淡路島へ移住して1年経過しました!

 昨年の夏に大阪より淡路島へ移住し、あっという間の1年でした。ちょっと振り返ってみます。この台所から見える景色に一目惚れして借りた一軒家に住んで1年が経ちました。

 日中は暑いけど、夜はクーラー無しで寝れるのに驚き、明け方の扇風機は寒くて消してみることに夏の幸せを感じています。

◎ 朝日が昇り、夕日が沈むのが家の中からわかる。
◎ 海にも山にも車でちょっと走ればすぐ行ける。
◎ 野菜やお米が淡路島産でだいたい揃う。新鮮。美味しい。
◎ 子どもがのびのびと暮らせている。

移住の目的はここでした。

 自然の近くに身を置くことは、自分にある97%の無意識はとっても喜んでいました。あるがままの私に近づけたってね。だから日々の生活の中で気づきがたくさんあるということ。生かされていること、自分との対話に全ての答えがあるということも教えてもらいました。

 でも、その反面、3%の意識はジタバタあがいていたこともこの1年とおしてよくわかりました。仕事内容も大幅に変えました。自分と向き合うことがメインで、結果的にそれが仕事にも繋がるような毎日です。このままのでいいの?って。だんだん不安になってきたりして。幸せになることの抵抗でもあったんだろうな。
 
 知ってましたか? 
成功すること・幸せになること、一番邪魔するのは、他人でも家族でも無い、自分自身です。

成功する・幸せになる、ということは、今までの自分を否定することになる。今までの環境が変わってしまう。そういう不安からの抵抗です。今のままでも十分幸せなのに、私ごときがさらに上回る幸せを求める価値があるのか?とかね。

書き出してみると、なんだこりゃ?って思えますが。
少なくとも、私にはこの思い込みがすごくありました。

 この抵抗も、ジタバタしていることも、丸ごと自分自身です。だったらこの気づきこそが自分へのギフトであり、淡路島へ移住したからこその気づきだったんだと思えます。

 あるがままの私にだんだん近づいてきているんですね、きっとね。

 今でも読まれる人気記事です。移住を決めた理由もこちらに書いています。移住を考えておられる方にも役だったら嬉しいです。

私がなぜ淡路島へ移住したのか?その1
私がなぜ淡路島へ移住したのか?その2

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

Continue Reading

【思ったことを言うと嫌われる】思い込みからの卒業

 ずっと抱えてきたことがあります。

 人の目を気にして、思ってることを言えなかった。

 あれ、なんか怒ってる? 私なんかした?って。気になってしまう。私のことで怒っているかどうかもわからないのにね。そう決め込んでいる。

 空気が違うのを察知できるのは、とても役立っていることではあるんだけど。

 今になってみて、ようやく向き合う許可を自分が出せて、自分に質問してみたんだよね。

言えなかった思ってることってなんだ?
それを言うと、どんな影響があるって思ってる?

 この質問をしたことで、ベースになる出来事があったのを思い出した。さかのぼること、小学生低学年の私。当時住んでいたマンションでのご近所さんとのやりとりで、母がイライラしていたことがあった。どういった流れで原因でそうなったかは定かでは無いけど、周りにいるママさんのことを、あの人は変な人だ、悪い人だって。いろいろ言っていた。

 今なら、直接本人には言えないから、家で発散してただけなんだろうなってわかる。愚痴りたいときもあるわなー。長野から大阪へ嫁いできた母親は知り合いも少なく、友人との関係を育む間も無く、すぐに私が産まれた。怒濤の新婚生活だったんじゃないかと思う。第一子は不安なことも多いし、ささいな言葉の違い、文化の違い、などなど、歯がゆいこともたくさんあったと思う。

 その当時の私にはそこまで理解できて無かったと思うけど、ひとしきり話を聴いてて、なんとも的確でサラッと悪びれもなく質問する。

(周りにいるママさんのことを、あの人は変な人だ、悪い人だって。いろいろ言っていたのを聴いてて)

「お母さんは良い人なの?(^∇^)」

「…(絶句)
…だと、思ってるけど」

 的を得た質問だったと、今でも感覚で覚えている。本質を見抜く力はこのときからあったんだよね。きっと。

 この時、言葉にならないけど、ただならぬ空気を感じたんだよね。サッと空気が変わった。・・・やばい。嫌われたら私は生きていけない。自分を守る本能みたいなものが瞬時に働く。

嫌われるのが怖い

 母親から嫌われたくない私は、思い当たることがあっても言ってはいけないとルールを決める。

 他の人に対してもこのルールは引き継がれていく。子ども、夫、友人、周りの人。大切に思う人にほどそれが強くなる。嫌われたくないと想う人にほど言えなくなっていく。伝えたいことがあっても、直球だとまた引かれるかもしれない。嫌われるかもしれない。

だから、オブラートに包むような遠回しな言い方してみたり、例えを出してみたり、もしくは私さえ、我慢したらいいんや。と、歪曲した思い込みをふくらませていく。

 この思い込みをブチ破るきっかけになったのは、カウンセラーの学びをしてから。しんどくなってたのもあるし、健気に必死に守ろうとしているものもそろそろ手放してもいいかもなって思えるようになってきた。

ハピネスフォースメソッドでの受講生さんたちとのやりとりや、カウンセリングの練習中、家族とのやりとり日常生活の中ででも、話を聞いてるうちに、こう言う思い込みがあるからしんどくなってるんじゃないか?というのが浮かんでくる。

