自分の不安と仲良くなる方法

ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース | 遊楽食房

 明日の大阪での1日体験会でどんなこと話そうかと、ずっと考えてました。
でも、なかなか思いつかなかったんですよね。

 それもそのはず。日常とかけ離れたことを話そうとしてたんだと気づき、苦笑いしてしまいました。
もう明日のことですし、等身大の自分を見てもらいますね。

 ご存じの方も多いかと思いますが、昨年夏に大阪から淡路島へ移住しました。
それからというもの、家のことが落ち着くまでは・・・と思いつつ、仕事のペースはとてもスローになりました。
ダシCafe神話の勉強会ハピネスフォースメソッド・ベーシックコースと、新しいことも始めました。

やり始めたばかりで、定着するには時間が必要なこともわかってたつもりだけど、

・集客しても誰からも予約が入らない
・お誘いしても拒否される

が続くと、やっぱりショックでした。そして、いつまでもこのままかもしれない。。。と、だんだん不安が大きくなってきます。この不安に負けないようにとまた頑張って。
 
 頑張る方向が違ってると、今では思えますが
予約が入らない私はだめで、受け入れられてないんだって思ってたんですよね。

これらは、大阪で料理教室を始めた頃からずっと感じていたことでもありました。ただ料理教室をやりたい!という気持ちだけで、予約が入ればこの不安が払拭されるはずだと、がむしゃらに頑張っていました。

自分のやり方でやっていくと、効果がでることもわかってだんだんとご予約の方々も増えてきました。
「ダシに特化した料理教室だなんて、面白いことやってるね」って、雑誌やテレビなどのメディアからお声をかけていただくこともありました。

 実際、生徒さんとの出逢いは本当に励みとなって、ダシのことを知ることができて本当に良かったと言って下さる方も増えました。ずっと自身の不安と戦ってきた私にとって、やってきたことを認められること、自分の居場所はここだとホッとできることは、何者にも変えられない安心感でした。

そして、この安心感を手放すとまた不安がやってくる・・・ということで、頑張ることをやめられないというスパイラルに陥ります。仕事が増えれば増えるほどしんどくなっている自分を認めることは、好きな仕事をしているはずの私にとって、受け入れられないことでもありました。だいぶと長い間、抵抗していました笑

 でも、このハピネスフォースメソッドを学ぶうちに頑張れば頑張るほど、自分のやりたい方向とは違う方へ進んで行ってるような違和感をどんどん感じだし、食のことはもちろん楽しいんだけど、頑張ることに疲れてしまったところもあり気づかざるを得ない状況になったんですね。

すべてをリセットして淡路島へ来たかったのは、それに疲れたところもあったんだと思います。

 淡路島へ来てからはもう、子育てと仕事の両立でしんどくなったり、予約が入らない・家賃が払えないという不安を味わうのは嫌だと思いました。

でも結局は、仕事をしようと思えば思うほど、子育てとの両立でしんどくなる自分はいるし、予約が入らない、支払いができないかもしれないという不安からは逃れられませんでした。

環境が大阪から淡路島に変わっても、
やりたいと思うことがダシのこと・心のこと・神話のことと増えていっても、
どんな風にやり方を変えても、いろんなこと始めたとしても、

この、ずっと不安という感情に蓋をしていたことに向き合い、
~しなければならない、という自分の中のルールに気づくまで

いろんな角度から、いろんな方法で、早く気づきなさいよって無意識がサインを送ってくることにも改めて気づきます。

 こうやって、一生かけて気づいて修正していくんだと思うんですね。生きてる限りどこまでいっても終わりはないです。
ただ、このメソッドを学ぶことで、この気づきは宝物だと言うこと、自分の手で変えられると言うこと、すべてOKだと思えることが出来たのは、本当に大きいことなんです。

 今の私は、この不安を十分に味わって自分の好きなタイミングで手放すことができます。
~しなければならない、を、自分に心地よいルールに変えることが出来ます。

 誰に受け入れられなくても、自分が良いと思ったことを、信じてどんどん発信して行く勇気が今の私には必要なんだと言うことも気づかせてくれました。
先の集客にしてもそうで、思いつく限りの方法をすべてやったのか?と自分に問うてみても、まだまだやれることは、本当にたくさんあります。
 講師の方ばかり集まって、お話会とかしたら面白いんだろうな。あるある話たくさん出てきそうです。また企画します。

 得意と不得意とありますから、ひとりでがむしゃらに頑張ることなく頼りながら甘えながら、好きなことを追求していきます。

 私もまだまだ発展途上ですが、成長・進化していける人が増えていったら嬉しいんです。
一緒に、本当の自分を見つけてみませんか?

