【ご感想】自分を知り・安心感が欲しい人へ

 4月より、大阪で開講していたハピネスフォースメソッド・ベーシックコース が、11月13日で修了しました。
 
 ・自分のことがわからない。
 ・自分に自信が無い。
 ・周りの目を気にする自分。

を変えたい!と、3名の方が受講されました。

 心のことを食に例えて話す私のコースは、食に興味のある方にはとてもわかりやすく伝わるようです。この3名の皆さんも、食に精通される方でしたので、腑に落とされるのが早かったですね。

 全12講あるうち、ほとんどが体感ワークです。どこまで自分と向き合えるかによって、より奥深いところに入っていけます。その方の無意識がGOサインを出していたら、”今はまだちょっと見るのが怖い” とご本人が避けているところでもグイグイいきます。感情をどんどん出していくのが大切なんです。

 感情をさらけ出すなんて、子どもだ。大人げ無いなんて言う人もいます。私も以前はそう思っていました。その感情に振り回されてたまらんと辟易していた時期もありました。でも、感情をどんどん出すことと、周りの人間が振り回されることは必ずしもイコールじゃないはずです。私の場合は、親が感情的になるのが怖かったのと嫌われるんじゃないかということ恐れていたんですね。

 今の私なら、一人で感情解放しますけどね。あ、いや。うそです。子どもと同じようにワーワー言ってます(・∀・)
“感情的になるのはダメなこと” と押さえ込んでると、ヒステリックになったり感情を感じなくなってしまうんですよ。その方が怖いよ。

 私達が日々過ごす中で、トラウマのように感じていること、思い出すたびにムカッとくること、何かを言われてイラッとすること、いろいろありますが、これらは全てと言って良いほどに過去の体験から感じていることです。目の前の出来事、人というのはダミーです。なので自分を知るために、過去をどんどん掘り下げていくワークもあります。

 “過去の自分と向き合う” ということは、過去の自分を受け入れることであり、過去の自分なりにベストを尽くして精一杯やってきたんだね。頑張ったね と、敬意を示すことでもあります。

 過去の自分をどこまで認められるかによって、向き合い方も変わってきます。

 未来を楽しむワークもあります。どんな夢を持っているか、それを実現させるために必要は何か?ってどんどん出していくのが、もう何とも快感なんです。
 
ライン

 ここで、皆さんのアンケートを許可を得て記載します。

◎ 叶昌代さん 半年間、お店を会場として提供して下さいました。美容室プリマヴェーラさん 

あ、そうそう。11月20日はプリマヴェーラさんで、白味噌作ります。→ 麹たっぷり、白味噌をつくろう 残4名さま

ライン

◎ Y.Mさん

ライン

◎ M.Nさん

ライン

  毎回、涙あり・笑いありの12回でした。
自分のことがわからない、自分に自信が無い、周りを気にしていた。と、学びだした3名の皆さんです。

・わからない は、わかりたい。
・自信が無い は、自信のある自分を知っている。
・周りを気にする は、周りを尊重できる能力がある。ということでもあります。

 自分を知ることで安心感を得られたのがとても伝わります。半年前とは格段に違うように思います。自分発見の場に立ち会えたこと、本当に嬉しいです。きっとご本人よりも周りの方が変化に気づいてられることでしょう。

 修了して寂しい気持ちもありますが、それぞれの今後の皆さんのご活動応援しています!!

ライン

 今回よりベーシックコースに、カウンセリングも含めました。カウンセリングで自分の中にググッと入り、コースでは自分・相手・出来事と全体性を学びます。
 
 ◎カウンセリングでは、自分の奥深い内面を。
 ◎コースでは、対人関係や、様々な出来事を自己完結できるスキルや視点を伝えています。
 
 この一連を、食に例えて伝えるのが私のコース。食べることが好きな人、料理が好きな人、食に興味のある人にはとてもわかりやすいようです。

 対人関係を改善させたい、病院・給食施設で働く栄養士さん・調理師さん、料理教室の先生にもぜひ受けてもらいたいな。きっと自信を持って生徒さんや関係者ともお話しできるようになるはずです。

 来年1月より、新たにベーシックコースを開講します。対面の日程はまた改めてお知らせしますね。Web開催は、比較的日程が合わせやすいのでお気軽にご相談下さい。

ライン

【ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

心と食に興味のある方、私と繋がってみてください。

 淡路島/海の見える観覧車の下でお逢いしましょう。 
 
 観覧車の下ではまだお逢いしてません笑 2回目まで終わったので、ちょっとまとめてみようと思います。
 
ライン

 ■ 1回目は伊弉諾神宮へ。
 ハピネスフォースメソッドの講師仲間のライラさんです。ふだんは、zoomでフォローアップやなんかでよくお会いするんだけど、やはり実際に会えると温かい方だなって再認識しました。心のことを共に学び伝える仲間だからこその悩み、葛藤、などをじっくりゆっくりお話できました。心強いなー。
 
 レポートも書いて下さっています。この明石海峡大橋の写真をどうやって撮ったのかがとても気になります笑
国生みの地 淡路にて 思い立ったら吉日よ!

ライン

 ■ 2回目はご自宅へ。
 子どもさんとの時間の兼ね合いの中、調整してくださって嬉しかったです。同じく淡路島へ移住された方ということで盛り上がりました!!それにしても淡路島に来てからと言うもの、お家におじゃましてお茶飲みながらゆっくり話すなんて
、もしかして今回で3度目くらいかも。友達欲しい(・∀・)w

 今回のおみやげ。
淡路島玉ねぎを飴色に炒めてから、チーズクッキーに練り込みました。思ってたより縮んじゃったけど、味は濃厚です。

ライン

 実は、私、かなり引きこもってましてね。移住してからと言うもの、自分との対話ばっかりやってたんですよね。子どもがいたり家事もするし、仕事もあるので、四六時中というわけではないけど、時間が空いたらずっとそんなことしてました。
 
 ・何が好き?何が嫌?
 ・ザワザワすること、イライラすること、不安に思うこと。 今、どうしたい?
などなど、徹底的に向き合ってました。

 発見できると楽しいんです。さらに私は、自分にカウンセリングできるし、スキルで解決もできるので楽しい。同じようなことを悩む方にもしかしたら役立つかもしれないし、少しずつシェアしていきますね。きっと自分を掘り下げることってみんな好きだと思う。

 で、今月になって、そろそろ動き出したくなったんですよね。満たされた・・と身体からみなぎってきました。そうなってくると、とたんに人と会いたくなってきたんですね。しかし、淡路島にはまだそんなに親しい人がいないという事実・・・(T-T) かといって、誰でもいいってわけでもなく、私の好きな人と繋がりたいわけです。

 そこでまずは、私に興味を持ってくれてる人と繋がってみたくなりました。いろんなお話を聴かせて頂きたくなって今回の企画というわけです。

 ですので、いつまでやるかわかりません。満たされたなと思ったらもうしないので、もし、気になって見て下さってる方がいたら、お早めに^^

 3回目は11月16日(木)です。今度こそ、淡路SAの観覧車でお待ちしています。
11月・海の見える観覧車の下でお話ししましょう。

 お一人ご予約いただいております。私、ツシマミチコとマンツーマンでいきなり会うのはちょっと・・・という恥ずかしがり屋さんは、今回がオススメかもしれません(・∀・)

ライン

◎ 車だけでなく、電車・バスを使って淡路SAへ行くこともできます。

 ■ 舞子・三ノ宮乗車 → 淡路IC下車 → 徒歩600m・約8分で到着します。
 
 ■ 高速バスの詳細はこちら。
高速バス/くにうみライナー
(舞子発着・往復740円)(三ノ宮発着・往復1,210円)(大阪発着・往復2,250円)

 ■ 淡路ICから淡路SAまでの地図はこちら。
http://www.awajioasis.com/access_map/index.html

ライン

■ 11月・海の見える観覧車の下でお話ししましょう。
次回は11月16日(木)です。淡路SAの観覧車でお待ちしています。

■ 夜を愉しむ・大人のweb中国茶会
11月17日(金)は中国紅茶を愉しみます。

■ 新月・茶言葉グループワーク
次回は、11月18日(土)です。

■ ダシ素材&調味料買い出しツアー
淡路島の海産物・煮干し・調味料をカスタマイズできます。帰ってすぐ使いこなせるカウンセリングつき!11月24日(金)

■ マンツーマンレッスン 
11月28日(火)は揚げ物、和え物、ごはんの炊き方、味噌汁と料理の基礎を学べます。

Continue Reading

【レポ】ダシ素材&調味料買い出しツアー/淡路島編

 昨日は、初のツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー【淡路島編】でした。

 合わせて、万能ダシ レッスンもセットという盛りだくさんな1日でした。

 今回ご参加下さったのは、淡路島の魅力に惹かれ大阪から5年前に移住された方です。

 私の中にある仮説。移住を考えている方は、食を大切にしたいと思う方が多い というもの。今のところだいたいあたってる。

 こちらの方も、ビンゴ! 淡路島の食の豊富さや・美味しさ・素材の良さもわかってらっしゃる素敵な方です。

 まずは、煮干し・海産物の老舗である出口商店 さんへ。

 煮干しダシの取り方をはじめ、ちりめんじゃこはカタクチイワシの稚児だとか、九州と四国のカタクチイワシでは表情が違うとか、海藻の中でも一番美味しく保存されている灰干しわかめのお話や、沼島のひじきのこと、などを教えて下さいました。仕入れることができるようになったストーリーなんてのも聞くと、商品に愛着がわきますね。

 お店の方も、興味を持って聞くとやっぱり嬉しいものだと思います。皆さんもそうじゃないですか?自分の大切にしてるもののこと、聞かれたら嬉しいよね。店主さんも大幅に時間オーバーして熱くお話しくださいました。

 なので、こんなこと聞いたらダメかな?とか、今さら聞けないな。とか思わずにガンガン質問することをオススメします。“聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥” なんて言いますよね。それができるのも老舗だからこそです。豊富な知識を共有したいはずなんです。

 「それがなかなかできにくいのよ、シャイなの私。」という方は、私・ツシマミチコが一緒に同行しますw

(本日の戦利品)
 

 おかずいりこは育ち盛りのお子さんのおやつにするそうです。うちの子どもも大好きです^^

ライン

 続きまして、スーパーへ。何が必要か?どんな使い方をしたいか?を元に選んでいきます。種類がたくさんで迷ったり、同じものが手に入らなくても、表示の見方や選び方がわかれば、欲しい品質のものには巡り会えるはずです。

 ポイントは、自分に合ってるかどうか? 高い・安いだけで選ばない、ということですね。

ガガッと写真を並べます。

(醤油)

(昆布)

(かつお節)あごの削り節が!テンションあがるわーw

(みそ)

 このツアーの目的は、自分に合ったダシの素材・調味料をまず揃える・選ぶ力をつけるというもの。今まで高いと思っていた調味料やダシの素材とも向き合うことがあるかと思います。そこで、ザワっと来る方もおられるんですね。

 どんなところにザワっとするか、というと。たとえば、

・そんなに料理しないのに必要?
・こんな高級なもの使っていいの?
・良いもの買っても、うまく使いこなせないんじゃないの?

 まだ出てきそうだけど、こんなところでしょうか。

 誰への許可やねん(・∀・) って話なんですよ。これが欲しいと思ったら買えば良い。高いって言っても5000円もしないですもん。100円高いくらいでしょう、きっと。

 そして、この100円すら払えないときもある。そういうときには、最低限選んでおきたいラインを知っておけば心強いですよね。

 携帯電話の10,000円は払えても、調味料やダシの素材の1,000円に悩む。それが私達です。自分の身体と心を創るために必要な食。それだけの対価を払う価値があるとわかれば喜んで払うはずなんですよね。

 そこでカウンセリングでお話を伺っていきます。

 すでに私と出逢っている、もしくは、このブログを読んで下さってる皆さんの中には “料理が好きな自分” が間違いなく存在しています。だってそうでしょう? 料理に興味の無い方には、ただ文章が長いだけのうんちくブログだと思うんです。

“料理が好きな私” なら、

・大切な人へ料理を作るのに、あと何が必要だと思いますか? 時間? スキル? 環境?
・どんなダシの素材と、調味料を選びますか?

 ここを、カウンセリングで答えを導けるようサポートしていきます♡ 

 万能ダシのレポはまた別の記事で^^

ライン

 調味料の選び方はこちらにも載せています。よかったらご参考に。(あ!みりんとかまだアップしてなかった(゜Д゜))

▶ ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ①塩
▶ ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ②砂糖
▶ ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ③醤油

ライン

 今回、初めて淡路島で買い出しツアーだったけど、やっぱり淡路島のダシ素材や調味料ってちょっと違うの。素材重視の地域だからこそ、素材を活かせる調味料が多い気がする。大阪・神戸や他の地域からでも、煮干しや海藻・調味料を買いに来る価値あり!!ですよ。

 次回は11月10日(金)です。木曜以外の平日なら(出口商店さんの店休日のため)他の曜日でも開催できますので、またお気軽にご相談下さい。

ライン

【ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー【淡路島編】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading