水出し茶の作り方

 さてさて、だんだん日中は暑いものの朝晩がまだ寒かったりして、体調管理が大変な6月中旬ですが、淡路島はまだ梅雨の気配は感じられません。 外に持って行くのにそろそろ冷たいお茶が欲しいですね。

我が家は、水出しのお茶を毎日作っています。お湯で湧かして冷ます時間と手間を省きたくて、茶葉をいれた水を一晩、冷蔵庫で冷やします。お茶のうま味がじんわりと出て、お茶の甘味がでます。紅茶・緑茶なども水出しにすると苦味が出ないんですよ。
 
 良かったら試してみてね。

 ===========
  ・水 :1リットル
  ・茶葉:大さじ1
 ===========

これを冷蔵庫で一晩冷やすだけです。お茶の苦味が嫌な人にはお勧めです。茶葉が多めに入ってしまっても苦味が出にくいので大丈夫です。いろいろ試してみて下さい。

お茶も、昆布や煮干しと同じく水かお湯で戻すという方法をとります。うま味が凝縮している乾物というところが同じ。面白くてワクワクします。それにプラスしてお茶の面白いところは、水出しでもお湯ででも美味しく飲めるところです。

 お茶は昔、薬だとも言われてました。それくらい貴重で滋養のあるものだと考えられていました。「一服しよう」なんてのもその語源だとも言われていますね。

お茶の種類にもよりますが、

◎ 苦味と香りを出したいときにはお湯
◎ まろやかさやお茶の甘味を出したいときには、水やぬるま湯

と、好みに合わせて作れるのも面白いですね。

 明日開催の、【和の心~神話からのメッセージ】で出す、お茶の用意をしています。ティーソーダを作りたくて、どうしようかなーと思ってたら、フッとお茶の神様が降臨してくれました。
甘い炭酸水に水出しします。今回はアップルとベリーのハーブティーにしてみました。

 レモンと鳴門オレンジの果汁と皮がたっぷり入ったケーキもご用意しています。鳴門オレンジは淡路島原産のオレンジです。レモンももちろん淡路島産^^

 

明日淡路島へ行ってみよう!

という方、ぜひご賞味下さいね^^

【和の心~神話からのメッセージ】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

You may also like