いじめ、を通して経験したこと

facebookって、過去に投稿した記事が上がってくるんですね。
過去の今日にこんな書き込みしてたよ、ってね。

私たちはふだんあまり意識してないけど、考え方・捉え方・感情の感じ方にすらクセがある。
利き手と同じように。面白いよね。

さらに面白いのは、たった今、目の前にいる人・環境とかに合わせること無く
すっごい小さい頃に採用した、考え方・捉え方・感情の感じ方のまま生きている。

あのとき、こうしていれば良かった。
あのとき、このとき・・・

選択を悔やむこともある。

でも、それは、今の自分を創る為に必要なプロセスだったんだね。
って思えたら、今が苦しくても確実に一歩進んでいる。

 

 

私が、中学3年生になって経験した出来事を通して

やっぱり、私が頑張らないと。
やっぱり、私がガマンしないと。

って、今までの考え方や思い込み・捉えた方を強化していたらしい。
今の私に通じる根っこの部分。

同じ出来事でも、年数が経つと気づくところが変わってくる。
ちょこっと修正したけど、そのままシェアしてみます。


中学3年の4月から、新しい中学校へ転校した。
そこで、数ヶ月ほどいじめられてたことがあった。

引っ越しの理由は祖父の看病の都合。
どうしようもない理由。
祖父を看取りたいと言った父の意向に
母も従ったわけで誰も悪くない。
両親も大変だったはず。
私も今ならわかる気がする。

でも。
中学校2年生まで
バラ色の学生生活を送っていた
私からは青天の霹靂。

急に引っ越しすると言われ、仲良かった友達とも別れ、
転校先はわりと進学校で、勉強にもついていけず・・・。

今の私なら、
電車で通いたいって言えただろうけど
14歳の私には、そこまでの発想も、勇気もなかった。

転校先では、地毛が茶色だった私は、
なんか気に入らんと言う理由から
机に落書きされたり、無視されたりした。

机に書かれた言葉を消していくときの
恥ずかしさ、悔しさ、惨めさ、寂しさ。
誰もわかってくれる人がいない孤独感。

前の中学校に帰りたいとずっと思ってた。
休み時間・家に帰っても寂しかった。

あるとき、別のヤンキー女子たちに呼び出され、
男子並みのとっくみあいのケンカをした。
日々弟との実践交えたケンカが役に立った。

今から思うと、その時のこみ上げるパワーは、
ためていた怒りを爆発させたんだと。

怒りの奥には、落書きされた悔しさ、馴染めない空間、前の中学校への未練、
悔しさや悲しさが渦巻いてた。

無我夢中で戦ったあと、ヤンキー女子ボスに気に入られ、
そこから仲良しになって、もう誰からもいじめられなくなった。

ああやって気に入らんって言って来てくれて良かったし
机に落書きされたり、無視されるより全然マシだと思った。
どこが気に入らんの?って聞けるしね。

その日の夕方、先生から呼び出された母が迎えに来てくれた。
制服ビリビリ・泥んこになった私を見て、なんとも言えない表情の母。
困らせてる!ってザワザワした。

本当に言いたかったことを言えなかった。

「怖かった、不安だった。」
「学校を変わりたくなかった。ずっと友達といたかった。」

その時の寂しさ、悔しさ、言えなかった自分のことを、ずっと持ったまま大人になった。
心配させたくなかった。

でもほんとは、怖かったこと、寂しかったこと、不安だったこと
母にわかって欲しかった。

どうしたの?ってずっとそばにいて欲しかった。
伝えてないけど、わかって欲しかったんだ。

結局、その中学校には卒業まで馴染めなかった。
けど、最後まで通ったのは、学校に行きたくないと言う勇気も無く
褒めてもらえるかも知れない。という期待もあったと思う。

高校は経理職である父の勧めで商業高校へ。
もともと学校の勉強が好きでなかったので結果的には良かった。

合格発表を見に来てくれた父が
途中で転校させて申し訳なかった。
受かって嬉しくて泣いたなんていう後日談も聞く。

そんなに心配してくれてたんだって嬉しかった。
でも、父にも言えなかった本当の気持ち。
それがずっと残る。

おじいちゃんのことだし、
どうしようもない理由かもしれないけど
私は「学校を変わりたくなかった。ずっと友達といたかった。」

そして転校して怖かったこと、
寂しかったこと、不安だったこと。
心配かけたくなくて、怒られるかもって言えなかった私。

そのときの想いがずっとあった。

いじめられてたという事実よりも
思ってることを言えなかったことの方が
私にとっては辛かった。

相手の顔色を伺って、空気を勝手に読んで
自分で頑張り続けることを強化した。

思っていることを言わない方が、その時は正しいと選択したんだ。

誰も悲しくならないように。
困らないように。
心配させないように。

優しい良いやつだな、私。


自分のことが嫌いで、どう向き合って行くか悩んで学びだしたこのメソッド。
自分と向き合う中で、蓋をして隠してきた私の感情。
あふれだした想いのあとに、ようやく見つけてくれたねって笑ってる私がいた。

自分で自分の感情を認めていないから、しんどいし、辛い。

辛い、しんどい、悲しいと言う感情に支配されること無く
出来事は出来事だと捉えられるようになると、多角的に気づきを得られることができる。

いろんな角度から、その出来事が捉えられるようになると
一番の最善をそのときに尽くしてたんだと気づく。

そうなると、ますます
自分が愛おしくて大好きになる。

貴女も、脳の捉え方、感じ方のクセ、自分はどんなタイプなのか
本当はあのとき、どんなことを感じていたのか
知ってみたくないですか?

大阪で、対面のコースがスタートします。
今回は木曜コースと日曜コースを開講します。

・木曜コース 12月13日~(月2回)
・日曜コース 12月16日~(月1回)

どちらも2講目以降は来年です。日程は受講生さんと一緒に決めて行きます。
遡って、今年こそ自分と向き合うぞって決めた人もきっと要ると思う。
その答えがこのコースに、きっとある。まだ間に合います。

私もやっと、自分の進む方向が見えた。
心だけでなく、食だけでなく、私の伝えたいことは両方の中にある。
自分と向き合って導いたコースです。

今回より食の選び方、レシピ&キット、がセットになりました。
心から食からアプローチしていきます。
調味料の選び方もコース中にお伝えしていきます。
レイキも体験していただけます。

ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース

とにかく今、抱えてる問題からの答えが欲しい。と言う方にはカウンセリングがオススメです。

もっと自分を好きになれるカウンセリングセッション


日常のいろいろを綴ってます。このブログより更新頻度は高いかも。
よかったらフォローしてね。facebook ツシマミチコ

LINE@では、不定期ながら無料遠隔レイキヒーリングをお友達限定でお送りしています。
ツシマミチコLINE ID  @mek5273y で検索してね。

Continue Reading

ヘタレおかんの葛藤劇場

今日は、MRIを撮りに神戸のこども病院へ。
念のため、脳に何も影響がないかを調べるため。

先日からの続きです。
息子の目には何が見えている?

斜視のためメガネをかけることが
我が子が普通でない=健康でないことが
受け入れられずに戸惑ってた私のことを書きました。
もうね、自分のことしか考えてない私に気づいて苦笑いでした。

脳に何かある方が大変やん!
見えにくいより、命に関わる方が優先!!
メガネへの抵抗が一気に減る。

振り切ったら、私の中で何かが変わった。
何が一番大切なのか、が明確になった。
見えやすいならメガネをかけたらいいだけ。ようやく落とし込めた。

そこにジャッジは必要ないw

で、今日のMRI。まだ小さいうちは怖がって暴れたら撮れないので睡眠導入剤を飲んでから挑むという。
それだけでザワッとするのに、同意書にサインしたりとか、いろんな副作用の可能性とか聞き、ビビる。ビビる。

でも、あとで後悔したくないからできることは今やっとこう!と夫婦で決めたから、私も気合いを入れる。
私にも息子にもレイキを入れまくった。

睡眠導入剤は甘苦いシロップになってて、嫌がる子も多いらしい。
息子はサクッと飲み干し、そろそろ寝るだろうって
トランプしたりゴロゴロしてたんだけど・・・

寝ない!

後の予約が詰まってるから、時間枠の中で寝ないなら今日は延期だとか、なにこのプレッシャー(・∀・) 早く寝ろよのエネルギーが伝わると、それでもう寝ない。赤ちゃんの頃もそうだった。
導入剤も追加し、ようやく寝入ったのは枠のギリ五分前だった。

なかなか寝ないから抱っこしてたらようやく寝た。
赤ちゃんの時以来、立って抱っこしながら寝かせるのって。

20キロを20分抱っこするのはさすがに腰が砕けそうやった。大きくなったなぁ。

でもって、お母さんは外へ。って言われてまたざわざわ。
心配…(*´Д`*)

もう覚悟決めてまかさんかい!
検査受けるって決めたんやろ!と奮い立たせ外で待つこと30分。

完全に熟睡した息子が連れられてきた。
そのあとすぐに目が覚めるもののフラフラ。でも歩いたり、パン食べたり普通に過ごそうとする。

よく頑張った!
帰ってきて異様なテンションだったけど、
車中爆睡でよく寝たからか、11時くらいまで起きてた様子。
明日は遠足なのに大丈夫かしらw

結果はまた来月。
なんか落ち着かないけど、きっと何もないはず。
私の子どもたちは何があっても大丈夫。信じる。

 


明石海峡大橋を渡り淡路島が見えたら、
「おかえり」って言われてる感じがして涙が出てきた。
夫や娘はもちろん、海や大地も待ってくれてる感じ。

淡路島へ帰ってくるといろんなつかえがとれる。胸がすっと空く。
淡路島の良さを感じるために、島外へ出てるのかとさえ思うw

 淡路島の良さを再確認できるから、島外に出るのは好きだという前提があって

以前は
来て欲しいけど、来るわけない。だから私が出てく

って思ってたのね。すねモードやなw

でも今は
来て欲しいから、来てくれる。だから私が出てってもみんなが来てくれてもどっちでも良い

に変わってる自分に気づいたの。

そうなってくると、淡路島でカウンセリング受けたいって人が増えてきた。
マンツーマンのレッスンを受けたいって人も。
ひさしぶりに中国茶会もやるしね。
蕎麦打ちもやるしね。
そのうちレイキの伝授も淡路島でできそう。

自分の思い込みってすごいよな。

きっと、淡路島に行ってみたいと思って来れる人は
淡路島と波長が合ってるんだろうね。呼ばれてるんだよ、きっと。
あ、もちろん私とも(・∀・)


それにしても。子どものことになるとヘタレ感満載。
本当にそれって大丈夫なんですかっ!とか難癖つけちゃうのは怖いからだよ。
信頼してないわけじゃない。ただただ怖いだけ。

怖がってることにフタをして、
メガネかけなくても大きくなったら自然に治るはずだって思い込もうとしてた私。

見えやすいんならメガネかけたらえーやん。
可愛い我が子には変わりない。

怖さと向き合えたから、もう大丈夫。
私の子どもたちは何があっても大丈夫。

一緒に考えて悩んで最善の方法を選んで行こう(・∀・)

今日はもうほんと、ふつーの日記でした。
最後まで読んでくれてありがとう。

※明石海峡大橋のお写真お借りしました。夢海游 淡路島さん

Continue Reading

【パートナーシップ】自分の心は自分でしか満たせない

最近カウンセリングやコースでよく出る、パートナーシップについて書いてみます。

これから書く内容が、あてはまらない方は
家族や恋人とか、大切な人 に当てはめて読んでもらうと良いかもです。

生涯ずっと一緒にいたくて結婚したはずなのに、数年も経つと子どもが生まれたり、仕事が忙しかったり、環境が変化してくる。

一緒に住んでるのに、どんどんすれ違って、近くにいればいるほど、お互いのことが見えにくくなる。

でもまぁ、冷静に考えてみると
結婚当初のように、お互いが同じような気持ちや熱量で居続けるって、なかなか難しいんだけどね。

 

相手のちょっとした言動から

ん?? (・∀・)何いまの?
私のこと大切に思ってなくね?
今の言い方ってどうなん?

ムカっときて言い返しても、その奥の本当に伝えたいことは残念ながら伝わってない。
本当に伝えたいのはそうじゃないでししょう。

パートナーからも、オレだってしんどいねん!でなく、

大切に思っている
いつも頑張ってくれてありがとう
かけがえのない存在
愛している
大好き

って言ってもらいたいよね。

なのに大人な私たちは、思ってることと反対の行動を取る。
子どものように素直に伝えれば良いのに曲げて伝える。

態度で示したり
(ツンツンした態度や、こんなに頑張ってますよアピールや、無視したり)
強い口調で、早口で、まくしたててみたり
(家事をもっと手伝って。共働きだから分担でしょ!とか)

ちなみにうちは、そこまで大変なら料理しなくていいよ。って言ってくれたこともあった。
今から思うと、それは夫の優しさだったのに、そうじゃなーい!!って、思いっきりはねのけてたな(遠い目w

そんな殺伐とした中で、作る料理は果たして美味しいのだろうか。と今は思うし、
しんどく感じたらあっさり料理もサボる。そこはだいぶ軽くなった。
毎日作るものだから、無理せず続けるのがいい。


大切に思っている
いつも頑張ってくれてありがとう
かけがえのない存在
愛している
大好き

仮に言ってくれても、自分が許可してなかったら、そうだと思ってなかったら入らない。はじき返しちゃう。そんなことない。もっと足りてない、って、受け取り拒否してる。
欲しいけど拒否してる。だから何度も確かめたくなる。

だから、自分が自分に言う。
一人でいるときにつぶやいてみて。
一番ダメ出ししてるのは他でもない自分だから。


実は私も過去、夫とケンカして離婚寸前まで発展したことがある。

売り言葉に買い言葉で引くに引けなくなり、別居する家への引越日を決めたところで、ようやく本当の気持を伝え合って元サヤに収まった。(そのあと新居は解約したけど保証金は返金されずw)

相当な時間とお金とエネルギーを使って元の生活に戻ったあと、なんと妊娠した。
娘もタイミングをきっと狙ってたんだろう。

もし最初から、相手がどういう態度だろうと向き合うべきは、それに反応する自分なのだと思えてたら?
ここまでのエネルギーを割くことも無かったかもしれないな。とは思う。

 

私たちは、自分の捉え方、考え方のクセで選択し、今の自分を構成している。

いち早く自分の気持ちに気づき、変えたいものは感謝と共にさよならして、大事にしたいものはさらに熟成させるというように、考え方・捉え方の断捨離ができると、毎日がとっても楽しくなります。

それは間違いない。
じゃどうやったらいいんだ?ってことで

その方法をハピネストーク会でお話しします。

【自分のメンタルを整えよう】
①11月22日(木)10:30~12:00
②11月23日(金・祝)10:30~12:00

【ハピネストーク会】自分を知ってメンタルを整えたい方へ

 

とにかく、今の辛さ、大変さを一緒に解決してー!って方は
カウンセリングセッションがオススメです。

もっと自分を好きになれるカウンセリングセッション

 

私は自分が愛おしい。大切な人を想うくらいに自分を大切にする。
どんな自分も大好き。嫌われたらどうしようって不安な自分も、嫌われないようにグッとガマンする自分も、認めて欲しくて頑張る自分も、またやってしまったと責める自分も。

って、コミットメントできたら、相手の言動に過剰反応する必要も無く、何度も確かめたりせず、自分の土台がどしっとできる。答えは全部自分の中にある。

 

最後に・・・自分で自分に言ってあげてね。

大切に思っている
いつも頑張ってくれてありがとう
かけがえのない存在
愛している
大好き

ほぼ毎日、私は自分に言ってる。何とも言えない安定感・幸せ感がある。
自分を大切にするって、器を自分で満たすことから始まるから。

 

 

Continue Reading
1 2 3 45