淡路島/海の見える観覧車の下でお逢いしましょう。

 淡路島へ移住してからの1年ちょっと。私のしたかったことは、ひたすら自分と対話して、いろんな気づきを得ることでした。淡路島の海・山・風・自然に触れ、自然そのものである子どもとの時間も増やし、徹底的に引きこもってました。どんな自分が出てくるか時に怖かったりもするけど、気づいてなかった自分を知ることはやっぱり楽しく、ワクワクします。

 前回の記事、とても反響がありました。自分を大切にしたいって思ってる方が多いことが嬉しかったです。
 ▶リンク 自分を大切にするってどういうこと?

 いろんな方と出逢って、お話を聞きたくなったのでこういうの考えてみました!

 淡路島・観覧車の下でお逢いしましょう。
 ~空、山、海を見ながら、私とお話ししませんか? 

 カウンセリングというと、構えてしまったり、話しにくいイメージがあるかもしれません。もっと気軽に感じてることや想いを口に出せる場所が必要です。だったら私がそういう機会をつくろうと思いました。

 淡路島の海と風を感じ、五感を解放していろんなお話し聞かせて下さい。素直な自分がいることに気づくと思います。

 自分で言うのも何ですが、私、聞き上手だと思います。以前から、人見知りなはずなのに、私の前なら気づくと話してたって言う人結構多かったんです。

 母親の話をずっと聞くだけで、何も解決できないことに歯がゆさと残念な気持ちを感じていた子ども時代。カウンセリングからわかったことは、私が解決するんでなく、その人の中から答えを見つけるサポートをするだけで良かったんだということ。聞くだけしかできなかった嫌いな部分が、実は私の強みだったことに気づきました。

 自分が何をしたいのか?子育てのこと、親子関係のこと、夫婦関係のこと、仕事と家庭の両立、人間関係など、なんでもお話ししましょう。

 本土から、重たい自分・やるせない自分をひきずってきて下さい。きっと軽い心で帰れるはずです。

 こういう機会は、今後もうないと思います。今の私は、たくさんの方にお会いして、いろんなお話を聞きたいというワクワクの想いに沿っています。いつまでやるかわかりません♡ 気になる方はこの機会をぜひご活用下さい^^

 国生みの地・淡路島から、新しい自分をスタートしましょう。

ライン

 淡路島・観覧車の下でお逢いしましょう。
 ~空、山、海を見ながら、私とお話ししませんか? 

[内容]

 内容はなんでもOKです。こういったことでモヤモヤしたりすることありませんか?

 ・子どものこと怒ってばっかり
 ・子どもに邪魔されている気がしてモヤモヤする
 ・好きなこと優先するのは母親失格?
 ・親が嫌いだと思うのは親不孝?
 ・ダンナの稼いでくれた生活が居心地悪い
 ・仕事してない自分は役に立ててない
 ・お金が無くて不安
 ・反対されるのが怖くて思ったことが言えない
 ・嫌われるのが怖い
 ・子育てに自信が無くて、あれこれ言われて悩む
 ・自分だけガマンしてる気がしてイライラする
 
 実はこれ、全部過去の私ですw なにかきっとヒントになると思います。

 私ツシマミチコからのちょっとしたプレゼントもあります。当日のお楽しみ!
 
 

[時間]

 11月 8日(水)
 11月 9日(木)
 ご予約済

 11月16日(木)
 11月21日(火)
 11月30日(木)

 いずれも、14:00~16:00頃
ご希望の日時をお知らせ下さい。ご予約制・先着順です。もし重なった場合はグループとなります。

[場所]

淡路SA下り・大観覧車の下 淡路SA大観覧車(淡路SA下り)

◎車でお越しの方
 無料駐車場があります。

◎ 電車・バスでお越しの方
 ■ 舞子・三ノ宮乗車 → 淡路IC下車 → 徒歩600m・約8分で到着します。
 ■ 高速バスの詳細はこちら。
 高速バス/くにうみライナー
 (舞子発着・往復740円)(三ノ宮発着・往復1,210円)(大阪発着・往復2,250円)
 ■ 淡路ICから淡路SAまでの地図はこちら。
http://www.awajioasis.com/access_map/index.html

[参加費]

 無料
 ※私のドリンク代のみご負担ください。(ご安心下さい。そんな高いものは注文いたしませんw)

[定員]

 各3名(先着順)

[お問い合せ]

 淡路島にお住まいの方も、また淡路島へ遊びにいらした方も、どうぞお気軽にお越し下さい。お会いできますこと楽しみにしております。

 ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

ライン

お申し込みはコチラ

Continue Reading

自分を大切にするってどういうこと?

