失敗する・体験する ことの大切さ

 息子4歳。念願の包丁デビューです。厚揚げを切っております。
まずは子ども用の包丁から。すでに本物の包丁で切ってるお姉ちゃんを目指してるらしい。

 おむすびをつくりたいと言うことで、2人でせっせと練習。

 炊きたてのごはんは、ちょっとの水でも手にごはんがつかないから大丈夫だよーと言っても、聞く耳持たず笑 

 そうだった(゜Д゜)
形が変でも、水をつけすぎてべちゃべちゃになっても、塩のつもりが砂糖をまぶしてたとしても、それもすべて体験だ。

 ちょっと先に美味しくできる方法を知っているからと言って、体験する権利を奪うことはできない。それは段取りを考える親の都合なだけだなー。いかんいかん。私だってたくさんむすんで失敗しまくって、今があるんじゃんか。

 つい、失敗しないように、美味しくできるようにって、チャレンジするのを阻んでしまう自分を発見。怪我に気をつけて、やりたいようにやらしてあげよう。

 心の余裕が、ここにも必要なんだよねー。やっぱり常備菜だ笑
常備菜で心の平和を取り戻そう

 5月から学び続けている、カウンセリングコースもいよいよ大詰め!20人カウンセリングの練習へ突入しました!今月はカウンセリングの練習がメインであっという間に過ぎていきそうです。

 昨日からスタートです!めっちゃ緊張しましたよーーー。心が軽くなったって言ってもらえて、先生にも初回にしてはええ感じと褒めてもらったりして、ウキウキしている私です^^ 

 いろんな体験ができるって、させてもらえる環境って素晴らしいな。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA