食べることは生きること。美味しいの向こう側

  • とりあえずウミガメのスープを仕込もう。宮下奈都さん

Instagramのフォロワーさんが絶賛していたこちらの本。

生きることは食べること。

家族との関わり、親として、子供として、妻として

日常の生活を、食べるということを通して描かれてる。

料理が上手いにこしたことはないけど

それだけじゃない何か、がある。

美味しい!は最高の褒め言葉。

でも、それにこだわりすぎると、

相手から認められることに固執してしまう。

作りたいから作る。

まずはそこからなんだと思う。

家族のために料理をすることは、

結果的に自分の幸せでもある。

電車やバスで読んだらヤバかった。

涙腺じわじわくる。ドンピシャ。

20数年前、吉本ばななさんのキッチンが大好きで何度も読み返した。

台所のシーンだとか、その描写にホレボレした。

料理に携わる原点はきっとあの本からだった。

今またこういう本と出会えたことは、私の原点回帰なのだと感じる。

今日はこれから、レイキの伝授で大阪へ。

レイキのマスター、カウンセラー、メンタルの講師、栄養士、調理師、いろんな方面からアプローチしているのは

私の中での料理をする、は

お店やカフェや食堂などの外食ではなく

家庭料理のことを指している。

そうなると、家族との関わりは欠かせない。

潜在意識ごと料理する。

美味しいの向こう側にあるもの。

栄養はもちろん、誰と食べるか、何を食べるか、どんな気持ちで食べるか。

やっぱり私は食べることを通して、

自分の生き方を模索するのが好きらしい。

◆レイキヒーラー・レイキティーチャーコース

レイキ・ヒーラー/レイキ・ティーチャーコース

◆料理好きな自分を思い出す・マンツーマンレッスン

“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください