公園で遊びたい子ども VS 夕食の準備が気になる母

 ちょっと(時としてかなり)憂鬱なことのひとつに、お迎えに行った後の ”公園につれてけコール” があります。
「いいよー」と快諾できる日と、「えっ(゜Д゜)・・・やだな」と迷う日とあります。この違いって何だろう?と、気になりました。
 
 私自身のテンションにもよりますし、特に夕食と重なる時間帯でもあります。一緒に楽しく公園で遊べるには、私の場合は、”安心” が大切だったりします。今回は、夕食の必須アイテム・大人気レッスン万能ダシのお知らせと、なぜ日によって心の持ちようがこんなに違うのかをまとめてみることにしました。

 仕事が終わりお迎えに行くと、ほぼ毎日「公園行きたい!」とせがまれます。その瞬間、私の中の二人がせめぎ合いを始めます。
 
□ 公園にちょっとくらいつれてったれよ と(マインドA)が囁いてきます。

  • いつまでも子どもと一緒に公園で遊ぶこともないだろう
  • 可愛い我が子とのふれあいの時間じゃないか
  • 仕事で昼間バラバラなんだから夕方のちょっとの時間付き合ってもいいやんか

□ 早く家に帰ってやらなきゃいけないことやっちゃいなよ、と、もう一人の(マインドB)が、大丈夫か?と囁きます。

     

  • 夕食の用意がまだできてない
  • 買い物にすら行けてない
  • 部屋の中がぐちゃぐちゃ

ということで、憂鬱になる理由は、
目の前で公園に連れて行け!と叫ぶ子ども達を目の前にして、(A)と(B)の自分が、私の中で葛藤しているからなんです。

 きっとうちだけじゃなくて、まだ小さいお子さんのいるご家庭ではよくある話ではないでしょうか。「毎日お疲れ様です。よく頑張ってるよね」と、ここでお互い慰め合っておきましょうね。

 さて、どうするか。どっちに判断を下すか、非常に悩むところです。

(A)の言うとおりにすると
夕食の用意が遅くなる。かといって、買うことも外食も選択できるけどなるべくなら手作りが良い。迎えに行くまでにできてなかった自分を責めてしまう。

(B)の言うとおりにすると
きっと泣くだろうな。機嫌悪いだろうな。一緒に遊びたかったのに、子どもを遊ばせてあげられなかったことで、自分を責めてしまう。

 結局、私はどうしたいのか?がまたここでもポイントになるわけで、一番しんどいのは、

どっちを選んでも、自分を責めてしまうことなんですよね。

後ろ髪引かれながら、時間を気にしながら、早く帰ろうと思いながら子どもと遊ぶのって辛いです。つい怒っちゃうんですよね。すぐ帰るって言ったやんか!って。それでまた自分を責めるw もう負のスパイラルです。

 そこで、こうやってできたら良いと思いませんか?

◎ 夕食の用意はまだだけどチャチャッとできるから大丈夫。
そして素材重視の調味料があるから、魚か肉か買って帰ればいいだけ。だから、ちょっと公園で遊んでいこうか。

と、子どものやったー!と喜ぶ顔も見えるし、私も心置きなく遊べます。お互いの主張を良い感じに認め合えますよね。

 万能ダシが冷蔵庫にあると、その理想を叶えることができます。
ダシを引いてからの料理、というのは、私も正直なところしんどい時もあって、作らないで買ってこよう。食べに行こう。という日もあります。

 でも、最近の食生活が乱れなどで自分の作った料理が食べたかったり、お財布事情のこと、いろいろ鑑みた時に家で作ろうと判断するときもあります。その時に冷蔵庫に何もなく一から作るとなったら、さっきのような葛藤が起るのは当然のことです。私さえちゃんと用意できてたら、なんて責める必要もありません。

お肉に浸けて焼く。だし巻き卵に入れる。お湯をいれたらおすましに。市販のめんつゆと同じように使えます。めんつゆのアレンジ力は、皆さんもご存じの通りです。(クックパッドで検索したらたくさん出てきます。←他力本願w)

しかも、この万能ダシだと、自分で食材を選ぶから添加物もなく安心なんですよね。しかもすぐできちゃうのがありがたいところ。

素材は4つ。5分もあればできるんです。

 今回のこのレッスンは、万能ダシを作り方をしっかりマスターしてもらいたいので、皆さんには一鍋ずつご自身のお持ち帰り用の万能ダシを作ってもらうだけ。万能ダシの作り方、素材の選び方、ランチは家でも簡単にできる万能ダシのアレンジレシピばかりをご用意しています。

一瞬何もかも忘れて、子どもと一緒に公園で遊びに没頭してみませんか?
“冷蔵庫に万能ダシがある!” この安心感は、子どもと一緒に遊ぶ楽しさが倍増します。

5月30日(火)淡路島で開催します。パワーたっぷりの食材を使ったランチもご用意しています。近くの神社にも行っちゃおうかなーとも考えています。

ライン

【素材4つで時短!万能ダシ作り《めんつゆ編》】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

【5月開講予定の講座はこちら】

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
5月12日(金)・5月22日(月)

● 神話からのメッセージ 
5月20日(土)

● 淡路島の食材でエネルギーチャージ!・食と心のマンツーマンレッスン
5月25日(木)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
5月26日(金)

● 素材4つで時短!万能ダシ作り《めんつゆ編》
5月30日(火)

●【心を整える講座】ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース
5月9日(火)より全12回 in 大阪

Continue Reading

今年こそ ”脱!顆粒ダシ” を考えている方へ

【レポート】ダシCafe・今さらきけないダシの引き方体験講座 | 遊楽食房

 久しぶりのお知らせです。実は密かに淡路島で開催しています。着々と顆粒ダシを卒業されている方が増えてきています。

明日5月12日は、第7回【ダシcafe今さら聞けないダシの引き方体験教室】です。
ワンコインでいろんなダシを飲みながらのダシ講座を体験していただけます。

◎今年こそ! ”脱!顆粒ダシ” を、と思われている方へ。
本物のダシをぜひ一度味わってもらいたいです。
味付けはちょっとの塩だけ。ダシのうま味を存分に楽しんでいただけます。

◎ダシって難しそう、めんどくさそうと敬遠してた方へ。
3分で出来ると言ったら?意外と簡単、しかも美味しい!お子さんもグイグイ飲みますよ。

[会場]
 ・コモード 56 商店街 洲本「通っ」233(兵庫県洲本市本町五丁目)
 ・コモード56商店街へのアクセス 

 お車でお越しの際は、有料パーキングがあります。会場は、パーキングより徒歩3分です。
 淡路島外の方にも便利な洲本バスセンターより徒歩10分です。

[日時]
平成29年5月12日(金) 
 
[時間]
 ①11:00~12:00
 ②14:00~15:00
内容は同じです。どちらかお好きな時間帯をお選び下さい。

[参加費]
通常3000円のところ → 淡路島・チャレンジショップ限定価格 500円(税込)
 ※当日受付にてお支払い下さい。

[定員]
 各10名(先着順)
直接お越しいただくか、コメント・メッセージでもご予約承ります。

ライン

【ダシcafe今さら聞けないダシの引き方体験教室】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

淡路島の食のパワーで、自然と自分に繋がりたい方へ。

 淡路島へ移住して、初めてのゴールデンウィーク。暑かったです。25℃って!夏日やんか!
お天気も良いし陽に焼けるなーと思ったら、この時期は8月末くらいの紫外線なんですって。

 大阪・神戸からすぐということもあってか、たくさんの方々が淡路島へ訪れていたようです。道もすごい渋滞でした。
高速道路の入り口に入るまで20分とか。1日4本運行の高速バスで、【阪急バス】大阪ー洲本間も通常なら2時間で来れるところが、3時間半ほどかかってました。

【神姫バス】三ノ宮ー洲本インター間が早かったかも知れませんが、こればっかりはわかりませんよね。

 もともと人混みはあまり得意でない私。長ーい連休どうやって過ごすか。大阪から父を呼び、孫の子守 孫とのふれあい時間をたくさんとってもらいました。

 我が家での晩餐です。
作るというよりは、並べたといった感じで、素材に助けられてますよね。

  • ツバスの刺身  (次の日はアラを煮込んでラーメンに)
  • タマネギサラダ (淡路島の新タマネギ)
  • 太刀魚の天ぷら (前日の刺身の残り)
  • 徳島の生椎茸のソテー (バター醤油で)
  • のれそれ    (穴子の赤ちゃん)
  • 素干し     (煮干しの柔らかいもの)

 余談ですが、父は療養中です。1年前の私だったら、食を仕事にしているし、栄養士だし!と、鼻息荒く身体に良い食べ物を優先にしていたことでしょう。が、もちろんそれも大事なんですが、団らんとか、素材の味を活かす、旬を大切にする、時間をかけすぎない、といったところも大切にしたいと思うようになれました。私にとってこれはとても大きかったです。一周回って料理が好きだという原点に戻れたから。

 【関連記事】罪悪感と食

 ~を食べなければダメ、とか、時間をかけてこそ愛情の印、みたいなものがなくなってギスギスしなくなりました。「一緒にそろってカンパーイ!いただきます!」が、やっぱりみんな楽しいよね。

 あ、私ね。食材と話せるんです。「今日の調子どう?」とか、「どうやって切って料理したらいいかな?」ってね。やさしく教えてくれるんですよ。でもこれって特別難しいことではなくって向き合ってたら、誰でも出来ると思います。

 特に淡路島へ来てからは、野菜やお米、お魚もすっごい元気なので対話もしやすいんです。ピチピチしてる。だからこそ、命をいただくということにますますありがたさを感じずにはいられません。

【人気記事】いただきますの本当の意味。命をいただきます。

 食材・食べてくれる人・自分の五感とがぴったりハマるのが料理の醍醐味。栄養価・薬膳・陰陽とかは、その次くらいに大切だと考えています。どういう想いでその食事を作るのか、どういう人が食べてくれるのかが大切で、食材の力を上手く引き出す、というイメージですね。

 毎日の食事を大切にしたい、でも何をどうやって選んで良いのかわからない、自分や家族にとって本当に大切な食に興味のある方、ご家庭の環境によって悩みも様々ですよね。寄り添ってサポートしたくてマンツーマンレッスンにしました。

ライン

淡路島の食材でエネルギーチャージ!【食と心のマンツーマンレッスン】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading