子ども・私 ワークバランスについて

 淡路島へ移住して、そろそろ1年が過ぎようとしています。相変わらず家の中はとっちらかったままですが、山・海・畑・田んぼと自然が近くにあるのは、私にとって最大の栄養源です。

 自然といえば、子どもも自然そのもの。日々いろんな気づきをくれます。私、淡路島に来るまでは子育て本当に向いてないって思ってました。なんでこんなに子どもに寄り添えないんだろうって。時間に、毎日に、余裕がなかったからだけだったんですよね。今ならわかります。余裕が無くなるほど頑張ってたんだって。よくやってたなーって思える今は、子どもと一緒にいる私も好きになれたからです。

 淡路島に来て喜んでいる私、不安を感じる私、未来にワクワクする私、いろんな私がいました。不安・悲しみ・後悔・挫折・焦りといういわゆる負の感情はダメのもので、それらを感じるのは辛いから早く逃れたくて、早くどっか行ってくれるように自分を見つめ直したり。それでも無理なら、あえて不安を感じないようにしてみたり、ようするに自分と戦ってたんだよね。

 全然上手くいかなくなって、ようやく諦めました。仕事にも集中できず、毎日が楽しくなくなって。そこまできてようやく観念して、抗うのをやめて、今の自分を感じることに決めました。

 今なら負の感情こそが、いろんな気づきをくれているギフトなんですよね。何を抵抗してたんだって今なら笑えます。

 ずっと抱えてきていたことがあります。何かを得ようとするなら、役に立たなければならない。必要とされなければならない。だから頑張り続けなければならない。これに疲れたと言って訴えてきてる私との葛藤です。

 頑張らなかったら、何も得られないのか?家でゴロゴロしていたり、家事もしない、仕事もしない、子どもに向き合ってない、そんな私には価値は無いのか?生きてる価値は無いのか?

 役に立とうと頑張り、必要とされるよう頑張って来た自分。頑張った先に何を得たかったのか。安心かな。ここにいて良いという許可かな。幸せを実感したかったのかな。

 そこに気づけたのも、ようやくのこと。役に立ったり必要とされなけば生きてる価値が無い、と思い込んでた私からようやく卒業できました。長かったなー。20年は抱えてたと思う。

 そんなことしなくても、すでに誰かの役に立ってるし、必要とされている。ここにいたいと思うなら、いつまでもいて良い。離れたかったら離れたら良い。今すぐ幸せだと感じる。それだけで良かったのに。

比べたり、ひがんだり、妬んだり、蹴落としたりなんてしなくて良かったのに。

 今回のテーマは、【子ども・私 ワークバランスについて】 としていますが、何かを手に入れられたから私は素晴らしいとか、そんなことでなく、すでに素晴らしい。まずそこからがスタートです。

 そんな私がどんな仕事をしていきたいのか。どんな子育てをしていきたいのか。この視点が大切なんですよね。
 
 秋から、仕事のバランスが変わります。毎週土曜は夫に休んでもらって子ども達を見てもらってました。それが毎週というわけには行かなくなります。今までと同じにしてよって断ることもできたけど、これもそういう流れなんだろうと乗っかることにしました。

 土曜に仕事を入れてたのは、週末だと参加される方も多いだろうから、という想いもあってのことですが、土日ずっと子どもと一緒に過ごすことに不安があったからだと気づけたんですよね。何が不安なのかというと、子どもと一緒だと自由に動けないという思い込みがあったからです。

 本当にそうかな? って問いかけてみると、そんなことないよね。子どもも大きくなってきたし、数時間なら一緒についてきてくれるかもしれない。一緒に何かできるイベントを企画したら楽しめるなーって、考えたらワクワクしてきました。

 行き詰まったときは、今までのやり方を見直すチャンスでもあります。いろんな視点から今の自分を見てみるときっとチャンスがいっぱいあります。

 それもこれも、生きてるだけで誰かに必要とされている、役に立ってると思えたからこそなんだよね。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月23日(日)

● 和の心・神話からのメッセージ 
7月15日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

● 夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
8月26日(土)

● 講師・セラピストさん限定:貴女だからできる事を知ろう
9月開講予定

Continue Reading

ラノベ風古事記って知ってる?

 古事記や日本書紀ってどうしても難しそうなイメージがついてまわりますよね。私も勉強会を主催するまではそう感じていました。歴史も苦手だし。でも、ルーツを知るってやっぱり大切だなーって食を通してヒシヒシ実感してからというもの、この難しく感じていた想いよりも、ルーツを知りたい想いが勝りました。

 でね、前回の勉強会の時に教わったんだけど、めっちゃ面白くってわかりやすい古事記があるんですよ。7月12日には書籍として販売もするようです。

 私も古事記を学んで神様って意外と感情的だし、やりたい放題だし、人間の私はもっとやりたい放題やっていいんよねって勇気づけられましたが、この方の目線で描かれた古事記は、現代風にアレンジされててとてもわかりやすいんですよ。

ちょっと引用してみますね。

日本の神話「古事記」とは

古事記とは、日本神話から始まる日本最古の歴史書のことです。

約1300年前の日本人が『国家プロジェクト』で日本への愛を込めまくって書いた渾身のギャグ本。

下ネタ多め。

もぅ、コイツら1300年も前から国家のプロジェクトで何やってんだよ!!って、思わずツッコミを入れたくなるくらい、アホみたいで、バカバカしくて、読んでてついつい『ブファッ!!』って吹いちゃうのに、なんか、よくわかんないけど、日本人っていいなぁって思えて、嬉しくって、愛おしくって、きゅんきゅんして、誇らしく思える。そんな本です。

古事記には、日本神話から天皇の時勢に続く歴史が書かれています。

みなさんも古事記に出てくる日本神話の一部であれば、聞いたことがあるかもしれません。

イザナミとイザナギが、男子の出っ張ってるところと、女子のへこんでるところをジョイントして日本の島々を産んだり。スサノオがう●こばらまいたせいで、アマテラスが引きこもったり。国づくりの神がヤリ●ンだったり、天孫が「ちょ、ブスは無理。」とか「え?本当にボクの子??」とか問題発言連発したり・・・まぁ、聖書の神様と比べちゃうると、『日本の神、こんなんで本当ゴメン。』とついつい謝りたくなるくらいギャグ要素の強い神話ばかりですが・・・。

で、、でも、何度も何度も読むと、あれ??これって、こうだから、こうなのか。とか、あれれ???これってこーゆうこと???・・・なんて、ビックリするくらい奥が深くって、ゾッとするくらい神秘的な本でもあるんです!(最大限のフォロー。)

▶リンク ラノベ風古事記

よかったらご覧下さい。

ライン

 そして、元になってる古事記ってどんなんかなって思う方は、今週の土曜に開催するこちらへぜひお越し下さい♡ こちらのブログにも紹介されている、解説が面白くてスラスラ読める現代語古事記(竹田 恒泰)をテキストとして使用しています。

 夏と言えば、暑いのは苦手なくせに、沖縄好きの私がワクワクしだします。今回のおやつはちんすこうを作りまーす(^O^)

 淡路島までお越しになれない方は、Webビデオでのライブ配信もしております。お気軽にお問い合わせ下さいね。

ライン

【和の心・神話からのメッセージ】の詳細は、こちら↓

詳細はコチラ

Continue Reading

ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ②砂糖

 比較的安価で、美味しいと思うもの、かつ、使われてる素材がシンプルなものを選んでいます。今回エントリーしている調味料は、今の私にとっての正解です。皆さんの日々の調味料選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

 さて、ダシ料理研究家が選ぶ調味料 お塩の次は、砂糖です。
 
ダシ料理研究家が選ぶ調味料 ①塩

 砂糖は、食品の中で麻薬的な存在だとか、依存率が高いだとか、そんな話もあります。確かに、やけ食いしたいものにはたいてい甘いものが多かったりします。やめられない・とまらない~♪ そんな歌がありましたね。

 砂糖断ちして、体内から砂糖を抜くのに2週間かかるなんていう話もあります。また、砂糖を消費するのに体内のビタミンB1を使って消化します。だから甘いものを食べすぎると身体が疲れやすくなるのはその為なんですね。

 ちなみに、塩には1日8gという摂取目標値があります。(疾病など無い方の場合)
砂糖には今までありませんでした。過去にもそういった動きはあったものの、だいぶ業界の反発があったようです。しかし、虫歯や肥満が増えたり、時代が健康志向の流れになっていったこともあって1日の糖類は小さじ6杯分まで WHOが新指針 2015/3/5付を定めました。

もう2年ほど前になります。日本経済新聞の記載がありましたので、リンクしておきます。
1日の糖類は小さじ6杯分まで WHOが新指針 2015/3/5付

 しかし、この数値で生活するなら、缶ジュース一本で小さじ6杯クリアしちゃうんですよね・・・笑

 数値はご参考までに載せただけなのです。私は砂糖がすべて悪いものだとは思っていません。お菓子にはたいてい砂糖が入っていて、楽しい思い出や嬉しかった出来事には、お菓子がともにあったことを覚えているからです。例えば誕生日にはケーキでお祝いをする。夏の暑い日にアイスクリームを食べる。怒られたりしてもおやつだよって言われて急にテンション高くなったりとかね。

 何を選ぶか、だと思っています。さて本題です。
 
 日々の生活で使う砂糖については、なるだけ精製度の低いものを選ぶのが良いです。砂糖にもカルシウムなどのミネラルが含まれています。ちなみに精製度の低い砂糖は、黒砂糖です。あとは砂糖大根から作られるてんさい糖や、きび砂糖もあります。わりと茶色っぽいのが特徴です。
・リンク:てんさい糖とは?

 我が家ではトップの写真にあるように、花見糖を使っています。きび砂糖の仲間ですが、色がわりと白く溶けやすく使いやすい。値段もきび砂糖よりリーズナブルなんですよ。
・リンク:花見糖とは?
きび砂糖と花見糖との違いも詳しく解説されています。

 ちなみに、三温糖は上白糖とグラニュー糖に色をつけただけです。茶色くなると健康によさそうな気がしますよね。上白糖やグラニュー糖は精製されまくっています。甘いだけです。

 でも、真っ白な生クリームが欲しい時もあるし、粉砂糖が振りかけられてるケーキは美味しそうに思えるので、やっぱり何事もバランスなんですよね。

 先日、息子の誕生日に娘と一緒に作ったケーキです。ニンニンジャーをケーキにのせたいなんて言うもんでエライことになりました。生クリームだらけw

 ケーキにはイチゴが定番だけど、今の季節はさくらんぼが美味しいです。山形のさくらんぼを使いました。種がある!って怒ってたけど美味しかったな。ケーキと生クリームも花見糖を使いましたが、ええ感じでしたよ。

 いつも、ケーキのスポンジはシフォンケーキにしています。ベーキングパウダー入れずに卵をたっぷり使って焼きます。この日は上手に膨らんでくれて美味しく焼けて嬉しかったなぁ。家族みんな喜んでくれて私も幸せもらいました。頑張った甲斐があったなー。

 よかったら花見糖、試してみてね。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

contact01

【開講予定の講座はこちら】

● 茶言葉グループワーク
7月23日(日)

● 講師・セラピストさん限定:貴女だからできる事を知ろう
7月11日(火)

● 和の心・神話からのメッセージ 
7月15日(土)

● ダシCafe 今さら聞けないダシの引き方体験教室
7月24日(月)

● 夜を愉しむweb中国茶会
7月28日(金)

● ツシマミチコと行くダシ素材&調味料買い出しツアー
9月2日(土)

Continue Reading