【対面レポ】“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

先日開催した、マンツーマンレッスンのレポートです。

対面でのレッスンで

魚のおろし方をマスターしたい。

旬の食材を活かしたい

料理の基本を知り、アレンジ上手になりたい

この三点をご希望されていました。

 

そこで、選んだメニューはこちら。

ライン

・魚のおろし方(煮魚、刺身)
・万能ダシ  (万能ダシ作り、アレンジ一品)
・白ダシ   (白ダシ作り、アレンジ一品)

ライン

メモしやすいようにゆったり話しつつ、なぜそうなるか?を説明していきます。

理論と体感を大切にする方でしたので、腑に落とせてこそ料理をする楽しさも湧いてきます。

時間、分量、は慣れるまでは必要かも知れませんが、身体で覚えると、あとは目分量でも美味しく作れます。

これはレポートと関係ないですが、毎日同じ味が出せないなんて落ち込む必要ないですよ。

毎日、同じメニューでも飽きないのは、味や香りが少しずつ違うから。

作り手の目分量がなせる技です。

体調や気分によって変わるからこそ、飽きずに毎日食べられるんですね。家庭料理の醍醐味です。

だからこそ、作り手の好きな料理を作ることが大切なの。家族にばっかり合わせなくて良いんだよ。

私が食べたい料理こそが、家族の必要としてるメニューだ。くらい言い切っても良いね(・∀・)


話は戻り、魚をさばくところ。

うろこを取り、ぜいごをとり、大名おろししてから、煮魚用と刺身用に切り分けていきます。

初めて鯵をさばいたそうですが、理論が頭に入っていたからか、とってもお上手でした。

回数を重ねると、さらに身体に落とし込めますね。

 

 

料理方法や理論を説明して、実際にお料理したのは3時間ほど・・・

鯵の煮魚、刺身、

万能ダシ(鯵の漬け、胡瓜のピリ辛、お吸い物)

白ダシ(茶碗蒸し、お吸い物)

ができました(・∀・)

たくさん作るので、ダシも、お料理も持ち帰っていただきます。

この日の夕食はこれで決まり(・∀・)♡

 


ご感想をいただきました。

 


 

そういえば、最初のアセスメントでは、ダンナさんのために、とおっしゃってましたが、

レッスンが進むに従い「私が料理を上手に作れるようになりたい。」とおっしゃってた凜とした表情がとても素敵でした。

 

まず、自分ありき。何をするにも、自分がどうしたいのか?が大切だと思います。

料理上手になった自分、だから喜ばれるのでなく、

 上手だろうがそうでなかろうが、いるだけで自分は喜ばれる。

 料理まで上手になったら、きっともっと喜ばれるし、自分も嬉しい。

ということですね。

 

どちらも似てるようでスタンスは全然違います。

自分の足で立ってるかどうか。

 

まずは自分のために。

料理が好きな自分を思い出そう。

 

ライン

【“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください