【米味噌2kg】レシピ&キット販売します。

【米味噌2kg/レシピ&キット】
生きた酵素がたっぷり!秋には手作り味噌が完成します。


米味噌2kg/レシピ&キット のセット販売をします。

ライン

生きた酵素の入ったお味噌には、こんな効果があります。
・ 腸内細菌を整え、疲労感を減らします。
・ たっぷりのうま味があり、ダシいらずのお味噌汁ができます。
・ 大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンを整え、美肌・美髪・女性らしさをさらにアップ。
・ 二日酔い・ダイエット効果も期待できます。
・ 冷え性、生理不順で悩む女性は、一杯の味噌汁から生活改善を。

手作りの味噌は、みんな違う味。
・ 半年かけて熟成させる間に、ご家族に合う美味しい味噌に変わっていきます。体調崩したとき、疲れたとき、自分で作ったお味噌が癒やしてくれます。

こういった方に、レシピ&キット販売は役立ちます。
・ お子さんが小さかったりで、なかなか外に外出できない方
・ 子どもさんと一緒に我が家の味噌を一緒に手作りしてみたい方
・ 素材を一から揃えるのを億劫に感じている方
・ 遊楽食房で使っている素材を試してみたい方

味噌で使う材料は、素材にこだわって選んでいます。
・ 大豆は、北海道産の大豆・とよまさり(無農薬大豆)を使用します。
・ 麹は、酵素たっぷりの生麹を。淡路島産のコシヒカリです。
・ 塩は、オーストラリアの海塩を二年天日干ししたサラサラのお塩を使用します。

お味噌を作ったことの無い方にも、レシピで分かりやすく説明しています。ぜひこの機会にお試しください。
このレシピさえあれば、この冬何度も、来年もずっと作ることができます。

ライン

◎ご注文いただきましたら、大豆・麹・塩が到着します。

大豆・塩切り麹(麹の活性化を抑えるため塩と合わせた状態)をお送りします。

ライン

◎前準備はたったひとつ!
12時間前に、大豆を水に浸けておくだけ。


水を吸った大豆は、2.5倍に膨らみます。ピチピチ水を吸っていく音に感動!驚きますよ。

ライン

◎鍋・ザル・ボウル・お玉をご用意ください。


手でつぶれるくらいまでゆでます。

ライン

◎つぶした大豆と塩切り麹を合わせ、付属のビニール袋に入れ、直射日光の当たらない場所で保管します。

ライン

ご注文いただき、お味噌完成までをダイジェストにまとめてみました。
どんなモノがどんな感じで到着するのかシュミレーションできます。60秒ほどです。

ぜひご参考に。(音声はありません)

ライン

 米味噌2kg/レシピ&キット 3,500円(送料別途/一律360円)

ライン

● ご質問等は、こちらから。
● ”ダシを極めるレシピ” サイトからご購入ください。

【米味噌2kg/レシピ&キット】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【永久保存版】海が好き?山が好き?

 久々の更新で、いきなりだけど、

 皆さんは、“海” と “山” どちらがお好きですか??

 これは教わった話なんですが、海と山どちらを選ぶかで
どんな自分を必要としているかを無意識に選んでいるんだそうです。

 “海” は、開放感。

 “山” は、自分との対話。

 海を眺めたくなるときは、何か窮屈さを感じて、海の広さをみてスカッとしたいとき。
マイナスイオン満載の木に囲まれ、自分の中に入って、空気の美味しさを味わいたくなる。

 この話を聞いたとき、私が淡路島を選んだ理由がわかりました。
海と山、どちらにもすぐに行ける場所が良い!って思ったからです。

 流れに乗るってこういうこと。

 自分の感覚を信じて、海の気分・山の気分、といったように、
自分の欲求を叶えてあげるって、自分を大切にすることでもあるんだよね。

ライン

 さて、この “海” と “山” のお話。
ダシの素材にも使えるんですよ。

 そんな簡単に、“海” や “山” に行けないよって言う方は
まず、食べ物から取り入れてみてはいかがでしょうか。

 海の幸・山の幸 ですね^^
 
  

海・・・昆布、鰹節、煮干し、あご、わかめ 

 山・・・椎茸、きのこ、大豆、玉ねぎ 
 

 自分が今、何を必要としてるか?
食べ物から感じてみるのもいいですね。

 ちゃんと答えは自分の中にあります。

 こちらの記事も、ぜひご参考に。
【永久保存版】シチュエーション別:ダシの使い方
 
ライン

 大阪で2月3日(土)節分に開催する
【心に響くダシのお話会 ~ライフスタイルに合わせたおダシをとろう~】では、皆さんの生活スタイルに合わせた
ダシの取り入れ方をお話しします。

 まだお席に空きがあるようです。大阪での開催はなかなかありません。

  ・美味しくダシを取りたい方
  ・ダシを生活に取り入れたい方
  ・上手にできなかった方
  ・初めての方

どうぞお越し下さい。
 

【心に響くダシのお話会 ~ライフスタイルに合わせたおダシをとろう~】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【お知らせ】新年からはじまるダシ生活・特集掲載されました。

 淡路島を中心とした毎月1回発行のフリーペーパー“dan(ダン)”さんより取材をうけました。

 “新年からはじめる・だし生活” 特集掲載していただきました。
 
【掲載内容】は
 ・ダシについて
  昆布・鰹節・椎茸・煮干しのダシ食材の紹介、ダシと味覚の五味との関係などをお話ししています。

 ・ダシを使ったレシピ
  昆布と煮干しを使った、煮物・味噌汁・いりこ酒のレシピを提供しています。

  割烹着で撮影スタート。

ライン

 今年スタートしたダシcafeから淡路島内でのご縁が広がり、今回の撮影となりました。

 一緒に取材を受けた、海産物問屋・出口商店さんとの出逢いもそうでした。

 撮影場所は、国登録有形文化財でもある春陽荘さん とっても素敵な場所です。日本文化を大切にする活動・体験プロジェクトも数多くされています。

 以前、こちらの家主さんもダシCafeにお越しいただいたことも。淡路島にもダシが広がる実感

ライン

 着付はずっとお逢いしてみたかった 喜MONO・フタツキさん

 アンティークの着物がとっても素敵!今年は戌年ということもあって、ワンちゃんの着物を用意してくださいました。
ヘアメイクのマリコさんと一緒に。

 淡路島全域・全紙の新聞に折込・一部店舗にて、51,000部発行されています。我が家にも若干あります。ご希望の方はお送りしますよ。
 
 webサイトではこちらから。淡路島を楽しむアレヤコレ。danweb

 今回の取材・撮影とに関わって下さった皆様、ありがとうございました。密かに憧れてた “着物でダシを引く” という夢が思いがけず叶いました。 

ライン

 最後にお知らせ。danさんにも掲載しているイベント情報です。

 この特集内容以上に濃い内容を、こちらのカフェさんでお話しします。実際に香りと味を楽しみたい方はぜひ、いらしてください。
 
 次回は1月29日(月)です。森のオトさんにて
【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】
 

 ライン

 【意外と簡単で美味しい】日本全国/地域に沿ったダシのお話しています。ご興味のある方はお問い合わせください。

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01
 

Continue Reading