 そのきっかけを体験していただけるのが明日の1日体験会です。25日は同じ内容でSkypeで開催します。
5月からはその内容をもっと詳しく知って実践していきますよ。

ライン

【【1日体験会】自分を知ってメンタルを整えたい方へ】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

ライン

【第2期ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【レポート】”箸” は神と自分を繋ぐ神聖な道具

 【和の心・神話からのメッセージ】 第5章のレポートです。

 中学生の女性も参加してくださったことでいろいろな気づきがあり、とても長くなったので、お知らせも含めて今回は記事を分けることにしました。
【親子ペア割のお知らせ】和の心~神話からのメッセージ 

 第5章は、天照大神の弟で高天原を追放された須佐之男命が、出雲国で八岐大蛇を退治する話からです。

  • 五穀(稲、粟、小豆、麦、大豆)の種の誕生
  • お箸の神様
  • ヤマタノオロチを倒し三種の神器が揃う
  • 古今和歌集
  • 国作りに活躍する大国主神は、須佐之男命の子孫

が主なお話になります。

ライン

今回は、神話からのメッセージ以下の2つをご紹介します。

  • 五穀(稲、粟、小豆、麦、大豆)の種の誕生
  •  神様の排泄物から食べ物を取り出して料理を作ってみたり、神の屍から五穀の種ができました。想像してみるとあまり綺麗な話ではありませんね笑

     神話では、服を脱いだだけで神様が産まれたりと、今では考えられないことがよく出てきますが、そういうものなんだなってだんだんと慣れてくるものです。

     この一連のことは、排泄物は大自然に還りまた食べ物になるという物質循環の仕組みでもあり、排泄物も資源であるだということを教えてくれているのではないかと、このテキストにはあります。確かに、肥料も牛糞を使ったりしますもんね。今の日本人にも欠かせない五穀の誕生と、日本人は農耕民族だということもわかります。

  • お箸の神様
  •  八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に8人の娘を食べられてしまいと困っていたのが、今にも続くお箸の神様です。
    今にも続く ”箸の上げ下げでお里が知れる” と言われるゆえんがここにあります。食事をするときの箸の使い方は、特に目につきやすいものです。私も両親から箸の使い方はわりと厳しくしつけられました。なぜそこまで言うのか、好きなように食べさせてくれと思ってましたが、今回改めて箸のことを調べてみて納得しました。

     日本では箸を古くから、神事に用いてきました。神様の宿るものだとされてきたのです。
    特別な意味を持つものだからこそ、正しく箸を使うことは文化の継承者ということなのだそうです。引用します。

     なぜ日本人は、箸の使い方になぜ美しさを求めるのか。それは、箸はただの食具のみならず、精神的な存在であるからだと思われる。

     古来、唾液のつく箸には、使った者の魂が宿ると信じられてきた。そのため、箸・茶碗・お椀・湯飲みなどはそれを使う者の分身として大切に扱われてきた。

     日本の家庭では当たり前のように「お父さんの湯飲み」「お母さんの茶碗」と誰のものであるかが区別されている。とはいえ「お父さんの醤油皿」「お母さんの小鉢」などはない。この違いは、口をつけるかつけないかの違いである。口をつける食具は必ず個人の所属し、口をつけない食具は個人に所属しない。これを「属人主義」という。

     中国や韓国も箸文化だが、箸などの食具に属人主義はなく、今日お父さんが使った茶碗は。明日は娘が使うことを前提としている。西洋でも属人主義はなく、「お父さんのフォーク」「お母さんのスプーン」などは存在しない。

    ~中略

    「箸」には、神々の息吹を大自然の恵みとして体内に取り込む道具であり、大自然と自己が繋がるものである。
     
     つまり、箸は神々と自分を繋ぐ神聖な道具ということになる。その神聖な箸に自分の唾液がつくことで、箸に自分の魂が宿ることになる。

    (参考文献:日本の礼儀作法~宮家の教え 竹田恒泰著)

     口をつけるものは属人主義という考え方から、日本人は使うものの魂が宿る分身として大切に扱われてきました。特にその中でも箸は神と自分とを繋ぐ神聖な道具ということになります。

    そのような理由で、正しい箸の使い方を始め多くの作法があるのですね。私ももっと学んで子ども達に伝えていきます。


     今回のお茶とお菓子は、あじさいのお茶・キャロブパウダーのケーキ・講師の静香先生からの差し入れでイチゴと盛りだくさんでした。

     いちごは、章姫と紅ほっぺの2種類でした。とっても大きく甘酸っぱくて、とてもみずみずしかったです。

     キャロブパウダーとは、チョコレートそっくりなのに低カロリーで低脂質、しかもカルシウムや鉄分、食物繊維などの体に嬉しい成分をたっぷり含んだイナゴ豆のパウダーです。黒こしょうも加え、ぴりっとしたケーキにしてみました。

     毎年4月8日に行われる釈迦の生誕を祝う、”花祭り”とも言われる、仏教行事 ”灌仏会(かんぶつえ)”で、甘茶を飲まれたという方もおられました。あじさいのお茶と甘茶は同じ仲間だそうです。たまたま選んだ、このあじさいのお茶で1週間遅れですが、釈迦の誕生もお祝いできて良かったです。

    ライン

     次回は、5月20日(土)です。今に続くどんなメッセージが隠されているのでしょうか。ぜひ一緒に知ってみましょう。

     今までのレポートはこちらです。
    ・第1章:和の心を学ぶには、まず気づくことから
    ・第2章:神話から真実を知る
    ・第3章:他人の心を、神様もわからないのが面白い。
    ・第4章:神様も楽しいのがお好き

     6月24日(土)は、淡路島神社参拝ツアーです。国生み最初の地だと言われる沼島と淡路島の神社を回ります。
    先日、沼島へ下見に行ってきました。昨年12月に行ったきりでしたが、変わらずとても静かで穏やかな島です。南あわじ市にある土生港からは、船で5分ほどで着きます。


    (沼島にあるおのころ神社には、イザナギの神とイザナミの神の国生みをしている様子が石像として残されています。)

    詳細はまた改めてご案内しますね。日程だけ空けておいて下さいね。

     もっと日本のことを知ると、日本人ってすごい!日本を選んで産まれてきた自分ってやっぱりすごい!! と自信を持てると思うんです。神話や歴史を知らないのは、根無し草のように感じます。ルーツを知って、大地に根を張り生きていきましょう。途中からでも単発でもご参加いただけます。

    ライン

    【和の心~神話からのメッセージ~】の詳細は、こちら↓

    詳細はコチラ

    【4月開講予定の講座はこちら】

    ● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
    4月24日(月)・5月12日(金)

    ● 神話からのメッセージ 
    5月20日(土)

    ●【1日体験会】自分を知ってメンタルを整えたい方へ
    4月18日(火)in 大阪・4月25日(火)Skype

    ● 麹たっぷり、白味噌をつくろう in 神戸・垂水
    4月22日(土)

    ●【心を整える講座】ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース
    5月9日(火)より全12回 in 大阪

    Continue Reading

    【親子ペア割のお知らせ】和の心~神話からのメッセージ 

    【和の心・神話からのメッセージ】 第5章を終えてお知らせがあります。

     第5章では、最年少の中学生の女性も参加してくださいました。聞けば、古事記が大好きでずっと読んでいたんだとか。
    私も歴史の授業の中で聞いたことがありましたが、「”古事記”は”乞食”やろー」なんて、ふざけてた記憶しかありません(T-T)トホホ。
    実際彼女は、今まで知っていたことと今回教わったことを照らし合わせて「合ってる。そのとおり」と熱心に確認しながら聞いていたのがとても印象的でした。

     こういった若い人が、古事記に神話に興味をもつってすごいことです。歴史の授業はあっても古事記は知ってても、神話の細かいことまで、今の日本の授業では習わないと思います。でも本当はこの神話の部分に、今にも続く日本人のルーツがたくさん残されているんですね。日本最古の歴史書です。

     禊ぎのこと、桃が厄除けになること、お箸の神様、おむすびの神様、榊、しめ縄・・・まだまだたくさんあります。
    「12,13歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」と、アーノルド・J・トインビーという歴史学者の方が述べています。日本では戦後、神話が学校の授業から無くなりました。だから日本人で神話を学ぼうと思うと、自分で選んで学ばなくてはなりません。
     
     初めてこの話を聞いたとき、悲観的な気持ちになりました。日本って大丈夫か・・私達って根無し草みたいで不安だなって。
    でも、だからこそチャンスなのだとも思いました。義務的に習うより、興味があることほど知りたくなるものですよね。この中学生の女性のように好きなことにほどのめり込める。日本人には奥深く掘り下げる気質みたいなものがあるようです。職人さんが多いのにも納得がいきます。
    だから、お子さんと一緒にぜひ聞いてもらいたいんです。小学校高学年・中学生~なら一緒にいても集中して学べると思います。

     実は、動画配信ができないか?と、ご要望をいただいています。日本を、古事記を学んでみたいという方が周りに増えて来ました。今いろいろと調べているところです。お家でパソコンがあれば大丈夫なので、小さいお子さんがいたり、淡路島までなかなか来れないと言う方にはきっと喜んでもらえるだろうと思います。こちらもまた随時、お知らせしていきます。

     さて、第5章は、須佐之男命が八岐大蛇を退治する話になります。が、その前に初めて参加された方々、久々参加の方もおられて、復習の時間を作ってもらいました。

     最初の神様、神様は一柱と数える、古事記にはたくさんの神様が出てくるけど覚えなくても大丈夫、とか。
    初めて学んだけどわかりやすかったし、面白かったとご感想いただきました。講師の静香先生は、ベテラン講師でもあります。難しい・ややこしいと言われる古事記の話でも、グイグイ話に引き込む話術をもっています。すぐそばに神様がいて私達を守ってくれていると言うことを教えてくれています。

     それに、何度聞いてもなるほどと思うところが違うのが面白いです。

     詳しいレポートはこちらです。“箸” は神と自分を繋ぐ神聖な道具
     
     今後、お子さんの参加費は、お茶・お菓子代のみ(1,000円)とします。お茶とお菓子は、淡路島特産の時も、手作りの時もありますが、素材にこだわって選んでいます。安心してお子さんにも食べていただけると思います。(アレルギーのある場合は、事前にお知らせいただければ対応します)

    親子でご参加の場合はペア割になり、4,000円と1,000円で5,000円になります。
    お子さんのご参加は小学校高学年~とさせていただきます。保育がないことと、お子さんが自分で古事記を知りたい!と思うことが大切だと思うからです。
     
     次回は、5月20日(土)です。今に続くどんなメッセージが隠されているのでしょうか。ぜひ一緒に知ってみましょう。

    今までのレポートはこちらです。
    ・第1章:和の心を学ぶには、まず気づくことから
    ・第2章:神話から真実を知る
    ・第3章:他人の心を、神様もわからないのが面白い。
    ・第4章:神様も楽しいのがお好き
    ・第5章:”箸” は神と自分を繋ぐ神聖な道具

     6月24日(土)は、淡路島神社参拝ツアーです。国生み最初の地だと言われる沼島と淡路島の神社を回ります。
    先日、沼島へ下見に行ってきました。昨年12月に行ったきりでしたが、変わらずとても静かで穏やかな島です。南あわじ市にある土生港からは、船で5分ほどで着きます。


    (沼島にあるおのころ神社には、イザナギの神とイザナミの神の国生みをしている様子が石像として残されています。)

    詳細はまた改めてご案内しますね。日程だけ空けておいて下さいね。

     もっと日本のことを知ると、日本人ってすごい!日本を選んで産まれてきた自分ってやっぱりすごい!! と自信を持てると思うんです。神話や歴史を知らないのは、根無し草のように感じます。ルーツを知って、大地に根を張り生きていきましょう。途中からでも単発でもご参加いただけます。

    ライン

    【和の心~神話からのメッセージ~】の詳細は、こちら↓

    詳細はコチラ

    【4月開講予定の講座はこちら】

    ● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
    4月24日(月)・5月12日(金)

    ● 神話からのメッセージ 
    5月20日(土)

    ●【1日体験会】自分を知ってメンタルを整えたい方へ
    4月18日(火)in 大阪・4月25日(火)Skype

    ● 麹たっぷり、白味噌をつくろう in 神戸・垂水
    4月22日(土)

    ●【心を整える講座】ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース
    5月9日(火)より全12回 in 大阪

    Continue Reading