【レポ】淡路島/観覧車の下でお逢いしましょう。

先日、淡路島でお会いしましょう。をしました。

神戸市内、淡路島内の方とお越し下さいました。

内容は詳しくお話しできないけど、今回お二人が話して下さった内容が
こないだの記事に繋がるものがあってびっくり。

自分の感覚を信じるために知っておくこと。

やっぱ出逢う前から繋がってるよね。すごいわ。

ずっと抱えてたトラウマがあるとおっしゃってました。
そろそろお別れする頃合いかどうか、ご本人と、ご本人の無意識にも確認しました。
結果はOKだったので、あるスキルを使って笑い転げるモノにチェンジしました。

同じような場面になっても、もうこれで大丈夫。
すっきりして帰られたようでよかったです。

その時に話してたことで、ちょっと思い出したことがあって。
最近、いろいろグラグラすることがあり、自分のためにも、改めて書き起こしておきます。
響く方もきっとおられるかと。

私が悪いから、って全部背負い込んじゃうことがある。
これ、周りを収めるのに必要なときもあるよね。
大人になるにつれ、身につけていったスキルだとも思う。
私もめっちゃ使いこなしてた。

小2の娘がたまにこれやるので、イラッとしたことがあったんだけど。
自分の中にもまだ残ってるよーってサインだったらしい。

誰も傷つけたくないし、根っこは愛情あってのことなんだろうというのもわかる。

でも、実は、誰も悪くないし良くもない。
さらに、良い悪いでジャッジしてしてるうちに本音が見えなくなる。
だから、自分の本音が見えなくなってだんだん不安になり、相手に確かめたくなる。

「これで合ってるのか?」って

ちがうの。確かめるのは、相手にではなくて自分。
自分に確かめる。

本当はどうしたかったの?
相手にどう言って欲しかったの?
本当はしたかったの?したくなかったの?

そこに良い悪いはないし、失敗も成功もない。
ただ、したいかしたくないか、だけだ。

自分の人生の主導権は自分が握る。
相手に決めてもらってどうすんだ。

相手の態度や言葉が先で、自分のことはおざなり。
本当にそれでいいの?

相手に決めてもらわなくても大丈夫。自分の中に答えは全部ある。
もっともっと自分を信じよう。


話は戻り、レポートでしたね。
今回もつい熱が入り話し込んでしまい、写真を撮り忘れました。
時間が足りずバタバタ帰っちゃったのもなんとも残念で。
子どもの迎えがあるので、こればっかりはどうしようもない。

で、考えた結果、次回から場所を変更します。

観覧車の下から、淡路島・洲本市内のカフェに場所を変えます。

理由は、行き帰りの時間が惜しい!から。
うちから1時間弱かかるんですね。往復だと2時間弱。
その分、近くまで来てもらってゆっくりたくさんお話し聴かせてもらった方が絶対に良い!

と思いました(・∀・)

そんなわけで、次回は11月21日(水)13時半~です。
島外からお越しの方は、洲本インターまで送迎しますのでご安心ください。

おそらくこれが今年最後となります。
日程の合う方はぜひこの機会に♡

淡路島でお逢いしましょう。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください