【本格お蕎麦ダシ】レシピ&キット販売します。

【本格お蕎麦ダシ/レシピ&キット】
 昆布さえ水につけておけば、15分でプロの味が完成します。


お蕎麦のダシとレシピ&キット1000㏄(大人2人分)/2000cc(大人4人分) のセット販売をします。

 ご自分の作った蕎麦ダシで、一年の疲れや不安ごとをスパッと断ち切っちゃいましょう!

ライン

 ダシにはこんな効果があります。
  ・ 香り高いダシの香りは、疲労感を減らします。
  ・ 芳醇なダシのうま味は、私たちに安心感と満足感を与えてくれます。
  ・ 鰹節のダシには、幸せホルモンをアップさせる効果があります。

 材料は贅沢に、素材にもこだわって選んでいます。
  ・ ダシの香りと味わいが強いといわれている羅臼昆布を使用します。
  ・ 鰹節は、鹿児島枕崎市から直送。厚削りと薄削りとダブルで使います。
    厚削りでどっしりしたダシの土台を作ります。
    仕上げに薄削りをプラスすることで、さらに香り高い蕎麦ダシになります。

 ダシを取ったことの無い方にも、レシピで分かりやすく説明しています。ぜひこの機会にお試しください。
 このレシピさえあれば、食べたいときにさっとプロの味が再現できますよ。

ライン

◎ご注文いただきましたら、昆布と鰹節(薄削りと厚削り)が到着します。

◎前準備はたったひとつ!
 当日の朝に、昆布をお水1000㏄/2000ccに漬け、冷蔵庫に夜まで保管いただくだけ。

 こんな感じ

◎調味料、蕎麦、具材をご用意ください。 (ダシの作り方とキットのみの販売です。)

 ご注文いただき、お蕎麦ダシを作るところまでをダイジェストにまとめてみました。
どんなモノがどんな感じで到着するのかシュミレーションできます。50秒ほどです。

 料理ができる人だったら、これ見たらサッとできちゃうかもしれませんね。

ライン

 蕎麦ダシレシピ & キット1000㏄分(大人2人分) 2,500円(送料別途/一律350円)
 蕎麦ダシレシピ & キット2000㏄分(大人4人分) 3,500円(送料別途/一律350円)

ライン

● ご質問等は、こちらから。
● ”ダシを極めるレシピ” サイトからご購入ください。

【年越し蕎麦のダシ/レシピ&キット】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

【12月16日~レシピ&キット販売】年越しそばのダシ:ご自宅でプロの味

 大好評の白味噌レシピ&キット販売。12月15日まで受け付けます。なんで15日までかというと、お雑煮に間に合わせたいから。熟成させる期間が必要だからです。

 白味噌は基本、冷蔵庫で熟成させますが、「もし辛かったら室温で熟成させてみてください」と、12月11日神戸で開催した、ハーバリウム&白味噌では、言いました。

 我が家の白味噌がレッスンで使ってしまって無かったことに気づき、慌てて仕込みました(・∀・) 私は、最初から室温で熟成させてみようと思います。結果どうなったか、またお知らせしますね。

 そんなわけで、12月15日のお申し込みまで受け付けます。時間指定の配達も行ってますよ。明後日ですね。急いで下さいねー♪
 250g分の白味噌レシピと材料のセット2,000円(送料別)です。

 【お雑煮用:期間限定】白味噌レシピ&キット販売


 
ライン

 さて、12月16日からは、
【レシピ&キット販売】年越しそばのダシ:ご自宅でプロの味! の販売をします。

 お雑煮は、元旦。年越しそばは、大晦日。
そういえば、なぜ大晦日にそばを食べるようになったかご存じですか?

 そばは、他の麺類よりも切れやすいことから、大晦日にいただくことで「今年一年の災厄を断ち切る」という意味があるそうです。詳しくは・・・大晦日と年越しそばの由来

 とにかく、年末年始の締めくくりには、ダシが大活躍します!
おそばのダシレシピと、素材にこだわったキットをご用意しています。

 12月29日までのお申し込みまでです。また詳細は後ほどお知らせしますね。お楽しみに!

 1000cc分のそばダシを作ります。昆布・鰹節をたっぷり使って美味しいそばダシ作りましょう!!