 今日は大阪でハピネスフォースメソッド・ベーシックコースでした。4月からスタートし、11講目に突入。次回11月13日がラストとなります。他、webオンラインでも開講中です。

 今日の内容は中でも特に好きで、幸せホルモンでまくりの講なんですよね。

自分を大切にするとは、やりたいことをする、楽しいことをする。それが天命に繋がっていきます。
このメソッドの真髄といっても過言では無いと私は思ってる。

 現実に引き寄せるためのスキルとともにお伝えします。私も実際にこのスキル使いまくって淡路島へ移住したからね。間違いない。

 自分にとっての楽しいと思うこと。って誰にも必ずあると思うんです。でもなぜか足踏みしてしまうことありませんか?

こんなこと考えるなんておこがましい、私なんかには無理。
自分にはできるわけがない。

って、思ってしまいがちです。私もそうだったし、今でもそうやってビビることもある。

 でもね。必ずできるようになってる。
なぜなら、人はやりたいことしかイメージできないようになっているから。

 魔法の質問。
もし、時間もお金も自由自在に使えるなら、どんな自分になりたい?

 皆さんのキラキラした目が印象的だったなぁーーー(^O^) もーたまらん!自分の本質に戻っていく瞬間に立ち会えたことがとても嬉しいです。何しててもいいんだよなー。ワクワクを追求することが、自分を大切にすることで有り、自分の天命を全うすることにも繋がります。

 とは言っても、やっぱり怖いって思うし、不安だったりもします。これは人間の本能的でもあり、自分を守るための防御システム。だから、やったことないことに不安をもつのは当然です。こうやって揺れ動いて生きていくのだろうなと思うのです。

 でもね、やってみたい!が勝るなら、このメソッドのすごいところは、スキルでさくっと変えちゃえること。それこそ何年も悩んでたことがあっという間に解決します。変わるって決めてたら本当に早い。これも間違いない。

 今日の講座の中で、「クララ(講座中の私の名前です)の天命は見つかったの?」と質問され、「女性の食と心をサポートすることだ」とさらっと答えてる私がいました。これこそ、ワクワクを追求した結果です。

 女性の食と心をサポートする私だとしたら。

・どんなことがしたいだろう?
・何を大切にしたいだろう?
・何ができるだろう?

って、質問してきました。

 ツールは、”ダシ料理” と ”ハピネス&カウンセリング”です。世界平和にまで繋がるんじゃ無いかと信じています。これはほんとに。

ライン

 コースが終わった後、出版社の方とお会いしました。

「ダシ料理×カウンセリングって他には無いね」って言っていただき、
「そやろ( ^∀^)」とほくそ笑む自分。きっと私だからできることだと思ってる。

2時間ぶっ通しで自分の想いを話しまくり、企画が通るかどうかなんてどうでも良いくらいの充実感でした。何より想いを話せたことが嬉しかった。

「ダシ料理の良いところって何?」と質問され

・美味しい
・日本人なら、きっとみんな好き
・意外と簡単

もうだれがなんと言おうとこれは絶対そうで、どんどん伝えていかなくちゃ!って改めて思ったの。

 三ノ宮からバスで帰宅の際、私の頭の中はインタビューと今日のスキルとが混ざり合って、アイディアがたくさん出てきて頭の中がにぎやか。頭からアイディアがこぼれ落ちそうでした。

 今日この2つが重なったのも必然だったんだろうな。担当の方が淡路島に思い入れのある方だとわかり、嬉しかったなー。

 でもって、次回の最終講の内容は、今日の私のように、頭がお祭り騒ぎになってる状態をきちんと交通整理できるスキルを学びます。

 大阪受講生の皆さま、お楽しみに♡

 ハピネスフォースメソッド・ベーシックコースは、11月から新たに開講する予定ですが今のところ申し込みがありません。しれっと日程を変えようかと思っております(・∀・) もし、本気で自分を変えたい!と受講を検討されているなら、日程相談に応じますよ。対面・webオンラインどちらもお気軽にご相談下さいませ。

ライン

【ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

 
 

Continue Reading

ダシにこだわる理由

 私がダシにこだわっている理由は、美味しいから・子どもに喜ばれる・日本人だから・・・と、いろいろあります。日本人にはDNAにダシのうま味は刷り込まれているはずですし、嫌いな人はいないと思います。

 鰹節の香りに惹かれ
 昆布の安定感に助けられ
 椎茸でちょっとしたスパイスを
 煮干しで日常を補う

(なんか恋愛みたいだなw)

そんなわけで、ダシ料理を日々提案しているわけですが、実は、これらの理由って後付けでした。

ずばり。

本当は、料理が苦手だから( ;∀;)

 私ね、24歳で栄養士の学校に行くまで本当に料理ができませんでした。なんせ初挑戦したカルボナーラがまずすぎて、無理やり食べさせられた弟は今でも苦手だろうと思うんです。(初めて食べるものがまずいと、その後ずっと嫌いになる可能性は高い( *´艸`) ごめん)

 今ではマシになりましたが、バイトでキャベツの千切りをすれば、「お好み焼きでも作るんか?」と笑われるし( ;∀;)

 いまだに、盛り付けとか彩りとかテーブルコーディネートとかあまり得意ではありません。だから、インスタグラムで綺麗な料理をアップしている人を見たりするとモヤっとするし、お弁当がめちゃ綺麗だったりすると、もう嫉妬の嵐w

 あえて言い訳をすれば、今までは、目に見えるところの部分よりも、根っこの部分。つまり、どんな素材でできてるのか?とか、味がおいしいのか?とか、そもそもの土台のところが気になっていたんです。

 それで、なんでダシなのか?ということなんですが、こりゃもう、ずばり。

ダシの料理って、時短料理の頂点

だと思うからです。

 “料理が苦手” の部分をもっと細かく見ていくと、いつでもどこでもじゃないんですよね。ある精神的状態のときに、「キーーー!!料理なんて嫌い!!苦手!!(# ゚Д゚)」 となっていることに気づきました。

 皆さんもこんな経験ありませんか?
 
 ・お腹すいたって騒がれる。
 ・自分も座ってゆっくりしたいのに、食事を作らなきゃいけないとき。
 ・何も下準備ができていないとき。
 ・冷蔵庫に何もないとき。
 ・メニューが決まらないとき。

それは、いわゆる 

自分が疲れているとき・時間に追われているとき

 なのでした。

 ってことはですよ、これはあくまで可能性の話ですが、その逆をしてみたらいい。
お腹のすいていないとき、疲れていないとき、時間もゆっくりしているとき、食材も豊富にあって、何を作るか決めているとき。このときにも、やっぱり “料理が苦手” だと思えば、きっと本当に苦手なんでしょう。無理に作ることは無いと思います。お惣菜買ってきたり、出前とったり、外食したりして、料理に使ってた時間を、自分のために使えばいい。

 反対に、“あれ?料理って面白いやん。なんて楽しいの!!喜んでもらえてめっちゃ嬉しい!” と思う方は、きっと忙しかったり疲れたりしすぎてて、料理の順位が低すぎただけなんですよね。
 
 私も、じっくり料理に向き合うのがとても好きなんです。時間に追われて作るのが嫌いなだけで、だから苦手だと思っていただけでした。

 だから、安心してください。母親なのに、料理がちゃんとできないなんて責める必要なんてありませんよ。むしろ、時短料理を駆使してまで、料理を作ってるわけですから。ほめてあげてください。すっごく頑張ってるんですよ。

 よく趣味で料理してくれるパパさんなんてめっちゃ時間かけて休みの日に作るじゃないですか。あんなイメージです。毎日そんな感じで余裕もって料理したいけど、そういうわけにもいかないから、そこでおススメしたいのがダシ料理なのです。

 彩りも気にせず、味だけで勝負できる。間違いなくみんな好き。そして美味しい。これ以上ないくらいの的中率です。これ好きかな?なんて迷う必要がない。しかもそれが三分でできてしまう。ダシって時短料理の頂点なんです!!

 こちらもご参考に。人気記事です。
家庭でプロの味!5分でできる蕎麦ダシ

働くママさんへ。一汁一菜から始めよう

 そして、私は、彩りやコーディネートやお弁当上手の方を見習って(ぱくって)少しずつ上手くなっていきますね。モヤっとしたり嫉妬したりってのは、自分にもできるよっていうサインなんだよね。今になって向き合えるようになってきました。ご期待あれ♡

 忙しく時間に追われて料理をする。そんな毎日がちょっとしんどいなーと感じる方へ。一度、料理に・自分に向き合ってみませんか? 先日の記事に書いたレッスン。 時短料理で料理が嫌いになりそうな方へ 11月28日(火)に開催します。

 やっつけ仕事で料理してた方にはぜひ一度、料理と自分に向き合ってもらいたい。きっといろんな発見ありますよ。

 また詳細は後日お知らせしますね。
 

Continue Reading