 相手の深い部分から、私の無意識に伝えてくるメッセージがある。
 本質に近いものだと、ご本人にとって目を背けたいことかもしれない。感じないようにいろんな理由をつけて回避してたかもしれない。私もずっとそうだったから何となくわかるんだよね。

 今は怖がってる場合ちゃうなーって、勇気を出して伝えてみる。私の力で無い何かが、手をさしのべてくれてるような気もしていて。フッと俯瞰的に、相手と繋がってる自分が見れる瞬間がある。

母親と同じリアクションをする人もいるけど、しない人もいる。
たとえ同じリアクションをされても、ドキドキするけど今はもう怖くない。

 このルールを、視点を変えたら楽になれるだろうの予想は、今のところハズレなし。だと思う。

 でもこれは、伝えたいスイッチが入った時だけ。誰にでもそうできるわけでなく、この人今が変わりどころだなっていう感覚があったときだけなんだよね。

私という筒を通して、それを伝えるだけ。ってイメージかな。

自分の本質に迫るって、ときに痛みを伴うこともあるけど楽しいなぁ。

ハピネスフォースメソッド・ベーシックコースは、淡路島で秋に開催予定♡

ライン

【ハピネスフォースメソッド】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

子ども・私 ワークバランスについて

 淡路島へ移住して、そろそろ1年が過ぎようとしています。相変わらず家の中はとっちらかったままですが、山・海・畑・田んぼと自然が近くにあるのは、私にとって最大の栄養源です。

 自然といえば、子どもも自然そのもの。日々いろんな気づきをくれます。私、淡路島に来るまでは子育て本当に向いてないって思ってました。なんでこんなに子どもに寄り添えないんだろうって。時間に、毎日に、余裕がなかったからだけだったんですよね。今ならわかります。余裕が無くなるほど頑張ってたんだって。よくやってたなーって思える今は、子どもと一緒にいる私も好きになれたからです。

 淡路島に来て喜んでいる私、不安を感じる私、未来にワクワクする私、いろんな私がいました。不安・悲しみ・後悔・挫折・焦りといういわゆる負の感情はダメのもので、それらを感じるのは辛いから早く逃れたくて、早くどっか行ってくれるように自分を見つめ直したり。それでも無理なら、あえて不安を感じないようにしてみたり、ようするに自分と戦ってたんだよね。

 全然上手くいかなくなって、ようやく諦めました。仕事にも集中できず、毎日が楽しくなくなって。そこまできてようやく観念して、抗うのをやめて、今の自分を感じることに決めました。

 今なら負の感情こそが、いろんな気づきをくれているギフトなんですよね。何を抵抗してたんだって今なら笑えます。

 ずっと抱えてきていたことがあります。何かを得ようとするなら、役に立たなければならない。必要とされなければならない。だから頑張り続けなければならない。これに疲れたと言って訴えてきてる私との葛藤です。

 頑張らなかったら、何も得られないのか?家でゴロゴロしていたり、家事もしない、仕事もしない、子どもに向き合ってない、そんな私には価値は無いのか?生きてる価値は無いのか?

 役に立とうと頑張り、必要とされるよう頑張って来た自分。頑張った先に何を得たかったのか。安心かな。ここにいて良いという許可かな。幸せを実感したかったのかな。

 そこに気づけたのも、ようやくのこと。役に立ったり必要とされなけば生きてる価値が無い、と思い込んでた私からようやく卒業できました。長かったなー。20年は抱えてたと思う。

 そんなことしなくても、すでに誰かの役に立ってるし、必要とされている。ここにいたいと思うなら、いつまでもいて良い。離れたかったら離れたら良い。今すぐ幸せだと感じる。それだけで良かったのに。

比べたり、ひがんだり、妬んだり、蹴落としたりなんてしなくて良かったのに。

 今回のテーマは、【子ども・私 ワークバランスについて】 としていますが、何かを手に入れられたから私は素晴らしいとか、そんなことでなく、すでに素晴らしい。まずそこからがスタートです。

 そんな私がどんな仕事をしていきたいのか。どんな子育てをしていきたいのか。この視点が大切なんですよね。
 
 秋から、仕事のバランスが変わります。毎週土曜は夫に休んでもらって子ども達を見てもらってました。それが毎週というわけには行かなくなります。今までと同じにしてよって断ることもできたけど、これもそういう流れなんだろうと乗っかることにしました。

 土曜に仕事を入れてたのは、週末だと参加される方も多いだろうから、という想いもあってのことですが、土日ずっと子どもと一緒に過ごすことに不安があったからだと気づけたんですよね。何が不安なのかというと、子どもと一緒だと自由に動けないという思い込みがあったからです。

 本当にそうかな? って問いかけてみると、そんなことないよね。子どもも大きくなってきたし、数時間なら一緒についてきてくれるかもしれない。一緒に何かできるイベントを企画したら楽しめるなーって、考えたらワクワクしてきました。

 行き詰まったときは、今までのやり方を見直すチャンスでもあります。いろんな視点から今の自分を見てみるときっとチャンスがいっぱいあります。

 それもこれも、生きてるだけで誰かに必要とされている、役に立ってると思えたからこそなんだよね。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月23日(日)

● 和の心・神話からのメッセージ 
7月15日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

● 夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
8月26日(土)

● 講師・セラピストさん限定:貴女だからできる事を知ろう
9月開講予定

Continue Reading