ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ③醤油

 比較的安価で、美味しいと思うもの、かつ、使われてる素材がシンプルなものを選んでいます。今回エントリーしている調味料は、今の私にとっての正解です。皆さんの日々の調味料選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

さて、ダシ料理研究家が選ぶ調味料 塩・砂糖と続き、今回は醤油です。

▶ ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ①塩
▶ ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ②砂糖

 そもそも、醤油ってどんな材料で、どのように作られているかご存じでしょうか。
小麦・大豆・塩・水を混ぜ合わせ、熟成させます。

 味噌を作った事のある方は、重しをしたときに出てくる水分があるのをご存じでしょうか? あれが醤(ひしお)と言って、醤油の原型なんだそうです。だから捨てずに使ってね。

 2年ほど前ですが、醤油を作ったことがあります。最初の1ヶ月は1週間に一度かき混ぜ、3ヶ月後には1週間に一度かき混ぜます。

 簡易的に、大豆こうじと小麦こうじを合わせています。それでも食べられるようになるまで1年!(゜Д゜)
どうしても味噌と比較してしまうんだけど、味噌は作ったら基本ほったらかし。それでも、味噌の半年も長いなーと思うのに、醤油の1年は長い・・・。それだけ手をかけて作られてるんですよね。ありがたや。

 そんな経験を経て、あまりの大変さに市販されている醤油をありがたく使わせていただくことにしました。そこで醤油の種類を改めて勉強し出すわけです。

皆さんも、醤油っていろいろあってどれを選んでいいか迷いませんか? JAS規格で決められてるだけでも6種もあるんですよ。

・濃口醤油
・薄口醤油
・再仕込み醤油
・生醤油
・白醤油
・その他の醤油(ポン酢)(万能ダシなど)
ここの6種の違いは、気が向いたら別の記事で紹介しますね。

良くご質問をいただくことをまとめてみました。

 ◎ 醤油の効果は?
“消臭効果”、”加熱効果”、”静菌効果”、”対比効果”、”抑制効果”、”相乗効果”など、数多くの効用があります。

 ◎ 保管方法は? 
特に夏場は開封したら、冷蔵庫で保管します。

 ◎ もし賞味期限が切れてしまったら? 
加熱して使えます。風味は減るかもしれませんが、醤油はもともと保存食ですから使えますよ。もちろん使う前にご自身で確認してみて下さいね。

 こちらは、醤油の熟成でクラシックを聴かせておられる、竹岡醤油さんでの醤油絞り体験のときのこと。娘、がんばって醤油を入れています。

 こちらの醤油は生醤油です。火入れをしていないので、醤油の香りや味がとてもまろやか。お刺身にぴったりです。

ライン
 
 さて、いよいよ本題です。今、私の使っている醤油は冒頭の写真にあるこちらの濃口醤油です。フンドーキン丸大豆生醤油です。

 小豆島で醤油桶まで手作りされているヤマロク醤油さんの醤油をオススメしたいところですが、、お財布の寂しい時、万能ダシやポン酢など加工する場合は、こちらのフンドーキン丸大豆生醤油とで使い分けています。(あ、お財布が寂しいってバラしてしまったw)

 このヤマロク醤油さんの木桶職人復活プロジェクトはぜひ読んでもらいたいです。日本の食についての伝統文化・常在菌と桶とがとっても関係しています。きっと応援したくなるはずです。自分に余裕があるときに買って応援していきましょう!!

 どの醤油を使うにしても、チェックするポイントは、醤油の素材そのものので構成されている醤油かどうか。その目線でなら、他のメーカーさんの醤油も使います。キッコーマンの丸大豆醤油だとわりと手に入りやすいかも。

 醤油はどんな素材で作られているか? もう覚えましたね。 小麦・大豆・塩ですよ。これ以外の記載があるものは何か添加している可能性があります。

 あとチェックしているのは、醤油の製法の違いです。私は、本醸造 と記載のあるものを選んでいます。

 何がどう違うのか?
アミノ酸が添加されているかどうかです。 本来の濃口醤油は、1年かけて熟成されていくうちに徐々にアミノ酸(うま味成分)が作られていきます。人工的にアミノ酸を添加する理由としては、おそらく早く商品化したいんだろうな。本醸造と記載の無い醤油は人工的なアミノ酸を添加している醤油となります。価格も驚くほど安いです。

 ややこしくなりましたが、流通している醤油の約80%がこの本醸造の醤油なので、手に入りやすいと思います。

 本醸造でも、使っている大豆の違いによっても変わります。脱脂加工大豆か、丸大豆かですね。違いは、絞りかすの大豆か、丸のままの大豆かの違いです。脱脂加工大豆の方が価格は安いと思います。お財布と味覚と相談して、いろいろ試してみて下さいね。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月23日(日)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

●  夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● 和の心・神話からのメッセージ 
8月19日(土)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
8月26日(土)

● 講師・セラピストさん限定:貴女だからできる事を知ろう
9月開講予定

Continue Reading

ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ②砂糖

 比較的安価で、美味しいと思うもの、かつ、使われてる素材がシンプルなものを選んでいます。今回エントリーしている調味料は、今の私にとっての正解です。皆さんの日々の調味料選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

 さて、ダシ料理研究家が選ぶ調味料 お塩の次は、砂糖です。
 
ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ①塩

 砂糖は、食品の中で麻薬的な存在だとか、依存率が高いだとか、そんな話もあります。確かに、やけ食いしたいものにはたいてい甘いものが多かったりします。やめられない・とまらない~♪ そんな歌がありましたね。

 砂糖断ちして、体内から砂糖を抜くのに2週間かかるなんていう話もあります。また、砂糖を消費するのに体内のビタミンB1を使って消化します。だから甘いものを食べすぎると身体が疲れやすくなるのはその為なんですね。

 ちなみに、塩には1日8gという摂取目標値があります。(疾病など無い方の場合)
砂糖には今までありませんでした。過去にもそういった動きはあったものの、だいぶ業界の反発があったようです。しかし、虫歯や肥満が増えたり、時代が健康志向の流れになっていったこともあって1日の糖類は小さじ6杯分まで WHOが新指針 2015/3/5付を定めました。

もう2年ほど前になります。日本経済新聞の記載がありましたので、リンクしておきます。
1日の糖類は小さじ6杯分まで WHOが新指針 2015/3/5付

 しかし、この数値で生活するなら、缶ジュース一本で小さじ6杯クリアしちゃうんですよね・・・笑

 数値はご参考までに載せただけなのです。私は砂糖がすべて悪いものだとは思っていません。お菓子にはたいてい砂糖が入っていて、楽しい思い出や嬉しかった出来事には、お菓子がともにあったことを覚えているからです。例えば誕生日にはケーキでお祝いをする。夏の暑い日にアイスクリームを食べる。怒られたりしてもおやつだよって言われて急にテンション高くなったりとかね。

 何を選ぶか、だと思っています。さて本題です。
 
 日々の生活で使う砂糖については、なるだけ精製度の低いものを選ぶのが良いです。砂糖にもカルシウムなどのミネラルが含まれています。ちなみに精製度の低い砂糖は、黒砂糖です。あとは砂糖大根から作られるてんさい糖や、きび砂糖もあります。わりと茶色っぽいのが特徴です。
・リンク:てんさい糖とは?

 我が家ではトップの写真にあるように、花見糖を使っています。きび砂糖の仲間ですが、色がわりと白く溶けやすく使いやすい。値段もきび砂糖よりリーズナブルなんですよ。
・リンク:花見糖とは?
きび砂糖と花見糖との違いも詳しく解説されています。

 ちなみに、三温糖は上白糖とグラニュー糖に色をつけただけです。茶色くなると健康によさそうな気がしますよね。上白糖やグラニュー糖は精製されまくっています。甘いだけです。

 でも、真っ白な生クリームが欲しい時もあるし、粉砂糖が振りかけられてるケーキは美味しそうに思えるので、やっぱり何事もバランスなんですよね。

 先日、息子の誕生日に娘と一緒に作ったケーキです。ニンニンジャーをケーキにのせたいなんて言うもんでエライことになりました。生クリームだらけw

 ケーキにはイチゴが定番だけど、今の季節はさくらんぼが美味しいです。山形のさくらんぼを使いました。種がある!って怒ってたけど美味しかったな。ケーキと生クリームも花見糖を使いましたが、ええ感じでしたよ。

 いつも、ケーキのスポンジはシフォンケーキにしています。ベーキングパウダー入れずに卵をたっぷり使って焼きます。この日は上手に膨らんでくれて美味しく焼けて嬉しかったなぁ。家族みんな喜んでくれて私も幸せもらいました。頑張った甲斐があったなー。

 よかったら花見糖、試してみてね。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月23日(日)

● 講師・セラピストさん限定:貴女だからできる事を知ろう
7月11日(火)

● 和の心・神話からのメッセージ 
7月15日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

● 夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
9月2日(土)

Continue Reading

ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ①塩

 比較的安価で、美味しいと思うもの、かつ、使われてる素材がシンプルなものを選んでいます。今回エントリーしている調味料は、今の私にとっての正解です。皆さんの日々の調味料選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

 さて、ダシ料理研究家が選ぶ調味料 まずは、生きて行くのに欠かせないお塩です。

 水と塩があれば、1週間は生き延びることができると言われてるくらい、生きとし生けるものには絶対必要です。それなのに、嫌煙ならぬ、嫌塩 と言えるくらい、塩を遠ざけていた時代があったと記憶しています。高齢者の方は、未だに塩は減らした方が良いと思われている方も多いです。

 熱中症が増えているのは、塩が足りないからじゃないか、とも、腎臓疾患などで減塩をされている方でも、選ぶ塩にさえ気をつければ少量の塩で満足する、とも言われています。

 昨今の減塩ブームに疑問を感じている方もだんだんと増えてきたように感じています。減塩味噌・減塩醤油だといろいろ売られてますが、塩飴・塩キャラメル・塩レモンなどといった、塩スイーツも売られてますよね。スーパーで見るたび、どっちやねんってツッコミ入れてます。ぜんざいにも塩をひとつまみ入れたり、スイカやトマトにも塩をかけると、甘さが引き立つなんてのは昔の智恵として今でも受け継がれています。

 塩にまつわることわざもたくさんあります。それだけ人にとって馴染み深く必要なものだと昔の人は知っていたのではないでしょうか。

 ・敵に塩を送る
 ・手塩にかける
 ・塩を踏む
 ・味噌に入れた塩は他所へは行かぬ(他人に尽くすことは、一見無駄のように見えても、結局は自分のためになるということ。味噌に入れた塩は、混じって見えなくなるが、味噌の味を調えるために役に立っているという意から。)←これ面白い!知らなかったです^^
  
 「塩」を含む故事・ことわざより引用

ライン

 そして、やっと本題です。私の愛用しているお塩は、こちらの天日海塩です。
お塩ちゃん

 非加熱処理で2年間天日干しをしています。日本のお塩は、海水を加熱して煮詰めるものが多いのですが、このお塩ちゃんは加熱をしていません。サラサラで水にも溶けやすく使い勝手もよいです。塩おむすびにしたらとっても美味しいんですよ。おむすび作り の際にも、このお塩ちゃん大人気でした。我が家では、料理にはもちろん、塩うがいにも活躍しています。

 成分うんぬんも大切なんですが、海水中のミネラルが多く残っているからといって美味しいとは限らないのですね。実際、岩塩は味噌作りには向かなかったりします。塩をなめてみると、甘くて美味しいんですよ。だから使ってます。これが一番の理由です。

 実は、このお塩は、結構愛用されている方も多いです。特約店の募集もされていますよ。

 こちらのサイトでは、お塩のこともたくさん勉強できます。オススメです。お塩ちゃん

 ダシに美味しいと感じるお塩、水に溶かして美味しいと感じるお塩、おむすびに美味しいと感じるお塩・・・実はそれぞれ料理によって、美味しいと思う塩って違ってくるんです。だから料理人さんは、料理ごとに変えてるんですね。

 最近は少量でもお塩がいろいろ売られていますし、いろいろ試してみても面白いですよ。調味料を変えることは料理にスパイスを加えるようなものです。毎日の食事作りが楽しくなりますよ。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月23日(日)

● 講師・セラピストさん限定:貴女だからできる事を知ろう
7月11日(火)

● 和の心・神話からのメッセージ 
7月15日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

● 夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
9月2日(土)

Continue Reading