私を大切にしてほしい。って思ったら。

 まずは、急に決めたお知らせ。

 3月28日(木)大阪・梅田でカウンセリングセッション
   ①15:00~17:30 グループ
   ②18:30~20:30 マンツーマン

もっと自分を好きになれるカウンセリングセッション


 3月13日は娘の8歳の誕生日。
東日本大震災の2日後に産まれたので忘れない。

 私は、出産と震災をきっかけに、今まで信じて疑わなかった価値観や考え方を疑いだした。

 まずは食。絶対に無農薬野菜、産地も西日本だけ、太平洋で採れた魚は食べないとか、極端に避けてた。このときほど食の安全に意識の薄い自分を責めたことはなかったし、何かあったらどうしようってマジで恐かった。

  料理にもすっごく時間をかけ、身体もしんどいのに手を抜けない。産後のナーバスな時期とも重なって、ほんとピリピリして。自分でも鬼気迫る感じだったな。

 余談だけど、ダシ講座に来てくださる方の必死感が伝わってくると(全員じゃないよ)余計なお世話とは思いつつ、「ダシを取るな」「出産は内臓損傷なんだから、とにかく休もう。余裕のある時にやって」って言っちゃう。私はかなりゆっくりさせてもらったけど、気持ちは不安だらけだった。自分と重ねて見てる。
 
 今思うとさ、何かあったらどうしようって不安を解消させたくて焦れば焦るほど、自分にとって良からぬものを引き寄せるよね。
 
 不安感って誰にでもあるし、生きるのに必要な感情。だからなかったことにせず、ちゃんと感じなきゃいけない。朝起きて寝るまで常に不安ってことは無くて、必ず喜怒哀楽どんな感情にも波がある。どれも1時間も続かない。

 私だって、その不安を感じるのが最初は怖くてね。気づかぬふりなかったことにして、どんどんその不安のパワーを貯めていった。今になってわかるのは、安心を知っているから不安を感じられるってこと。

 不安パワーのおかげで淡路島へ移住できた。野菜、肉・魚、お米は、淡路島産のものが手に入る。不安を味わいつくしたからこそ、今の安心を見つけられた。

 今は、何にも気にしてない?というと、楽しめる範囲で気をつけてる。今週は何回料理を作るか? 冷蔵庫にある食材で、買い物せずどこまで料理できるか?とか。

 安心がベースなんだって気づけたから、これからは無理せずやることやって、笑って暮らす。安心して美味しい料理を食べたり、作ったり、大好きな人と一緒に過ごす。

 安心を知ってるから、しっかりと不安とも向き合えるんだよ。
だから、何かに不安になってたまらないって言う人も安心を知ってる自分をすごい!ってマジ褒めてあげて欲しいな。

 


 今回の記事はこのままで終わらないw

 8歳の誕生日を迎えた娘に、夕食は何が良い?って聴いたら

 “カップラーメン” って言うわけよ。

 未だ食べさせてないカップラーメン。相当に憧れがあったらしい。
「誕生日だからいいじゃんか」という娘の主張。夫も援護してくる。

 一度は、「誕生日にカップラーメンはないわ」って突っぱねた私。でも、ふと。あれ?これ誰のルール?って思いなおしたの。

 誕生日は、特別で大切な一日。
 だからこそ ○○がしたい。
 この○○は、みんなそれぞれの想いがある。
 
 娘にとって、カップラーメンが特別だとしたら、これは叶えるべきじゃないか。と思い直し。

 めっちゃドキドキしながらOKだしたーーーー(・∀・)

 何のドキドキかって? 
身体に悪いから、母親失格じゃん!って思考は騒ぐけど、それだけじゃない。
誕生日だから何か手料理を作ってふるまうべきだ、という思い込みを手放すドキドキね。

 怖かったけど、結果的に大喜びだったわ。

 お湯を入れるだけでできちゃう。すごい余裕が生まれる。
みんなでいただきますって同時に食べられる。
 
 この余裕が安心感にも繋がるんだなぁって改めて思った、誕生日でした。


 
 実は、不安や怖さの奥にこそ、キラキラの宝物がある。
過去の私のように、蓋をしてなかったことにせず、不安や恐れをちゃんとキャッチできてる自分を誇らしく思ってあげてほしい。それが自分を大切にする、ということだから。
 大丈夫。味わいつくすことでたどり着けるものがある。一緒に深く潜っていこう。

 3月28日(木)大阪・梅田でカウンセリングセッションします。
いきなりマンツーマンはドキドキしちゃう方はまずグループから。
マンツーマンは、がつっと深いところに潜って解決したい方へ。
   ①15:00~17:00 グループ
   ②18:30~20:30 マンツーマン

 場所は、ホテルのカフェを予定しています。ご予約の際に詳細はお知らせします。

ライン

【もっと自分を好きになるカウンセリングセッション】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください