琴線に触れる、自分を知ること

5月からスタートしてる、ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース。

 

9講となる今日は、自分の中にあるしんどいこと、辛いことを変えるワーク。

いよいよ大詰めになってきました。

それぞれに抱えてらっしゃったモノをそろそろ変える頃合いだと臨みました。

あとはご本人の許可次第だなーと、思いました。

毎回いろんな気づきと共に今までも進んできたわけですが、

中でも特に、今日は新しい自分へと大きく変化の回になったのではないでしょうか。

そういった場面に立ち会うことができて、

琴線に触れるってこういうことなのか!!と改めて感動しました。

(“ことせん”かと思ってたら、“きんせん”だったw)

ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース

 

今まで気づいてなかった自分を知ったとき、私たちは自然と涙がでます。

悲しいのか、嬉しいのか、なんかよくわからない。いろんなものが入り交じった感情です。

 

親がよかれと教えたルール、それを遵守する子ども時代の自分、反発する兄弟。

どちらも大好きな親から愛されるため。

親から教わり守り続けてきたルールを手放すということは、

自分のルールが表舞台に立つことでもあります。

今まで頑張ってくれてありがとう。

でも、いなくなるわけじゃない。

新旧交代の瞬間です。涙が出て当然だよね。

 

今のコース、アシストに入ってくれてるえりちゃんの名言。

「このコース開催中に、どれだけ腹黒い自分を出せるかで修了の時の自分が変わる」

腹黒いっていうのは、今まで見たくなかった自分とか、あっち行っとけってないがしろにしてきた自分のことね。こんなこと思っちゃ言っちゃだめ。とかも含みます。

いろんな自分をさらけ出せた方が間違いなく変化は早い。

このコースだからこそ、見せられる自分。

一人だと不安だけど、私もいるし、みんないるから安心なんだよ。

 

そう。人は変わりたいと思いながらも、本心では変わることを恐れていることもある。

変わってしまったら、今まで頑張ってきた私はどうなるんだ?!

ムダなことしてたの?!

って、怒りだったり

これを糧に頑張ってきた私はこれから何を目指せばいいんだっ!

って、不安からの抵抗があったりする。

これは私のことでして、だいぶと抵抗したこともありましたよ。

だって、認めてもらうためにこの反発心を原動力にしてたのに!

 

でもさ、そのルールを守らなくなったからって、愛されないんじゃない。

もともと愛されてるから、ルールを守っても守らなくてもどっちでも選んでいいんだよ。

書くと当たり前なんだけど。

気づくのにだいぶと時間がかかった。

だから、同じようなことでつまづく人の気持がよくわかる。

やらなかったら良かった!なんていう経験はないんだよね。

 

ハピネスフォースメソッドは、子育てにも・仕事にも・人間関係にも対応できる優れモノ。

それはなんでか?

根本的な原理原則を学ぶから、何にでも応用できちゃう。

ダシも料理の根本的なところだし、やっぱ私は原理原則を突き詰めたいんだな。

ケーキ作りに例えるなら、スポンジにはこだわるけど、デコレーションにはあんまり興味がない。

どんなお料理になろうとも

どんなデコレーションになろうとも

土台(ダシ、スポンジ)が美味しいんだから大丈夫。

 

もうすでに私と出逢って下さってる方々は、

深いところを知ってみたくて、私と出逢って下さったはず。

これから出逢おうとして下さってる方々も含めてね。

 

で,改めて決意表明(・∀・)

うまくできなくても、

自分より上手い人がいても、

お金にならなくても、

周りからどん引きされても、

恥をかいても、

周りに迷惑をかけたとしても、

 

好きなこと、やりたいことをしていく。

それしかもう、やりたくない。

心と食を通して、自分を知ること。

自分を知るってこんなに面白くって、やっぱり私は人が好き。

だから、私を求めてくれてる人とは、必要なタイミングで出逢うはず。

 


このハピネスフォースメソッド・べーシックコースを体験できる

ハピネストーク会を今月オンラインで開催します。

10月28日(日)、10月31日(水)です。

ご予定合う方はぜひ体験してみて下さい。

別日でご希望される方は、第3希望まで記載の上、お気軽にお問い合わせ下さいね。

【ハピネストーク会】自分を知ってメンタルを整えたい方へ

 

ライン

お問い合わせは、こちら↓

contact01

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください