【レポ】“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

 お正月気分のまだ抜けきらない1月6日(日)
“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスンでした。

“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン

 尼崎からお越し下さったMさんとは、中国茶からのご縁に始まりダシの話へと広がっています。
 お料理好きなお母様が高齢となり、ご自身でも料理のスキルを身につけ、サポートできたら。。。ということで受講されました。
 以前よりレッスンを受けて下さってましてね。特に鶏そぼろのレシピなんて、私が作ったレシピの跡形もないくらいアレンジして、今ではすっかりご自身のものされてるらしい。

 そんなMさんが淡路島まで。改めてダシから見直したいとのこと。さすがだなぁと思いました。料理の土台はやっぱりダシですもんね(・∀・)♪
 それ聴いてすっごく嬉しかったです。使いこなすってそういうことだと思うのよ。

 余談だけど、
料理が美味くなるためには、必ず超えたい3段階があります。

1段階目。レシピを見ながら作る。
2段階目。レシピを見なくてもレシピ通りできるようになる。
3段階目。レシピを自分流にアレンジする。

 もう最終の3段階にもなると身体が覚えてるから目分量でもOKだし、何かしながらでもできます。
レシピにある同じ材料で無くても、家にあるモノで代用できたりする。

 家庭料理においての料理上手とは、冷蔵庫にあるモノでチャチャッと美味しい料理を作ることができる。ことだと私は思っています。
 なので、レシピ通りに作るというのは、最終段階ではないのです。だから、どんどん自分流にアレンジしていって欲しいんですね。

 マンツーマンレッスンは、その方に合わせてマンツーマンで理論的に感覚的に伝えていくので、モノになる時間が短縮されます。生活にすぐ活かしたい方に向けた自立型のレッスンです。

 1段階→2段階→3段階と、順調に階段を上がって行くには?
上手くできなかった、失敗した、もう嫌になってやーめた!って挫折して終わること無く、次の段階へ行くにはどうしたらいいか?

 それは・・・

失敗を恐れない
数をこなす
他人の目を気にしない

以上。

 

美味しくできなかったらどうしよう
まずいって言われたらどうしよう
あいつ、いつまで下手くそやねんって思われてたらどうしよう

という不安や周りの声を、乗り越えていくことです。

 美味しくなかったり、失敗したのは、上手くできなかった原因があっただけ。そこさえわかれば、この失敗は、成功への近道だと思いませんか?

 上手くいかなかった方法を見つけた!ということです。のちのち笑って話せるネタになる。
「好きこそモノの上手なれ」ってよく言ったもんで。好きだから続けられるんですね。

 そこで、好きか・どうか?やりたいか・やりたくないかって、自分に問いながら進んでいく。

 料理が好きな人は、自分で自分を幸せにできる人です。美味しい!ってシンプルだけど最強だよね。


 マンツーマンレッスンでは、

1回のレッスンで、①~⑫のうち 3メニュー 選んでもらいます。

① 各論(昆布・鰹節・椎茸・煮干し)ダシの取り方
② 調味料選び方、食品表示の見分け方
③ 煮物(肉じゃが、ダシ巻き卵)
④ 揚げ物(唐揚げ、南蛮漬け)
⑤ 魚のおろし方(煮魚、刺身)
⑥ 万能ダシ(万能ダシ作り、アレンジ一品)
⑦ 白ダシ(白ダシ作り、アレンジ一品)
⑧ 鶏そぼろ(鶏そぼろ作り、アレンジ一品)
⑨ カレーうどん、茶碗蒸し
⑩ ごはんの炊き方、おむすび、味噌汁の作り方
⑪ トマトソース(トマトソース作り、パスタ)
⑫ ホワイトソース(ホワイトソース作り、シチュー)

 


今回、Mさんが選んだのは
・ 万能ダシ(万能ダシ作り、アレンジ一品)
・ 白ダシ (白ダシ作り、アレンジ一品)
・ 各論(昆布・鰹節・椎茸・煮干し)ダシの取り方

 
 各論(昆布・鰹節・椎茸・煮干し)は、料理教室が開催できたり、お店を出せるくらいの内容です。
万能ダシは、レッスンで人気ナンバーワンだし、白ダシは、万能ダシを愛用する方々からのリクエストにより生まれたレッスンです。

 どちらも、レシピ&キットで販売するほどの人気レシピです。

 料理は、ダシから見直したいという要望通りのチョイスですね(・∀・)!

 

(お写真お借りしました^^)

 

 ランチは、万能ダシと白ダシを駆使しました。

  • マグロとイカの漬け丼
  • とろろうどん
  • 白菜のピリ辛浸け

 午後からは、ダシのテイスティング。分量、つける時間、同じ環境にして比べてみます。
昆布2種、鰹節2種、マグロ節、椎茸2種、煮干し3種の 合計10種!テイスティング。

 


 

Mさんよりご感想いただきました♡ありがとうございます^^

仕事始めからのバタバタと体調不良が
重なり、遅くなりましたが1/6(日)に
淡路島へ料理教室に行ってきました。

内容は……

ダシの素材について学び……
昆布・鰹節・煮干・干椎茸

実際に引いたダシで昼食……
・万能ダシ
  ・海鮮漬丼(マグロ・イカ)
  ・漬物(白菜)
  ・ふりかけ(だしがらを利用)

・白ダシ
  ・とろろうどん

昼食後にダシのテイスティング
①昆布~羅臼・真昆布
②煮干~アジ・カタクチイワシ・2種類
      (香川県産・長崎県産)
③鰹節~薄削り・厚削り
④鮪節
⑤干椎茸~香信・どんこ
⑥一番ダシ・二番ダシ

以上、盛り沢山な内容でした。

考えるよりも、ダシを引く事は手軽で
日々の生活の中に取り入れて行きたい
と思います。


 私もかなりの失敗談持ってますw
何度やっても失敗したり。フッと降りてきた方法を試してみたら上手く出来たり。
悔しくて、でもできたら嬉しくて。ここまで続けてこれたのは、料理が好きだったからだと思うのね。

 日常やらなくちゃの家事の中でも料理ができるってかなり役立つと思うし、だからこそ、料理が楽しい時間だと感じたり、好きだなって思える人が増えたら良いなと思います。

 ちょっとでも、失敗をショートカットできる手助けができますように。

 12もメニューがあるやん!どれを選べば良いの?と迷う方は 
【このマンツーマンレッスンを受けて、私はどうなりたい?】と、ご自身に聴いてみてね。  

 きっと貴女にしか無い答えがあると思う。
それでもよくわからん!と言う方は、、、ご相談ください(・∀・)  

リクエスト開催です。平日・日曜と可能です。
第三希望までお知らせ下さい。日程調整いたします。 ライン

【“料理好きな自分を思い出す” マンツーマンレッスン】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【自分・家庭安泰】家に1人!レイキティーチャーを♡

 お待たせしました!
ようやく、レイキ伝授のページを作りました。
見たら戻ってきてね(^^♪

レイキ・ヒーラー/レイキ・ティーチャーコース

 私は知識をもとに感覚に落とし込んでいく学びが得意です。
まず知識ありき、のち少しずつ体験し、自分のモノに・感覚に落とし込んでいく。という流れです。

 なぜなら、その方が安心するからです。納得しないと前に進めない。進まない。
何がどうなるか想像もつかない方向へ、いきなり飛び込むのは怖いから。

 だから、必要以上にブレーキが働きチャンスを逃したことも過去にたくさんある。そのたびに後悔してたけど、すべてが全部そうじゃなかった。
本当に自分にとって必要!なものには、知識よりもまず飛び込む!という、今までやってた安心する方法とは真反対の方法をとってたことにも気づいたの。

何か自分だけじゃない大きな流れに突き動かされたような。そんな感じ。

ダシの料理教室出口商店さんとの出会い淡路島への移住ハピネスレイキ・・・
まさしく意識を通さず、気づくと身体が動いてた。
上手くいくかどうか?って考える前に、やりたい!が勝ってた。

 今になって、やってみて本当によかったと思うし、あの時の自分は間違いじゃなかったと確信しています。

 私は、本当にマジで自己肯定感が低かった。自信がなくて、周りの目ばっかり気にして、上手くいく方法しか目指さなかった。そんな自分が嫌いだったけど、どうにも変えられなかったのは、その方法しか知らなかったから。

 今でも自信がないし、周りの反応が気になって、失敗を恐れることはある。でも、そこにとどまる時間が短くなった。そして何より、その状態があってもOKと思えるようになったのは大きい。浮上できることを知っているからこそ、好きなだけ潜っていられるんだね。

 それを教えてくれたのは、何かに突き動かされて選択してきた過去の自分だった。そういう自分もOKなんだって。今の私があるのもそのバランスから生まれたものだから。

 感覚と知識とで両輪で伝えられるというのは、今の私にとても必要なこと。
そして、感覚だけでは不安。。知識と一緒に安心して落とし込みたい!という方が、周りに集まってくるんだろうという確信がある。だって実際にそうだから。

 特にレイキは、目に見えないものだからこそ感覚と知識とで納得して進みたいよね。自然体の自分になりたい方、本来の自分を取り戻したい方、レイキが確実で早道だよ。
 一度、レイキ伝授すると一生もの。家族や友人にも使ってあげられるし、何よりもいつでもどこでも自分を癒せるって、最高に安心するものです。

 国生みの地・淡路島でのアチューメント(伝授)は、さらに貴女の波動をあげてくれることと思います。

 2月受付スタートします^^

ライン

【レイキ・ヒーラー/レイキ・ティーチャーコース】の詳細は、

こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

近視になったことと、親からの愛情

近視になる要因として、将来に不安があると
未来を遮断させるかのように、遠くを見えなくさせる。というのがある。

目の前のことに忙殺されていたり、
入ってくる情報量が自分のキャパを超えていたりすると、
ずっとこのまま続くのかなってなるな。

今の自分には、遠く(未来)は見えない方が良い。と、潜在意識が判断したんだとしたら。
そりゃ近視になるのもわからんではない。

振り返ってみると、私は、20代から近視になった。それまでは視力は1.5で、眼鏡に憧れていたりもした。

視力が落ちたのは緑色の画面のコンピュータに向かって入力したのが原因だと思ってた。
それは原因の一つとしてあるかもしれないけど、今はそれだけでは無いと思っている。

当時は経理事務のOLで、旅行したり、バーゲン行ったり、仕事帰りに外食したり。
彼氏もいたし、それなりに楽しかったけど特にやりたいこともなかった。

先輩に気を使ったり、残業したり、いろいろ頑張ってたけど

このときの記憶を一言でまとめるなら

退屈。

常に何かを探していた。

それはきっと、夢を見ることが良いことだと思ってたからだ。
やりたいことが無いとダメ人間だと思っていた。
ようするに、目の前のことにしっかりと向き合ってなかった。

私は悪くない(・∀・)ってね。周りのせいにしてたねー、完全に。

そんな中、眼鏡やコンタクトを日常に使うようになり、、遠くが見えにくい人、になった。

見えないんだからしょうがないやん。。
って、頭ではわかってたつもりだったけど

今まで当たり前に見えてたものが
見えなくなったこと。
視力が低下したこと。

に、私自身がわりとショックをうけていたことを
息子の斜視を通して気づいた。

きっかけは、ハピネスフォースメソッド・ベーシックコースの受講生さんと話してたとき。
息子の眼鏡の話をしてて、「見えづらいんなら、眼鏡をかけて見えやすくするしかないよね」
と言われたときに、一瞬ザワっとしたものを感じた。

このザワッとする違和感こそが、サインなのだ。見逃してはいけない。

見えづらそうにしてるけど、時間が経てば治るんじゃないか。
我が子が眼鏡をかける、という状況をなかなか受け入れられなかった。

健康な我が子はOK。
健康で無いのはダメ。

潜在意識を変えたから、今はそんなばかな。と思うけど、ホントそう思い込んでたの。
どんな我が子でも大切なのは変わらないのにね。

そのときの記事はこちら。
▶リンク:ヘタレおかんの葛藤劇場

ヘタレおかんの葛藤劇場

息子は眼鏡を気に入ってるし、よかったって話なんだけど、私の潜在意識の言い分には、まだ続きがあった。

子育てを通して
子どもを通して
結局は自分と向き合うだけなのね。

近視になったときのことと向き合ってなかった。
もっというと、小さい頃の自分と。

  • そんなことしてたら目が悪くなるよ、自分で気をつけていれば避けられることでしょう。
  • テレビは離れてみなさい、暗いところで本を読んではダメ。このへんは子どもは注意されることの多いお小言だと思う。
    今は、タブレットやスマホも加わるのか。

私も子ども達に言う。これはやはり、視力を維持して欲しいという、親の愛情からだ。

実際に、私も小さい頃ずっと言われてきた。なのに、目が悪くなってしまった。
言うこと守らずにゴメンナサイ、と泣いてる小さい私がいる。

20代の私を、小さい頃の私がずっと責めていた。
親の言う通りにできなかった。親からもらった大事な目を悪くさせてしまった。

小さい頃の私に、今の私が逢いに行く。
長い間わかってあげられなくて、ごめんね。って謝った。

仲直りして、想いを巡らせてたら、ふと感じた。
視覚だけに頼らず、目に見えないものを感じるために、視力を下げたのだとしたら?

耳は聴こえる、身体全体で感じる、香りがわかる、触った感触、味もわかる。
もっと、視覚だけじゃなくて、他の器官からの情報も取り入れようぜ!って言ってくれてるような気がした。

そうなったら、眼鏡を楽しもう、とワクワクが湧いてきた。
最近コンタクトもしんどいし、近くを見るのもしんどい気がする(老眼(・∀・))

そうだ、新しい眼鏡がほしい!!

今までは、必要に駆られてつけていた。あまり似合うとも思ってなかった。
だから、地味なのでいいや、どうせ普段はコンタクトやし。って思ってた。

初めてだった、好みで選んだの。

店長さんがずいっとやってきて、「眼鏡をかけるのが楽しくなります」と、勧めてくれた。

 


(前のより重いけど、結構気に入ってる)

夫婦共に眼鏡。
息子も眼鏡。
眼鏡をかけてない娘は寂しそう。

 そんなわけで、娘にも伊達メガネ。

状況は変わってないのに、私の捉え方が変わるだけでこんなに世界は変わる。

今でも、夢を見ても良いのかなって思うことがある。未来は不安だというのがクセになってる。

でも、今ならわかる。不安と期待はワンセットだということを。

近視のままでもいいけど、それはダメなことじゃない。どこかおかしいところがあっても、親からの愛情は関係ない。私たちは、愛され大切にされるべき存在なんだからね。

 


【来年度ご予約スタートしています。】

■もっと自分を好きになるカウンセリングセッション
120分で深層心理まで一緒に潜っていきます。
根こそぎ解決したい方にオススメ。

■ハピネスフォースメソッド・ベーシックコース
半年後、新しい自分に出逢えます。
マイルールを知って、潜在意識との付き合い方をトレーニングしていきます。
家族や大切な人との関係を良好にしたい方へ。
大阪・淡路島・オンラインにて4コース開講!

Continue Reading
1 2 3 23