人は幸せに向かっているもの

 先日、ダシ講座1日体験会でのこと。

「たくさん失敗して下さい」と言いました。
 それは、ざまーみろ、へたくそだなー、とか、そういう意味ではなく、
「失敗するって、ネタの宝庫だよ」という意味を込めて言いました。

この記事です。

 この体験会でのことを振り返ってみると、なんでこんなに確信を持って「たくさん失敗してください」って言えたのか?って。

 今まで自分がたくさん失敗したから、ということもあるけど、ちょっといつもとは違う揺るがない腹からの声とでも言うのか。なんだか誰か乗り移ったようなね、そんな気がしたんですね。

 食と心の土台を作る活動をしています。食はダシ料理を、心は中国茶をツールとして。
心を伝えるベースとなる、ハピネスフォースメソッド・ベーシック中でも、失敗はネタの宝庫だとあります。

失敗は良くないことだという捉え方は今はありません。毎日失敗だらけだし、そこで自分を責めてたら身が持ちません。でも、そこまで確信して言えてるかな?って。

そこで、自分に問うてみました。
「たくさん失敗して良いって、なぜ思えるの?」

そしたらね、出てきたのは

「どうせ美味しくなるから」

でした。

「美味しくなったらどうなるの?」

「みんな幸せ」

 日本の伝統食でもある、昆布・かつお節・椎茸・煮干しなどのダシの素材。美味しいのはもちろん前提にあるとして、なぜこんなにダシに惹かれるのかわからなかった。知れば知るほどその奥深さにどうしていいかわからなくて、一人ではどうしようもなくて。うま味が凝縮しているダシの素材は、先人の知恵がつまっています。それがどんどん現代の人に忘れられようとしてる。それがどうにも歯がゆい。こんなに美味しいのに。こんなに簡単なのに。

それぞれダシの素材によって、違いますよね。もう覚えて下さってるでしょうか。
・水で引き出すか・お湯で引き出すか?
・入れる量は?
・つけ込む時間は?

◎ 昆布・煮干し・椎茸は水から
◎ かつお節はお湯から

でしたね。

 たとえ失敗したとしてもトライ&エラーを続けて来れたのは、私が “食” を好きだから、飽きずにやってこれたんだとずっと思っていました。確かにそうかもしれないけど、それだけじゃなかったんです。昔からずっと受け継がれてきた、

どんなやり方をしても、“美味しくできる” というゴールがわかってるから

これは、人生においても同じ事が言えます。

失敗しても成功しても、結局は幸せに向かっているということ。


人は生まれてくる前から、愛情も幸せも標準装備です。喜怒哀楽を感じるのは、いろんな体験をするため。それも “幸せに向かっている” というゴールが誰にでも設定されているのだとしたら、本来は迷うことはないんですよね。

とは言っても、日常はいろんなことに迷い・傷つき・憂い・喜び・楽しみを見つけるわけですが、これも生きてるからこそ味わえることです。

 この食からの気づきは、毎日生きていく心の持ちようを伝えようとしてくれたんじゃないかって。その為に私は “食” が好きになって今までやってきたんじゃないかとさえ思えています。

一気に書いたので、上手く伝わっているかわかりませんが^^
今日はこれから、大阪でハピネスフォースメソッドです。行ってきます!

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
6月15日(木)・6月27日(火)・6月30日(金)

● 和の心・神話からのメッセージ 
6月17日(土)

● 和の心・神話からのメッセージ 淡路島・神社参拝編 
6月24日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
6月26日(金)

● 夜を愉しむweb中国茶会
6月27日(火)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
7月8日(土)

You may also like