どんな人にお勧めだ、と思われますか?
迷っている人、自分の強みがわからない人

Q:これから、この講座を受講しようとされている方に、一言お願いします。

(A.Kさん)

ライン

ひとつ心残りなのが、なんでこれをWeb配信も募集しなかったのか、だけが悔やまれます。淡路島まで来れなくても興味あるわーって言って下さってた方もおられたのにな・・・。

当日、会場に向かいながら車の中でハッ!!(゜Д゜) と気づいたのだけど、時すでに遅し。次回開催するときには、Webビデオででも募集しますね。

 秋にはハピネスフォースメソッド・ベーシックコースを、淡路島で開催します。

今日は、その先駆けにもなれたし、

何より楽しかった!!

 お一人ずつじっくりと向き合える時間でした。お越し下さった皆様、ありがとうございました!!

また9月頃に開催します。たぶん。もし受けてみたいという方はまた個別にお知らせ下さい^^

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月23日(日)

● 和の心・神話からのメッセージ 
7月15日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

● 夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
9月2日(土)
 

Continue Reading

ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ①塩

 比較的安価で、美味しいと思うもの、かつ、使われてる素材がシンプルなものを選んでいます。今回エントリーしている調味料は、今の私にとっての正解です。皆さんの日々の調味料選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

 さて、ダシ料理研究家が選ぶ調味料 まずは、生きて行くのに欠かせないお塩です。

 水と塩があれば、1週間は生き延びることができると言われてるくらい、生きとし生けるものには絶対必要です。それなのに、嫌煙ならぬ、嫌塩 と言えるくらい、塩を遠ざけていた時代があったと記憶しています。高齢者の方は、未だに塩は減らした方が良いと思われている方も多いです。

 熱中症が増えているのは、塩が足りないからじゃないか、とも、腎臓疾患などで減塩をされている方でも、選ぶ塩にさえ気をつければ少量の塩で満足する、とも言われています。

 昨今の減塩ブームに疑問を感じている方もだんだんと増えてきたように感じています。減塩味噌・減塩醤油だといろいろ売られてますが、塩飴・塩キャラメル・塩レモンなどといった、塩スイーツも売られてますよね。スーパーで見るたび、どっちやねんってツッコミ入れてます。ぜんざいにも塩をひとつまみ入れたり、スイカやトマトにも塩をかけると、甘さが引き立つなんてのは昔の智恵として今でも受け継がれています。

 塩にまつわることわざもたくさんあります。それだけ人にとって馴染み深く必要なものだと昔の人は知っていたのではないでしょうか。

 ・敵に塩を送る
 ・手塩にかける
 ・塩を踏む
 ・味噌に入れた塩は他所へは行かぬ(他人に尽くすことは、一見無駄のように見えても、結局は自分のためになるということ。味噌に入れた塩は、混じって見えなくなるが、味噌の味を調えるために役に立っているという意から。)←これ面白い!知らなかったです^^
  
 「塩」を含む故事・ことわざより引用

ライン

 そして、やっと本題です。私の愛用しているお塩は、こちらの天日海塩です。
お塩ちゃん

 非加熱処理で2年間天日干しをしています。日本のお塩は、海水を加熱して煮詰めるものが多いのですが、このお塩ちゃんは加熱をしていません。サラサラで水にも溶けやすく使い勝手もよいです。塩おむすびにしたらとっても美味しいんですよ。おむすび作り の際にも、このお塩ちゃん大人気でした。我が家では、料理にはもちろん、塩うがいにも活躍しています。

 成分うんぬんも大切なんですが、海水中のミネラルが多く残っているからといって美味しいとは限らないのですね。実際、岩塩は味噌作りには向かなかったりします。塩をなめてみると、甘くて美味しいんですよ。だから使ってます。これが一番の理由です。

 実は、このお塩は、結構愛用されている方も多いです。特約店の募集もされていますよ。

 こちらのサイトでは、お塩のこともたくさん勉強できます。オススメです。お塩ちゃん

 ダシに美味しいと感じるお塩、水に溶かして美味しいと感じるお塩、おむすびに美味しいと感じるお塩・・・実はそれぞれ料理によって、美味しいと思う塩って違ってくるんです。だから料理人さんは、料理ごとに変えてるんですね。

 最近は少量でもお塩がいろいろ売られていますし、いろいろ試してみても面白いですよ。調味料を変えることは料理にスパイスを加えるようなものです。毎日の食事作りが楽しくなりますよ。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月23日(日)

● 講師・セラピストさん限定:貴女だからできる事を知ろう
7月11日(火)

● 和の心・神話からのメッセージ 
7月15日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

● 夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
9月2日(土)

Continue Reading

子どもと過ごす日曜日の嬉しさと憂鬱

 私が家事全般の中で、唯一と言って良いほど楽しいことは、料理であります。掃除、洗濯、片付けの終わった後の爽快感というのはありますよ。でもね、やっぱり義務からしてる感が否めないのです。必ずしなければならないという義務感です。

 特に日曜は、月曜に持って行く物を洗ったり用意したりして結構忙しいのです。梅雨ということもあって、雨でも降られた日曜なんてもう。。。(・∀・) 「そのまま持っていけばいいやん」って囁く私もいるんですよ。そんなに汚れてないし。しかし、母親として月曜にはまっさらの状態で持たせてあげたい。という想いと、あの子の母親ってさー、全然子どもの世話してないよなって言われてたら嫌だな。という狭間で葛藤しています。(誰にも言われたこと無いのに勝手に妄想w)

 そんなことはつゆ知らず、子ども達はどっかつれて行けコール。家にずっといるのが退屈なんだよね。外に出かけると私が子どもと向き合ってるのがわかるんだよね。そうだと思う。わかるよ。

 でもね、やらなあかんこといっぱいやねん!という理由で、外に連れ出すのが億劫な日曜もあります。

 日曜と祝日は子どもと過ごす時間と決めています。基本的には仕事も休みにしているし、予定もあまり入れないようにしています。以前の私は、休みなんだから子どもを優先しなければならないって思い込んでたんですよね。だから、日曜に私の都合で家でゆっくり過ごすなんて事は御法度。あり得ない。母親失格くらいに思ってたんですよ。

 月曜の用意を優先する=子どもを大切にしていない というルールを創り上げてたんですね。だから、このルールに反する自分を罰してたんです。心の中で。ありえへん変態です。

 でね、それに気づいてから、家でゆっくりしたいとき、子ども達の退屈をカバーできて、かつ、私と向き合って子どもも満足できること、私にとっても助かることってなんだろうって考えました。

 それはやっぱり料理だったんですね。

作るための準備はめんどくさいし、後片付けも広がって大変なことになるけど、料理 で遊んでる を作ってる時のキラキラした子どものまなざし。嫌いだったものでも一緒に作ると美味しいって食べたりするところ、夕食ができあがるという私の達成感。

 私、大好きな料理に助けられているなって改めて感じます。

 ということで、ハンバーグを一緒に作りました。もう6歳と4歳。生の肉を触っても口に入れたりしない年齢になりました。胡瓜も上手に切れるようになりました。

私1人で作るとつい、いろいろアレンジを施してしまうのだけど、豆腐入れたり、おから入れたり、、今日のがオーソドックスで一番美味しいらしい。ひねるよりシンプルに、なんだなー。タマネギすら省略しました。

ハンバーグを焼いた後の肉汁に、ケチャップ・ウスターソース・醤油を煮詰めてソースにします。ウスターソースが無かったので買いに行きました。そこでの気づきがあってですね。

 
 ダシ素材&調味料買い出しツアーを定期的に開催してますが、私の普段使っている調味料を一挙公開してみようかと。
ダシの素材、調味料。ともに、料理の土台を作る大切なものです。

食生活を変えるにはまず、調味料からと良く言われます。

それは、よくわかってるねん!だから、なにを選んだら良いねん!!怒(゜Д゜)!
と言う方にぜひ読んでもらいたいです。

 ダシ素材や調味料に対する私の考えなんかも伝えて行けたらと思っております。高けりゃ良いってもんでもないし、安いからと言ってまずいわけでもない。私の中では、調味料集めはもはや趣味レベルです。いろいろ試して美味しい調味料にたどり着いていますが、うちも金欠の時には最低ラインここをクリアしていればOKという調味料も使ってます。

 この最低ラインというのが、ご家庭によってまちまち。でも、それで良いと思います。お財布事情がありますからね。そのへんのところは、 ダシ素材&調味料買い出しツアーで個別にカウンセリングしておりますので、じっくりご相談ください。

ダシ料理研究家が選ぶ調味料

 ということで、随時公開していきますね。お楽しみにー!

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月10日(月)・7月23日(日)

● 講師・セラピストさん限定:貴女だからできる事を知ろう
7月11日(火)

● 和の心・神話からのメッセージ 
7月15日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

● 夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
8月26日(土)

Continue Reading