(長文)昆布からのメッセージ

 ここのところめまぐるしくいろいろあって、何から書いたら良いかと悩むうち
だんだん日にちが経っているという、面白いスパイラルに入っております。

 超絶に書きたい!!と思うものからいきます。

 先日、アニマルコミュニケーターのライラさんのセッションを受けました。
ペットちゃんを始め、生きとし生けるもの全ての想いを、ライラさんが通訳してくれます。

▶ライラさんのブログ
ライラ コミュニケーションズ  自然に還ろう 人と人、人と動物の架け橋に〜ライラ〜

忘れないうちに残しておきたい!!

 誰の声が聴きたかったのかというと。。。
ずばり、昆布(・∀・)

またかいw

 先日、不思議な体験をしましてね。
大阪のダシ素材&調味料買い出しツアー の際、昆布が昆布屋さんに「見守ってくれてありがとう」って声が聞こえたの。

 そんなんあるわけないと思いながらも、どうしても気になって、誰かに確認したくなって
ライラさんにおそるおそる聞いてみました。(まだ自分を疑ってるw

 ライラさん「そりゃあるやろ(・∀・)、ふだんから話してるはずだよ」即答w
安心♡ すぐセッションお願いしました。

 セッションで確認したかったことは4つ。

① ほんとにお礼を言ってる?

昆布が海の中で気持ちよく漂いながら、
昆布屋さんにも、私にも「ありがとう」って言ってる。

三人くらいの昆布ちゃんがお話してくれてる。

② どんどん減ってる昆布。今後も減っていくの?理由は?

私たち(昆布)にはわからないけど、昆布自体を減らすつもりはない。
息がしにくい。海が汚い。プランクトンが少ない。

子孫を絶やさないように一生懸命生きてる様子が伝わってきたそう。

昆布には状況がわかってないみたいで、海の土台を創る大地にも聴いてもらうことに。

(むちゃぶりもええとこw 応えてくれてありがとう。ライラさん)

人がいろいろいじってしまった。
でもそれだけじゃなく地球全体も常に動いている。どんどん変化していってる。
太陽の日差しも変わってきてるから海水の温度も変わる。
減ってはいるけど、無くなってしまうことはない。
変化していくものだから心配することはない。

(大地は)ずっとここで見守っている。

③ 昆布を広める活動、今後も続けていっても良い?

昆布自身、ダシになっていくのが使命のように感じている。
人の役に立つために生まれてきてる。

自分たちの命を、地球の恵みを、人間に差し出す様子が伝わってきたそう。

④ 私がどうしても伝えたかったこと。

素材の味を活かし、全体を底上げする。
かといって前面に主張しない。
昆布はなくてはならない存在なのだとわかる人にはわかる。

そんなあなた達(昆布)の在り方に共鳴してしています。
今世の私の在り方とも繋がっているのだと思います。

出逢わせてくれてありがとう。これからも見守ってて下さい。

ありがとう。

ぜひ、この活動は続けて。
私たち(昆布)の声を聴いてくれる人なんて今までいなかった。
そんな風に言ってくれて嬉しい。
貴女もなくてはならない存在で、もうすでに必要とされているよ。

私たちも応援してる。

みっちゃん(私)が昆布を慈しみながら手に取ってるその瞬間、私たちと繋がってるよ。


 思い出すだけで泣けてきた・・・(・∀・)

 ライラさんは、ペットちゃんの声を聴くセッションをされています。
ペットが亡くなった方へも声を届けることができるそうですよ。

▶ライラさんのブログ
ライラ コミュニケーションズ  自然に還ろう 人と人、人と動物の架け橋に〜ライラ〜

 いやー、ほんとすごい体験させていただきました。

 生きてるものにはすべて意思があると言いますが、ほんとそうだね。

 昆布からも、周りの人からも応援されているのもわかったし。
私もますます、昆布やダシの普及活動に力が入ります。

 で、そうなってくると
私の想いも当然、変わってくるわけでして、内容を少し変えてみました。

    • ダシを取る消費者が減ってきた。
    • 海が汚れて昆布や鰹節など素材がだんだん採れなくなってきた。
    • 重労働なこともあり、後継者も減ってきた。

 やめた方がいいのかな?と思ったこともあったし
誰からも見向きもされなくなるんじゃないの?とも、考えた。

 でも、どうしても伝えたい。
ダシが美味しいこと。料理の土台であること。
私たち日本人の土台を創っていること。

 それだけちゃうやろって言う人もいるだろう。
ダシなんかとらなくたって生きていけるって人もいるだろう。
いたっていいんだけど、私とは世界が違うだけ。

 昆布に、ダシに、可能性と魅力を感じる人とだけ繋がっていけたらそれでいい。

ダシが食の土台だと気づける人は、食を大切にしている人。
土台を大切にしている人は、自分を大切にできる人。

私はそう信じている。

 かなり長いですがw 読んでみて下さい。

ツシマミチコの想い

Continue Reading

【レポ】親子クッキング♡

 親子クッキング、やりたいなーって密かに思ってました。
やっぱ、食と心を整える場だと思うのですよ、家庭って。
食は身体にも心にも繋がってるし、気の持ちようって言うくらい心の安定は大切。
どちらも、家庭でこそ培っていくものです。

 特にお母さんのメンタルってすごく大切。身をもって体感してます。
今まで子育て中のお母さんと話す中で、良く聞いてたのがこちら。

ごはん作るのめんどくさい

仕事帰ってきて料理するのやだ

子どもには将来、料理のできる人になって欲しい。

料理苦手なのは母としていかがなものか(料理ができないのはダメだと思ってる)

 でも、やらなきゃなー・・・ってズーンと重くなってるのです。
んじゃー、一緒に作ったらいいやん(・∀・) って思ってたの。

 レッスンでは、お子さんがメインとなって料理します。
サブでママにもお料理していただきます。

 素材についての知識やアレンジは、ママさんにしっかり理解していただきます。
役割分担することで、家に帰ってすぐ復習できますよ。


 今回は、リクエストいただいて開催しました。
ダシを使った秋メニューをとのことで、こちらを一緒に作ることに。
夏休みの課題なんだそうです。ええ小学校じゃないかー(・∀・)

 

 

 

 まずは味噌汁から。
いりこと昆布の水だし からの味噌汁です。
いりこの生臭みが苦手とのことでしたが、こちらは気にならなかったそう。

 

 だし巻き卵は、お母さんにも手伝ってもらって一緒に卵を割ります。
卵ってさ、殻の入りにくい割り方があるんですよ。

ダシは、白ダシ です^^

 

 

 

 お母さんもだし巻き卵に挑戦!

 

 

 さて、ラストは肉じゃが。
人参のイチョウ切りに挑戦(・∀・)

 

 あくが取りやすいように、肉と糸こんにゃくを綺麗に分けて入れてくれました。

 

 完成♡

 ご感想とアンケートもいただきました。私もとっても楽しい時間でした!元気もらえたーー(・∀・)

 

 


 子どもさんや、ママさんにだってそれぞれ個性があります。そりゃそうだよね。

 その人にとって、
伝わりやすい・腑に落とせやすい伝え方というのもあります。

 大勢だと、一方通行のレッスンになりますが
少人数だと、その方に合った伝え方ができます。

 そこのところ、見極めてお伝えしています。
これめっちゃ得意分野です(^O^)♪

 

 お母さんが料理が好きじゃなくても、苦手でも、それは全然問題じゃないです。
今のご時世、買っても良いし、食べに行っても良いし。
なんとでもなる。

 とは言え、何かしら台所にたちますよね。
その時にどれだけ、家族に・子どもに愛情を乗せられるか、だけだと思う。

 たくさんのレシピを持つ必要は無いです。

お米洗ってごはんを炊く。
たまに味噌汁作ってみる。

 その時にどれだけ、あなたたちのことを大切に思ってるよと伝えられるか。
言葉だけじゃなく、料理に愛情をプラスするんです。

 食べた人の美味しい!って笑顔があると、作った人にとって最高のプレゼントだよね。
作って良かったなーって嬉しくなる瞬間です。疲れも吹っ飛びます。

 子どもにもこの感動を教えてあげることは、これからの人生においても大切な食育だと思います。

 ときには上手に作れないときだってある。
それも家庭料理だからこその醍醐味。毎日同じ味だと飽きますから。

 でも、どうせ作るなら、美味しいって言ってもらうほうが良い。
百発百中、みんなが美味しいって喜ぶ。苦手な人はほぼいない。
そして、簡単にできる料理ってなんだ?

ということになると。

 それが、ダシを使ったお料理なわけです(・∀・)

ええ感じにまとめたw

 市販のダシパックやめんつゆも便利だけど、おうちでダシをとってみようよ。
何が入ってるか素材もわかるし、材料費だってそんなにかかりません。

 これからあったかいものが美味しくなる季節。
ダシの本領がますます発揮されます♡


ダシを使った親子クッキング

  • 二組までの少人数制
  • 所要時間3時間:2~3品(リクエスト応じます)
  • 参加費:ランチ付 15,000円/1組につき
  • 日程 :第三希望までお知らせ下さい。日程調整します
    (土日祝も可能になりました♡)

 我が家のキッチンでやりたいと言う方もいるよね。
交通費は別途かかりますが、出張も可能ですよ。

お気軽にお問い合わせ下さいね。

また時間見つけて専用ページつくりますねー!

ライン

ご予約・お問い合わせは、こちら↓

contact01

Continue Reading

インスタントでもてなすなんて、ひどい!?

懐かしい写真がでてきた。
生後半年くらいの娘をおんぶして、子連れレッスンやってたな。
そんな娘も、今はもう7歳になる。

離乳食のことも、子どものとの接し方も初めてだらけで手探りだった。
だからこそ、食の土台ってなんだ?って模索した結果、ダシにたどり着けたのもあった。


賛否両論あるだろうけど、
(先に言って、予防線を張る自分に笑える。)

私、カップラーメン好きです。
毎日はいらんけど、無性に食べたくなることがある。

とは言え、自分の子どもには食べさせたくないとも思っている。
身体に良くないと知っているから。できるだけ遅くしたい。

でも、これしか食べるものがない、遊びに行ったら出てきた、ということなら
喜んでいただきなさいって言うだろうな。

だって、やみつきになるって知ってるから。

脂肪・砂糖・塩のトリオは、脳が忘れられない味とインプットするらしい。
スナック菓子、ジャンクフードなど、このトリオの割合を変えてるだけ。
プラス、化学的ながらもグルタミン酸ナトリウムという、うま味がプラスされる。。

やめられない、止まらない♪ だよね。
まさしく、禁断の味にようこそ。って感じ(・∀・)

 


 

中でも、どん兵衛が好きなのです。
今って、関東・関西・北海道って種類があるからワクワクしてくる♪
友人が大学の卒論でどん兵衛の関西/関東の味の違いをテーマにしてて、いろいろ教わりましたw
東京の友達に送ってもらったこともあったな。

その昔、父方の実家に家族で行ったときのこと。
昼ごはんの時間になるとよく出てきたのが、このどん兵衛でした。

孫が来てるのになんでインスタントなんだ(゜Д゜)!
ちゃんとつくらんかーい!

って、母は出てくるたびに怒ってた。

母の中では、孫が来たら手料理でもてなすものだろう。
という、マイルールがある。

だから
インスタントで簡単に済ますなんて、大事にされていない証拠よ!!

とまで言い切っていた。

いや、逆かもしれない。

もともと大事にされていないと思っているから
インスタントを出すなんて、やっぱり大切にされてないのね!

って、怒りのもっと深いところでは寂しく感じてたのかもしれない。

もしかしたら、面と向かって
「インスタントを私の子どもに食べさせないで」と言えない、
自分への腹立たしさもあったのかもしれない。

まぁ。真意のほどは母に聞いてみなくちゃわからんのだけど、
何にせよ、どん兵衛が出てくることが気に入らない母だったのは覚えている。

そんな母の葛藤もつゆしらず、、、
当の私達兄弟はというと、、、大喜び(・∀・)♡

家ではめったに食べられないどん兵衛が、おばあちゃんのところに行けばある。
無かった日はなんか寂しかったもんね。

日頃アカンと言われるものをこの日だけはOK・・・というドキドキ感もあったかもしれないな。
やめとけと言われるとますます食べたくなるし、親への反抗心もあっただろう、きっと。
たまのことだから、まぁいいか。というのもあっただろう。

母には、料理を作っておもてなしをするのは、自然の流れだったかもしれない。
料理も上手だったし、きっと嫌いではなかったと思う。

おばあちゃんが、同じように料理が好きだったのかどうかはわからない。
さらに、得意だろうがなんだろうが、料理を作っておもてなしというのがルールとしてあったのかもわからない。

どん兵衛を出したからって、孫を大切にしていないわけじゃないと思うんだ。
実際に私達は嬉しかったから。

それに記憶にないだけで、違うものを用意してくれてたこともきっとあったと思う。


メンタルのことを学びだしてから、この一連のことを良く思い出すの。

誰にもマイルールは絶対必要で、それが無いと生きていけないんだけど
自分と他人は同じルールを持っているかはわからないし、違ってても強要はできない。

どん兵衛を出すことと、おばあちゃんが孫を大切に思ってないってことは、イコールじゃない。

ふだん禁止されてるからこその、私達兄弟の開放感。

母が本当に伝えたかったことは何なのか。

自分で持ってる思い込みって、ほんと気づかないんだよね。
私の中にもまだまだいっぱいある。こういう思い込み。

私と貴女とは違う。
夫婦でも、兄弟でも、親子でさえも、みんな違う。

自分にとっては当たり前だけど、他人にはそのルールは通用しない。
さらに、大切な人や近くにいる人にほど、そうしたくなる。

これを当然でしょ!ってなるとトラブルが発生するんだよね。
強引にねじ伏せても、きっと上手くいかない。

そうしたくなる自分、本当にわかってもらいたかったことは何だろう。


カウンセリングでは、このような思い込みにもズバッと切り込みますよ。
9月20日(木)大阪で対面のカウンセリングが可能になりました♡

もっと自分を好きになれるカウンセリングセッション

自分でもこの思い込みに気づけるようになりたい♡ 方は、一緒にトレーニングしていきましょう。
修了された皆さんのご感想です↓

お客様の声【ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース】

どちらが良いですか?ってよく質問されるんだけど、どっちも良いよ(・∀・)
自分のことって、自分ではスライドしちゃって見えにくくなるもの。

私もある程度、自分でやってそれでもスライドするときは、セッション受けてます。
何もなくても自分メンテナンスで受けています。お守りみたいなものですね。

こういう仕事は自分が商品だから、なるべくニュートラルに近づけておきたいし。
まず違和感はほっとかない。

これも紹介しちゃう。食に携わるお仕事をされる方、すでにしている方に。
食のスキルとメンタルとを同時に学び、ご自分の好きを知りグングン広げるコース。

心と食の土台を創るグランディングコース

皆さんもイライラしたりざわざわするときは、気づきのチャンスだからねー!


◎ご案内中のコースはこちら

■第4回 9月3日(月)寺子屋カフェ

普段話せないことをノージャッジで語れる場です。

■ツシマミチコと行くダシ素材&調味料同行ツアー

我が家で使う昆布・かつお節・いりこ・どんな調味料を選べば良い?

  • 大 阪:昆布、カツオ節 9月13日(木)開催!残1人様
  • 淡路島:いりこ、海産物

どちらもカウンセリング・ランチ付です。

もっと自分を好きになるカウンセリングセッション

何をやっても八方ふさがりな時、過去の自分と対話するチャンス。カウンセリングでズバッと本質に切り込みます。

■心と食の土台を創るグランディングコース

食に携わる仕事とされている方へ向けたご自身のメンタルと食のスキルが身につくコース。

ご自分の好きを仕事にし、お客様にも喜んでいただきたいと思う方へ。

料理教室講師育成コースです。

■脳の使い方:ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース

潜在意識の使い方、活かし方をトレーニングしていきます。気づけば変化しているご自分に出逢えます。

■line@では、遠隔レイキヒーリングを行っています。
無料相談も始めました。ぜひご登録下さい。

ID → https://line.me/R/ti/p/%40mek5273y

Continue Reading