ライン

我が家にはどんなダシがピッタリなのか?調味料の選び方も知りたい!と言う方へ。
◎年末まだ間に合います!日曜開催。平日はなかなか難しい方にはチャンス!12月17日(日)です。

【ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー【淡路島編】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

ライン
 
白味噌をご自宅で作ってみたい方にはこちらがオススメです。
◎白味噌12月15日の発送まで。

【お雑煮用:期間限定 白味噌レシピ&キット販売】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

ライン

年末年始でダシをいろいろ駆使して、お料理を美味しく作りたい方に。
◎ダシの使いこなし方は、淡路市森のオト。さんでお伝えしています。12月18日(月)/1月29日(月)です。

【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ
 

Continue Reading

料理の核はダシ。おろそかに扱うな(・∀・)

 みんな大好きなダシを使った料理は、”時短料理” だと考えていて、めんどくさそう・難しそう、上手くいかなかったって思ってる人達に向けていろいろ発信しています。

 料理の土台を作ってるのはダシです。水に浸けておくだけ、3分お湯に浸すだけで、日々の料理が劇的に美味しくなるんですよ。

 どのダシをどんなときに使ったら良いのか?も、こちらにまとめています。
  【永久保存版】シュチエーション別:ダシの使い方

 同じ、めんどくさい・難しい だったとしても 

 ・やってみてできなかった
 ・やる前からそう感じているだけ

 だと、入ってくる情報も変わってきますよね。貴女はどちらでしょうか^^

 それとね、よく質問されますが、私は、顆粒ダシ・ダシパックも何でもありだと思っています。実際、ダシと味の素の併用で大きくなったし、栄養士で働いてたときは何の疑いも無く顆粒ダシ使いまくってましたしね。今でも外食するときは、気にせずいただくようにしています。

 顆粒ダシも、ダシパックも、開発された背景を想像してみると、

“難しそうだから、家ではできないから、もっと簡易化させて家庭でも使えるようにしよう”

だったんじゃないかな?

 時代に合わないものは消えて無くなるか、形を変えていかなければなりません。だから、ダシの在り方も今の時代に合わせるのは必要な事だと思います。

 だから、ダシの取り方もいろいろあるけど、

 ・昆布・椎茸・煮干しは水に浸けておくだけ
 ・鰹節は、お湯に投入するだけ

という方法にだけ絞ってお伝えしています。

 ただ、そもそも私は、このめんどくさい・難しそうという概念を疑っています。

 ◎ 家でできない
 ◎ 美味しくできない
 ◎ プロにしかできない

ほんまか?(・∀・)

 ってね。
(これは、お友達のライラさんに教わったミラクルクエスチョン)

 昔の人にできて今の人にはできない。なんでかな?って思いました。

 きっと 美味しいってことを知らない からなんじゃ無いか?と。

 さらに言うなら「ダシってやっぱ料理に大切だよね」と思っている人ほど、難しそう・自分にはできないと強く感じる人が多いことも、大阪で料理教室をしている頃から感じていました。 

 ここがひっくり返ったら、すっごい自分に自信が持てると思うんだ。
自分にはできない・無理だと思ってたことができるようになるってすごいことでしょう。
 だって、私がそうだったから。

 レシピを多く持つことも大切だし、スピードを駆使して作る料理も大切だと思う。でも、うま味の活かし方こそが料理の美味しさを左右するのだとしたら、うま味の凝縮されたダシのことを知ってても絶対損はない。

 レシピ本に ダシ○○cc ってよくありますよね。これ何のダシ?って考えたことのある人、きっと多いはず。

 ここにあるダシって、「なんかわからんけどとりあえず入れとこ」って存在なんですよね。以前、ダシ講座に来られた料理教室の先生からも質問されたことがありました。それくらい重要視されてなかったということなんだよね。
 
ダシをしっかり取るだけで料理の美味しさは劇的に変わるのに、
料理のキモはここにあるのに、

おろそかにするなよ(´д`)

 って、ブラックミチコは憤りたいです。

 見えない部分だからこそ大切に扱うって、生き方にも通じるんですよ。その人の醸し出す雰囲気・話し方・落ち着く波動ってさ、見えない部分から作られてるんですよね。

 身体と心を繋ぐのが食であるということを、ダシのお話と絡ませてお話しするのが、12月18日(月)・1月29日(月)に淡路で開催する、【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】です。

 どちらの方もだんだんとご予約をいただいてきています。

 合わせて、おむすびも一緒に作っていただきます。おにぎりやおむすびって外国人の持つイメージと比べ、特別な思い入れがありますよね。想いを込めてむすぶおむすびは、日本人の土台をつくるソウルフードです。

 自分を作る土台を食に例えるとするなら、やっぱりダシをとっておむすびを作ることだと私は思います。

 ここにいて良いって思える自分、答えも幸せも自分にあるって信じられるのって、土台がしっかりしてないとそんな捉え家は生まれません。自分を守ることで必死だからね。

 食を大切にする人しか集まらないでしょうから、当日はそんなお話もしていけたらと考えています。

ライン

【ダシとおむすび/心と身体に染み入るお話会】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading