仕事に集中したいとき・時短料理に必要なアイテムとは?

 明日は、淡路島でのリクエストレッスンが初開催!そわそわしている私です(・∀・)

■ 万能ダシ と  ■ ダシ素材&調味料買い出しツアー を1日でやっちゃいます!

 あー♡ 楽しみ!!! 詳しくは、また後ほどレポートします。

ライン
 
 何か講座をするときって前日までの準備が勝負だと言われますよね。準備80%:本番20%だったかな。詳しい数字は忘れましたが、料理教室にもそれは当てはまります。その方に合わせたお話ができるようになってからは、当日の緊張はほぼなくなったけど、前準備というのはやはり、ある。材料の買い出し・スーパーの下見・お店への連絡・・などなど。

 以前は、一度にいろんなことを同時進行できていたけど、自分のことをどんどん知っていくと一つのことを掘り下げてやっていく性分だったことに気づきます。仕事の準備と家事の同時進行が無理な私だったみたい、ほんとは。

 家事や子育てがおろそかになる私は、なんてダメな母親だ( ;∀;)って自分を責めまくってたなー。家事や子育てができてこそ仕事だろっていう思い込みね。必要な時に応じて比重が変わればいいだけだ、と今は思っている。家事や子育てに比重を置きたいとき、仕事に比重を置きたいとき、があるだけなんだよね、ほんとは。

 一つのことしかできないということは、それだけ深くマニアックに追及できるということでもある。人付き合いもそうだけど、広く浅くより、深く狭くが合っているようです。無理して違うことしてると必ずどこかでひずみがくる。自分を知るって面白いね。

 ● 外食じゃなく家で作ったごはんを食べてもらいたいとき。
 ● 限られた時間で仕事に料理にと時間を使いたいとき。

 仕事に集中するための時短料理が必要です。そして家族みんなが好きなメニューであること。

 今回は、まっさきにカレーライスが思い浮かびました。それで今回ご紹介したいのは、昆布水でカレーライスをつくること。玉ねぎやジャガイモ、お肉などを水で煮てから、カレールウを入れますよね。その水を昆布水に変えるだけで次の日のような深い味わいになります。

 絶対おすすめ!忙しいママさん、家族をびっくりさせちゃいましょう♡
カレーだけでなく、シチューも美味しくできますよー。

 こちらは他のメニューもご紹介しています。よかったらご覧ください^^ 
次の日の味わいになる魔法

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

Continue Reading

お金のイメージをアップさせるには?

 私、あまりお金に対して良いイメージがありませんでした。

なんでだろう?って振り返ってみると、

 小さいころ、父に「あまり、お金・お金って言うな」って諭されたことがあった。どういう経緯と意図があったか忘れたけど、控えめな父だから、自分だけ大変アピールをするなってことかな?と、今では思ってる。

 一方、専業主婦だった母は、家計が大変でお金が無いと言いながら、節約料理を楽しんでいた記憶がある。洋裁もやってたし服を作ってもらってた。でもよく「お金がもっとあれば幸せだ」って言って、両親はお金のことでよくケンカしていた。

 お金がないことで、母がつらい目にあっている。なんとかしてあげたいと思う反面、どうすることもできないもどかしさ。食い扶持が減るし、自分がいなければいいのか?と、一瞬でも思ったこともあった。そう思いたくないから、役に立てない自分だと認めたくないから、お金のことを話すのはやめておこうと思うようになった。

 このようなことから、お金の話をするとみんなが良くない気分になるから、やめておこうと思うようになった。父の言ってた通りやんって思うようになった。

 そして今、夫婦で話すとき、やはりお金のことは避けて通れない。お金のブロックは、心のブロック。“お金のことを話すことは良くないことだと信じてきた私” に向き合う時が来た。

 お金がない、ことで、感じるべき自分の本音ってなんだろう?

・役に立てていない自分は価値がない。
・夫に嫌われたくない。両親みたいになったらどうしよう。という恐れだった。

 お金がないからケンカする、お金がないから不幸せ、それって本当?って今なら思う。それって必ずしもイコールじゃない。強がりでもなく、お金がなくても仲良しだし、幸せだよって心から思う。

 両親は、お互いの大変さを理解し合えないくらい心の余裕がなかっただけで、役に立ってないって言われるんじゃないか? 責められる気がして理論武装しただけなんじゃないか?と今なら思える。

 そんなこんなで、私のお金に対するマインドは、両親をみて育った、私のとらえ方が、大きく影響しているようなのです。

 皆さんはいかがでしょうか?

 ● お金がないことで、自分を責めたりしてませんか?
 ● お金がないこの状況で、守りたい何かがありますか?
 ● 今、貴女にはお金に対してどんなイメージがありますか?
 ● お金のイメージを新しくバージョンアップさせてみませんか?

 お金って大切だけど、どう付き合って良いかわからないと言う方もきっと多いはず。お金に囚われない生き方を学びます。
 
 家計をあずかる主婦の方、起業されている方、これから何かをスタートさせようと考えている方、お金のイメージをアップさせたい方へぜひ聞いていただきたいセミナーです!!

 …………………………………………………………………………………………………

 ■ webセミナー【お金が入ってくる自分になるためのマインドセット】

  ◎日 時 10月11日(水)13:00~15:00 / 10月12日(木)21:00~23:00
   (内容は同じです。お好きな日時をお選び下さい)

  ◎場 所 ご自宅(インターネット環境があればどこでも)

  ◎参加費 5,000円
 ※zoomという設定5分/無料のアプリを使います。事前にサポートしますのでご安心ください。

 
ライン

【お金が入ってくる自分になるためのマインドセット】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

私が、移住して手に入れたかったもの

日本人に大切な食のお話会 ~心が喜ぶ食・身体を創る食~ | 遊楽食房

 私ね、めちゃめちゃスローライフに憧れていました。だから移住したかったの。“うかたま” “天然生活” の雑誌にあるような、衣食住をシンプルに整えて、丁寧に暮らす、っていいなぁって。気になるテーマは今でも読んでるし、いつかコラムで登場したい淡い夢もあります。(わ!恥ずかしい( *´艸`))

 こういった雑誌に出てくる皆さんは、家の中もさっぱりしてるし、ゴチャゴチャ物があふれてもいないし、子どもがいても全然落ち着いた生活を送ってらっしゃるイメージがあって、憧れの生活なんだよね。

 私も淡路島へ移住したし、こんな感じのスローライフができる!? なんてワクワクしたものの、環境が変わっても私は私でした。相変わらず家はゴチャゴチャ物であふれてるし。家で過ごす時間は前よりも増えてるけど、憧れの生活への時間を費やすことほとんど無く、それでいて毎日ドタバタしてる。

 憧れのスローライフには、野菜・お米の自給自足も含まれていました。移住ってそんなイメージない??あるよね? でも、私にはできない!( ;∀;) というか、まだそこに興味が向かない。先日は栄養士さんの畑にお邪魔して、たくさんお野菜いただいてきました。無農薬なんだって。今年は、ご自身で作った大豆でお味噌も作るんだそうです。すごいよねー。


(さつまいも収穫中の娘、後ろにはピーマン収穫中の息子も)

 今でもスローライフにはめっちゃ憧れてます。でも、今はなってもならなくても、どっちでもいいやって思うようになった。憧れていたものになれない=私は不幸 という謎の方程式から解放され、切り離して考えられるようになったからだと思います。今も十分に幸せなのです。

 さらに、移住したら ”家庭的な私” になれるだろうとも思っていた。これまた謎の思い込み。私の考える家庭的ってね、身の回りのことを大切に、子どものことも大切に。丁寧に暮らす。まさしくスローライフなわけです。でも今は、食べることは好きだけど、家庭的な私ってちょっと違うって思ってる。あまりピンとこない。

 実際に移住してありがたかったことは、淡路島の豊富な食材や、海や山などの自然の恵みからエネルギーをわけてもらって、自分にたっくさん取り込んで元気を取り戻していったこと。人間の基本的なところを取り戻せたこと。寝ること・食べること・自然とふれあうことで、スーパーサイヤ人みたいにめきめき快復。

 そして移住して1年。
満たされた って、心から思った。

 で、でできたのがこれ。私が一番欲しかったもの。

 

どんな私でもOKという自分への信頼


 こうして書いてみると、薄っぺらい。でもね、私がOK出さずに、誰がOKしてくれるの?って話でね。親?家族?恋人?友達? 

 巷で良く聞く、“あるがままの自分” ってなんだ?ってずっと思ってた。答えを探していた。めっちゃ近くにあった。自分の感情を味わうこと、世の中を見たり・聴いたりすること。悲しいこと、不安なこと、寂しいこと、嬉しいこと、ワクワクすること。いろんな出来事を通して感じるいろんな自分。それを良い悪いってジャッジすることなく味わうこと。それが ”あるがままの自分” なんだ。

 きっと住んでいる環境を変えなくても、気づける人は気づくはず。でも私は、今までもってたいろんなものを一度まっさらにする必要があっただけのことでね。淡路島に来るだけでも、まっさらにできるよ。

 今まで守ってきたプライド、がんばり、ってね。それがあったからこそ、今の自分がある。

・何から守りたかったんだろう?
・何を守りたかったんだろう?

 
その答えは、きっと ”あるがままの自分” になることであるんだと思う。貴女の中にしかない答えがきっとある。

淡路島で自分と出会う6ヶ月。なりたかった私に還ろう。
 ◎ ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース/10月よりスタートします。
 ◎ 1日体験会もあります。

ライン

【ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

ライン

【1日体験会】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading