レポート【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】 

 12月に開催した、【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】 のレポートです。

 今回お集まり下さったのは、調香師・シェフ・セラピスト・だしソムリエ・カフェオーナーと、そうそうたるメンバー。めっちゃ緊張した(・∀・)

 上手にわかるように伝えなきゃって五秒ほどw思ったものの、どんな方が来られても、私なりにダシの面白さと美味しさを伝えるだけだしね。と、切り替えてからはいつも通り、楽しく終えました。

 伺ってみると、ダシは取ったり取らなかったり。これで合ってるのかな?と確認に来られた方や、この講座のあとダシを取るようになったってお声もいただきました。こういうのって嬉しいですね。

ライン

(昆布・鰹節・椎茸・煮干しの利きダシ)

(それぞれの素材を実際に手にとって五感で感じていただいています。)

ライン

 徳島で活動中・だしソムリエ河口晶さんともお話しました。ダシの美味しさや手軽さがどんどん広がるには、伝えているもの同士が繋がるって大切なことですね。
 河口さんのwebサイト→
 だしキッチンまんまる
 
ライン

 香りのお話しを教わりました。香りは記憶と繋がっていて、快・不快をかぎわける本能的なもの。どんな香りがするのかを言語化するのって、右脳左脳をフル回転させることなんだそうです。

 右脳の記憶は莫大なんですね。左脳は言語を司るわけだけど、記憶量としては右脳には劣る。香りのイメージは記憶をたどる右脳にあり、左脳で言葉としてまとめるということです。人間って面白いなぁ。

 茶言葉のことも、どさくさ紛れに相談してみました。実は一番聴いてみたかったw
 
 まず、お茶は快の香りなんだそうです。茶言葉で使う中国茶は、ほとんどの方が初体験の香りです。それを今までの記憶の中で一生懸命たどろうとする。左脳を使って言語化させるというのは、香りを楽しむのにとても良いと言って下さいました。

 教えて下さった調香師の和泉さん「着る、かおり」のクラウドファンディングをされています。
 クラウドファンディング 記憶に残る、香りをまとう。芸術家が生み出す、新しい香水「着る、かおり」

 【茶言葉・魂の声を聴く中国茶会】、今年は対面ででも広げていきますよー。

ライン

 話は戻って、おむすびは三角ものをおむすびと言います。真ん中をくぼませ、外側はしっかり、口に運ぶとほろっとほどける、というのが美味しいおむすびの作り方です。

 

 塩だけでむすぶと、素材の味がぐっとわかりやすくなります。シンプルでいて最高の美味しいおむすびができました。

 おむすびには、古事記にまつわるお話しもあるんですよね。

(ご自身のおむすびを作っています。)

ライン

 ダシもおむすびも本当にずっと前から身近にあって私達を支えてくれているもの。
まだまだ他にもたくさんあると思うけど、その中でも私はダシに注目しています。

  ダシの素材から、自然を感じることができるからです。
  自分が、自然の一部だと感じることができるからです。

 ダシとおむすびは、ずっとずっと私達の心と身体の土台を創ってくれていました。
ダシの香りに癒やされ、大切にされていたことを思い出す方も多いのでは無いでしょうか。
おむすびは日本人にとって第一チャクラを刺激します。私達が大地に根付き、今・ここにいることを身体で感じることができます。

 ダシとおむすびから、日本人が自然からもらっている叡智を感じてみませんか?

 ライン

 会場となる、森のオト。さんは、雰囲気が落ち着いていて、それでいてワクワクする、大人の隠れ家のようなカフェです。

 森のオト。(淡路市里573-6上ル) http://kozora.cafe.to/info 

 次回の開催は1月29日(月)です。
 danに載せてもらったおかげか、お問い合わせたくさんいただき、残席4名様になりました。

 

ライン

ライン

【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【1日体験会】自分を知ってメンタルを整えたい方へ

突然ですが、こんなことありませんか?
心がザワザワしたりギューッとなったりしませんか?

  • やりたいようにやったらと言われても、何がしたいのかわからない。
  • 人間関係にトラブルが多い。
  • 負けやしないかとびくびくしているのに強く見せようとしている。
  • 周りがどう思うか、反応を気にする。
  • 人や周りが悪い。変わるのは相手だ。自分は悪くないと思おうとしている。
  • 自分がこう思うんだから、相手も同じようにするべきだと押しつける。
  • 褒めてほしかったり助けて欲しいことを口に出してないのに、わかってくれと怒り出す。
  • 本当はしたくないのに、嫌だと断れない。
  • 自分のことなんか誰にも理解されていない・受け入れられていないと思っている。
  • 他人が自分より幸せだったり、活躍しているとイライラする。
  • どうせ自分には無理だろうとやる前から諦めている。

いかがでしょうか。あてはまるものがありますか?
実はこれ全部、過去に私が悩んでいたことです。今でも、こういった想いがでてくることもあります。でも、自分でメンタルを整えることができるので、自分の気づきになることが喜びだったりします。

自分でメンタルを整えることができたら、毎日がとても楽になります。 

このハピネスフォースメソッドを学ぶ前は、なんとかしなくちゃ!って、頭がいっぱいでした。

あまり悩むと、頭だけが常に思考しているので身体が冷える一因にもなります。そこで、冷え性だからと身体を温める食材やお茶を飲んでも症状が改善されない!ことも多く体験しました。

 ”食だけでは、健康で幸せになれない” 
もちろん、心だけでも、身体だけでも、です。

私の場合だと、出産を経て慣れない子育てで思うように動けない時期も必死でした。仕事を休むことが怖くて、不安が押し寄せました。子育てが少し落ち着き、ようやく自分の心と向き合う決心をしてこのハピネスフォースメソッドと出会います。

他人の役に立ちたい、喜ぶ顔が見たい。大切な人になればなるほど余計にそう感じるものだと思います。
でも、必要以上に尽くすときには、ちょっと立ち止まって見てほしい。

必要以上ってどんな基準?って思いますよね。

対人関係やいろんなことで上手くいかないという時は、だいたい自分との対話が上手くいってなかったり、自分の感情と向き合っていないとき。自分をみつめようよっていうサインでもあります。

その時に変えるのは相手でなく、環境でもなく、自分です。

・頑張りすぎてないか?
・無理してないか?
・自分は本当はどうしたいのか?

ここのアンテナをしっかりはる。

これだけやったんだからって見返りを期待して自分をすり減らしてまで頑張ったり、断れなかったのは、良く思われたいという執着からきていたものでした。そんな怨念めいた親切、こわくて受け取れないですよね笑

今では、自分が枯渇しているのに無視して他人に尽くしてたら、みんな共倒れになることもわかった。
だから、まず自分を満たす。そのあふれた満足感で他人を満たす。自分勝手だったりわがままだったりということでなくて、順序が逆なだけ。

それだけ、私達は人と関わるのが大好きで、誰かの役に立ちたいって本能的に思ってるんですよね。だからこそ悩む。

自分の人生は自分で選べます。それにはまず、自分の感情に気づくことから始まります。最強の気づきを得られるハピネスフォースメソッドです。

【メンタルは自分で整えられるの?/ハピネスフォースメソッド体験会】と題して、少しでも多くの方にハピネスフォースメソッドってなんだろう?と興味を持っていただけるよう、体験会開催のお知らせです。

今回は、大阪での体験会と、web(オンライン)での体験会に分けて開催することになりました。お子さんが小さくてなかなか外出しにくい方、移動時間等で時間帯が会わない方にも気軽にご参加していただけます。

web体験会は、日曜の開催です。平日開催に予定が合わなかった方にはチャンスです。
この2月18日(日)は、このメソッドの創始者であるマインドイノベーション協会・川上茂子先生にもゲストで登場していただきます。

こちらもご覧下さい。
マインドイノベーション協会とは?

  • 2月18日(日)/3月12日(月)⇒ web(zoom)での体験会

時間帯が若干変わっていますので、ご注意ください。
(内容はどの日程も同じです。)

開催中、何度ご参加いただいてもOKです。

ライン

【メンタルは自分で整えられるの?/ハピネスフォースメソッド体験会】

◎ web(オンライン)での体験会

[会場]
・インターネット環境ならどこでもご参加可能
※事前に5分ほど設定が必要です。詳しくはご予約の際にお伝えいたします。

[日時]
平成30年2月18日(日) 10:00~11:30
平成30年3月12日(月) 13:00~14:30

[参加費]
3,500円
※事前振込となります。ご予約の際、お振込先をお伝えいたします。

[定員]
各6名

ライン

ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

ライン

お申し込みはコチラ

Continue Reading

料理ができる人は、自分で自分を幸せにできる人

 新年になり、はや6日が経過しました。昨日あたりから、通常の生活に入っていく方も多いかも知れません。

 我が家は、来週の始業式あたりからぼちぼち再始動というところで、年末年始は、実家に帰ったり友達と会ったりで生活時間乱れまくってました。

 そろそろ野菜が食べたくなってきたねって話になりました。ちゃんと身体は何を必要としているかわかっています。胃腸があれてる人にはお鍋がオススメです。

 きのこ、こんにゃく、の水溶性食物繊維は、腸内の不要物をするっと排出してくれます。腸内のお掃除や食べ過ぎたときにはオススメです。腸内細菌のバランスを整えてくださいね。

 昨夜の鍋は、昆布と宗田節のダシで作ってみました。煮干しやあごでも美味しいですよ。醤油ベースにしましたが、味噌ベースにしても美味しいですね。

 あ、そうそう。この休みの期間で味噌作りのレシピ&キット販売の準備をしています。1月9日~販売開始します。

 ライン

 休みの間、ゆっくり本を読む時間もあって、久しぶりに面白い本を見つけました。【初恋料理教室/藤野恵美著】です。

 男性の料理教室にスポットをあてたお話で、通っている人・先生も含めいろんなドラマを紹介しています。料理が好きな人には興味があるかも。

 私は、料理はもちろん。食との向き合い方をなんて上手に表現されるんだろうって、感激しました。言葉の紡ぎ方がとっても好きです。

 ちょっと抜粋してみますね。

・料理の目ざすゴールとは、最終的に美味しいものを作るためである。

・美味しいものには、人を引き寄せる力がある。

・体重なんて関係ない。重要なのは美しく見えるかどうかだろう。自分のやりたいことをして、好きなものを食べて、人生を楽しんでいれば、女性は輝いているものだ。

・食事を楽しむっていうのは大切ですね。美味しいものを食べると幸せな気持ちになれるんだから、楽しまないともったいない。

・自分の手で作る料理が美味しければ、自分で自分を幸せにすることができます。こうしてお料理のできる人が増えると、どんどん幸せが広がって行くような気がして、ほんま、うれしいんです。

・自分で自分を幸せにする。

・自分の食べるものを自分でこしらえる。そのことがこんなにも精神を安定させるなんて知らなかった。

・相手を思いやる気持ちが、味に繋がる。

・美味しいものには人を引き寄せる力がある。

・これまでの人生において食べたものはすべて自分の一部になっている。

・自分の教えた料理を、だれかが作ることで、命の営みがつながっていく。

・生きていること、空腹を感じること、料理を作ること。そんな1日が今日もまた、自分に与えられたことに感謝しながら、愛子先生はゆっくりと身を起こした。

初恋料理教室/藤野恵美著

 毎日の料理を作ることがめんどくさく感じたり、頑張って作ったのに食べてくれなかったり、要らないって言われたりすることありませんか?

 料理をすることがいったい何の役に立ってるんだって、嫌になったり・クサクサするときってありませんか?

 作って要らないって言われること以外、私はほぼ全部あります。

 そんな時もあっていい。人間だもの。(相田みつを風(・∀・))
そういうときこそ料理はサボって、外食・総菜に頼って下さい。作る人が楽しくなれるのが大切だから。

 それでも目的を見失ってしまうとき、この本が役に立つかもしれません。“料理ができる人は自分で自分を幸せにできる人” です。

ライン

 淡路島の情報誌、danに掲載されたおかげで、けっこうお問い合わせいただいております。
新年からはじまるダシ生活・特集掲載されました。

 そのdanにも掲載している
1月29日(月)【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】  ぼちぼちご予約もいただいてきました。

 先日開催した12月のレポートもちかくアップしますね。お楽しみに!

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

Continue Reading